【Koboのややこしい話2】ラクーポンとクーポンコードはそれぞれ使い方が違っていてね…

kobo-guide-02.png

こっちのストアで発行されたクーポンはあっちのストアでは使えない。今回はそんなKoboのクーポンのしくみや使い方に関するややこしい話(でもKoboで安く本を買うために駆使したい)を、できるだけわかりやすく解説します。

先生、前回「Koboにはストアが2つある」って話は聞いたんですが、相変わらずこの「今なら1,000円分の本が無料」クーポンの使い方がわからないんですけど。

そのクーポンが「RaCoupon(ラクーポン)」と「クーポンコード」どちらなのかによって使い方が違うんだ。今日はそれを説明しよう。

よーし、今日こそ1,000分無料で電子書籍を買うぞー!

その前に、まずはKoboのクーポンにはどんなものがあって、どんなところで配られているか、その種類と入手方法から整理していこうか。


クーポンはどこで手に入るの?

この「今なら1,000円分の本が無料」クーポンは《楽天Kobo電子書籍ストア》の右上にあるバナーで知りましたよ。

kobo-guide-02_1000free.jpg

うむ。前回、Koboには「RaCoupon(ラクーポン)」と「クーポンコード」という2種類のクーポンがあることを説明したけど、これはどっちだと思う?

それ、腹が立つほどわかりにくかったんで一生懸命覚えましたよ!「RaCoupon(ラクーポン)」は《楽天Kobo電子書籍ストア》、「クーポンコード」は《koboイーブックストア》でしか使えないクーポンでしたよね。この今なら1,000円分の本が無料は《楽天Kobo電子書籍ストア》で見つけたから「RaCoupon(ラクーポン)」です!

素晴らしい、正解だ。その「RaCoupon(ラクーポン)」はKoboが初めての人向けのキャンペーンだから右上のほうのバナーで告知していたんだけど、普段Koboで電子書籍を買っている人向けには、下のようなクーポンもあるんだよ。これを活用すると紙の書籍と比べて半額以下の価格で電子書籍を買える場合もある。

  1. バナークーポン(クーポンコードのみ)
  2. メールクーポン(だいたいクーポンコード)
  3. Facebookクーポン(クーポンコードのみ)
  4. キャンペーン(ラクーポン&クーポンコード)
  5. 海外クーポン(クーポンコードのみ)

こう見ると、クーポンコードばっかりなんですね。やっぱりクーポンコードが使える《koboイーブックストア》を使っておいたほうがいいのかなぁ。

たしかに今はクーポンコードで配布されることが多いね。それぞれ特色があるから、まずは1〜3個目までのクーポンを説明しよう。

好きな本に使える1回限りのクーポンコード

「バナークーポン」「メールクーポン」「Facebookクーポン」は仕組みはおなじ。どれも《koboイーブックストア》で使える「クーポンコード」だ。クーポンコードは英数字の羅列だっていうのは前回話したよね。

「バナークーポン」は《koboイーブックストア》のページ上部のバナーに掲載されているクーポンコードのこと。だいたい20〜30%OFFのクーポンコードが3つ載っていることが多い。1つのコードで1冊本が割引にできるんだ。

「メールクーポン」はユーザー登録している会員に、突発的にメールで送られてくるクーポンだ。種類がいろいろあって、時には40%OFFになるクーポンコードが10個も書かれたメールが送られてくることもあるし、決まった本が1冊だけ割引になるクーポンのときもある。

あなどれないのが3つめの「Facebookクーポン」。KoboのFacebookページで突然告知されるクーポンだが、1万回使われるまで1人何回でも40%OFFになるクーポンや、夜にこっそり50%OFFになるクーポンを告知することもある。Twitterアカウントでも流れてくるから、KoboのFacebookかTwitterはフォローしておいたほうがいいぞ。

へー。マクドナルドのクーポンなみに、いろんなところで入手できるんですね〜。(ますます定価で電子書籍をを買うのがばからしくなっちゃうな)

何回でも使えるキャンペーンクーポン

次に、《楽天Kobo電子書籍ストア》と《koboイーブックストア》どちらでも開催されるのが期間限定の「キャンペーン」だ。一定期間のあいだ割引になるセールだよ。例えば「歴史小説2000冊以上が30%OFF」というように特定のジャンルのこともあるし、「○○出版社の本が50%OFF」と出版社単位のセールのこともある。このキャンペーンは2つのストア共通で開催されることがほとんどだから、好きな方で買えばいい。

ほほほー。このキャンペーンページに載っている本の表紙をクリックして買えば、自動的に割引になるんですか?

それがそうじゃないんだ。あとで説明するけど買う時に「ある操作」をする必要がある。その操作が《楽天Kobo電子書籍ストア》と《koboイーブックストア》では違うんだ。特に《楽天Kobo電子書籍ストア》では事前にちょっとした準備が必要だ。

(なんかもうめんどくさいから定価でもいいかな)

ラクーポンってどうやって使うの?

まずは《楽天Kobo電子書籍ストア》での「RaCoupon(ラクーポン)」の使い方だ。例えば今だと「コミック30%OFFキャンペーン」というのをやっているよね。

やってますやってます。《楽天Kobo電子書籍ストア》にも《koboイーブックストア》にも同じようなキャンペーンページがあります。

《楽天Kobo電子書籍ストア》のほうのキャンペーンページには「30%引クーポンを獲得する」という大きなボタンがあるだろう?それを押すと「RaCoupon(ラクーポン)」を入手できるんだ。

kobo-guide-02_rb01.jpg

ポチっと…おぉ、「クーポンを獲得しました!」って表示された!でも、そのクーポンはどこにあるんだろ…?

もうすぐわかるよ。次にキャンペーン対象になっている本の中から買いたい本を決めて、「買い物かごに入れる」ボタンを押したまえ。

『ちはやふる』の最新巻がある!ちはやちゃんかわいいなー。ヨメになってくれないかなー。ポチっと。

それは大人になってからまた考えようか。買い物かごに入れて、ログインした後に表示される注文内容確認の画面に、「クーポン利用」という項目があるよね。そこに「獲得済クーポンがあります」と書かれているはずだ。

kobo-guide-02_rb02.jpg

なってます!右の方には「獲得済クーポン:2枚」って書いてあります!やったー、クーポンもらってる。

でももらっただけじゃダメなんだ。その横にある「変更」を押すと表示される獲得済みのクーポン画面から今回使いたいクーポンを選択しないと割引が適用されない。クーポンの横にある「このクーポンを使う」ボタンを押してごらん。

kobo-guide-02_rb03.jpg

なるほど!ここにクーポンが来てたのかぁ。「初めての方限定!1,000円引き」もここにあった〜。だから「獲得済クーポン:2枚」になってたんですね。「このクーポンを使う」ボタンをポチっと…「クーポン利用後の総合計」が303円に変わりました!120円の値引き!今度こそ割引になりましたよね!?

うむ。OKだったら「内容を変更する」を押してさっきの注文内容確認の画面に戻るよ。そして「注文を確定する」ボタンを押して購入完了だ。

なんだか押すボタンが多いなぁ…。同じ画面で一度に終わればいいのに…。でも割引価格で買えたぞ!

クーポンコードってどうやって使うの?

次に《koboイーブックストア》から買う場合だ。こっちのキャンペーンページには「30%引クーポンコード」というのが書いてある。これがキャンペーンの割引を適用するときに使うクーポンコードだ。これも英数字の羅列になっているよね。

kobo-guide-02_ke01.jpg

おー、ホントだ。これコピーしておいたほうがいいですか?

うむ、あとで使うから、コピーするか、その画面を開きっぱなしにしておくか、暗記するかしておいてくれ。

はーい。しー、えむ、じぇー、あーる、さんじゅー、っと。なんだか覚えやすいコードだな。

ではキャンペーン対象になっている本の中から買いたい本を決めて、「購入する」ボタンを押したまえ。

『乙嫁語り』にします!まだ6巻買ってなかったです。先生、アミルさんって20歳なんですって。知ってました?しぐさがかわいいなー。結婚したいなー。

彼女、既婚者だからね。「購入する」ボタンを押すと表示される画面に「クーポンコードを使う」という項目があるよね。

kobo-guide-02_ke02.jpg

はい、「クーポンコードをお持ちですか?こちらからお使いいただけます。」というピンク色の文章が書いてあります。下向きの矢印があるけど何を差してるんだろう?

kobo-guide-02_ke03.jpg

そのピンクの文章をクリックしてみたまえ。

カチっ、おーー!入力欄が現れた!

kobo-guide-02_ke04.jpg

ここにさっきのクーポンコードを入力して、「適用」を押すんだ。「適用」を押さないとクーポンが適用されないから気をつけて。

はーい。しー、えむ、じぇー……適用っと。お!金額が変わりました!さっきまで432円だったのに302円になった!120円OFF!しかも楽天スーパーポイントが3ポイント貯まる。

kobo-guide-02_ke05.jpg

あとは画面の一番下にある「購入する」ボタンを押せば購入完了だ。

おー。こっちは簡単ですね!買い終わるまでがはやいや!

それぞれの特長を活かして使う

《koboイーブックストア》のほうがぜんぜん簡単だな!今度からこっちで買おう。

マンガのように何冊も同時に買う場合はまとめ買いができる《楽天Kobo電子書籍ストア》、1冊だけの購入なら購入手続きがシンプルですぐ買える《koboイーブックストア》、という感じで使っている人が多いようだね。無理矢理どちらかに決めるよりも、それぞれの特長を活かして使い分けるほうがお得に買う機会が増えると思うよ。

はい、クーポンのことがだいぶわかってきました。ところで先生、さっきのクーポンの種類の説明のときに、もう1つ「海外クーポン」ってあったんですけど、これはなんですか?

「海外クーポン」はね、国内の楽天Koboでは公式に認められていないものなんだが、海外のKoboが発行したクーポンがなぜか日本でも…おや?誰かお客が来たようだ。もう行かねば。あとは自分で調べてくれたまえ。では失敬するよ。

え?え?え?

(次回は「なんで同じ本なのにKindleのほうが安いの!?」の予定です)

今回のまとめ

  • クーポンは、Koboイーブックストアの上部バナー、メルマガ、Facebook、キャンペーンで入手できる。
  • 1回限りのクーポンと、複数回使えるクーポンがある。
  • クーポンコードは《koboイーブックストア》、ラクーポンは《楽天Kobo電子書籍ストア》でしか使えない。
  • ラクーポンの適用方法はちょっとまどろっこしい。
  • まとめ買い、1冊買いなど用途によって購入するストアを使い分ける。

↓Kobo、はじめての方限定 1,000円まで無料キャンペーンを開催中。5月末まで
140516-debut1000off.png


【Koboのややこしい話】バックナンバーもどうぞ

  1. Koboには2つのストアがあるけど、何がちがうの?
  2. ラクーポンとクーポンコードはそれぞれ使い方が違っていてね…
  3. 同じ本なのに、どうしてKoboよりKindleのほうが安いの!?

イラスト:いらすとや

\よかったらシェアしてください/

こちらもチェックしました?