西尾維新「戯言」「人間」「最強」シリーズ19冊が、3冊以上購入で20%OFF!

17020 sale nishiooshin

西尾維新の最新刊『人類最強のときめき』配信を記念して、「戯言」「人間」「最強」シリーズ計19冊のうち3冊以上まとめ買いで20%OFFになるクーポンが配布中です!

クーポンの獲得は下記のボタンからどうぞ。

まずはクーポンを入手!

20%OFFクーポンで割引になる作品

人類最強のときめき人類最強のときめき (講談社ノベルス)
西尾維新

価格: 886円
人類最強の請負人・哀川潤。長瀞とろみの依頼で乗り込んだのは、生まれたての火山島。哀川潤が生存競争を挑むのはーー植物!?『戯言』から芽吹き、『人間』以上に伸びやかな、『最強』のスペクタクル!

人類最強の純愛人類最強の純愛 (講談社ノベルス)
西尾維新

価格: 950円
「よっし、いいぜ。どこへなりともエスコートしな」 人類最強の請負人・哀川潤。再び忙しい日々を送る彼女のもとへ一人の青年が現れた。彼が発する圧倒的な敵意は、哀川潤をどこへ誘うのか!? 『戯言』とは真逆に、『人間』離れし過ぎた、『最強』のアドベンチャー!
人類最強の初恋人類最強の初恋 (講談社ノベルス)
西尾維新

価格: 972円
「あーあ、つまんねーの。自殺しよっかな」 人類最強の請負人・哀川潤。強くなり過ぎた彼女に、遂に世界のすべてが降伏する。倒すべき敵も、応えるべき依頼も失った請負人に、そのとき、初めての「恋」が襲い掛かる! 『戯言』では済まされない、『人間』の枠を越えた、『最強』のラブストーリー!
零崎人識の人間関係戯言遣いとの関係零崎人識の人間関係 戯言遣いとの関係 (講談社文庫)
西尾維新

価格: 680円
「零崎一賊」ーーそれは”殺し名”の第三位に列せられる殺人鬼の一賊。死んだ人間みたいな目をした少年と、顔面刺青の殺人鬼。二人の出会いが、そして語られることのなかった京都連続通り魔事件の真相がついに明かされる! 零崎人識の動機と、その無惨なる結末は……!?
零崎人識の人間関係零崎双識との関係零崎人識の人間関係 零崎双識との関係 (講談社文庫)
西尾維新

価格: 659円
「零崎一賊」ーーそれは”殺し名”の第三位に列せられる殺人鬼の一賊。零崎人識、17歳、もっとも自由だった全盛期の春。”殺し名”七名の対極に位置する”呪い名”六名ーー時宮病院、罪口商会、拭森動物園、死吹製作所、奇野師団、咎凪党ーーの寄せ集め、裏切同盟と兄・零崎双識との戦闘に、彼は否応なく巻き込まれーー
零崎人識の人間関係無桐伊織との関係零崎人識の人間関係 無桐伊織との関係 (講談社文庫)
西尾維新

価格: 810円
「零崎一賊」ーーそれは”殺し名”の第三位に列せられる殺人鬼の一賊。兄弟になったばかりの零崎人識と無桐伊織は人類最強の請負人・哀川潤を勝算を持って襲撃する。しかしその結果二人は彼女の『仕事』に巻き込まれる羽目に! 向かう場所は”殺し名”序列二位、闇口衆の拠点・大厄島、向かう敵は生涯無敗の結晶皇帝、六何我樹丸!
零崎人識の人間関係匂宮出夢との関係零崎人識の人間関係 匂宮出夢との関係 (講談社文庫)
西尾維新

価格: 713円
「零崎一賊」ーーそれは”殺し名”の第三位に列せられる殺人鬼の一賊。汀目俊希として中学校に通う零崎人識の下に、彼の友人を名乗る人物が現れた。”殺し名”序列一位、匂宮雑伎団の次期エース、匂宮出夢である。その口から発せられた『お願い』とは……!?
零崎曲識の人間人間零崎曲識の人間人間 (講談社文庫)
西尾維新

価格: 751円
「零崎一賊」ーーそれは”殺し名”の第三位に列せられる殺人鬼の一賊。”少女趣味(ボルトキープ)”こと零崎曲識が、一賊に忍び寄る危機を察知し、ついに表舞台に現れた。一賊の結束はどうなるのか。”音使い”零崎曲識の闘いが今、始まる! 「人間シリーズ」第三弾!
零崎軋識の人間ノック零崎軋識の人間ノック (講談社文庫)
西尾維新

価格: 823円
「零崎一賊」ーそれは”殺し名”の第三位に列せられる殺人鬼の一賊。二つの通り名を持つ、釘バット”愚神礼賛”ことシームレスバイアスの使い手、零崎軋識の前に、次から次へと現れる”殺し名”の精鋭たち。その死闘の行く末にあるものとは!? 「人間シリーズ」第二弾!
零崎双識の人間試験零崎双識の人間試験 (講談社文庫)
西尾維新

価格: 823円
「零崎一賊」ーーそれは”殺し名”の第三位に列せられる殺人鬼の一賊。その長兄にして切り込み隊長、”二十人目の地獄”にして奇怪な大鋏”自殺志願(マインドレンデル)”の使い手、零崎双識が赴いた行方不明の弟捜しの旅は、未曾有の闘争劇の幕開けだった! 息をもつかせぬ波乱の向こう側に双識を待つものは……!? 「人間シリーズ」第一弾!
ネコソギラジカル(下)青色サヴァンと戯言遣いネコソギラジカル(下) 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)
西尾維新

価格: 940円
「生きている以上、世界の終わりを物語の終わりを、諦めることはできない」”人類最悪の遊び人”たる「狐面の男」は「ぼく」こと”戯言遣い”に断言する。玖渚友との決別。想影真心の暴走。そして、復活する哀川潤……。シリーズすべてを貫く伏線の楽譜(スコア)は絡まり合い、一気に奔流(クレッシェンド)をはじめる! <戯言シリーズ>、その最終楽章となる『ネコソギラジカル』三部作、ついに大団円(フィナーレ)!
ネコソギラジカル(中)赤き征裁vs.橙なる種ネコソギラジカル(中) 赤き征裁vs.橙なる種 (講談社文庫)
西尾維新

価格: 940円
「ーー諸手をあげて、喜べよ」人類の最終存在、橙なる種・想影真心を伴って、「ぼく」こと”戯言遣い・いーちゃん”の前に「狐面の男」は現れる。バックノズル、ジェイルオルタナティブ……。”運命”の最悪の傍観者たる彼が唱える”世界の法則”は、この世の”真理”そのものなのか!? シリーズ最終楽章となる『ネコソギラジカル』3部作、すべてが予測不可能な主題が激しく錯綜し旋律する、待望の中巻!
ネコソギラジカル(上)十三階段ネコソギラジカル(上) 十三階段 (講談社文庫)
西尾維新

価格: 940円
「ようーー俺の敵」 “世界”を、そして”物語”を終わらせるため、「ぼく」こと”戯言遣い・いーちゃん”に「狐面の男」はささやく。キーワードは、加速。そして、世界の終わり。何より、物語の終わり。待ち受ける刺客、《十三階段》の向こう側にある”終わり”の果てにあるものはーー!? シリーズ最終楽章となる『ネコソギラジカル』三部作の前奏曲がついに奏でられる!
ヒトクイマジカル殺戮奇術の匂宮兄妹ヒトクイマジカル 殺戮奇術の匂宮兄妹 (講談社文庫)
西尾維新

価格: 1,080円
「……具体的に、あなたは何の研究をしているのですか? 木賀峰助教授」 「死なない研究ーーですよ」 永遠に生き続ける少女、円朽葉をめぐる奇怪極まりない研究のモニターに誘われた”戯言遣い”こと「ぼく」は、骨董アパートの住人・紫木一姫と春日井春日とともに京都北部に位置する診療所跡を訪れるーーが、そこに待ち受けていたのは凄絶な「運命」そのものだった! “殺し名”第1位の「匂宮」が満を持して登場!
サイコロジカル(下)曳かれ者の小唄サイコロジカル(下) 曳かれ者の小唄 (講談社文庫)
西尾維新

価格: 713円
………………………… ………………………… ………………………… ………………………… ………………………… ………………………… ………………………… ………………………… ………………………… ………………………… ………………………… ………………………… ………………………… ………………………… ………………………… ………………………… ………………………… ………………………… ………………………… ………………………。
サイコロジカル(上)兎吊木垓輔の戯言殺しサイコロジカル(上) 兎吊木垓輔の戯言殺し (講談社文庫)
西尾維新

価格: 637円
「きみは玖渚友のことが本当は嫌いなんじゃないのかな?」 天才工学師・玖渚友のかつての「仲間(チーム)」、兎吊木垓輔が囚われる謎めいた研究所ーー堕落三昧(マッドデモン)斜道卿壱郎研究施設。友に引き連れられ、兎吊木を救出に向かう「ぼく」こと”戯言遣い・いーちゃん”の眼前に広げられる戦慄の”情景”。しかしその「終わり」は、さらなる「始まり」の前触れに過ぎなかったーー!
クビツリハイスクール戯言遣いの弟子クビツリハイスクール 戯言遣いの弟子 (講談社文庫)
西尾維新

価格: 637円
「紫木一姫って生徒を学園から救い出すのが、今回のあたしのお仕事」 「救い出すって……まるで学園がその娘を拘禁してるみたいな言い方ですね」 人類最強の請負人、哀川潤から舞い込んだ奇妙な依頼に従って私立澄百合学園、またの名を《首吊高校(クビツリハイスクール)》に潜入した「ぼく」こと”戯言遣い・いーちゃん”は恐るべき殺戮の嵐に巻き込まれるーー。
クビシメロマンチスト人間失格・零崎人識クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識 (講談社文庫)
西尾維新

価格: 896円
鴉の濡れ羽島で起こった密室殺人事件から2週間。京都、私立鹿鳴館大学。「ぼく」こと”戯言遣い・いーちゃん”が級友・葵井巫女子とその仲間たちと送る日常は、古都を震撼させる連続殺人鬼”人間失格・零崎人識”との出会いによって揺らめき脆く崩れ去っていくーー。そして待ち受ける急転直下の衝撃。1つの世界が壊れる”そのとき”を描ききった新青春エンタの傑作!
クビキリサイクル青色サヴァンと戯言遣いクビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)
西尾維新

価格: 843円
絶海の孤島に隠れ棲む財閥令嬢が”科学・絵画・料理・占術・工学”、5人の「天才」女性を招待した瞬間、”孤島×密室×首なし死体”の連鎖がスタートする! 工学の天才美少女、「青色サヴァン」こと玖渚友(♀)とその冴えない友人、「戯言遣い」いーちゃん(♂)は、「天才」の凶行を”証明終了(QED)”できるのか? 第23回メフィスト賞受賞作。
続きはこちらで!
\よかったらシェアしてください/

こちらもチェックしました?

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA