[緊急まとめ] ドナルド・トランプとアメリカ大統領をもっとよく知る電子書籍16選『アメリカはなぜトランプを選んだか』他

161109 book trump

いやぁ、アメリカ大統領選、ドナルド・トランプ氏がヒラリー・クリントン氏に勝利しましたねー。というわけで、ドナルド・トランプとアメリカ大統領選についてよくわかる電子書籍を楽天Koboの中からピックアップしてみましたよ!

楽天Koboで読めるトランプ氏&米大統領の本!

トランプ大統領とアメリカの真実トランプ大統領とアメリカの真実
副島隆彦

価格: 1,458円 162円(10%)お得
アメリカ政治思想研究の第一人者が断言。次はトランプで決まり! アメリカ大統領選で荒れ狂うポピュリズムの嵐──。草の根の保守的な中間・下層白人の怒りを体現するドナルド・トランプとは何者か? 違法移民、学歴競争、妊娠中絶問題から、イスラム国、戦争参加、日本の核保有、米軍撤退問題まで、リアルで苛烈なアメリカ国内の政治思想対立を解説。アメリカ社会の裏側と世界最先端の動きがよくわかる!今、移民問題が世界が抱える最重要問題となっています。移民問題や経済格差を底流とする米大統領選でのトランプ現象を、アメリカン・デモクラシーの真骨頂であり、保守的中間・下層白人のエスタブリッシュメント(支配層、ワシントン、ウォール街)に対する激しい怒りだと解説します。
アメリカはなぜトランプを選んだかアメリカはなぜトランプを選んだか (文春e-book)
開高一希

価格: 1,000円 296円(22%)お得
面白過ぎる! 危険(ヤバ)過ぎる!米大統領選で共和党指名を確実としたドナルド・トランプ。日本であまり報じられなかった数々の発言を網羅し、その実像に迫る。
ドナルド・トランプ劇画化するアメリカと世界の悪夢ドナルド・トランプ 劇画化するアメリカと世界の悪夢 (文春新書)
佐藤伸行

価格: 800円 42円(4%)お得
空虚なポピュリストか? それともアメリカの歴史に残る大統領 レーガンの再来か?
現実味を帯びてきた「トランプ米大統領」の誕生。
異端視される彼の孤立主義・反知性主義も、実は米国の“国是”であることを明らかにする。
【おもな目次】
<序章 トランプとレーガン>
道化師から本命候補へ/リアリティショー/生来の演技力 など
<第1章 トランプ家創業者はドイツ貧農>
ルーツ隠し/ゴールドラッシュ/故郷に錦を飾る など
<第2章 トランプをつくった男>
上昇志向を飢え付ける/鬼気迫るケチの哲学/人種差別の系譜 など…
徹底解説!アメリカ波乱続きの大統領選挙徹底解説! アメリカ 波乱続きの大統領選挙 (ポプラ新書)
池上彰

価格: 864円
2016年のアメリカ大統領選挙は、史上最大の混戦。 格差にあえぐ人々が政府に不信感を強めている。 一見暴言に見えるトランプの発言も、今や幻想と化した「強いアメリカ」に疑問を感じる人々の心に響く。 大統領選挙を切り口に、国際社会に背を向け、内に向かう新時代のアメリカを徹底解説!
大統領の演説【電子特別版スピーチ全文訳付き】大統領の演説【電子特別版 スピーチ全文訳付き】 (角川新書)
パトリック・ハーラン

価格: 620円 265円(29%)お得
オバマ広島演説も解説!トランプ・ヒラリーら大統領候補者にも言及!人の心を動かすレトリックは大統領に学べ!ケネディ、レーガン、オバマなど時に夢を語り、時に危機を煽って世界を動かしてきた大統領たちの話術を、ハーバード大卒タレントで、東工大でコミュニケーションと国際関係について講義しているパックンが解説!スピーチテクニックだけでなく、アメリカ社会のこともよくわかる一冊。電子書籍版では特典として、スピーチ全文日本語訳付き!
11アメリカ独立・南北戦争とリンカーン大統領11 アメリカ独立・南北戦争とリンカーン大統領

価格: 270円 572円(67%)お得
[書籍版巻頭・巻末資料は電子版では未掲載です]アメリカ独立・南北戦争とリンカーン大統領の活躍を描く。まんがで楽しく学べる一冊。
大統領でたどるアメリカの歴史大統領でたどるアメリカの歴史 (岩波ジュニア新書)
明石和康

価格: 950円
国際社会をリードする「唯一の超大国」アメリカ。そのアメリカを率い、世界に強い影響力を及ぼすアメリカ大統領はどのような指導力を発揮してきたのか。「建国の父」と呼ばれる初代ワシントンから、リンカーン、ルーズベルト、レーガン、ブッシュ、そして初の黒人大統領オバマまで、歴代大統領の足跡を辿りながら描くアメリカ史。
アメリカ歴代大統領の通信簿44代全員を5段階評価で格付けアメリカ歴代大統領の通信簿 44代全員を5段階評価で格付け (祥伝社黄金文庫)
八幡和郎

価格: 756円
第45代はヒラリー・クリントンか、ドナルド・トランプか?ーー全世界の注目が集まるアメリカ大統領選挙。では初代ワシントンから現職オバマまで、これまでの歴代大統領はどんな人たちだったのか。内政と外交、経済政策、私生活……彼らの業績をA~Eの5段階で一気に格付け!【A】ワシントン、リンカーン【B】モンロー、クリントン【E】フーバー、ブッシュ(子)……そしてオバマの格付けは? アメリカ建国以来240年間の近現代史もよく分かる、面白くて知的な1冊。
熱狂する「神の国」アメリカ大統領とキリスト教熱狂する「神の国」アメリカ 大統領とキリスト教 (文春新書)
松本佐保

価格: 850円 14円(1%)お得
宗教票がアメリカ大統領選挙を左右する!歴代の大統領が選出されたとき、宗教票がどのような影響を及ぼしたのか。就任後、そのキリスト教信仰が政治や外交にどう反映したか。ヨーロッパよりも信仰心のあついアメリカ。その大統領選挙を宗教の視点から考える。2016年大統領選挙の候補者をみると、トランプはプロテスタントの長老派だが福音派にも接近。ヒラリーはプロテスタントのメソジスト派。両者の信仰が選挙へどんな影響を与えているのかを検証する。
なぜヒラリー・クリントンを大統領にしないのか?なぜヒラリー・クリントンを大統領にしないのか? (講談社+α新書)
佐藤則男

価格: 810円 140円(14%)お得
大本命・民主党のヒラリー・クリントンは、プライベートメール問題、クリントンファンド問題を乗り越え、「ヒラリー・ヘイター」たちに足元を掬われることなく、女性初の米大統領の座に就けるのか。共和党は、暴言を連発するドナルド・トランプが勝つか、ジェブ・ブッシュがレースを勝ち抜き、ブッシュ家vs.クリントン家の戦いが再び繰り広げられるのか。在NY40年の著者が語る、日本人が知らない大統領選挙の真実!
トランプ成功物語知られざるサクセスストーリートランプ成功物語 知られざるサクセスストーリー
アメリカ文化研究会

価格: 370円
アメリカの実業家として名を馳せ、大統領選にも挑んだドナルド・トランプ。
ビッグビジネス、そして大統領への挑戦・・・トランプはいかにして成功者となったのか。
一代で巨万の富を築き、今、アメリカの権力を一手に握ろうとしている男の野心の裏には、大胆な発想と緻密な計算、そして粘り強い交渉力があった。
様々な政治家との折衝、敵対する企業や権力者との攻防などを彼自身の言葉を通して紹介するー。かつての若き日、どのようにして不動産業で財を成したのか。
ビジネスにおいて、一度は破綻したものの実業界で復活するために、どのようなプロセスを辿って復活してきたのか…
トランプに引き裂かれるアメリカ現地レポートトランプに引き裂かれるアメリカ 現地レポート (朝日新聞デジタルSELECT)
朝日新聞

価格: 108円
「我々は本日、トランプ病の蔓延(まんえん)で死亡した、かつて偉大だった共和党を追悼するためにここへ集まった」ーー。トランプ氏の地元のタブロイド紙「ニューヨーク・デイリー・ニューズ」は、そんな「共和党の訃報(ふほう)」を1面に掲載した。共和党の大統領候補指名が確実視されているドナルド・トランプ氏の人気は、米国の様々な亀裂を映し出している。アメリカはいったいどうなってしまうのか。現地から報告する。※本商品は通常の書籍より文字数の少ないマイクロコンテンツです。【文字数:5400文字/単行本換算で8ページ】
トランプ大統領という悪夢アメリカでいったい何が起きているのかトランプ大統領という悪夢 アメリカでいったい何が起きているのか (朝日新聞デジタルSELECT)
朝日新聞

価格: 108円
「このような選挙は見たことがない。サーカスのようだ」。1969年から96年まで上院議員を務め、上院院内総務などを歴任、96年には大統領候補に選ばれたこともある米共和党の重鎮、ボブ・ドール氏は嘆く。約1年にわたって続く米国の次期大統領選挙運動で、「反エスタブリッシュメント」を標榜するドナルド・トランプ氏が、共和党内の指名レースで優勢の情勢が続いている。米国の政治風景にいったい何が起きているのか? 深層をレポートする。
「言霊USA」特別LIVEアメリカ大統領選2016【文春e-Books】「言霊USA」特別LIVE アメリカ大統領選2016【文春e-Books】 (文春e-Books)
町山智浩

価格: 500円
2016年アメリカ大統領選を読み解く!2016年5月24日に渋谷ユーロライブで行われたトークショーの内容を基に構成・加筆した、電子書籍オリジナル。アメリカ在住の町山氏が、アメリカ現代政治史と大統領選のポイントを解説。映画ネタ、ゴシップネタも満載で、楽しみながらアメリカの今がわかる!
大統領のリーダーシップ大統領のリーダーシップ
ジョセフ・S・ナイ

価格: 1,944円
■国際政治の専門家で、日本でもファンの多い著者の最新刊!■ソフト・パワー、リーダー・パワー、スマート・パワーなど、
新しい概念を多数生み出してきた著者の研究の集大成!■20世紀アメリカの絶対優位に貢献したのはどの大統領か?
ジョセフ・ナイによる、8人の大統領の通信簿…
続きはこちらで!
\よかったらシェアしてください/

こちらもチェックしました?