光文社新書の宇宙関連本9冊が60%OFF!/ドキュメント 宇宙飛行士選抜試験/第二の地球を探せ!/宇宙に外側はあるか/宇宙のダークエネルギー/他

161026 sale uchu

光文社新書〈宇宙は果てしなく続く〉フェアで、宇宙関連の新書9冊が60%OFFになってますー!

60%OFFになっている9冊の宇宙関連本

ドキュメント宇宙飛行士選抜試験ドキュメント 宇宙飛行士選抜試験 (光文社新書)
大鐘良一

価格: 308円 556円(64%)お得
2008年2月、日本で10年ぶりとなる宇宙飛行士の募集・選抜が行われた。本書は、この選抜試験の取材を日本で初めて許され、さらに候補者10人に絞られた最終試験で、その一部始終に密着することに成功したNHKの番組スタッフによるドキュメンタリー。10人の行動をつぶさに追いながら、宇宙という極限の状況下で自らの命を賭け、かつ他の乗組員の命をも預かる宇宙飛行士とはどういう職業なのか、その資質と人間力に迫る!【光文社新書】
若田光一日本人のリーダーシップ~ドキュメント宇宙飛行士選抜試験II~若田光一 日本人のリーダーシップ~ドキュメント 宇宙飛行士選抜試験II~ (光文社新書)
小原健右

価格: 378円 464円(55%)お得
国際宇宙ステーションに集う世界のエリートたちを率いる「船長」に日本人として、またアジア人として初めて就任し、13年11月からの半年に及ぶ宇宙でのミッションを見事果たした若田光一。米露を中心に行われてきた宇宙開発の長い歴史の中でなぜ今、若田が選ばれたのか? 日本人は本当に世界のトップとして通用するのか? リーダーの資質とは何か? NHK取材班が、若田への密着取材を通じ日本人にとっての永遠のテーマに挑む!
第二の地球を探せ!~「太陽系外惑星天文学」入門~第二の地球を探せ!~「太陽系外惑星天文学」入門~ (光文社新書)
田村元秀

価格: 389円 475円(54%)お得
私たちはどこからきたのか、私たちは何者か、そして、私たちはどこへ行くのかーー。いま、私たちは人類の永遠の問いに科学的に答えられる「第二の地動説」革命の時代に生きている。それは、1995年、太陽系外惑星の発見という歴史的な出来事によって始まった。地球に似た惑星は、銀河系、あるいは宇宙全体でどれくらいあるのか、地球以外にも生命は存在するのかーー。第一人者が伝える、天文学・惑星科学の最先端。
宇宙に外側はあるか宇宙に外側はあるか (光文社新書)
松原隆彦

価格: 308円 534円(63%)お得
21世紀の現代、人類は観測技術の発達などによって宇宙を見る目が大きく開かれつつある。いま、宇宙の何がわかっていて、何がわかっていないのか? 宇宙の全体像とは? 宇宙の「外側」とは? 「奇妙な謎」に包まれた宇宙を人類はどこまで知ることができるのか? 気鋭の研究者が、誰もが一度は考えたことがある「究極の問い」に真正面から迫る、宇宙論のフロンティアへと旅立つ一冊。
宇宙はどうして始まったのか宇宙はどうして始まったのか (光文社新書)
松原隆彦

価格: 367円 453円(55%)お得
「宇宙の始まり」は、世の中のすべての疑問が凝縮するところとも言える。人間は、どこまで宇宙の始まりの謎に迫ることができるのか。現代は「精密宇宙論」とも呼ばれる時代に入っている。「精密」とは、小数点以下何桁もの精度を持つ数値によって、理論予言と観測結果が比較されることを意味している。無からの宇宙創世論、量子論、相対論、素粒子論などを考察しながら、この壮大なテーマについて、現代宇宙論の立場から考える。
宇宙のダークエネルギー~「未知なる力」の謎を解く~宇宙のダークエネルギー~「未知なる力」の謎を解く~ (光文社新書)
土居守

価格: 308円 512円(62%)お得
宇宙とは、いかなる存在なのかーー。宇宙が膨張していることは以前から知られている。しかし、膨張の速度はだんだん遅くなると考えられていた。ところが、20世紀の終盤、宇宙の膨張は減速しているどころか加速していることが明らかになった。これは、宇宙の中に、膨張を加速させる「未知の力」が働いていることを意味する。「宇宙の真の姿」とは? 最新の宇宙論と天文学が迫る、知的刺激にあふれた一冊。【光文社新書】
世界は「ゆらぎ」でできている~宇宙、素粒子、人体の本質~世界は「ゆらぎ」でできている~宇宙、素粒子、人体の本質~ (光文社新書)
吉田たかよし

価格: 356円 443円(55%)お得
ダークマター、ニュートリノ、ヒッグス粒子……。科学に関するトピックスが話題にのぼる機会が増えています。実は、宇宙の誕生も、素粒子の発見も、人体のメカニズムも、自然界にあるものはすべて物質の「ゆらぎ」が根底にあります。相対性理論から最新の超ひも理論まで、科学の謎を解くことは、何が、どう揺らいでいるかを解明することでもあったのです。この「ゆらぎ」をキーワードに、科学をシンプルに学んでいきましょう。
元素周期表で世界はすべて読み解ける~宇宙、地球、人体の成り立ち~元素周期表で世界はすべて読み解ける~宇宙、地球、人体の成り立ち~ (光文社新書)
吉田たかよし

価格: 308円 491円(61%)お得
私たちの体、住んでいる地球、そして宇宙。この世に存在するものはすべて、元素同士の化学反応によりできています。これら自然科学の摂理を凝縮した万能の道具が、周期表です。元素たちが並んだ周期表のルールは、複雑そうに見えてシンプル。縦と横のどっちから攻める? なぜ人体は取り込む栄養素を間違う? 元素の化学進化って何?ーー難しそうだけどなぜか気になる、そんな周期表の仕組みわかる入門書。
ブラックホール・膨張宇宙・重力波~一般相対性理論の100年と展開~ブラックホール・膨張宇宙・重力波~一般相対性理論の100年と展開~ (光文社新書)
真貝寿明

価格: 437円 535円(55%)お得
2015年は、アインシュタインが一般相対性理論を創り上げてから、ちょうど100年にあたる。一般相対性理論は20世紀の物理学を一変させたが、この理論が描く世界は、アインシュタイン自身の想像を超えるほど奇妙なものだった。本書では、一般相対性理論がどのように理解されてきたのかを俯瞰すると同時に、今日の3つの主流研究テーマを概観。現代物理学の知見は私たちに何をもたらすのかーー。最新の研究成果を交えて探る。
続きはこちらで!
\よかったらシェアしてください/

こちらもチェックしました?