1週間の新刊小説・エッセイから人気ベスト5/時限病棟/十二人の死にたい子どもたち/水鏡推理4 アノマリー/他

161018 weekly novel

10/13~10/18の間にKoboで発売された小説・エッセイ・ミステリー・サスペンスの新刊から、売れ筋BEST5をご紹介します!

新刊小説・エッセイで人気の本は

時限病棟時限病棟 (実業之日本社文庫)
知念実希人

価格: 576円 64円(10%)お得

→ブクログでレビューを見る

タイムリミットは6時間。脱出できるのかーー最速一気読み! 究極のどんでん返し!!目覚めると、彼女は病院のベッドで点滴を受けていた。なぜこんな場所にいるのか? 監禁された男女5人が、拉致された理由を探る……。ピエロからのミッション、手術室の男、ふたつの死の謎、事件に迫る刑事。タイムリミットは6時間。謎の死の真相を掴み、廃病院から脱出できるのか!? 大ヒット作『仮面病棟』を凌ぐスリルとサスペンス。圧倒的なスピード感。衝撃の結末とはーー。医療ミステリーの超傑作! 「病棟シリーズ」最新刊。

十二人の死にたい子どもたち十二人の死にたい子どもたち (文春e-book)
冲方丁

価格: 1,300円 374円(22%)お得

→ブクログでレビューを見る

『マルドゥック・スクランブル』『天地明察』を経て、冲方丁がデビュー20年目にはじめて書く現代長編ミステリー!廃業した病院にやってくる、十二人の子どもたち。建物に入り、金庫をあけると、中には1から12までの数字が並べられている。この場へ集う十二人は、一人ずつこの数字を手にとり、「集いの場」へおもむく決まりだった。初対面同士の子どもたちの目的は、みなで安楽死をすること。十二人が集まり、すんなり「実行」できるはずだった。しかし、「集いの場」に用意されていたベッドには、すでに一人の少年が横たわっていたーー。彼は一体誰なのか。自殺か、他殺か。このまま「実行」してもよいのか。この集いの原則「全員一致」にのっとり、子どもたちは多数決を取る。不測の事態を前に、議論し、互いを観察し、状況から謎を推理していく。彼らが辿り着く結論は。そして、この集いの本当の目的はーー。性格も価値観も育った環境も違う十二人がぶつけ合う、それぞれの死にたい理由。俊英・冲方丁が描く、思春期の煌めきと切なさが詰まった傑作。

水鏡推理4アノマリー水鏡推理4 アノマリー (講談社文庫)
松岡圭祐

価格: 734円

→ブクログでレビューを見る

山に消えた「非行」少女たち……世にも珍しい〈気象ミステリ〉命危うい遭難少女たち。近づく72時間の壁! 1分1秒を争うタイムリミットサスペンス。天才エンタテイメント作家の最高傑作。霞が関の常識は世間の非常識! 遭難少女の身の安全も二の次か? 理解不能の伏魔殿に水鏡瑞希はひとり斬り込む。

Qrosの女Qrosの女 (講談社文庫)
誉田哲也

価格: 821円

→ブクログでレビューを見る

世間を騒がす謎のCM美女「Qrosの女」の素性を暴くべく奮闘する「週刊キンダイ」芸能記者の矢口慶太。CMで彼女と共演した人気俳優・藤井涼介の自宅を、先輩記者・栗山と一緒に張り込むとそこに当人が!? 藤井との熱愛スクープ・ゲット! それともリーク? ーーワケありのネタ元、ネット情報も錯綜し、衝撃の展開へ! 白熱する芸能取材をリアルに描いた鮮烈ミステリー!

幽遊菓庵~春寿堂の怪奇帳~四季徒然幽遊菓庵~春寿堂の怪奇帳~ 四季徒然 (富士見L文庫)
真鍋 卓

価格: 648円

→ブクログでレビューを見る

あやかしが訪れる和菓子屋さん『春寿堂』の何気ない日常を抄録。名月や玉藻、あずきが結ぶ、小さな“ご縁”の行く末は? 桜羊羹、草餅、柿菓子、雪饅頭ーー四季折々の和菓子作りと、あやかし語りをご賞味ください。

続きはこちらで!
\よかったらシェアしてください/

こちらもチェックしました?