[終了] 講談社文庫&講談社ノベルズ「書物にまつわる物語」22作品が40%OFFセール!/図書館の魔女/法月綸太郎の冒険/人工憑霊蠱猫シリーズ/御書物同心日記/他

161006 sale syomotsu

講談社文庫&講談社ノベルズから「書物にまつわる物語」というテーマで22冊が40%OFFセールになっています。

セール対象の22冊はこちら!

図書館の魔女第一巻図書館の魔女 第一巻 (講談社文庫)
高田大介

価格: 514円 220円(29%)お得

→ブクログでレビューを見る

鍛冶の里に生まれ育った少年キリヒトは、王宮の命により、史上最古の図書館に暮らす「高い塔の魔女(ソルシエール)」マツリカに仕えることになる。古今の書物を繙き、数多の言語を操って策を巡らせるがゆえ、「魔女」と恐れられる彼女は、自分の声を持たないうら若き少女だった。超弩級異世界ファンタジー全四巻、ここに始まる!

法月綸太郎の冒険法月綸太郎の冒険 (講談社文庫)
法月綸太郎

価格: 526円 224円(29%)お得

→ブクログでレビューを見る

名探偵・法月綸太郎に挑戦するかのように起こる数々の難事件。なぜ死刑執行当日に死刑囚は殺されたのか、図書館の蔵書の冒頭を切り裂く犯人、男が恋人の肉を食べた理由など異様な謎に立ち向かい綸太郎の推理が冴えわたる。〈ルーツ・オブ・法月綸太郎〉ともいえるミステリの醍醐味あふれる第1短篇集。

浪華古本屋騒動記浪華古本屋騒動記
堂垣園江

価格: 983円 745円(43%)お得

→ブクログでレビューを見る

古本屋と一口に言ってもタイプは色々。老舗、新興、ネット古書店。ある者は夢を追い、ある者は借金取りに追われる。商売が厳しくなる一方なのは皆同じ。目指すのは、面白くて金になること。面白くなければ大阪ではない。名物古書店の三代目が古地図を持ち出し、宝探しの号令をかけた。現状打開の一攫千金を狙って、若者、曲者、正直者の古本屋たちがそれぞれの特技を生かして、歴史に目を凝らし知恵を巡らせて動き出す。

書物紗幕書物紗幕 (講談社ノベルス)
赤城毅

価格: 491円 373円(43%)お得

→ブクログでレビューを見る

長崎県五島列島の島の旧家に400年前から伝わる稀覯本。その内容を誰かが読めば、世界のすべてに災いを及ぼすという言い伝えが残されていた。旧家の主は禁を破ってその本の鑑定を専門家に依頼する。依頼されたのは、半井優一ことル・シャスールと、ファン・ドースブルフ教授ことミスター・クラウンだった。本の中身は? 祟りは本当にあるのか? そして、ル・シャースルとミスター・クラウンの因縁が明かされる!

書物奏鳴書物奏鳴 (講談社ノベルス)
赤城毅

価格: 529円 399円(42%)お得

→ブクログでレビューを見る

蝶コレクターの龍崎はル・シャスールに、新種の蝶について書かれた『ニューギニアの動物界』を入手したいと依頼する。ル・シャスールは緑川守という少年を訪ね、守の亡き母が遺した『ニューギニアの動物界』を譲るようにお願いする。守は了承するが条件をつける。その条件とは、龍崎への復讐を意味するものだったーー。その他、ド・ゴール暗殺計画、フリードリヒ大王の『七年戦争史』にまつわる謎などをル・シャスールが読み解く。

烏丸ルヴォワール烏丸ルヴォワール (講談社文庫)
円居挽

価格: 605円 259円(29%)お得

→ブクログでレビューを見る

京都に伝わる稀覯本(きこうぼん)『黄母衣内記(きぼろないき)』。その所有者が謎の死を遂げた。事故か他殺か。そして継承を巡り兄弟争いが勃発。私的裁判・双龍会(そうりゅうえ)が開かれることに。その準備の中、瓶賀流(みかがみつる)は伝説の龍師「ささめきの山月(さんげつ)」から、一人の少女と行動を共にすることを依頼される。だがそれは仲間達との敵対を意味していた。(講談社文庫)

御書物同心日記御書物同心日記 (講談社文庫)
出久根達郎

価格: 378円 156円(29%)お得

→ブクログでレビューを見る

将軍家の蔵書を守れ! 新米同心の奮闘記。本の知識では誰にもひけをとらない丈太郎は、天下の稀本珍本が集められた将軍家の御文庫に勤める新米同心。その使命は一にも二にも本を大切に保管すること。個性豊かな先輩同心がそろう御文庫に、同じく新米同心として角一郎がやって来たときから、奇妙な事件が相次いだーー。江戸情緒あふれる連作集。(講談社文庫)

続御書物同心日記続 御書物同心日記 (講談社文庫)
出久根達郎

価格: 340円 215円(38%)お得

→ブクログでレビューを見る

嫁入り道具の絵巻物を担保に、大名家が古本屋に金を借りにきた。目利きを頼まれた御書物同心の丈太郎は、極彩色の春画にうろたえる。一方、将軍家の書物を管理する御文庫では将軍遺愛の本が紛失した。書名を聞いた途端、丈太郎は驚愕する。そして「事件」は意外な展開をみせた・・・。江戸情緒あふれる連作集。(講談社文庫)

御書物同心日記虫姫御書物同心日記 虫姫 (講談社文庫)
出久根達郎

価格: 340円 235円(40%)お得

→ブクログでレビューを見る

江戸城内にある紅葉山御文庫(将軍家の蔵書)を管理する御書物方、新米同心の東雲丈太郎。書物が好きで好奇心旺盛、書物に関係があるとなるとどんな些細なことにでも首を突っ込みたくなる丈太郎は、次々と不思議な事件に巻き込まれる。年の瀬に丈太郎が懇意の古本屋に頼まれて払い出しの古書を買い付けに行った顛末を描く表題作ほか、江戸の歳時、風俗を巧みに織り込みながら温かな人情を描く短編シリーズ第三弾(講談社文庫)。

蠱猫人工憑霊蠱猫蠱猫 人工憑霊蠱猫 (講談社文庫)
化野燐

価格: 491円 331円(40%)お得

→ブクログでレビューを見る

妖怪を具現化する力を持つ禁断の書、『本草霊恠図譜』。図書館の片隅の古びた土蔵から、美袋小夜子(みなぎさよこ)がこの書を発見したことで、学園都市は戦いの舞台へと変貌する。”蠱猫とは? “有鬼派”とはいかなる者たちか? 穏やかで近代的な学園都市が激しく凄惨で果てない対決の嵐の中に。妖怪伝奇小説登場!! (講談社文庫)

白澤人工憑霊蠱猫白澤 人工憑霊蠱猫 (講談社文庫)
化野燐

価格: 491円 373円(43%)お得

→ブクログでレビューを見る

有鬼派の暴走により始まった、妖怪にまつわる戦いは、穏やかだった美袋学園都市を凄惨な場に変貌させていく。物語は美袋小夜子と白石優の二人から、時実理一と石和百代をめぐるものとして、あらたに語られ、より激しくなっていく。「陰」「陽」のユニークな2部構成で、叙述されていく化野燐の世にも妖しい妖怪奇譚。(講談社文庫)

渾沌王人工憑霊蠱猫渾沌王 人工憑霊蠱猫 (講談社文庫)
化野燐

価格: 567円 399円(41%)お得

→ブクログでレビューを見る

死闘の詳細が克明に語られる 妖怪を巡る学園都市の戦いのすべて。正体不明の龍造寺とは、敵か味方か!? 美袋学園と千文字薬科大学を巻きこんだ妖怪にまつわる戦いは趣を大きく変えて正体不明の男、龍造寺を語り手、そして主人公として綴られてゆく。小夜子たち無鬼派の味方か、未緒たち有鬼派に与する者なのか? また”渾沌王”とはいかなる鬼神か? 怪しすぎる、いい加減男が妖怪伝奇世界を激しくゆさぶる。(講談社文庫)

件獣人工憑霊蠱猫件獣 人工憑霊蠱猫 (講談社文庫)
化野燐

価格: 567円 410円(41%)お得

→ブクログでレビューを見る

鬼神蠢く学園都市、予言の果てに何が起こる!? 美作研究学園都市に傷心の旅から戻っ た白石と龍造寺。しかし、学園は鬼神の巣窟の如き有様だった。”有鬼派”大生部(おおふべ)の不気味な活動。『本草霊恠図譜』を守らねばならない。奇妙な伝承のある牛首塚古墳の発掘、謎の予言メール、驚愕の陰謀が進んでいた。”蠱猫”小夜子たちは阻止すべく戦う。衝撃の妖怪伝奇小説! (講談社文庫)

呪物館人工憑霊蠱猫呪物館 人工憑霊蠱猫 (講談社文庫)
化野燐

価格: 567円 410円(41%)お得

→ブクログでレビューを見る

妖気に蝕まれ、廃墟の如き”館”。 小夜子たちを異界が待つーー古書店、文車堂(ふぐるまどう)で、龍造寺は小夜子、白石たちには詰問され、”有鬼派”大生部には襲撃される。魔書”本草霊恠図譜(ほんぞうれいかいずふ)”が奪われたというのだ。行方を追って一同は、知る人ぞ知る曰くつきの品を引き取り封じる呪物館を訪れる。そこには数々の不可解な事件が待ち受けていた。妖怪伝奇小説、佳境へ。(講談社文庫)

妄邪船人工憑霊蠱猫妄邪船 人工憑霊蠱猫 (講談社文庫)
化野燐

価格: 567円 410円(41%)お得

→ブクログでレビューを見る

あの魔書を追って、戦いの舞台は長崎へと遷り、新たな鬼神が姿を現す。白澤の使役者、白石優は、今も失われた研究室の仲間を思い、悲しみを抱えたままでいた。姿を消したままの夏海涼子のこともーー。鬼神を操る魔書を巡る有鬼派との戦いは、刑部(おさかべ)を離れ、真夏の長崎へ舞台を移す。白石がたどりついたのは、西の果ての阿留賀島。夏海涼子の故郷でもあった。妖怪伝奇小説”長崎編”。(講談社文庫)

人外鏡人工憑霊蠱猫人外鏡 人工憑霊蠱猫 (講談社文庫)
化野燐

価格: 567円 410円(41%)お得

→ブクログでレビューを見る

“私”は”美袋(みなぎ)小夜子”ではなかった。そして小夜子は死んだという……多くの犠牲者を出した戦いの日々は妄想だったのか!? シリーズ最大の謎の迷宮!! 目覚めた”私”はベッドに拘束されていた。戻り始めた記憶での名前は”美袋小夜子”。だが周囲から告げられた私の名はーー憎むべきあの人物の名前だった。”蠱猫(こねこ)”の世界が大きく揺らぐ。妖怪伝奇小説、驚愕の急展開! (講談社文庫)

迷異家人工憑霊蠱猫迷異家 人工憑霊蠱猫 (講談社文庫)
化野燐

価格: 648円 277円(29%)お得

→ブクログでレビューを見る

美袋玄山(みなぎげんざん)研究所、炎上す。破滅と鬼神は急速に世界に蔓延(はびこ)っていった。”蠱猫(こねこ)”の使役者である小夜子は鬼神を消し去りながら生存し、重傷を負った”白澤”の使役者である白石は遠野に匿われていた。これまでになく敵味方は激しく悲しく交錯する。果てなき戦いは新たなステージへ。妖怪伝奇小説、シリーズ最高傑作! (講談社文庫)

書物迷宮書物迷宮 (講談社文庫)
赤城毅

価格: 416円 314円(43%)お得

→ブクログでレビューを見る

世に出れば歴史の真相を覆しかねない本を、合法非合法を問わずあらゆる手段で入手するプロフェッショナル、”書物狩人(ル・シャスール)”。スペイン内戦末期に出版された、ロルカの幻の詩集獲得のためグラナダ地方を訪れたル・シャスールは、依頼人である老婦人を前に、この本に隠された驚くべき秘密を語り出す。シリーズ第二弾! (講談社文庫)

書物法廷書物法廷 (講談社文庫)
赤城毅

価格: 548円 233円(29%)お得

→ブクログでレビューを見る

世界の米海軍基地を標的にした同時多発テロを未然に防ぎ、冷戦時代に行方不明となった水爆のありかを示す。一冊の書物が持つ恐るべき力を知り尽くし、いかなる困難な依頼をも達成してきた書物狩人ユーイチ・ナカライ。だが、無敵を誇るル・シャスールの前に、ついに強大な宿敵が現れる。シリーズ第3弾! (講談社文庫)

書物狩人書物狩人 (講談社文庫)
赤城毅

価格: 416円 263円(38%)お得

→ブクログでレビューを見る

たかが本ーーだがそこに書かれたことは時として大企業を破滅に導き、国家を転覆させることもある。錚々(そうそう)たる依頼人の願いをうけ、世に出れば世界を揺るがしかねない秘密をはらんだ本を、合法非合法を問わずあらゆる手段を用いて入手する「書物狩人(ル・シャスール)」。歴史の闇に隠されてきたその足跡が今初めて語られる! (講談社文庫)

面一本面一本 (講談社文庫)
出久根達郎

価格: 567円 440円(43%)お得

→ブクログでレビューを見る

庶民の街、早稲田の小さな古本屋に剣道の達人・若苗(わかなえ)が嫁いできた。三世代同居も苦にせず、人情溢れる家族に支えられて、若女将として古書の世界の奥深さにハマっていく。街を喰い荒らすバブル亡者たちに敢然と立ち向かい、平凡ながら時代の波に押し流されず強く生きる下町の一家を活き活きと描く長編小説。(講談社文庫)

緑金書房午睡譚緑金書房午睡譚 (講談社ノベルス)
篠田真由美

価格: 605円 453円(42%)お得

→ブクログでレビューを見る

高校に通わなくなって数ヵ月。16歳の少女は、大学教授である父が研究休暇で、イギリス行きを決めたため、古本屋「緑金書房」に居候をすることに。だが、その古書店こそは表と裏の世界をつなぐ「奇蹟の古本屋」だったーー。そして緑金書房にまつわる「8つの謎」を知った少女を襲う不思議な事件の数々。「建築探偵」シリーズの著者による、本を愛する人に贈る古書ファンタジー。

続きはこちらで!
\よかったらシェアしてください/

こちらもチェックしました?