[終了] 30代までに読みたい30冊の教養書が35%OFF!/禅学入門/マルクス・アウレリウス「自省録」/海洋帝国興隆史/日本軍のインテリジェンス/人口から読む日本の歴史/他

161003 sale kyouyou

〈30代までに読みたい30冊の教養書フェア〉で「講談社学術文庫」「講談社選書メチエ」など30冊が35%OFFセールになってます!

セール対象からピックアップ!

禅学入門禅学入門 (講談社学術文庫)
鈴木大拙

価格: 567円 318円(35%)お得

→ブクログでレビューを見る

本書は、禅学の泰斗として名高い著者が外国人向けに英文で執筆した書を、日本人のために自ら邦訳したものである。禅は虚無主義か、単なる神秘主義か、無宗教か等々、不案内な者が抱きやすい禅への誤解を解き、禅の真実の姿を指し示している。併せて、禅の真理へ導くために用いられる公案や、禅堂における修行者の実際にも言及した、禅初学者必読の書。

ビールの教科書ビールの教科書 (講談社選書メチエ)
青井博幸

価格: 1,021円 599円(36%)お得

→ブクログでレビューを見る

古代人が飲んだビールの製法、圧倒的に芳醇なベルギービールの味の秘密、ビールとエールの違い、鑑定の方法から美味しい地ビール完全リストまで。すべてが分かり、ビールがもっと旨くなる決定版! (講談社選書メチエ)

マルクス・アウレリウス「自省録」マルクス・アウレリウス「自省録」 (講談社学術文庫)
マルクス・アウレリウス

価格: 643円 329円(33%)お得

→ブクログでレビューを見る

2世紀後半ローマ皇帝となったマルクス・アウレリウスはまたストア派の哲学者でもあった。万有は神的理性(ロゴス)に統率されるという合理的存在論に与する精神構造を持つ一方で、文章全体に漂う硬質の無常観はどこから来るのか。自身の心に向かって思念し、心内の軋み・分裂・矛盾をごまかすことなく真摯に生きた哲人皇帝の魂の声。碩学による待望の新訳。(講談社学術文庫)

海洋帝国興隆史ヨーロッパ・海・近代世界システム海洋帝国興隆史 ヨーロッパ・海・近代世界システム (講談社選書メチエ)
玉木俊明

価格: 1,134円 648円(36%)お得

→ブクログでレビューを見る

近代黎明期、困難な海上ルートを通じて、世界へと乗り出したヨーロッパ諸国が築いた海洋帝国。ポルトガル海洋帝国が形成した異文化間交易ネットワーク。商業資本主義の時代、海運国家として繁栄を謳歌したオランダ。イギリスの電信網が生んだ世界の一体化ーー。ウォーラーステインの「近代世界システム」を海と商人の視点から捉え直し、ヨーロッパによる世界支配の本質に迫る。(講談社選書メチエ)

日本軍のインテリジェンスなぜ情報が活かされないのか日本軍のインテリジェンス なぜ情報が活かされないのか (講談社選書メチエ)
小谷賢

価格: 1,096円 632円(36%)お得

→ブクログでレビューを見る

【第16回 山本七平賞奨励賞受賞】 暗号解読など優れたインフォメーション解読能力を持ちながら、なぜ日本軍は情報戦に敗れたか。「作戦重視、情報軽視」「長期的視野の欠如」「セクショナリズム」。日本軍最大の弱点はインテリジェンス意識の欠如にあった。インテリジェンスをキーワードに日本的風土の宿痾に迫る。(講談社選書メチエ)

国際紛争を読み解く五つの視座現代世界の「戦争の構造」国際紛争を読み解く五つの視座 現代世界の「戦争の構造」 (講談社選書メチエ)
篠田英朗

価格: 1,285円 713円(35%)お得

→ブクログでレビューを見る

本書の第一章では、国際秩序への挑戦として紛争をとらえることを論じた。第二章は、東アジアの現状を勢力均衡の理論的視座を用いて分析。第三章は地政学の観点から欧州に焦点をあてた。第四章は中東情勢と文明の衝突という考えかたをぶつけ、第五章は格差社会としての国際社会の問題として、アフリカを世界システム論などを手がかりに論じた。第六章はアメリカの対外的な軍事行動の背景に、「成長信仰」の観点から迫った。

道徳感情論道徳感情論 (講談社学術文庫)
アダム・スミス

価格: 1,247円 751円(37%)お得

→ブクログでレビューを見る

アダム・スミスの二大著作の一冊が『道徳感情論』(1759)です。本書こそが主著で、『国富論』はその副産物だったのです。個人とは「共感」能力を持ち、様々な「激情」を持っています。利己的であったり、社会的であったり、憤ったり、感謝したりします。スミスはこういった個人の心に「義務」「道徳」を確立して、新しい社会と人間のあり方を探りました。近代社会の原理を知るための必読書が読み易い新訳で登場! (講談社学術文庫)

哲学の教科書哲学の教科書 (講談社学術文庫)
中島義道

価格: 832円 431円(34%)お得

→ブクログでレビューを見る

哲学は何の役にたつのか。哲学の問いとはどんなものか。哲学者とはどのような人々か。そもそも、哲学とは何か。物事を徹底的に疑うことが出発点だという著者は、「哲学とは何でないか」を厳密に規定することで哲学を覆うベールをはぎとり、その本質を明らかにする。平易なことばで哲学そのものを根源的に問いなおす、究極の「哲学・非ーー入門書」。(講談社学術文庫)

東京の自然史東京の自然史 (講談社学術文庫)
貝塚爽平

価格: 756円 410円(35%)お得

→ブクログでレビューを見る

地殻変動(巨大地震で、地表面は数メートル移動)、氷期と間氷期の海水面変化(一〇〇メートル以上)、火山灰の堆積(数メートル以上)、河川による砂礫の堆積……。一〇〇万年超の東京の形成過程と江戸以来の開発による地形変化を解明。過密集住の東京を脅かす様々な災害。散歩ガイド・災害マップとして、必携の地形学による東京史。(講談社学術文庫)

わたしの哲学入門わたしの哲学入門 (講談社学術文庫)
木田元

価格: 832円 464円(35%)お得

→ブクログでレビューを見る

第二次大戦敗戦後の混乱の渦中で青春期を生きた著者は、ハイデガーをどうしても読むという渇望から、東北大学哲学科に入学。『存在と時間』を何度も読み返しながら、その内容の理解には古代ギリシャ以来の西洋形而上学の展開を知ることが不可欠だと思いいたりました。「存在とは何か」というテーマを軸に、プラトン・アリストテレスからスコラ神学、そしてデカルト・カントに始まる近代哲学まで、わかりやすく解説します。(講談社学術文庫)

哲学な日々考えさせない時代に抗して哲学な日々 考えさせない時代に抗して
野矢茂樹

価格: 832円 626円(42%)お得

→ブクログでレビューを見る

自分のこと、社会のこと、国のこと、世界のこと……、考えなくてはいけないのに、考えようとすると、どう考えたらいいかわからなくなって、前に進めない。考えあぐねてしまう。ーーこんな時代だからこそ、哲学者は、しかつめらしい言葉を使わずにこの本を書きました。人生で一番大切なものは何か、どうして自殺をしてはいけないのか、など、むずかしいけど、私たちが気になって仕方ない問題からも逃げずに、向き合います。

「こつ」と「スランプ」の研究身体知の認知科学「こつ」と「スランプ」の研究 身体知の認知科学 (講談社選書メチエ)
諏訪正樹

価格: 1,247円 697円(35%)お得

→ブクログでレビューを見る

スポーツ、運転、仕事、家事、話し方……身体を使うすべてのモノゴトに「こつ」は存在し、「スランプ」は学びの必然である。スランプを乗り越え、こつを体得するとはどういうことか。「からだ」と「ことば」はいかに相関しあうのか。身体に根ざした知=身体知の学びに挑む、認知科学の最先端!

人口から読む日本の歴史人口から読む日本の歴史 (講談社学術文庫)
鬼頭宏

価格: 680円 378円(35%)お得

→ブクログでレビューを見る

増加と停滞を繰り返す、4つの大きな波を示しつつ、1万年にわたり増え続けた日本の人口。そのダイナミズムを歴史人口学によって分析し、また人々の暮らしの変容と人生をいきいきと描き出す。近代以降の文明システムのあり方そのものが問われ、時代は大きな転換期にさしかかった。その大変動のなか少子高齢化社会を迎えるわれわれが進む道とは何か。(講談社学術文庫)

医学の歴史医学の歴史 (講談社学術文庫)
梶田昭

価格: 832円 464円(35%)お得

→ブクログでレビューを見る

人類の歩みは絶えざる病との格闘であった。患者への温かい眼差しをもって治療に当たり、医療・医学の根源からの探究を志した病理学者が、人間の叡智を傾けた病気克服の道筋とそのドラマを追う。興味深い挿話、盛り沢山の引例、縦横に飛ぶ話柄。該博な知識と豊かな教養をもつ座談の名手が、洗練された名文で綴る人間味溢れる新鮮な医学史。(講談社学術文庫)

日本語に主語はいらない百年の誤謬を正す日本語に主語はいらない 百年の誤謬を正す (講談社選書メチエ)
金谷武洋

価格: 1,021円 599円(36%)お得

→ブクログでレビューを見る

「文法」が日本語を迫害している。「主語がよく省略される」から「非論理的」まで、100年にわたり「日本語」に貼られてきたレッテルを一刀両断する! 「愛らしい」「赤ん坊だ」「泣いた」ーー日本語の基本文はこの3種で必要十分である。英文法の安易な移植により生まれた日本語文法の「主語」信仰を完璧に論破する、すべての日本語話者、必携の書。(講談社選書メチエ)※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、タブレットサイズの端末での閲読を推奨します。

君主論君主論 (講談社学術文庫)
ニッコロ・マキアヴェッリ

価格: 567円 275円(32%)お得

→ブクログでレビューを見る

近代政治学の古典として名高い『君主論』。その著者マキアヴェッリは、都市国家が並び立つルネサンスのイタリアにあって、共和政のフィレンツェ市書記官として活躍。国際政治の荒波のなか、軍事、外交にわたり東奔西走の日々を送った。その豊かな体験を生かして権力の生態を踏まえた統治術として執筆した名著を、政治学の第一人者が全訳し解説する。(講談社学術文庫)

マーケット・デザインオークションとマッチングの経済学マーケット・デザイン オークションとマッチングの経済学 (講談社選書メチエ)
川越敏司

価格: 1,134円 648円(36%)お得

→ブクログでレビューを見る

マーケット・デザインとは、より良い制度・ルールの設計・改革を行う経済学の最先端分野である。結婚、就職、学校選択、臓器移植……。この世界には市場メカニズムが利用できない問題が数多くある。基礎となる市場理論やゲーム理論などを解説したうえで、グーグルなどもその研究と実践に取り組むマーケット・デザインの最新成果をその課題とともに具体的に紹介する。(講談社選書メチエ)

吉田松陰著作選留魂録・幽囚録・回顧録吉田松陰著作選 留魂録・幽囚録・回顧録 (講談社学術文庫)
奈良本辰也

価格: 907円 497円(35%)お得

→ブクログでレビューを見る

幕末動乱の時代、倒幕、維新を実現する長州藩の若者たちの多くが学んだ松下村塾。明治維新の精神的理論の支柱と称され、至誠と行動を貫徹した吉田松陰の思想とはなにか? 本書は、『幽囚録』『対策一道』『愚論』『回顧録』『急務四条』をはじめとする松陰の代表的な著作の原文に、平易な現代語訳を添えて丁寧な解説を施す。時代を変革する先駆者の思想の全貌を、本人の著述にもとづいて描き出した、必読の一冊。(講談社学術文庫)

〈階級〉の日本近代史政治的平等と社会的不平等〈階級〉の日本近代史 政治的平等と社会的不平等 (講談社選書メチエ)
坂野潤治

価格: 1,021円 599円(36%)お得

→ブクログでレビューを見る

武士の革命としての明治維新。農村地主の運動としての自由民権運動。男子普通選挙制を生んだ大正の都市中間層……。しかし、社会的格差の是正は、自由主義体制下ではなく、日中戦争後の総力戦体制下で進んだというジレンマをどうとらえればよいのか。「階級」という観点から、明治維新から日中戦争勃発前夜までの七〇年の歴史を、日本近代史の碩学が描き出す。(講談社選書メチエ)

続きはこちらで!
\よかったらシェアしてください/

こちらもチェックしました?