今週の歴史・時代小説新刊まとめ/燦 8 鷹の刃(あさのあつこ)/神君の遺品(上田秀人)/ゆけ、おりょう(門井慶喜)/歌川国芳猫づくし(風野真知雄)/他

160923 weekly historynovel

9/19〜9/23の間にKoboで発売された「歴史小説・時代小説」の電子書籍から、ダイジェストで人気作品をご紹介します!

こんな歴史小説が配信されました!

燦8鷹の刃燦 8 鷹の刃 (文春文庫)
あさのあつこ

価格: 559円 2円お得

→ブクログでレビューを見る

燦・伊月・圭寿ーー三人の運命やいかに?本気で政を変えようとする圭寿を不意に闇神波が襲う。そのとき燦、そして伊月はーー。
少年達が闘う大好評シリーズ、ついに最終巻。おれが必ず燦に逢わせてやるーー遊女に堕ちた身を恥じながらも燦への想いを募らせる篠音に、伊月は誓う。
遊里からの帰り道、星月夜に轟く鳥の声に不吉な胸騒ぎがし、城へと急ぐ。
正に刺客が藩主・圭寿に放たれていた。
その頃、静門院とお吉は田鶴に向かって道を急いでいたが……。
文庫オリジナルシリーズ、ついに感動の最終巻!

神君の遺品~目付鷹垣隼人正裏録(一)~神君の遺品~目付 鷹垣隼人正 裏録(一)~
上田秀人

価格: 648円 20円(2%)お得

→ブクログでレビューを見る

五代将軍綱吉自らの推挙で目付役となった鷹垣隼人正暁。ある日、一人の書院番が駿府勤番中の悪行で斬首にされ、三人の子息も切腹となった。疑念を抱き調べる暁を謎の浪人が襲うが、義兄・五百旗平太郎の剣が撃退する。将軍の座を巡り、黒鍬、伊賀、甲賀の忍や妖しの僧兵が暗躍。失われた記録はどこに? 綱吉の許しを得て探索する暁は、平太郎を伴い駿府へ……。

ゆけ、おりょうゆけ、おりょう (文春e-book)
門井慶喜

価格: 1,400円 328円(18%)お得

→ブクログでレビューを見る

龍馬に惚れながらも自立した魂が輝く!
「門井版おりょう」の物語幕末の京都で出会った「世話のやける弟」のような男・坂本龍馬と結婚したおりょう。
夫を呼び捨てにし、酒を浴びるほど飲み、勝海舟にも食ってかかる「妻らしからぬ」振る舞いに、龍馬の周囲からは離縁を迫られる始末。
しかし寺田屋事件で龍馬の命を救ったおりょうの名はとどろき、二人は仲睦まじく薩摩から長崎へ。
その旅は、ハネムーンなのか、戦場への門出なのか。
いつのまにか英雄になってしまった夫に、自分は何をしてやれるだろう。どんな世話がやけるだろうーー
ベストセラーにして直木賞候補にもなった『家康、江戸を建てる』の著者が描く傑作歴史小説!

歌川国芳猫づくし歌川国芳猫づくし (文春文庫)
風野真知雄

価格: 740円 5円お得

→ブクログでレビューを見る

天才絵師と猫。江戸の怪事件を解く!今なお人気の歌川国芳が風刺画、春画、滑稽画を引っ提げて江戸の怪事件に出くわす!
猫を愛した天才が活躍。『耳袋秘帖』の著者が描く、ユーモア溢れる短編集。美人画、春画、幽霊画、ご政道批判の風刺画まで。
黒船来航の時代に八面六臂の活躍を見せた天才絵師・歌川国芳。
個性派揃いの弟子たちと、八匹の猫に囲まれながら遭遇するのは、金魚偏愛者や贋国芳、葛飾北斎の娘や歌川広重も登場する怪事件ばかり。
謎と老いらくの恋が絡み合うーー人気時代作家待望の短編集。
解説・金子信久

はやぶさ新八御用旅(四)北前船の事件はやぶさ新八御用旅(四) 北前船の事件 (講談社文庫)
平岩弓枝

価格: 627円

→ブクログでレビューを見る

お鯉が攫われ新八郎、佐渡へ! 谷中感応寺。江戸の三富のひとつが行われている最中に、男が殺された。身元不明である。かたや、どこかの藩の船が忽然と消えてしまったという。この2つの事件、どうやら過去の北前船の出来事に関わりがあるらしい……探っていく新八郎だったが、なんと女中・お鯉がさらわれてしまう。人気シリーズ第4作。

両国の神隠し~大江戸木戸番始末~両国の神隠し~大江戸木戸番始末~
喜安幸夫

価格: 594円 10円(1%)お得

→ブクログでレビューを見る

両国広小路に流れ着いた新任の木戸番、杢之助。仕事熱心と評判の彼は、古巣の四ツ谷左門町をある事情から逃げ出した過去を持つ。ある日、両国界隈で神隠しの噂が流れ、八百屋の息子、留吉が消えてしまう。天狗の仕業だと町の面々が怯える中、杢之助は留吉の捜索を買って出るのだが……。己の過去を隠しつつ町の平穏のために奔走する男、杢之助の新シリーズ始動!

夢幻の天守閣夢幻の天守閣
上田秀人

価格: 648円 43円(6%)お得

→ブクログでレビューを見る

御広敷添番として四代将軍家綱の側室を刺客から守った無住心剣術の達人、工藤小賢太。その後、役を解かれて小普請入りすると、妻を娶り子どもたちとの穏やかな生活を送っていた。元号が元禄に変わり、跡継ぎのいない綱吉の将軍継嗣を巡る争いが勃発すると、またも小賢太は巻き込まれることにーー。前巻『幻影の天守閣』刊行から11年。著者渾身の書下ろし「続編」。

狐武者狐武者
岡本綺堂

価格: 702円 32円(4%)お得

→ブクログでレビューを見る

多くの昔話や稲荷信仰にたとえられるように、狐は古くから人に親しくも、とても神秘的な動物だった。そんな超自然の力を持つ狐に守護された若き武士が、激動の乱世を生き抜いていく不思議な物語「狐武者」をはじめ、深窓の女子学生失踪事件をめぐる男女の愛憎劇をサスペンス溢れる筆致で綴った中編「うす雪」など、7編すべてが文庫初収録となる幻の傑作集!

はやぶさ新八御用旅(一)東海道五十三次はやぶさ新八御用旅(一) 東海道五十三次 (講談社文庫)
平岩弓枝

価格: 605円

→ブクログでレビューを見る

身分を隠して江戸を発ち、国許へ向かった大名の姫君をお護りせよ。主君根岸肥前守の密命を受け、東海道を西進する隼新八郎。箱根では5人の追手が斬りかかり、宇津ノ谷(うつのや)峠では虚無僧(こむそう)姿の刺客が現れる。容易ならざる道行きには意外な結末が待っていた。大人気「はやぶさ新八」シリーズが新たな旅に出立す!

続きはこちらで!
\よかったらシェアしてください/

こちらもチェックしました?