[終了] 光文社新書の千住博・布施英利 アート解説本が55%OFFセール!/遠近法(パース)がわかれば絵画がわかる/千住博の美術の授業 絵を描く悦び/〈オールカラー版〉日本画を描く悦び/他

160923 sale artshinsho

光文社新書から出ている日本画家の千住博、批評家の布施英利によるアート解説本7冊が55%OFFセールになっているのでご紹介します。

55%OFFセールの7冊!

遠近法(パース)がわかれば絵画がわかる遠近法(パース)がわかれば絵画がわかる (光文社新書)
布施英利

価格: 427円 523円(55%)お得

→ブクログでレビューを見る

物体の重なり、色彩の重なり、陰影の重なり、線がもたらす錯覚……。多様な「遠近法」は、私たちに奥深い二次元・三次元の世界を見せてくれる。画家たちは、遠近法を巧みに取り入れることで何を伝えたかったのか。そして私たちの二つの目は、脳は、何を見ているのか? レオナルド・ダ・ヴィンチの『受胎告知』『最後の晩餐』、セザンヌの静物画、アールトの実験住宅、龍安寺の枯山水など数々の芸術作品をとりあげ、その謎に迫る。

色彩がわかれば絵画がわかる色彩がわかれば絵画がわかる (光文社新書)
布施英利

価格: 437円 535円(55%)お得

→ブクログでレビューを見る

すべての色は、三原色をもとに作られる。これが、四色でも二色でもいけないのはなぜか。そもそも「色」とは何なのかーー。ニュートンのような物理学者、ゲーテなどの文学者をはじめ、美術やデザインまで、様々な分野の専門家が取り組んできた色彩学。その理論の基本は難しそうに見えて、実はとてもシンプルである。北欧デザインの色彩美、遠近法との関係、印象派の絵画における光の見方など、色彩をテーマに美術鑑賞の知性を養う。

構図がわかれば絵画がわかる構図がわかれば絵画がわかる (光文社新書)
布施英利

価格: 502円 621円(55%)お得

→ブクログでレビューを見る

絵には、現実世界とは別の、絵画という文法がある。私たちはその「文法」を通して、絵を描き、読み、鑑賞している。その文法は、絵の表面からは隠されていて、すぐには見ることができない。しかし絵画には、四角い(あるいは丸い)画面の中に確かに文法があり、人の目を通して、脳で解読されているのだ。いわば、隠された「美の秘密」。本書では「構図」をテーマにその秘密、つまり絵画の文法を一つ一つ取り出していく。

千住博の美術の授業絵を描く悦び千住博の美術の授業 絵を描く悦び (光文社新書)
千住博

価格: 346円 431円(55%)お得

→ブクログでレビューを見る

一番大事なのは「何を描かないか」ーー世界で評価が高まり続ける日本画家である著者初めての書下ろし。美術のみならず芸術を志すすべての人のための芸術原論。

美は時を超える~千住博の美術の授業2~美は時を超える~千住博の美術の授業2~ (光文社新書)
千住博

価格: 356円 443円(55%)お得

→ブクログでレビューを見る

アルタミラの洞窟画から、モネ、水墨画、良寛・芭蕉、メトロポリタン美術館、ウォーホル、現代美術までーー時空を超えて美の本質をさぐる。二一世紀に生きるための芸術論。

〈オールカラー版〉日本画を描く悦び〈オールカラー版〉日本画を描く悦び (光文社新書)
千住博

価格: 443円 550円(55%)お得

→ブクログでレビューを見る

私にとって、「絵」は幼少期から特別なものでした。来る日も来る日も、雨の日も晴れの日も、時間があればスケッチブックを取り出し、マンガのようなものから街の様子、海の中の様子から未来の想像図まで、それこそ何から何まで描いていました。小学生の時の授業中であってもそれは変わらず、担任の先生によく注意されたものです(「まえがき」より)。母の影響から日本画の持つ底力まで、思いのすべてを描き尽くした一冊。

ニューヨーク美術案内ニューヨーク美術案内 (光文社新書)
千住博

価格: 340円 416円(55%)お得

→ブクログでレビューを見る

美術の町・ニューヨークで、野地秩嘉が画家・千住博と一緒に作品を読み解いていく、今までにない最高に贅沢な美術ガイド。この一冊で、美術館がたちまち楽しい場所に変わる。

続きはこちらで!
\よかったらシェアしてください/

こちらもチェックしました?