8月31日のKobo新刊!/週刊少年マガジン/pink 新装版(岡崎京子)/東京物語 1-3/公園対談 クリエイティブな仕事はどこにある?/ハヤカワ文庫・創元推理文庫/他

160831 daily

ついに8月も最後の日!8月31日にKoboで配信された電子書籍をダイジェストで紹介します。

今日は、ハヤカワ文庫と創元推理文庫がいろいろ出ましたねー。

こんな電子書籍が配信されました。

週刊少年マガジン2016年40号[2016年8月31日発売]週刊少年マガジン 2016年40号[2016年8月31日発売] (週刊少年マガジン)
週刊少年マガジン編集部

価格: 270円

→ブクログでレビューを見る

※巻頭グラビアAKB48グループと『はじめの一歩』は収録されていません。 『DAYS』巻頭カラー大増ページ! 『ベイビーステップ』&『ドメスティックな彼女』がダブルCカラーで、『恋する水族マン』は一挙2話でブレイクの予感…!!

週刊少年サンデー2016年40号(2016年8月31日発売)週刊少年サンデー 2016年40号(2016年8月31日発売)

価格: 270円

→ブクログでレビューを見る

スポーツも、美少女も、熱いバトルも!!
毎週水曜日を楽しくする漫画雑誌
「週刊少年サンデー」電子版!2016年40号配信!!※電子版に関しましては、目次の情報と一部内容が異なる場合があります。
付録も含まれません。また広告・価格表示などは全て発行した当時の情報となります。※電子版につきましては本誌内のプレゼント・アンケートへの応募も出来ません。何とぞご了承ください。

pink新装版pink 新装版
岡崎京子

価格: 950円 284円(23%)お得

→ブクログでレビューを見る

岡崎京子のあの名作が、電子版となって登場!
2ヶ月連続(7月末、8月末)リリース。89年初版の発売と同時に岡崎京子の名を文学界にまで知らしめた、傑作中の傑作を新装版で出版。評論家たちから「マンガは文学になった」と言われ、その完成度の高さが彼女のマンガ界での地位を確立したといっても過言ではない。ふだんはフツーのOLユミちゃんが、密かに自宅でワニを飼い、エサ代のため、自分の好きなものを我慢しないためにホテトル(!)嬢をしている。そこに作家を志しながら義母の愛人をしているハルヲ、義理の妹ケイコ、決して相容れない義母がからむ。リアルなセックス描写を交えながら、お金とは、本当の愛とはを描いた作品。彼女が敬愛するジャン・リュック・ゴダールを思わせるコマ割、真実をつく乾いたセリフと人物描写や時代性が、岡崎京子ならでは。

東京物語1東京物語 1 (ハヤカワコミック文庫)
ふくやま けいこ

価格: 648円 172円(20%)お得

→ブクログでレビューを見る

昭和初期の帝都東京に起こる不可解な事件を、出版社社員・桧前平介と、謎の風来坊・牧野草二郎の、二人の青年が解き明かしてゆく、レトロタッチのなつかしミステリコミック。平介と草二郎が知りあうきっかけとなった事件を描く、第一話「宝石の行方」から、鉄仮面の怪盗、機械男爵の謎に迫る、第十二話「機械男爵の挑戦(前篇)」ほか、番外篇「小鳥の瞼」、描き下ろし「平介探偵日記1」収録。

エターナル・フレイムエターナル・フレイム (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)
グレッグ イーガン

価格: 2,138円 238円(10%)お得

→ブクログでレビューを見る

故郷の惑星を直交星群との衝突による滅亡から救うため、巨大ロケット〈孤絶〉が飛び立って数世代後。いまだその解決策が見つからないなか、〈孤絶〉の天文学者タマラは、近傍を通過する天体〈物体〉を発見する。この宇宙の特異な性質から、直交星群の物質でできた〈物体〉はただの岩ではなく、母星帰還への道をひらくエネルギー源になるかもしれない! 光と物質の新たな法則を見いだそうとしていた物理学者カルラは、タマラとともに〈物体〉探査チームに加わるが……。現代ハードSFの旗手イーガンが、我々の世界とは異なる物理法則に支配される宇宙を描いた〈直交〉三部作、第二弾!

星読島に星は流れた星読島に星は流れた (創元推理文庫)
久住四季

価格: 720円 122円(14%)お得

→ブクログでレビューを見る

奇蹟の島の殺人事件
〈トリックスターズ〉シリーズの作者が満を持して放つ快作長編推理!
天文学者サラ・ディライト・ローウェル博士は、自分の住む孤島で毎年、天体観測の集いを開いていた。ネット上の天文フォーラムで参加者を募り、招待される客は毎年、ほぼ異なる顔ぶれになるという。それほど天文に興味はないものの、家庭訪問医の加藤盤も参加の申し込みをしたところ、凄まじい倍率をくぐり抜け招待客のひとりとなる。この天体観測の集いへの応募が毎年驚くべき倍率になるのには、ある理由があった。孤島に上陸した招待客たちのあいだに静かな緊張が走るなか、滞在三日目、ひとりが死体となって海に浮かぶーー奇蹟の島で起きた殺人事件を描く、俊英会心の長編推理!/著者あとがき=久住四季*本電子書籍は、『星読島に星は流れた』(創元推理文庫版 2016年8月31日初版発行)を底本としています。

女帝の名のもとに上ファースト・コンタクト女帝の名のもとに 上 ファースト・コンタクト (ハヤカワ文庫SF)
マイケル R ヒックス

価格: 875円 97円(9%)お得

→ブクログでレビューを見る

テラの航宙軍探査艦〈オーロラ〉は、植民可能な惑星を探すミッション中に異星の知的生命体と遭遇した。だがこのファースト・コンタクトは、最悪の結果に終わる。戦いと勇猛さに至上の価値を置き、これまで多くの異星種族を滅ぼしてきたクリーラは、人類を新たなる戦いの相手に選んだのだ! 銀河にその版図を広げつつあった人類と、女性のみがあらゆる分野で文明の担い手となっている異種族との壮絶な戦いを描くSF巨篇、開幕!

ニルヤの島ニルヤの島 (ハヤカワ文庫JA)
柴田 勝家

価格: 842円 86円(9%)お得

→ブクログでレビューを見る

人生のすべてを記録し再生できる生体受像(ビオヴィス)の発明により、死後の世界という概念が否定された未来。ミクロネシア経済連合体(ECM)を訪れた文化人類学者イリアス・ノヴァクは、浜辺で死出の船を作る老人と出会う。この南洋に残る「世界最後の宗教」によれば、人は死ぬと「ニルヤの島」へ行くというーー生と死の相克の果てにノヴァクが知る、人類の魂を導く実験とは? 新鋭が圧倒的な筆致で叙述する、第2回SFコンテスト大賞受賞作。

公園対談クリエイティブな仕事はどこにある?公園対談 クリエイティブな仕事はどこにある?
是枝裕和

価格: 1,300円 320円(19%)お得

→ブクログでレビューを見る

2016年5月に最新作『海よりもまだ深く』(出演・阿部寛、真木よう子)が公開になる是枝裕和監督と、海外で高い評価を得た作品を創り続けている広告ディレクター・樋口景一氏が、独自の仕事論を語りつくす一冊。仕事人として歩くさまざまな道のりにおいて、僕らは何を考え、何を見つめていくのかーー。カリスマクリエイターたちの仕事観や人生哲学は、すべてのビジネスマンにとっての最高の教科書になるはず。春には仕事人としての始まりを、夏にはその成功と失敗を、秋にはその閉塞と突破を、冬にはこれからどんな未来を選ぶかを、二人の仕事人が1年を通じて語っていく。

消費者の意見を聞いてはいけない。消費者の意見を聞いてはいけない。
稲垣 佳伸

価格: 324円

→ブクログでレビューを見る

定性リサーチのあり方についてまとめました。
定性リサーチ=グルインではありません。はやりのMROCでもありません。
消費者の「事実」をきちんと集めることです。そしてマーケターの「仮説」としっかりつながることです。リアルな「良い事実」は、マーケターの仮説生成に貢献しますし、マーケターの仮説検証にも役立ちます。
消費者の意見という情報は危険な情報です。
事実に仮説がぶら下がって口から飛び出す情報だからです。それは、「事実 + 仮説 = 意見」という構図で説明できます。
マーケターたるもの、聞くべきなのは事実です。消費者の仮説ではありません…

続きはこちらで!
\よかったらシェアしてください/

こちらもチェックしました?