今週の小説・エッセイ新刊まとめました!/掟上今日子の家計簿/ミスター・メルセデス/佐藤二朗なう/よっつ屋根の下/娘に語るお父さんの歴史/小説おそ松さん 前松/ウォールデン 森の生活/他

160830 weekly novel

この1週間の間にKoboで発売された新刊「小説・エッセイ」「ミステリー・サスペンス」の電子書籍から、ダイジェストで人気作品をご紹介します!

こんな小説・エッセイが配信されました!

掟上今日子の家計簿掟上今日子の家計簿
西尾維新

価格: 1,350円

→ブクログでレビューを見る

眠るたび記憶がリセットされる名探偵・掟上今日子。引き受けた事件は即日解決の彼女のもとに、今日も悩める刑事からの難題が舞い込んだ。呼び出されたのはなぜか、事件現場ではなく遊園地。依頼は、ある事件の容疑者より速く、巨大な脱出ゲームをクリアすることで……?美人でおしゃれでお金が大好き。忘却探偵・今日子さんのタイムリミット・ミステリー!

幽落町おばけ駄菓子屋夕涼みの蝉時雨幽落町おばけ駄菓子屋 夕涼みの蝉時雨 (角川ホラー文庫)
蒼月 海里

価格: 518円

→ブクログでレビューを見る

大学生の僕・御城彼方(みじょうかなた)の下宿先は、あの世とこの世の間に存在する幽落(ゆうらく)町のアパート。すっかり町に馴染んだ僕は、駄菓子屋「水無月堂(みなづきどう)」の店主で大家さんでもある水脈(みお)さんとともに、幽霊や妖怪から持ち込まれる悩み事やトラブルを解決する日々だ。ある日、駄菓子屋の用心棒猫目さんと大掃除の中、見慣れる瀬戸物を見つける。その正体は付喪神だった。「まだ使えるのに捨てられてしまった」ために人間を恨むようになり、その憂いが彼らをアヤカシにしてしまったことに気が付いた水脈はある提案をする。ほっこり、謎ときミステリー、第7弾!

ミスター・メルセデス(上)ミスター・メルセデス(上) (文春e-book)
スティーヴン・キング

価格: 1,900円 98円(4%)お得

→ブクログでレビューを見る

米最高のミステリー賞エドガー賞を受賞した巨匠の警察小説
車を暴走させて八人の命を奪って消えた殺人犯。いま退職刑事の元にそいつからの挑戦状が。異常殺人犯と不屈の男の対決がはじまる!

ウォールデン森の生活上ウォールデン 森の生活 上
ヘンリーD・ソロー

価格: 918円

→ブクログでレビューを見る

わかりやすく、見やすく蘇った『森の生活』。ヘンリー・D・ソローは、1800年代中期、ウォールデンの森の家で自然と共に2年2か月過ごし、内なる自然と外界の自然、そして人間社会を見つめて膨大な日記を記しました。その日記をもとに一冊に編み上げたのが本書です。邦訳は、古典の引用などから難解な書籍と言われていましたが、2004年に小学館から発売になった動物学者の今泉吉晴氏の訳本は、今泉氏自身が山小屋に30年暮らして、自然の側からの視点でソローの翻訳を続け、若々しく、読みやすく、示唆に富む内容になっています。今回の文庫では、さらに豊富な注釈を加筆。深く読み込みたい読者に対しても魅力ある内容となっています。新たに収録された写真と地図は、ソローの足跡(そくせき)をたどったH.グリーソンによるもの。ソローの文章と一緒に見ることで、ソローが感じていた自然を少しでも感じてほしいという訳者の意図によります。社会の産業化が進み始めた時代に、どのようにソローが自然の中を歩き、何を感じていたか。現代に生きる私たちも少しでも感じることができるのではないでしょうか。

佐藤二朗なう佐藤二朗なう (AMGブックス)
佐藤二朗

価格: 953円 105円(9%)お得

→ブクログでレビューを見る

TVやインターネットでも話題となり、僅か1年で10万フォロワーを獲得した佐藤二朗の切なくも笑える秀逸なTwitter投稿に、本人のツッコミをつけて掲載した究極の自作自演本。あとがきには『勇者ヨシヒコ』シリーズや『ニーチェ先生』の演出・監督であり、劇団ブラボーカンパニーの座長、福田雄一氏が”仕方なく”本書に寄稿していただいたコメントを掲載。

よっつ屋根の下よっつ屋根の下
大崎梢

価格: 1,080円 324円(23%)お得

→ブクログでレビューを見る

父の転勤をきっかけに、親子4人はそれぞれに思い巡らす。家族と自分は、どっちが大事? 勤め先の大病院の不祥事隠蔽を批判し、犬吠の地方病院に飛ばされた父。製薬会社に関係の深い実家を気にして、父についていこうとしない母。都会暮らしが好きなのに、父をひとりにできなくて、ついていったぼく。お母さんを責めないで!と言いながら、密かに自分を責めていた妹。家族のカタチが様々な時代、親子4人が辿り着いた境地とはーー。

世界中で迷子になって世界中で迷子になって
角田光代

価格: 659円

→ブクログでレビューを見る

旅&日常を愛する角田エッセイ待望の電子化。●アジアは水で、ヨーロッパは石なのだ●旅の疲れは移動の疲れと言うよりも、野生の本能を始終使っている疲れなんだろう●7月のあたまにセールなんてするなら、金輪際、5月6月に夏物なんて買わないからな!●じつは若いときからずっとサザエの母、磯野フネに憧れていた。●毎日仕事中、ほとんど負け戦ながらチョコ衝動と闘い続けている。・・・・いずれも本文より。
「旅」と「モノ」について、作者ならではの視点、本音が満載の1冊。読み進めていくと「どうして私の気持ちがここにあるんだろう」とびっくりするほど共感するとともに、新鮮な奥深い視点をそこかしこに感じます。そして読後は、心がほっこり癒されます。
–年齢とともに変えざるを得なくなるものが多くある。変えたくなくても変わってしまうこともあるし、進んで自分から変えることもある。そうした変化を私がもっともおそれていたのは、旅においてである。・・・・・から始まる文庫書き下ろしエッセイ「2016年未来の旅」では、歳を重ねたからこそ感じる旅の変化とその想いを共感溢れる言葉で切々と綴っています。
懐かしいのに新しい。そんな魅力溢れるエッセイが電子版で登場。

小説おそ松さん前松小説おそ松さん 前松
赤塚不二夫

価格: 840円 24円(2%)お得

→ブクログでレビューを見る

☆デジタル版特典:本文挿絵をカラーで掲載!・紙版付録の口絵シールに使用された、TVアニメ描き下ろしイラストも収録!☆ 『オレたち、恥ずかしながらニートになって帰って参りました!』 あの伝説の6つ子が、大人になって平成の世で大暴れ! おそ松メインの「末っ子おそ松」、カラ松メインの「劇団カラ松」、チョロ松メインの「チョロ松、深夜の大冒険」ほか、全員登場の「白か黒か」「夏休み」など抱腹絶倒の10編を収録! ※デジタル版には紙版の付録は付属しません。ご了承ください。

図書館ホスピタル図書館ホスピタル
三萩せんや

価格: 1,210円 302円(19%)お得

→ブクログでレビューを見る

元気だけがとりえの悦子が、ひょんなことから図書館に就職した。ところがそこは普通の図書館と違う、不思議な噂が存在していた。館長や同僚司書に助けられ、悩める利用者さんを救えるか?

遺跡発掘師は笑わない悪路王の左手遺跡発掘師は笑わない 悪路王の左手 (角川文庫)
桑原 水菜

価格: 605円

→ブクログでレビューを見る

震災後の東北・岩手で、天才発掘師・無量が掘り当てた「鬼の手」の正体とは!? そして、変死をとげた鬼頭家の当主たちが秘め続けていた、歴史の真実とは!? 全ての謎が明らかになる、シリーズ第5弾!【著者直筆メッセージ付き】

表御番医師診療禄8乱用表御番医師診療禄8 乱用 (角川文庫)
上田 秀人

価格: 691円

→ブクログでレビューを見る

長崎へ最新医術の習得にやってきた寄合医師の矢切良衛の許に、遊女屋の女将が飛び込んできた。浪人たちが良衛の命を狙っているというが…。一方、将軍綱吉は、お伝の方が近年懐妊しないことに疑念を抱く。

オレンジの壺(上)オレンジの壺(上)
宮本輝

価格: 540円 35円(6%)お得

→ブクログでレビューを見る

佐和子、25歳ーーとりたてて不幸なことなど何もない、しかし決して幸福ではない。ある日、亡き祖父から残された日記帳を読んだ佐和子は、重大な秘密を知る。パリへ旅立ち、祖父の本当の姿を探し求める彼女は、いつしか大切な何かを追い求めている。平凡な自分に何ができるのか? 佐和子が見つける答えはーー。女性のひたむきな成長を描く宮本文学の傑作!

娘に語るお父さんの歴史(新潮文庫)娘に語るお父さんの歴史(新潮文庫) (新潮文庫)
重松清

価格: 551円

→ブクログでレビューを見る

「お父さんの子どもの頃って、どんな時代だったの?」15歳の娘の問いを機に、父は自分が育ってきた時代の「歴史」を振り返ることに。あの頃、テレビが家庭の中心だった。親たちは「勉強すれば幸せになれる」と教えていた。宇宙や科学に憧れ、明るい未来を信じて全力疾走していた……。そして、父が出した答えとは。明日へ歩み出す子どもたちへ、切なる願いが込められた希望の物語。

LaVieenRoseラヴィアンローズLa Vie en Rose ラヴィアンローズ (集英社文芸単行本)
村山由佳

価格: 1,458円 162円(10%)お得

→ブクログでレビューを見る

薔薇の咲き誇る家で妻思いの優しい夫・道彦と暮らし、予約のとれないフラワーアレンジメント教室の講師、カリスマ主婦として人気を集めている咲季子。平穏な毎日が続いていくはずだった。あの日、年下のデザイナー堂本と出会うまでは。ーー門限は九時。打ち合わせで外出する場合は三日以上前に場所と時間を夫に報告すること。男性と一対一での打ち合わせは絶対に避けること。泊まりの旅行など論外。ややあって、堂本が言った。「なんかもう、『人形の家』って感じだな」ーー夫が決めた厳格なルールに従って成り立っていた「幸せ」な暮らし。堂本との恋をきっかけに、咲季子はようやくその酷いモラハラに気づき、檻の外へ羽ばたこうとする。だがある夜、すべてを知っていた夫が激高。大切なものを守るため、咲季子は二度と戻れない道へ踏み出してしまう……。衝撃のラストが心を震わす長編小説。

シャーロック・ノートIIー試験と古典と探偵殺しー(新潮文庫)シャーロック・ノートIIー試験と古典と探偵殺しー(新潮文庫) (新潮文庫)
円居挽

価格: 702円

→ブクログでレビューを見る

鷹司高校で起きたカンニング事件。剣峰成と太刀杜からんは、疑惑をかけられた少女、時巻暦の調査を開始する。だが、事件を解決したと思ったのも束の間、カンニングの新たな証拠が見つかり、真偽は生徒会裁判“将覧仕合”へと委ねられることに。激突する論理と論理。反転し、眼前で姿を変える真実。そして、伝説の名探偵・金田一が参戦し……。青春×本格ミステリの新機軸、第2弾。

真実の言葉はいつも短い真実の言葉はいつも短い (光文社知恵の森文庫)
鴻上尚史

価格: 648円 154円(19%)お得

→ブクログでレビューを見る

「ただ一本、芝居を打てたことだけで、僕は満足していました。(中略)タバコの煙とシャボン玉と、広場と。(中略)残念なことに、この幸福を超える幸福を、僕はまだ経験してはいないのです」(本文より)。鴻上尚史の芝居の原点とは? その変遷は? 彼の作品はなぜ人の心を打つのか? 鴻上尚史と彼の演劇の全てが分かる、自選傑作エッセイ集!

スリーパースリーパー (角川文庫)
楡 周平

価格: 864円

→ブクログでレビューを見る

殺人罪で米国の刑務所に服役する由良は、任務と引き替えに出獄、CIAのエージェントとなる。スリーパー(秘密工作員)として活動する由良のもとに、沖縄でのミサイルテロの情報が……。著者渾身の国際謀略長編!

罪の声罪の声
塩田武士

価格: 1,458円 324円(18%)お得

→ブクログでレビューを見る

京都でテーラーを営む曽根俊也は、父の遺品の中からカセットテープと黒革のノートを見つける。ノートには英文に混じって製菓メーカーの「ギンガ」と「萬堂」の文字。テープを再生すると、自分の幼いころの声が聞こえてくる。それは、31年前に発生して未解決のままの「ギン萬事件」で恐喝に使われたテープとまったく同じものだった。「ギンガ萬堂事件」の真相を追う新聞記者と「男」がたどり着いた果てとは。渾身の長編小説。

教室の灯りは謎の色教室の灯りは謎の色 (角川書店単行本)
水生 大海

価格: 1,620円

→ブクログでレビューを見る

塾には通いながらも不登校を続ける、高校生の遥。遥には母親が教師をしている学校へ行けない理由があった。ある日、塾の近くのレンタルショップで事件が起き、遥は犯人だと疑われる。窮地を救ってくれたのは、居合わせた塾講師の黒澤だった。寡黙ながら救いの手を差し伸べてくれる黒澤に、遥の心は少しずつ解きほぐされていく。レンタルショップの事件は、遥が不登校になるきっかけとなった出来事にもつながっていき、やがて、黒澤の言葉が彼女の世界を変えるーー。

ベルサイユの秘密~女子大生桜川東子の推理~ベルサイユの秘密~女子大生桜川東子の推理~
鯨統一郎

価格: 1,188円 324円(21%)お得

→ブクログでレビューを見る

マスター、山内、工藤のヤクドシトリオと、大学院生の桜川さん、アルバイトのいるかちゃんが、ノスタルジックな酒場談義を繰り広げるバー〈森へ抜ける道〉に、現役刑事がやってきた。桜川さんの酩酊推理が数々の難事件を解決してきたことを聞きつけ、その実力を見極めようというのだ。桜川さんは、ひたすら脱線し続ける話題の中で、事件の真相を探り当てられるのか? 縦横無尽の酔っ払い談義が楽しい、シリーズ最新作!

眠れぬシンデレラ眠れぬシンデレラ (ハーレクイン・イマージュ)
ジェシカ・ギルモア

価格: 648円

→ブクログでレビューを見る

シンデレラは“偽り”なのに、夜も眠れず彼を想ってしまう……。家事や雑用を代行するクララの前に、ある日、顧客の兄ラフが現れた。ろくに手がかりも残さずに姿を消した妹を捜す彼は、「妹の居場所を教えれば1万ポンド払う」と傲慢に言い放った。大手老舗百貨店の副社長であるラフは容姿端麗でセクシーだが、この手の男性にひどい目に遭わされたことがあるクララには、絶対に避けるべき存在だとわかっていた。しかしラフは彼女が家事を請け負う彼の妹の家に滞在するだけでなく、耳を疑うような契約を持ちかけてきたーー心労で倒れた祖父を安心させるために、クララに彼の恋人役を演じる“恋人代行”をしてほしいというのだ!■英国人作家ジェシカ・ギルモアが綴る、温かく感動的なシンデレラストーリーをお贈りします。地味で控えめな装いのクララがじつは美しいことを即座に見抜く大富豪のラフ。恋してはいけない相手と思いつつも、彼の魅力にからめとられていくクララの運命は……?

通い猫アルフィーのはつ恋通い猫アルフィーのはつ恋 (ハーパーBOOKS)
レイチェル・ウェルズ

価格: 864円 16円(1%)お得

→ブクログでレビューを見る

この地球は、愛と猫で回っている。ハートフル猫物語、待望の第2弾!飼い主を亡くした悲しみを経て、エドガー・ロードで“通い猫”として暮らすようになったアルフィー。ある日、空き家だった48番地に新しい家族が越してきた。だが何かから隠れるように人目を避ける一家の不審な様子に、近隣住民はざわつきだす。アルフィーはその一家と、彼らが飼う心閉ざした白猫のことが気になり……。悩める者のため1匹の猫が立ちあがる!? 全英絶賛ハートフル猫物語、第2弾。

ヤマケイ文庫穂高の月ヤマケイ文庫 穂高の月
井上 靖

価格: 760円

→ブクログでレビューを見る

井上靖の山と自然にまつわるエッセー集。「氷壁」に関わる文章のほか、今までの紀行集やエッセー集に収められなかった作品を含め、少年期から円熟期まで、全集でしか読むことができない山と自然にまつわるエッセイ。「氷壁」の舞台・穂高岳への登山、取材記を中心に、少年時代を過ごし「しろばんば」の背景となった天城の自然、海外ではネパールの旅など、文学者ならではの自然観が綴られたエッセー50篇を収録。作家の目が捉えた山や自然風物が作品にどう反映されたのかを探る。内容:
1.天城の雲
少年時代の原風景について
2.穂高の月
山との出会いと「氷壁」の舞台を訪ねて
3.日本の風景
文学者の自然観
4.作品の周辺
山を舞台とした作品について「あすなろ物語」「しろばんば」に描かれた故郷・天城によせる思い、「氷壁」の舞台となった穂高岳への山行、さらにはネパール・ヒマラヤへの旅。文学者の自然観と、作品構築に至る思索が表われたエッセー五十篇を収録。自然と旅を背景とした作品の成立過程をたどる。

続きはこちらで!
\よかったらシェアしてください/

こちらもチェックしました?