直木賞受賞『海の見える理髪店』(荻原浩)が、Koboなら19%OFF+20%還元(最大40%還元)で買えます

160721 book naokiaward

第155回(2016年上半期)の直木賞が発表されましたね!受賞は『海の見える理髪店』(荻原浩)でした。今回は直木賞受賞候補作品や荻原浩作品をご紹介します。

Koboは表示価格からさらに20%還元、さらに今なら他の本と一緒にして3,000円以上で買えば、40%還元中ですよ!(エントリーはこちらから

第155回直木賞受賞作品

海の見える理髪店海の見える理髪店 (集英社文芸単行本)
荻原浩

価格: 1,210円 302円(19%)お得

→ブクログでレビューを見る

主の腕に惚れた大物俳優や政財界の名士が通いつめた伝説の床屋。ある事情からその店に最初で最後の予約を入れた僕と店主との特別な時間が始まる「海の見える理髪店」。意識を押しつける画家の母から必死に逃れて16年。理由あって懐かしい町に帰った私と母との思いもよらない再会を描く「いつか来た道」。仕事ばかりの夫と口うるさい義母に反発。子連れで実家に帰った祥子のもとに、その晩から不思議なメールが届き始める「遠くから来た手紙」。親の離婚で母の実家に連れられてきた茜は、家出をして海を目指す「空は今日もスカイ」。父の形見を修理するために足を運んだ時計屋で、忘れていた父との思い出の断片が次々によみがえる「時のない時計」。数年前に中学生の娘が急逝。悲嘆に暮れる日々を過ごしてきた夫婦が娘に代わり、成人式に替え玉出席しようと奮闘する「成人式」。伝えられなかった言葉。忘れられない後悔。もしも「あの時」に戻ることができたら……。誰の人生にも必ず訪れる、喪失の悲しみとその先に灯る小さな光が胸に染みる家族小説集。

荻原浩の作品

愛しの座敷わらし愛しの座敷わらし
荻原浩

価格: 864円

→ブクログでレビューを見る

父親の左遷で東北の片田舎に引っ越した高橋一家。家に居場所のない夫、不平ばかりもらす妻、いじめにあっていた娘、気弱な息子、認知症の気配がある祖母……お互いを思う気持ちはあっても、すれ違いばかりでバラバラだった家族が、引っ越し先の古民家に棲みついていた「座敷わらし」との出会いをきっかけに、その絆を取り戻してゆく、心温まる希望と再生の物語。待望の文庫化!

家族写真家族写真 (講談社文庫)
荻原浩

価格: 691円

→ブクログでレビューを見る

ちっちゃい赤ん坊だった準子が嫁に行くんだぞーー男手一つで育てた娘を嫁がせる「結婚しようよ」。あの主人公が同年代の54歳と知って愕然とする「磯野波平を探して」。もはや見ないふりできない肥満解消のため家族でダイエットに励む「肉村さん一家176kg」他。短編の名手による、笑って泣ける7つの家族の物語。

ギブ・ミー・ア・チャンスギブ・ミー・ア・チャンス (文春e-book)
荻原 浩

価格: 1,200円 312円(20%)お得

→ブクログでレビューを見る

人生やり直したいと思ったこと、ありませんか?
元相撲取りの探偵、相方に逃げられた芸人…人生の転機を迎えた人々の悲喜こもごもを掬いあげる、笑いと涙の「再チャレンジ」短篇集。

ちょいな人々ちょいな人々  (文春文庫)
荻原 浩

価格: 580円 6円(1%)お得

→ブクログでレビューを見る

「カジュアル・フライデー」に翻弄され、慣れないファッションの冒険に乗り出した課長の悲喜劇を描いた表題作、大真面目で奇矯な発明が世の中を混乱させるおもちゃ会社の顛末「犬猫語完全翻訳機」と「正直メール」、熱狂的阪神ファンが彼女の実家に結婚の挨拶に行くと、彼女の父は熱烈なる巨人ファンだった…「くたばれ、タイガース」など、ブームに翻弄される愛すべき人々を描くユーモア短篇集。あなたの溜まったストレスに効く1冊!

砂の王国(下)砂の王国(下) (講談社文庫)
荻原浩

価格: 864円

→ブクログでレビューを見る

三人で立ち上げた新興宗教「大地の会」は私が描いた設計図どおりに発展。それどころか会員たちの熱狂は、思惑を越えて見る見る膨れ上がっていく。奇跡のような生還と劇的な成功。だが、そこで私を待っていたのは空虚な孤独と不協和音だった。人間の底知れぬ業と脆さを描ききった傑作長編、慟哭の結末!(講談社文庫)

「いじめ」をめぐる物語サークルゲーム「いじめ」をめぐる物語 サークルゲーム
荻原浩

価格: 324円

→ブクログでレビューを見る

「いじめ」をテーマにした短編を収めた競作アンソロジー『「いじめ」をめぐる物語』から著者別に制作した電子版オリジナル短編。

今回の直木賞候補作品

家康、江戸を建てる家康、江戸を建てる
門井慶喜

価格: 1,700円 244円(12%)お得

→ブクログでレビューを見る

天正十八年、家康は関白・秀吉から関東二百四十万石への国替えを要求された。そこは、水びたしの低湿地が多い広大な土地。家臣団の猛反対をよそに「関東には、のぞみがある」と受け入れた家康。貧村・江戸を本拠と定め、街づくりに着手。利根川東遷、神田上水、江戸城築城……日本史上最大、驚天動地のプロジェクトが始まった! ピンチをチャンスに変えた究極の天下人の、面目躍如の挑戦を描く快作誕生!

真実の10メートル手前真実の10メートル手前
米澤穂信

価格: 1,300円 212円(14%)お得

→ブクログでレビューを見る

『満願』『王とサーカス』に続き、俊英・米澤穂信が放つ、粒揃いの作品集!高校生の心中事件。二人が死んだ場所の名をとって、それは恋累心中と呼ばれた。週刊深層編集部の都留は、フリージャーナリストの太刀洗と合流して取材を開始するが、徐々に事件の有り様に違和感を覚え始める……。太刀洗はなにを考えているのか? 滑稽な悲劇、あるいはグロテスクな妄執──己の身に痛みを引き受けながら、それらを直視するジャーナリスト、太刀洗万智の活動記録。日本推理作家協会賞受賞後第一作「名を刻む死」、本書のために書き下ろされた「綱渡りの成功例」など、優れた技倆を示す粒揃いの六編。

天下人の茶天下人の茶 (文春e-book)
伊東 潤

価格: 1,300円 320円(19%)お得

→ブクログでレビューを見る

おのれと豊臣家の末路を見据えながら、鬼気迫る『明知討』を舞う秀吉の胸に、かつて自らが排した千利休の声が響く。「殿下、共に崖から身を躍らせましょうぞ」ー-現世の天下人となった秀吉、茶の湯によって人々の心の内を支配した千利休。
果たして勝者はどちらなのか。そして、利休の死の真相はーー?
細川忠興、牧村兵部、古田織部、瀬田掃部ら、千利休を継ぐ弟子たちを通し、二人の相克と天下人の内奥が鮮やかに浮かび上がる。
今もっとも勢いある作家が写しだす、戦国を生きる人間たちの覚悟と懊悩、その美しさ。卓抜したストーリーテーリングで読ませる傑作長編!

暗幕のゲルニカ暗幕のゲルニカ
原田マハ

価格: 1,382円 346円(20%)お得

→ブクログでレビューを見る

反戦のシンボルにして20世紀を代表する絵画、ピカソの〈ゲルニカ〉。国連本部のロビーに飾られていたこの名画のタペストリーが、2003年のある日、突然姿を消したーー誰が〈ゲルニカ〉を隠したのか? ベストセラー『楽園のカンヴァス』から4年。現代のニューヨーク、スペインと大戦前のパリが交錯する、知的スリルにあふれた長編小説。

\よかったらシェアしてください/

こちらもチェックしました?