今週の歴史・時代小説新刊を9冊にまとめました/超高速!参勤交代 リターンズ/水戸黄門 天下の副編集長/貸借 百万石の留守居役 七/久坂玄瑞の妻/他

160714 weekly historynovel

この1週間の間にKoboで発売された新刊「歴史小説・時代小説」の電子書籍から、ダイジェストで人気作品をご紹介します!

こんな歴史小説が配信されました!

超高速!参勤交代リターンズ超高速!参勤交代 リターンズ (講談社文庫)
土橋章宏

価格: 810円

→ブクログでレビューを見る

日本アカデミー賞最優秀脚本賞など数々の名誉に輝いた大ヒット映画の続編原作小説が文庫化! 前作では、巨悪の老中による5日以内に江戸へ参勤せよという難題を乗り越えた東北の弱小藩の面々に、帰りは2日で戻れとの命が下る。さらに江戸城天守の再建という途方もない沙汰まで加わり絶体絶命の窮地に陥る。知恵と勇気と馬力を武器に、奮闘する貧乏藩主とその藩士たちの運命はいかに?9月に公開決定の映画版原作。

貸借百万石の留守居役(七)貸借 百万石の留守居役(七) (講談社文庫)
上田秀人

価格: 713円

→ブクログでレビューを見る

大藩加賀に参勤交代の季節が近づいた。江戸から琴の待つ金沢へ。会津で国家老相手に渡り合い、貸しをつくることができた数馬は、またも難題、国元に帰る藩主一行のお膳立てを命じられる。道中の各藩の留守居役を集めた吉原での会合に、一人で臨む数馬に、思いがけぬ援軍が。だが、富山藩の不満、敵意を抱く老中堀田家による包囲網、と加賀をとりまく状況は風雲急を告げる。貸しはすぐに借りになる。加賀藩の留守居役、走る!

伊能忠敬伊能忠敬 (河出文庫)
童門冬二

価格: 907円

→ブクログでレビューを見る

緯度一度の正確な長さを知りたい。五十五歳、すでに家督を譲った隠居後に、奥州・蝦夷地への測量の旅に向かう。艱難辛苦にも屈せず、初めて日本の正確な地図を作成した晩熟の男の生涯を描く歴史小説。

極楽安兵衛剣酔記血闘波返し極楽安兵衛剣酔記 血闘 波返し (徳間文庫)
鳥羽亮

価格: 680円

→ブクログでレビューを見る

大川端で辻斬り事件が頻発していた。被害に遭うのは御家人ばかり。剛剣の遣い手とみられた。安兵衛は御目付の兄から呼び出しを受け、下手人が幕臣らしいと聞かされる。町方に捕らえられては、お上の威光に傷がつくばかりか目付筋の面目を失う。先に始末せよとの命が下った。一方、辻斬り現場から下手人を尾けるふたりの町人がいた。酷薄で残忍そうな町人の企みとは……傑作剣戟小説。

水戸黄門天下の副編集長水戸黄門 天下の副編集長
月村了衛

価格: 1,382円

→ブクログでレビューを見る

『国史』が未完に終われば、水戸徳川家は天下の笑いもの。遅々として進まぬ編修作業に業を煮やした光圀は、遅筆揃いの不届き執筆者たちの元へ、御自ら書物問屋のご隠居に身をやつし、直々に原稿の取り立てに。御老公の旅のお供は、水戸彰考館で国史の編纂に携わる、おなじみ覚さん介さんをはじめ、鬼机のお吟など名うての編修者。爆笑必至、痛快時代エンターテインメント登場!

将軍の影法師葵慎之助拝命将軍の影法師 葵慎之助 拝命 (徳間文庫)
麻倉一矢

価格: 702円

→ブクログでレビューを見る

将軍家と縁続きである〈葵の若〉こと勝田慎之助は、直心影流小太刀の遣い手ながら、父の死により寺の住職となっていた。が、突然、「上様をお守りせよ」との予期せぬ命を拝する事態に──。諸藩をも巻き込み、将軍の座を狙う御三卿の田安宗武と一橋宗尹(むねただ)。〈公人朝夕人(くにんちょうじゃくにん)〉の後見人となった慎之助は御側御用取次の大岡忠光、九代家重を陰で警固する葛西衆らとともに天下の大乱を防げるのか!?

真田を云て、毛利を云わず(上)大坂将星伝真田を云て、毛利を云わず(上) 大坂将星伝 (講談社文庫)
仁木英之

価格: 842円

→ブクログでレビューを見る

豊臣秀吉最古参の家臣を父に持つ毛利勝永は若くして、九州豊前一万石の大名となる。天下統一を成した秀吉は高邁な理想の下、朝鮮に出兵するが……。石田三成の薫陶を受け、豊臣政権の次代を担う器と目された勝永の眼前に、徳川家康が立ちはだかる。戦国の世、志を貫いた男を爽快に描く歴史小説。(『大坂将星伝』改題)

久坂玄瑞の妻久坂玄瑞の妻 (河出文庫)
田郷虎雄

価格: 713円

→ブクログでレビューを見る

二〇一五年のNHK大河ドラマの主人公・文を描いた唯一の小説。松陰の妹として生まれ、玄瑞に嫁した、幕末維新の長州に咲いた可憐な一輪の花の生涯。

誉れの赤誉れの赤 (講談社文庫)
吉川永青

価格: 929円

→ブクログでレビューを見る

「真田赤備えのルーツはここにあり!いま1番おすすめしたい時代小説です」(歴ドル・小日向えり)/戦場で最も目立つ朱色の具足。武田信玄配下の戦国最強部隊「赤備え」。赤備え山縣隊の一員であった甲斐地侍の勘五郎と幼馴染みの藤太は、長篠の戦いの大敗により、徳川へ主家替えを余儀なくされる。新しい主は赤鬼と呼ばれる井伊直政。戦国の終焉と最後の「赤の遺伝子」を受け継ぐ二人の武士の生き様とは。

続きはこちらで!
\よかったらシェアしてください/

こちらもチェックしました?