今週の歴史・時代小説新刊まとめました/家康、江戸を建てる/凜と咲きて/織江緋之介見参 七/上様は用心棒2/婿殿は山同心/他

160707 weekly historynovel

Koboでこの約1週間の間に配信された歴史小説の新刊電子書籍をご紹介します!

お急ぎの方は

こんな歴史小説が配信されました!

家康、江戸を建てる家康、江戸を建てる
門井慶喜

価格: 1,700円 244円(12%)お得

→ブクログでレビューを見る

天正十八年、家康は関白・秀吉から関東二百四十万石への国替えを要求された。そこは、水びたしの低湿地が多い広大な土地。家臣団の猛反対をよそに「関東には、のぞみがある」と受け入れた家康。貧村・江戸を本拠と定め、街づくりに着手。利根川東遷、神田上水、江戸城築城……日本史上最大、驚天動地のプロジェクトが始まった! ピンチをチャンスに変えた究極の天下人の、面目躍如の挑戦を描く快作誕生!

織江緋之介見参七終焉の太刀〈新装版〉織江緋之介見参 七 終焉の太刀 〈新装版〉 (徳間文庫)
上田秀人

価格: 724円

→ブクログでレビューを見る

将軍家綱は家光十三回忌のため日光に向かう。次期将軍をめぐる暗闘が激化する最中、危険な道中になるのは必至。老中阿部忠秋は大勢の警固に加え、剣術指南役の小野忠常とその息子織江緋之介に供奉(ぐぶ)を命じた。死を賭して凶刃を向ける死兵たちとの死闘のゆくえは。そして御免色里・吉原と徳川将軍家の驚愕の因縁が明らかになったとき、緋之介もまた数奇な運命をたどる。シリーズ堂々完結!

世直し隠し剣婿殿は山同心1世直し隠し剣 婿殿は山同心1 (二見時代小説文庫)
氷月葵

価格: 756円

→ブクログでレビューを見る

上野のお山に事件の風。
姑の嫌味もなんのその、新任の人情同心大奮闘。将軍家の菩提所、上野の山を守るのが山同心の仕事。
生真面目で人のいい禎次郎の初出仕の日、お山で百姓風の奇妙な三人組が……。八丁堀同心の三男坊・禎次郎は縁があって婿養子となって巻田家に入り、吟味方下役をしていたが、将軍家の菩提所を守る上野の山同心への出向を命じられた。初出仕の日、禎次郎は姑の嫌味を聞き流しつつ出かけ、お山で三人の怪しげな百姓風の男たちが妙に気になった。これが世を騒がせる“事件”の発端であった……。我らが婿殿、大奮闘! 新シリーズ第1弾!

凜と咲きて凜と咲きて
矢野隆

価格: 1,296円 324円(20%)お得

→ブクログでレビューを見る

美しく、強く、気立てもいい。八百八町の果ての果てにある「ドブ板長屋」に住んではいるが、じつは、(元)盗賊の娘。そんな凜のたったひとつの弱点は、惚れた男に甘いこと。しかもそいつが、命を狙われる身であったとしたらーー。男の面子と女の意地がぶつかりあったそのとき。斬馬刀がうなりを上げる! 義理と愛情の時代長編!

浮かぶ城砦上様は用心棒2浮かぶ城砦 上様は用心棒2 (二見時代小説文庫)
麻倉一矢

価格: 756円

→ブクログでレビューを見る

あの三代将軍家光が城を抜け出て大暴れ! 第2弾南海の龍・紀州頼宣が甥の将軍家光に叛意! 幕府軍船「天下丸」は…
独眼竜正宗がかつてイスパニアに派遣した南蛮帆船の絵図面を紀州頼宣が狙う。花川戸の口入れ屋の用心棒に姿をかえた家光は……。「天下人たる余は世間を知らなすぎた。見聞を広めるべく江戸の町に出る」と宣言して三代将軍家光は、浅草花川戸の口入れ屋[放駒]の家に用心棒として居候することに。富岡八幡宮の相撲小屋の前で、力士志願の大男に声をかけられた。父は船大工で伊達正宗の南蛮帆船の建造にたずさわったという。これが縁で……。

第三次世界大戦2連合艦隊出撃す第三次世界大戦2 連合艦隊出撃す (C★NOVELS)
大石英司

価格: 648円 324円(33%)お得

→ブクログでレビューを見る

“ロディオドライブ・ゲート”と呼ばれる小さな銃撃戦から、米中関係は一気に緊迫化した。外交的な報復合戦が行われ、米中両国に多大な犠牲者が出る。一方、日本は南アジア条約機構による合同パトロールに参加していたが、南沙海域でフィリピン海軍の哨戒艦が中国が築いた基地を容赦なく破壊するのを止められず、日中関係にも緊張が走った。その頃、元「サイレント・コア」部隊の司馬光二佐は、米国からの要請を受け、戦いを終わらせるために動きはじめたが、中国が極秘裏に進める、ある計画には気付かずにいた。それは、大戦中に日本がアメリカに行った作戦で……。大反響シリーズ第二弾登場!

旭日、遥かなり1旭日、遥かなり1 (C★NOVELS)
横山信義

価格: 648円 324円(33%)お得

→ブクログでレビューを見る

資源獲得のため仏印に進駐した日本に対し、米国は対日禁輸政策を強化、石油の輸出を禁止した! 一方同時期、ペトロパブロフスクのロシア帝国軍が反乱を起こした。日本はロシアの要請を受けて反乱鎮圧に助力するも、その際に米国の輸送船を誤射してしまう。怒る米国は日本に最後通牒であるハル・ノートを突きつけた! 対米開戦を決意した日本は、真珠湾攻撃を計画。だが図上演習の結果は日本の惨敗だったーー。真珠湾攻撃がなかった太平洋戦争を描く待望の新シリーズ。

続きはこちらで!
\よかったらシェアしてください/

こちらもチェックしました?