夏☆電書2016 文芸編/『夏姫春秋』など小説100円セール!/『若冲』『春画の色恋』など歴史・学術本が30%OFFセール!

7月1日より講談社の〈夏☆電書2016〉フェアが開催中です。このページではフェアの中から文芸作品をご紹介します。

『夏姫春秋』『日御子』『中央構造帯』など小説の上巻が100円セールの他、歴史・学術関係の書籍が多数30%OFFになっています。期間は9月8日(木)9:59まで。

→〈コミック編〉はこちら160706 sale natsudensho bungei

100円均一セール中の小説!

夏姫春秋(上)夏姫春秋(上) (講談社文庫)
宮城谷昌光

価格: 100円 504円(83%)お得

→ブクログでレビューを見る

直木賞受賞作。「力」が現世の全てを制していた当時、大国の横車に押し切られる小国鄭に、美しい公女が居た。

日御子(上)日御子(上) (講談社文庫)
帚木蓬生

価格: 100円 656円(86%)お得

→ブクログでレビューを見る

代々、使譯(通訳)を務める<あずみ>一族の子・針は、祖父から、那国が漢に使者を遣わして「金印」を授かったときの話を聞く。超大国・漢の物語に圧倒される一方、金印に「那」ではなく「奴」という字を当てられたことへの無念が胸を衝く。それから十数年後、今度は針が、伊都国の使譯として、漢の都へ出発する。

砂の王国(上)砂の王国(上) (講談社文庫)
荻原浩

価格: 100円 764円(88%)お得

→ブクログでレビューを見る

全財産は、3円。私はささいなきっかけで大手証券会社勤務からホームレスに転落した。寒さと飢えと人々からの侮蔑。段ボールハウスの設置場所を求め、極貧の日々の中で辿りついた公園で出会った占い師と美形のホームレスが、私に「宗教創設計画」を閃かせた。はじき出された社会の隅から逆襲が始まる!(講談社文庫)

中央構造帯(上)中央構造帯(上) (講談社文庫)
内田康夫

価格: 100円 475円(82%)お得

→ブクログでレビューを見る

伝説の首塚に背を向けた「将門の椅子」に座ると死が訪れる。巨大銀行で囁かれていた迷信は現実のものとなり、エリート銀行員が次々に不審な死を遂げる。そして、阿部奈緒美が所属する国際部からもついに犠牲者が。大学の同期である奈緒美から依頼を受けた浅見光彦は、平将門の祟りとされる事件の真相を追う。(講談社文庫)

光武帝(上)光武帝(上) (講談社文庫)
塚本青史

価格: 100円 712円(87%)お得

→ブクログでレビューを見る

紀元九年、安漢公・王莽が前漢を乗っ取り新帝国を建てる。だが儒教原理主義的な政策は民衆の反発を呼び、「赤眉の乱」が発生。漢帝室の血を引く豪族・南陽劉氏の御曹司劉秀も武張った兄劉演たちとともに否応無く反乱に巻き込まれてゆく。後漢帝国の創始者、光武帝劉秀の活躍を描く、新感覚の中国歴史巨編。

新装版白い航跡(上)新装版 白い航跡(上) (講談社文庫)
吉村昭

価格: 100円 558円(84%)お得

→ブクログでレビューを見る

薩摩藩の軍医として戊辰戦役に従軍した高木兼寛は、西洋医術を学んだ医師たちが傷病兵たちの肉を切り開き弾丸を取り出す姿を見聞し、自らの無力さを痛感すると同時に、まばゆい別世界にあこがれる。やがて海軍に入った兼寛は海外留学生としてイギリスに派遣され、抜群の成績で最新の医学を修め帰国した。(講談社文庫)

月と詐欺師(上)月と詐欺師(上) (講談社文庫)
赤井三尋

価格: 100円 599円(85%)お得

→ブクログでレビューを見る

戦前の大阪。瀬戸俊介は、両親を破産させ甘言で妾にした姉まで死に追いやった新興財閥総帥の灘尾儀一郎の殺害を誓う。偶然知り合った町工場主の春日は、自分の裏稼業は詐欺師だと明かす。「殺すな、かたきは取ってやる」。俊介の全財産で雇われた詐欺師たちは灘尾財閥破綻に向け、壮大な詐欺を仕掛け始める!

地の底のヤマ(上)地の底のヤマ(上) (講談社文庫)
西村健

価格: 100円 958円(90%)お得

→ブクログでレビューを見る

昭和三十八年。福岡県の三池炭鉱で大規模な爆発事故が起きた夜に、一人の警察官が殺された。その息子・猿渡鉄男は、やがて父と同じく地元の警察官となり、事件の行方を追い始める。労働争議や炭塵爆発事故の下、懸命に生きる三池の人々と、「戦後の昭和」ならではの事件を描いた、社会派大河ミステリー。

虹の刺客(上)小説・伊達騒動虹の刺客(上) 小説・伊達騒動 (講談社文庫)
森村誠一

価格: 100円 764円(88%)お得

→ブクログでレビューを見る

若き藩主を巡る策謀。権勢の行方はいずこに。仙台藩六十二万石。伊達政宗を超える大器と期待された3代藩主綱宗は、幕閣大老酒井忠清と共謀した有力家臣伊達兵部に陥れられ、二十歳にして隠居の身となった。幼い亀千代を擁立し、大藩を壟断する兵部。伊達家の重臣原田甲斐は、密かに起死回生を図っていたが!?史上有名な伊達騒動の真実に迫る圧巻! ※本書は1999年11月に朝日文庫より刊行されたものです。(講談社文庫)

歴史・学術本も30%OFFセールが多数!

本物の英語力本物の英語力 (講談社現代新書)
鳥飼玖美子

価格: 491円 373円(43%)お得

→ブクログでレビューを見る

発音はハチャメチャと完璧の間を狙う。語彙を増やすためには、とにかく「たくさん」読む。文法がまちがっていると「教養がない」と思われる。好きなこと、関心があることで英語を学ぶ。など、話すための基本、難関の試験克服法など日本人が「英語の壁」を乗り超えるための新常識10を伝授。英語が苦手な人でも、本書を読んで「英語なんて簡単さ」と自信を持とう!

若冲若冲 (講談社学術文庫)
辻惟雄

価格: 1,021円 599円(36%)お得

→ブクログでレビューを見る

《動植綵絵》全30幅をはじめ有名作品を網羅した図版150点以上! 今回増補した《象と鯨図屏風》には文庫ならではの仕掛けが。若冲の魅力を世に知らしめた第一人者による伝記、画歴から画論、若冲派まで、一冊で丸ごと網羅。好きにならずにいられない、若冲の秘密に迫る作品解説。ファンにはうれしい印譜解説(新発見の印譜を増補)、年表まで、小さな判型にメガ盛「若冲」! (講談社学術文庫)

春画の色恋江戸のむつごと「四十八手」の世界春画の色恋 江戸のむつごと「四十八手」の世界 (講談社学術文庫)
白倉敬彦

価格: 907円 497円(35%)お得

→ブクログでレビューを見る

「四十八手」はたんなる体位の解説ではなく、出逢いから始まる色恋の物語である。最初の浮世絵師と呼ばれる菱川師宣が描いた「四十八手」を一手ずつていねいに紐解きながら、西川祐信、鈴木春信、喜多川歌麿、葛飾北斎など、後世の浮世絵師たちがそれらをどう描いたか、表現の変遷をたどる。著者の春画研究の集大成にして、渾身の名著! 図版250点以上、カラー口絵付き。 (解説・浅野秀剛) (講談社学術文庫)

アフォーダンス入門知性はどこに生まれるかアフォーダンス入門 知性はどこに生まれるか (講談社学術文庫)
佐々木正人

価格: 605円 345円(36%)お得

→ブクログでレビューを見る

アフォーダンスとは環境が動物に提供するもの。身の周りに潜む「意味」であり行為の「資源」となるものである。地面は立つことをアフォードし、水は泳ぐことをアフォードする。世界に内属する人間は外界からどんな意味を探り出すのか。そして知性とは何なのか。20世紀後半に生態心理学者ギブソンが提唱し衝撃を与えた革命的理論を易しく紹介する。(講談社学術文庫)

幻の東京オリンピック1940年大会招致から返上まで幻の東京オリンピック 1940年大会 招致から返上まで (講談社学術文庫)
橋本一夫

価格: 680円 356円(34%)お得

→ブクログでレビューを見る

東京が招致しながら、自ら返上した1940年のオリンピック。「皇紀2600年記念」として構想されたこの大会は、招致のためのヒトラーやムソリーニとの取り引き、満洲事変への厳しい国際世論など、最初から戦争と政治に振り回された。また、「満州国」は参加できるのか、天皇の開会宣言は可能なのか、など問題山積みのまま、準備は遅れに遅れる。そんな中、招致に尽力したIOC委員・副島道正は「返上やむなし」と腹を決める。(講談社学術文庫)

世界人名物語名前の中のヨーロッパ文化世界人名物語 名前の中のヨーロッパ文化 (講談社学術文庫)
梅田修

価格: 605円 345円(36%)お得

→ブクログでレビューを見る

神々や英雄への憧憬、聖人や名君への賞賛から生まれた名前。歴史と文化に根ざす人々の思いと固有のイメージがこめられている名前の由来と変遷をさぐり、多様な文化の交流と積み重ねの上に成立しているヨーロッパの発想、価値観、社会観を明らかにする。ギリシャ・ローマ神話からハリウッドスターまで、人名で読み解くヨーロッパの文化、歴史、民俗。(講談社学術文庫)

日本の神々日本の神々 (講談社学術文庫)
松前健

価格: 605円 323円(34%)お得

→ブクログでレビューを見る

イザナギ、イザナミ、アマテラス、そしてスサノヲ。一地方の霊格として独自の性格や尊崇を有していた神々は、どのようにして日本神話を代表する神格を獲得していったのか。歴史学と民族学・比較神話学という二つの潮流をふまえ、素朴な「原像」が宮廷神話へと発展していった過程を追い、信仰や祭祀の形成との関係を通して古代国家成立の実像に迫った日本神話学、不朽の一冊。

禅学入門禅学入門 (講談社学術文庫)
鈴木大拙

価格: 567円 318円(35%)お得

→ブクログでレビューを見る

本書は、禅学の泰斗として名高い著者が外国人向けに英文で執筆した書を、日本人のために自ら邦訳したものである。禅は虚無主義か、単なる神秘主義か、無宗教か等々、不案内な者が抱きやすい禅への誤解を解き、禅の真実の姿を指し示している。併せて、禅の真理へ導くために用いられる公案や、禅堂における修行者の実際にも言及した、禅初学者必読の書。

火山列島の思想火山列島の思想 (講談社学術文庫)
益田勝実

価格: 718円 383円(34%)お得

→ブクログでレビューを見る

「日本」になる遥か前から、この列島には火山があった。いにしえよりこの土地に培われ息づいてきた想像力のあり方から、私たちの精神は何を受け取り、何を忘却しているのか。忘れてなお、何に縛られ、何から自由になりたいのか。ことばによって残された心の断片に渾身の学問的想像力で肉薄する、日本古代文学研究史上の記念碑的作品にして、無二の名著。

新版更級日記全訳注新版 更級日記 全訳注 (講談社学術文庫)
関根慶子

価格: 832円 442円(34%)お得

→ブクログでレビューを見る

平安中期の日記文学。菅原孝標女(すがわらのたかすえのむすめ)作。1060年(康平3)ごろ成立。作者13歳、父の任地上総国から帰京する旅の記録にはじまり、51歳で夫の橘俊通と死別するまでの半生を自伝的に回想した記。冒頭には、『源氏物語』とその世界への少女のあこがれを記す。乳母や姉との死別、宮仕え、家庭生活をへて、夫の急逝にあい、仏への帰依を願う境地にいたる、胸中の遍歴が描かれる。(講談社学術文庫)

\よかったらシェアしてください/

こちらもチェックしました?