今週の小説・エッセイ新刊まとめました/クララ殺し/夏の方舟/ON THE WAY COMEDY 道草/羊をめぐる冒険/ぼくたちは何だかすべて忘れてしまうね/他

160705 weekly novel

この1週間の間にKoboで発売された電子書籍の新刊から、人気の小説・エッセイミステリー・サスペンス」をご紹介します!

お急ぎの方は

こんな小説・エッセイが配信されました!

クララ殺しクララ殺し (創元クライム・クラブ)
小林泰三

価格: 1,599円 237円(12%)お得

→ブクログでレビューを見る

今度の真相も100パーセント想像不可能。
恐怖×驚愕、あの話題作『アリス殺し』まさかの姉妹編。
大学院生・井森建は、ここ最近妙な夢をよく見ていた。自分がビルという名前の蜥蜴で、アリスという少女や異様な生き物が存在する不思議の国に棲んでいるというものだ。だがある夜、ビルは不思議の国ではない緑豊かな山中で、車椅子の美少女クララと“お爺さん”なる男と出会った。夢の中で「向うでも会おう」と告げられた通り、翌朝井森は大学の校門前で“くらら”と出会う。彼女は、何者かに命を狙われていると助けを求めてきたのだが……。夢の“クララ”と現実の“くらら”を巡る、冷酷な殺人ゲーム!

夏の方舟夏の方舟 (角川書店単行本)
海猫沢 めろん

価格: 1,620円

→ブクログでレビューを見る

「わかりませんか。僕ですよ。久しぶりですね先輩」かつてのクラスメートの男子は、ある夏、妖艶な女となって、突然、島に帰ってきた。男たちに苦悩を呼び起こし、欲望にもだえさせるために。瀬戸内海のある島に一人暮らしをしている水無月陸は、地域振興の一環として島巡りのガイドシステムを開発している。あるとき、港から続く道で、女性と見まがう男と出会う。彼の名は黒坂聖(せい)。かつてのクラスメートだった……その瞬間から陸の中に、苦い過去の記憶がよみがえり…

ONTHEWAYCOMEDY道草浮世は奇々怪々篇ON THE WAY COMEDY 道草 浮世は奇々怪々篇 (河出文庫)
木皿泉

価格: 713円

→ブクログでレビューを見る

誰かが思い出すと姿を現す透明人間、人に恋した吸血鬼など、世にも奇妙でふしぎと優しい現代の怪談の数々。人気脚本家夫婦の伝説のラジオドラマ、初の書籍化。もちろん、オマケの前口上&あとがきも。

ぼくは漫画大王ぼくは漫画大王 (文春e-book)
胡傑

価格: 1,000円 404円(28%)お得

→ブクログでレビューを見る

第三回島田荘司推理小説賞受賞! 注目の台湾ミステリー物語は第十二章から始まる。家出していた妻が自宅に戻ると、夫が殺され息子の健ちゃんは密室に閉じ込められていた……。話は第一章に戻り、奇数章はライバル“太っ許(ふとっきょ)”と漫画大王の座を争う小学生・健ちゃん、偶数章は少年時代に起きた事件のトラウマで鬱々とした人生を送っている妻子持ちの方志宏(ほうしこう)という男を主人公に、二つの視点から語られてゆく。殺人事件の真犯人は誰?懐かしき日本の漫画と、1970年代から80年代にかけての台湾の空気を盛り込んだ、企みに満ちた本格ミステリー。

樹液少女樹液少女
彩藤アザミ

価格: 1,382円 346円(20%)お得

→ブクログでレビューを見る

失踪した妹を捜す男が迷い込んだのは、磁器人形(ビスクドール)作家の奇妙な王国。雪に閉ざされた山荘に招かれた4人のコレクターの前で、無残な遺体が発見された。誰が何のために? 次の標的は? 鍵を握るトランプコードの秘密を知ってしまった者の運命は……。平成生まれの新鋭による新潮ミステリー大賞受賞後第一作。

バッドカンパニーバッドカンパニー (集英社文庫)
深町秋生

価格: 562円 42円(6%)お得

→ブクログでレビューを見る

経歴不詳の美人社長・野宮が率いる人材派遣会社『NAS』。社員は元警官や元自衛官の屈強な男たち。ヤクザの用心棒、国際テロリストの捕獲、裏カジノに潜入……法律やコンプライアンスなんてどこ吹く風。金さえ積まれれば、どんな汚れ仕事も引き受ける。野宮に弱みを握られている元自衛官の社員・有道は、今日もムチャぶりに耐えながら大暴れ! スリリングなアクション満載の連作短編。

化物語(上)化物語(上) (講談社BOX)
西尾維新

価格: 691円

→ブクログでレビューを見る

大人気<物語>シリーズ第一作、電子版オリジナル3分冊で登場!阿良々木暦を目がけて空から降ってきた女の子・戦場ヶ原ひたぎには、およそ体重と呼べるようなものが、全くと言っていいほど、なかったーー!?青春に、おかしなことはつきものだ!【「ひたぎクラブ」「まよいマイマイ」収録】

ネコソギラジカル(下)青色サヴァンと戯言遣いネコソギラジカル(下) 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)
西尾維新

価格: 940円

→ブクログでレビューを見る

「生きている以上、世界の終わりを物語の終わりを、諦めることはできない」”人類最悪の遊び人”たる「狐面の男」は「ぼく」こと”戯言遣い”に断言する。玖渚友との決別。想影真心の暴走。そして、復活する哀川潤……。シリーズすべてを貫く伏線の楽譜(スコア)は絡まり合い、一気に奔流(クレッシェンド)をはじめる! <戯言シリーズ>、その最終楽章となる『ネコソギラジカル』三部作、ついに大団円(フィナーレ)!

羊をめぐる冒険羊をめぐる冒険
村上春樹

価格: 1,080円

→ブクログでレビューを見る

「羊のことよ」と彼女は言った。「たくさんの羊と一頭の羊」「羊?」「そして冒険が始まるの」 故郷の街から姿を消した〈鼠〉から〈僕〉宛に、ある日突然手紙が届く。同封されていた一枚の写真が、冒険の始まりだった。『1973年のピンボール』から5年後、20代の最後に〈僕〉と〈鼠〉がたどり着いた場所はーー。野間文芸新人賞受賞の「初期三部作」第三作。

風の歌を聴け風の歌を聴け (講談社文庫)
村上春樹

価格: 421円

→ブクログでレビューを見る

「あらゆるものは通り過ぎる。誰にもそれを捉えることはできない。僕たちはそんな風に生きている」1970年8月、帰省した海辺の街。大学生の〈僕〉は、行きつけのバーで地元の友人〈鼠〉と語り明かし、女の子と知り合い、そして夏の終わりを迎える。過ぎ去りつつある青春の残照を鋭敏にとらえ群像新人賞を受賞した、村上春樹のデビュー作にして「初期三部作」第一作。

1973年のピンボール1973年のピンボール (講談社文庫)
村上春樹

価格: 443円

→ブクログでレビューを見る

「電灯のスイッチを切って扉を後ろ手に閉めるまでの長い時間、僕は後ろを振り向かなかった。一度も振り向かなかった」東京で友人と小さな翻訳事務所を経営する〈僕〉と、大学をやめ故郷の街で長い時間を過ごす〈鼠〉。二人は痛みを抱えながらも、それぞれの儀式で青春に別れを告げる。『風の歌を聴け』から3年後、ひとつの季節の終焉と始まりの予感。「初期三部作」第二作。

水族館ガール3水族館ガール3 (実業之日本社文庫)
木宮条太郎

価格: 603円 66円(9%)お得

→ブクログでレビューを見る

赤ん坊ラッコが危機一髪!? 水族館も恋も不安だらけ! アクアパークから海遊ミュージアムへ出向中の恋人・梶良平の帰りを待ちわびる嶋由香。しかし、梶は出向終了後、すぐに内海館長から長期出張を命じられてしまう。由香もアクアパークの新プロジェクトリーダーに任命され、再び行き違いの日々に。しかしそこには館長の深謀遠慮が…。ラッコやマンボウ、イルカたち人気者も大活躍の感動お仕事ノベル!

あなたの人生、逆転させますー新米療法士・美夢のメンタルクリニック日誌ーあなたの人生、逆転させますー新米療法士・美夢のメンタルクリニック日誌ー
小笠原慧

価格: 1,210円 302円(19%)お得

→ブクログでレビューを見る

就活に失敗し、個人経営のメンタルクリニック院長助手になった美夢。しかし、変人だと思っていた院長は伝説の名ドクターで、ベッドタウンにあるクリニックは心の病のデパートだった! 毒親の連鎖、高度潔癖症、風俗店中毒、そして病の根源にあるものとは……『愛着障害』の岡田尊司が別名で描く、新人療法士の成長物語。

僕が愛したすべての君へ僕が愛したすべての君へ (ハヤカワ文庫JA)
乙野 四方字

価格: 605円 64円(9%)お得

→ブクログでレビューを見る

もし並行世界の自分と入れ替わったらーー人生の節目で僕はどんな選択をするだろうか?

ハローサヨコ、きみの技術に敬服するよハローサヨコ、きみの技術に敬服するよ (集英社文庫)
瀧羽麻子

価格: 562円 42円(6%)お得

→ブクログでレビューを見る

高校一年生の誠が抱える秘密、それは幼馴染の小夜子と二人でネットにまつわる事件を解決していること。誠が依頼を受け、小夜子が実作業を担当する。当初は厄介ごとが彼女に降りかからないように選んだ手段だったが、誠は次第に罪悪感を覚え始める。自分たちがしているのは人助けか、はたまた犯罪か。思い悩む彼を待ち受けていたのは予想もつかない事件だったーー。甘酸っぱく愛らしい学園小説。

ねこのおうちねこのおうち
柳美里

価格: 1,296円 324円(20%)お得

→ブクログでレビューを見る

生きることの哀しみ、そしてきらめき……ひかり公園で産まれた六匹のねことその家族が奏でる“命”の物語がいま、幕をあけるーー中川翔子さん推薦!!著者2年ぶりとなる、待望の最新小説!

伯爵家のシンデレラ伯爵家のシンデレラ (ハーレクイン文庫)
ジャクリーン・バード

価格: 540円 129円(19%)お得

→ブクログでレビューを見る

ケリーは、ハンサムなイタリア貴族ジャンニ・マルディーニに見初められ、誰もが羨む伯爵夫人の座についた。だが、上流社会に馴染めず、同居している義母や義姉からも陰湿ないじめを受け、心は徐々に蝕まれていくのだった。夫は、毎晩、ベッドの上では情熱的に愛してくれるが、義母や義姉と上手くいかないと訴えても聞きいれてはくれない。出産後、ますます孤独感が募るケリーは、ある日、未亡人の義姉とジャンニの抱き合う姿を見てしまう。打ちのめされて、彼女は赤ん坊をつれてジャンニの元を去った。

水曜日のプレイメイト水曜日のプレイメイト (ハーレクイン・デジタル)
マデリン・エリス

価格: 216円

→ブクログでレビューを見る

毎週水曜日。それはフレイヤたち“プレイメイト”の約束の日。ソールとジェイソンというハンサムでセクシーな同僚ふたりと彼女は、毎週水曜の夜になると、それぞれのセクシーなアイディアを持ち寄り、役になりきって互いの秘密の願望を叶えてやる。たとえば、きょうのフレイヤは、地下室のワイン倉庫に監禁されたOL。同僚のソールに仕事のミスという弱みを握られ、椅子に縛りつけられたまま、ワンピースを引き裂かれ、彼に陵辱の限りを尽くされるという役どころだ…

神戸電鉄殺人事件神戸電鉄殺人事件
西村京太郎

価格: 717円 179円(19%)お得

→ブクログでレビューを見る

神戸の異人館で、プールに浮かぶ若手女優と会社社長の死体が発見された。横浜でロケの予定だった女優が、なぜ神戸で殺された? さらに彼女の超高層マンションを訪ねた五人の男女が次々に殺され、事件現場は東京駅から、遂に神戸電鉄の車内へ。十津川警部が見出した、被害者たちを繋ぐ長い線とは? 長編トラベルミステリー。

もらい泣きもらい泣き (集英社文庫)
冲方丁

価格: 464円 32円(6%)お得

→ブクログでレビューを見る

一族みんなに恐れられていた厳格な祖母が亡くなった。遺品の金庫に入っていた意外な中身は……(「金庫と花丸」)。東日本大震災の後、福島空港で車がなく途方にくれる著者に「乗りますか」と声をかけてくれた男性。彼の父親の、痛快すぎるエピソードとは……(「インドと豆腐」)。思わずホロリ、もらい泣き。稀代のストーリーテラーが実話を元に創作した、33話の「泣ける」ショートストーリー集。

山の霊異記霧中の幻影山の霊異記 霧中の幻影 (角川書店単行本)
安曇 潤平

価格: 1,404円

→ブクログでレビューを見る

霧の山道で背後からついてくる操り人形のような女性、母娘にしか聞こえない不思議な声、「死ぬ人の顔が見える」という三枚鏡……。登山者や山に関わる人々から聞き集めた、自然とその影にある怪異を活写する恐怖譚。

大迷走(御茶ノ水警察シリーズ)大迷走(御茶ノ水警察シリーズ) (集英社文庫)
逢坂剛

価格: 702円 54円(7%)お得

→ブクログでレビューを見る

大学生の覚醒剤取り引きが発生!? 大学教授を名乗る男からのタレコミを受けて、御茶ノ水署の迷コンビ、斉木と梢田はことの真偽を確かめるべく捜査に乗り出す。覚醒剤の製造場所はどこか、元締めは誰なのか、ブツの受け渡し方法は? ペットクリニック、レンタルボックス、動物の縫いぐるみ、全ての点が結びついたとき、思いもよらぬ真相が発覚してーー。神保町界隈を駆け巡るシリーズ初長編!

みずうみみずうみ (河出文庫)
いしいしんじ

価格: 605円

→ブクログでレビューを見る

コポリ、コポリ……「みずうみ」の水は月に一度溢れ、そして語りだす、遠く離れた風景や出来事を。『麦ふみクーツェ』『プラネタリウムのふたご』『ポーの話』の三部作を超えて著者が辿り着いた傑作長篇。

受難受難 (角川書店単行本)
帚木 蓬生

価格: 1,944円

→ブクログでレビューを見る

iPS細胞で蘇生した美少女と大型フェリー沈没事故。ふたつをつなぐ真実とは? 最先端医療の可能性と、闇に隠された国家的陰謀。現役医師作家が覚悟をもって挑んだ、衝撃のスペクタクル巨編!

ラジオな人生ラジオな人生
岡田明

価格: 832円 356円(29%)お得

→ブクログでレビューを見る

昭和30年代、「早起き鳥」で始まったラジオ人生。そして深夜放送ブーム、娯楽番組、静かな音楽番組……。SNSの時代、やれツイッター、フェイスブックだのと、もてはやされている今だからこそ、ラジオの発信力に期待。ラジオこそ双方向通信の最たるもの!! 一時ラジオから離れてしまった筆者は昔風な番組に出合い再びリクエストを始めた。気分はプチ放送作家!?

ぼくたちは何だかすべて忘れてしまうねぼくたちは何だかすべて忘れてしまうね
岡崎京子

価格: 1,037円 259円(19%)お得

→ブクログでレビューを見る

いつも一人の女の子のことを書こうと思っている。いつも。たった一人の。一人ぼっちの。一人の女の子の落ちかたというものを……。カリスマ的支持を集める、人気マンガ家・岡崎京子の初の文芸作品。

月刊群雛(GunSu)2016年07月号~インディーズ作家と読者を繋げるマガジン~月刊群雛 (GunSu) 2016年 07月号 ~ インディーズ作家と読者を繋げるマガジン ~
倉下忠憲

価格: 486円

→ブクログでレビューを見る

ゲストコラムは作家・倉下忠憲による『「月くら」計画から考えるセルフパブリッシング戦略』。毎月一冊新刊をセルフパブリッシングし続けた中で得られた貴重なデータを公開! セルフパブリッシャー必読です!また、今回から新たな企画として、テーマを設定して投稿作品を募集しています。今号のテーマ「夏」の作品は表紙イラストを含め三点、自由テーマ作品が三点。「インディーズ作家と読者を繋げるマガジン」2016年07月号も、磨きあげた珠玉の作品をお届け!

続きはこちらで
\よかったらシェアしてください/

こちらもチェックしました?