幻冬舎 7月の月替わりセールは『東京100発ガール(小林聡美)』など3冊が半額以下

160705 sale gentosha monthly

幻冬舎 7月の月替わりセールは『東京100発ガール(小林聡美)』『生きる勇気とは何か アドラーに学ぶ』『巨人への遺言 プロ野球 生き残りの道』の3冊です。どれも半額以下になってます。

…というか幻冬舎が月替わりセールやってるのすっかり忘れてました(汗)。

お急ぎの方は

こんな電子書籍がセールになってます!

東京100発ガール東京100発ガール (幻冬舎文庫)
小林聡美

価格: 199円 294円(59%)お得

→ブクログでレビューを見る

三十歳ともなれば、酸いも甘いもかみ分けたクールでイカしたオトナの女、のはずが、彼の誕生日に花ドロボーになり、禁断のエステで新たな快楽に目覚め、通販でいらない物を買いまくり、新品のスニーカーで、犬のウンコを踏みしだく……。マダム小林が結婚直前に二匹の猫と過ごした、気ままな中にも笑える事件続出の日々を綴るエッセイ集。

生きる勇気とは何かアドラーに学ぶ生きる勇気とは何か アドラーに学ぶ
岸見一郎

価格: 399円

→ブクログでレビューを見る

岸見一郎氏による、アドラー心理学の決定版。
仕事、恋愛、老いや病気など、誰もが避けて通れない人生の課題にどう向き合うか。
困難に躓き、勇気を失ってしまった人は、その後どうやって勇気を回復したらよいのか。
アドラーの言葉・カウンセリング例をもとに解説します。
どんなに困難多き人生であっても、今日から幸福に生きるための考え方・行動指針が詰まった一冊です。

巨人への遺言プロ野球生き残りの道巨人への遺言 プロ野球 生き残りの道 (幻冬舎単行本)
広岡達朗

価格: 399円 681円(63%)お得

→ブクログでレビューを見る

セ・パ両リーグ日本一監督による、日本野球への愛の鞭セ・パ両リーグで日本一監督となった球界の伝説・広岡達朗氏が、84歳になってやっとわかった「野球の神髄」をまとめた、野球人生の集大成的な一冊。
新監督、大リーグから賭博事件、元選手の薬物逮捕といった近年の球界を取り巻く問題まで舌鋒鋭く斬り込んだ、日本プロ野球への「愛の鞭」が綴られている。

続きはこちらで
\よかったらシェアしてください/

こちらもチェックしました?