参院選と英EU離脱関連の政治経済本165冊が30〜65%OFFセール!/田中角栄に今の日本を任せたい/知らないと恥をかく世界の大問題6/メディアと自民党/他

160701 sale seiji

〈選挙直前!一票の前に一冊フェア〉ということでKADOKAWAの新書やビジネス書165冊が30〜65%OFFセールになっているので紹介します。期間は7/12(火)9:59まで。

選挙特集のようですが、対象書籍を見ると池上彰氏の『知らないと恥をかく世界の大問題』シリーズやFRB議長ベン・バーナンキ関連本など世界情勢の本もあるので、英国民投票に関連した本も含まれていますね。

お急ぎの方は

こんなビジネス書がセールになってます!

田中角栄に今の日本を任せたい田中角栄に今の日本を任せたい (角川SSC新書)
大下 英治

価格: 309円 598円(65%)お得

→ブクログでレビューを見る

震災復興、原発処理、円高・景気対策など、民主党政権はトップをすげ替えても右往左往している。「もし、田中角栄が今いたら……」という思いを多くの人が持つ中、田中角栄著『日本列島改造論』の制作に関わった元官僚をはじめ、角栄の“脳みそ”を知る政治家などに取材。角栄をよく知る男たち11人の生の証言をもとに「いま、角栄がいたら、強いリーダーシップで日本の難題をどう解決したのか」をまとめた。「新・日本列島改造論」にこそ、日本を再生する大きなヒントが隠されている。

知らないと恥をかく世界の大問題621世紀の曲がり角。世界はどこへ向かうのか?知らないと恥をかく世界の大問題6 21世紀の曲がり角。世界はどこへ向かうのか? (角川新書)
池上 彰

価格: 443円 442円(49%)お得

→ブクログでレビューを見る

戦後70年のいまを歴史に位置付けるとき!シリーズ最新第6弾! 覇権、宗教、経済、資源……世界は大きな転換期を迎えている。深まる混沌と対立。世界は解決の糸口を見いだせるのか? 戦後70年、そして、阪神・淡路大震災、地下鉄サリン事件から20年の節目に、21世紀のあるべき世界の姿を考える。世界を読み解くニュースの入門書。

デフレの正体経済は「人口の波」で動くデフレの正体 経済は「人口の波」で動く (角川oneテーマ21)
藻谷 浩介

価格: 389円 392円(50%)お得

→ブクログでレビューを見る

「生産性の上昇で成長維持」というマクロ論者の掛け声ほど愚かに聞こえるものはない。現実は内需にマイナスに働いているからだ。「現役世代人口の減少」、日本の問題はここにある! 誤った常識を事実で徹底的に排す!!

国家の攻防/興亡領土、紛争、戦争のインテリジェンス国家の攻防/興亡 領土、紛争、戦争のインテリジェンス (角川新書)
佐藤 優

価格: 432円 432円(50%)お得

→ブクログでレビューを見る

いま、反知性主義という妖怪が日本を徘徊している。妖怪との闘いを、完全収録!! 会員制情報誌「エルネオス」に8年以上に及ぶ好評連載から、領土や戦争のインテリジェンスを抽出した、この10年を一望できる一冊。

メディアと自民党メディアと自民党 (角川新書)
西田 亮介

価格: 432円 432円(50%)お得

→ブクログでレビューを見る

小選挙区制、郵政選挙以降の党内改革、ネットの普及が、メディアに対する自民党優位の状況を生み出した。「慣れ親しみの時代」から「隷属の時代」への変化を、注目の情報社会学者が端的に炙り出す。田原総一朗推薦。

9条は戦争条項になった9条は戦争条項になった (角川新書)
小林 よしのり

価格: 432円 432円(50%)お得

→ブクログでレビューを見る

集団的自衛権の行使を容認する安保法制が成立し、憲法9条は戦争条項となった。立憲主義がないがしろにされるなか、国民はここからどこに向かうべきか。議論と覚悟なくして従米から逃れる道はないと説く警告の書。

ニュースで学べない日本経済ニュースで学べない日本経済
大前 研一

価格: 1,134円 486円(30%)お得

→ブクログでレビューを見る

米国の「染色体が違う」企業、低欲望社会日本、地政学リスク…迫り来る危機のなかで私たちが生き残る道とは? ここでしか読めない!! 大前研一が、独自に分析したデータをもとに大胆に語る新しい「経済原論」。

リフレが正しい。FRB議長ベン・バーナンキの言葉リフレが正しい。FRB議長ベン・バーナンキの言葉 (中経出版)
高橋 洋一

価格: 1,058円 454円(30%)お得

→ブクログでレビューを見る

日銀の金融政策に対して厳しく言及してきたにもかかわらず「アベノミクス」を高く評価する、FRB(米連邦準備制度理事会)の議長であり、経済学者でもあるベン・S・バーナンキ氏。彼が「アベノミクス」を高く評価する理由とは? 本書では、説明のわかりやすから教育者としても人望に厚いバーナンキ氏の講演内容を翻訳し、徹底解説します。

リンゴが腐るまで原発30km圏からの報告ー記者ノートからーリンゴが腐るまで 原発30km圏からの報告ー記者ノートからー (角川新書)
笹子美奈子

価格: 432円 432円(50%)お得

→ブクログでレビューを見る

賠償金をめぐる地域コミュニティの分断、長い仮設住宅生活で崩壊する家族…。東日本大震災から5年、中越地震を取材した記者が、被災地における諸問題が福島で同様に繰り返され、深刻化している実態に警鐘を鳴らす。

政府は必ず嘘をつく増補版政府は必ず嘘をつく 増補版 (角川新書)
堤 未果

価格: 432円 432円(50%)お得

→ブクログでレビューを見る

『政府は必ず嘘をつく』の続編部分、未公開情報を巻末にまとめた増補版。嘘と真実がますます見分けにくくなる今、7万4000人の失業者を出すTPPの罠、後からじわじわと危険が迫るマイナンバー制度を緊急レポート。決して騙されないための方法について伝える。

暴力と富と資本主義なぜ国家はグローバル化が進んでも消滅しないのか暴力と富と資本主義 なぜ国家はグローバル化が進んでも消滅しないのか (角川書店単行本)
萱野稔人

価格: 1,080円 1,080円(50%)お得

→ブクログでレビューを見る

グローバル化の進展により近代国家のシステムは変容を迫られているが、なぜ国家は資本主義のグローバル化でも消滅しないのか。暴力への権利、富への権利の二つの権利と資本主義との関係を通して考察していく。

続きはこちらで

こちらもチェックしました?