今週の歴史・時代小説新刊まとめました/悲劇の風雲児/みちのく忠臣蔵/嵐を呼ぶ女/刺客が来る道/孤愁の岸/他

160629 weekly historynovel

Koboでこの約1週間の間に配信された歴史小説の新刊電子書籍をご紹介します!

お急ぎの方は

こんな歴史小説が配信されました!

悲劇の風雲児悲劇の風雲児 (講談社文庫)
杉本苑子

価格: 461円

→ブクログでレビューを見る

木曽の山谷が育てた天性の武人、義仲の31年の生涯。源家の御曹司として平家打倒の兵を挙げ京へ乱入、敗れた平氏は都を捨てる。義仲の権勢の日が始まったが、武力は憚(はば)かられても野人ぶりはからかわれ、後白河法皇の政略に斃れる。無垢な武将の鮮烈な人間性を描く表題作等、史上の英雄8人を描く傑作短編集。

風の群像(上)小説・足利尊氏風の群像(上) 小説・足利尊氏 (講談社文庫)
杉本苑子

価格: 720円

→ブクログでレビューを見る

天下取りの好機。後醍醐帝から討幕綸旨(りんじ)が下り、源氏の棟梁・足利尊氏は弟直義(ただよし)、高師直(こうのもろなお)らと旗揚げして北条氏を討った。しかし”野草の群れ”武士の暮しを守る武家政権を目指した尊氏と、親政を企む帝が対立。「土に根ざし汗にまみれた者たち」の幕府開設へ熾烈(しれつ)な戦いが始まった。好漢尊氏の魅力溢れる歴史長編。

みちのく忠臣蔵みちのく忠臣蔵 (文春文庫)
梶よう子

価格: 780円 8円(1%)お得

→ブクログでレビューを見る

お江戸日本橋で、元盛岡藩士が切腹した。そこには長年にわたって確執のある弘前藩を弾劾する高札が掲げてあった!直参旗本ながら無役の神木家嫡男、光一郎と、剣の達人である村越重吾は、元鳥取藩主・松平冠山の依頼で、蝦夷地に関係する事件を調べるうちに、弘前藩と盛岡藩の争いに巻き込まれてしまう。その争いの中心には、かつて光一郎と重吾と厚い親交を結んだ盛岡藩士・相馬大作の姿があった。主君の恥辱をそそぐべく弘前藩主の命を狙う大作。主君への忠、武士としての義が生んだ結末とは。
「みちのく忠臣蔵」と呼ばれた史実をもとに、ミステリータッチで描かれた壮大なドラマ。

嵐を呼ぶ女嵐を呼ぶ女
和久田正明

価格: 648円 43円(6%)お得

→ブクログでレビューを見る

北町奉行所定町廻り同心の相良寛十郎が何者かに心の臓を刺され殺害された。下手人の手がかりはなく事件は迷宮入り。しかし、そんな難事件の解決に炎を燃やす女十手持ちが現れた。まだ十八歳の小夏である。元岡っ引きの祖父・辰五郎、そして、亡き父の跡を継いだ同心の相良金吾とともに、憎き下手人に立ち向かう! 人気急上昇中の著者が届ける、渾身の新シリーズ第一弾。

刺客が来る道刺客が来る道
風野真知雄

価格: 594円 32円(5%)お得

→ブクログでレビューを見る

いわれなき罪に問われ、江戸へ命からがら逃げてきた信夫藩の元藩士・佐山壮之助。慣れない江戸で親子四人、細々と生活を始めたが、その前に壮之助を狙う刺客が現れる。斃しても次々に放たれる刺客ーー。壮之助は、はたして家族との生活を守りきれるのか。武士を捨て町人として懸命に生きようとする男の心情を見事に描き切った作品。風野真知雄、光文社文庫初登場。

孤愁の岸(上)孤愁の岸(上) (講談社文庫)
杉本苑子

価格: 572円

→ブクログでレビューを見る

財政難に喘ぐ薩摩藩に突如濃尾三川治水の幕命が下る。露骨な外様潰しの策謀と知りつつ、平田靭負ら薩摩藩士は遥か濃尾の地に赴いた。利に走る商人、自村のエゴに狂奔する百姓、腐敗しきった公儀役人らを相手に、お手伝い方の勝算なき戦いが始まった……。史上名高い宝暦大治水をグローバルに描く傑作長編。

続きはこちらで!
\よかったらシェアしてください/

こちらもチェックしました?