[小説・エッセイ] 新刊まとめ「光ラズノナヨ竹(壇蜜)」「ヒトクイマジカル」「魂の退社 会社を辞めるということ。」「後妻業 文庫版」「大岩壁」他

160613 weekly novel a

壇蜜「光ラズノナヨ竹」が小説家デビュー記念でただいま100円セール中ですね!「後妻業」が文庫化されたり、西尾維新の電子化プロジェクトが進んでいたり、この1週間の間にKoboで発売された電子書籍の新刊から、人気の小説・エッセイミステリー・サスペンス」をご紹介します!

お急ぎの方は

こんな小説・エッセイが配信されました!

光ラズノナヨ竹【文春e-Books】光ラズノナヨ竹【文春e-Books】 (文春e-Books)
壇蜜

価格: 100円

→ブクログでレビューを見る

壇蜜、小説家デビュー作!ガールズバーで働いて貯めたお金を、付き合っていた男にごっそり盗まれた大学4年生の私。
卒論を書くパソコンを買うため、源氏名「サクヤ」として時給4500円の「おっぱいパブ」で働くことに。
入店から2ヶ月たったある日、サクヤは客として来た男と衝撃の再会を果たす・・・。「竹取物語」をモチーフに描かれた、誰にもみつけてもらえなかったお姫様のお話。

魂の退社会社を辞めるということ。魂の退社 会社を辞めるということ。
稲垣えみ子

価格: 1,512円

→ブクログでレビューを見る

「まっとうに会社で働く人が日本を支えている。それは本当にそうだと思う。
 しかし、会社で働いていない人だって日本を支えている。
自営業の人たち、フリーランスで働く人たちは言うまでもない。
 さらに、お金を稼いでいない人たち、たとえば専業主婦、仕事をやめた高齢者、何かの事情で働けない人、子どもだって、みんな日本を支えているんじゃないだろうか?
 食事をつくる、掃除をする、孫と遊ぶ、何かを買う、近所の人にあいさつをする、だれかと友達になる、だれかに笑顔を見せるーー世の中とは要するに「支え合い」である…

後妻業後妻業 (文春文庫)
黒川博行

価格: 789円 10円(1%)お得

→ブクログでレビューを見る

小説が現実を凌駕した、あの話題作が文庫化&映画化!91歳の耕造は妻に先立たれ、69歳の小夜子を後妻に迎えていた。ある日耕造が倒れ、小夜子は結婚相談所の柏木と結託して早々に耕造の預金を引き出す。さらに公正証書遺言を盾に、遺産のほぼすべてを相続すると耕造の娘たちに宣言したーー。高齢の資産家男性を狙う<後妻業>を描き、世間を震撼させた超問題作。解説・白幡光明2016年8月公開 映画「後妻業の女」(主演・大竹しのぶ、豊川悦司) 原作

ヒトクイマジカル殺戮奇術の匂宮兄妹ヒトクイマジカル 殺戮奇術の匂宮兄妹 (講談社文庫)
西尾維新

価格: 1,080円

→ブクログでレビューを見る

「……具体的に、あなたは何の研究をしているのですか? 木賀峰助教授」 「死なない研究ーーですよ」 永遠に生き続ける少女、円朽葉をめぐる奇怪極まりない研究のモニターに誘われた”戯言遣い”こと「ぼく」は、骨董アパートの住人・紫木一姫と春日井春日とともに京都北部に位置する診療所跡を訪れるーーが、そこに待ち受けていたのは凄絶な「運命」そのものだった! “殺し名”第1位の「匂宮」が満を持して登場!

大岩壁大岩壁 (文春e-book)
笹本稜平

価格: 1,400円 328円(18%)お得

→ブクログでレビューを見る

ナンガ・パルパット。標高8126メートル、「魔の山」の異名で長い間、恐れられてきた高峰だ。
5年前、頂上を目前にして断念し、そのとき大事な友を失った二人が、再びこの山に挑む。
そこに加わったのは、遭難した友の弟。しかし、その若者は不穏な雰囲気を漂わせていた・・・。標高差4800メートル、世界最大の岩壁「ルパール壁」へ挑む男たちの前に、やはり冬季初登頂を目指すロシアのパーティーがあらわれた。人間として限界に近い状況で相次ぐハプニング。男たちは頂上にたどり着けるのか。

黄金の烏黄金の烏 (文春文庫)
阿部智里

価格: 720円 3円お得

→ブクログでレビューを見る

八咫烏が支配する世界〈山内〉を揺るがす危険な薬と人喰い大猿。
故郷の危機に敢然と立ち向かう世継ぎの若宮と元近習・雪哉は危険を顧みずーー。
人気シリーズ第3弾!2012年『烏に単は似合わない』で、史上最年少の20歳で松本清張賞を受賞した阿部智里。翌年に受賞作と対をなす『烏は主を選ばない』を上梓。人間の代わりに八咫烏の一族が支配する世界〈山内〉を舞台に、次の統治者である日嗣の御子の座をめぐり、東西南北の四家の大貴族と后候補の姫君たちを巻き込んだ権力争いを波乱万丈に描ききった。本作『黄金(きん)の烏』もやはり山内を舞台にした、壮大な和製ファンタジー。しかし宮中を飛び出し、そのスケール感は飛躍的にアップした…

親鸞(しんらん)完結篇(上)【五木寛之ノベリスク】親鸞(しんらん) 完結篇(上) 【五木寛之ノベリスク】 (講談社文庫)
五木寛之

価格: 670円

→ブクログでレビューを見る

東国から帰洛した親鸞に魔手が伸びる。専修念仏を憎悪する怪僧・覚蓮坊が、親鸞の長男・善鸞をそそのかし『教行信証』を奪おうとしたのだ。だが、その前に立ちはだかったのは、数奇な半生をたどり、宋の富商に身請けされたという謎の女借上、竜夫人だった。このふたりと、親鸞の因縁とは? 入魂の三部作、完結。

名前も呼べない名前も呼べない
伊藤朱里

価格: 1,404円 216円(13%)お得

→ブクログでレビューを見る

恋人と過ごした不貞の日々。世間の外側で生きる、ただ一人の親友。毎週、同じ時間にかかってくる母親の電話。ちらつく父親の記憶。知らない誰かが奏でるピアノの音。──すべてが澱のように、少しずつ心に沈殿してゆく。「ねえ、私、どうしたらよかったんだろう?」第31回太宰治賞受賞作。「変わらざる喜び」改題。書き下ろし「お気に召すまま」収録。

ヒトイチ内部告発警視庁人事一課監察係ヒトイチ 内部告発 警視庁人事一課監察係 (講談社文庫)
濱嘉之

価格: 756円

→ブクログでレビューを見る

人身事故を起こしたと出頭してきた女。どこか他人事のような供述を繰り返す間に、事故車は修理に出され、痕跡を残すタイヤは転売されようとしていた。女の自宅からは大金が。事故は事件となり、エリート警察官や芸能界との関係が炙り出される中、意外すぎる真犯人像が浮上。警察が警察を追う、迫真のリアリティ!

イーヨくんの結婚生活イーヨくんの結婚生活 (講談社文庫)
大山淳子

価格: 691円

→ブクログでレビューを見る

五人兄弟の長男をとつぜん亡くした夏目家の通夜に、長男の婚約者を名乗る妊婦が現れた。親代わりに五人を育てた伯父夫婦の苦肉の策は、どんな頼まれごとでも「いいよ」と引き受ける末っ子・伊代太との無茶ぶりすぎる結婚! 圧倒的人気「猫弁」シリーズ著者真骨頂、涙と感動のラストがあなたを待つ。

モップの精は旅に出るモップの精は旅に出る
近藤史恵

価格: 1,458円 162円(10%)お得

→ブクログでレビューを見る

おそうじ上手は、謎解き上手ーー読めば元気になれる大人気ミステリ〈清掃人探偵・キリコ〉シリーズ第5弾! キリコは、オフィスや学校、病院に派遣される清掃作業員。ミニのフレアにハイヒールで軽快に掃除をしながら、事件を解決する名探偵だ。「大丈夫、世の中はお掃除と一緒だよ。汚れたらきれいにすればいい。また、汚れちゃうかもしれないけど、また、きれいにすればいい」ーーそう言ってこれまで鮮やかに謎を解いてきたキリコだが、今回の事件はかなり厄介なようで……ハートウォーミングな連作短編ミステリ。

日輪の賦日輪の賦 (幻冬舎文庫)
澤田瞳子

価格: 862円 45円(4%)お得

→ブクログでレビューを見る

七世紀終わり。国は強大化する唐と新羅の脅威にさらされていた。危機に立ち向かうべく、女王・讃良(さらら)は強力な中央集権国家づくりに邁進する。しかし権益に固執する王族・豪族たちは、それに反発。やがて恐ろしい謀略が動き始めるーー壮大なスケールで「日本誕生」を描き歴史エンターテインメントの新たな扉を開けた傑作。

続きはこちらで
\よかったらシェアしてください/

こちらもチェックしました?