[小説・エッセイ] 新刊まとめ「神去なあなあ夜話」「やつがしら」「ゴースト≠ノイズ(リダクション)」「少女奇譚 あたしたちは無敵」他

160606 weekly novel

神去なあなあ夜話』が文庫化されたほか、円城塔のショートショート『やつがしら』、そして角川の新刊も複数配信されてますね。ハーレクインの6月前半分の配信もありまあした。というわけでこの1週間の間にKoboで発売された電子書籍の新刊から、人気の小説・エッセイミステリー・サスペンス」をご紹介します!

あと、西尾維新『サイコロジカル(下) 曳かれ者の小唄』の商品説明がぜんぜん説明になってないんですけど(苦笑)。

お急ぎの方は

こんな小説・エッセイが配信されました!

神去なあなあ夜話神去なあなあ夜話 (徳間文庫)
三浦しをん

価格: 691円

→ブクログでレビューを見る

三重県の山奥、神去(かむさり)村に放りこまれて一年が経った。最初はいやでたまらなかった田舎暮らしにも慣れ、いつのまにか林業にも夢中になっちゃった平野勇気、二十歳。村の起源にまつわる言い伝えや、村人たちの生活、かつて起こった事件、そしてそして、気になる直紀さんとの恋の行方などを、勇気がぐいぐい書き綴る。人気作『神去なあなあ日常』の後日譚。みんなたち、待たせたな!

やつがしらやつがしら
円城塔

価格: 95円

→ブクログでレビューを見る

電子書籍オリジナル書下ろしショートショート!

芥川龍之介賞、フィリップ・K・ディック記念賞特別賞受賞作家による、すぐそこにあるかもしれない未来を描いた、書下ろしショートショート。

ゴースト≠ノイズ(リダクション)ゴースト≠ノイズ(リダクション) (創元推理文庫)
十市社

価格: 680円 119円(14%)お得

→ブクログでレビューを見る

ぼくが1年A組の幽霊になって、一月が経過したーー。
心を深く揺さぶる青春ミステリの傑作。

ぼくが1年A組の幽霊になって、一月が経過したーー高校に入学したばかりのころの失敗によってクラス内で孤立し、いまでは幽霊扱いされている一居士架(いちこじかける)。惨めな日常を過ごしながらも限界を感じていた架は、十月の席替えで前の席になった玖波高町(くばたかまち)に突然話しかけられる。それは彼の苦しみに満ちた毎日に変化をもたらす、小さくも確かな予兆だった。時を同じくして、校舎の周辺では蝶結びのメッセージを残した動物の死骸が相次いで発見され、休みがちになった高町は何かに思い悩むような様子を見せはじめる……。圧倒的な筆力と繊細な技巧が紡ぎ出す、静謐な感動に満ちた青春ミステリ。/解説=大森望

サイコロジカル(下)曳かれ者の小唄サイコロジカル(下) 曳かれ者の小唄 (講談社文庫)
西尾維新

価格: 713円

→ブクログでレビューを見る

………………………… ………………………… ………………………… ………………………… ………………………… ………………………… ………………………… ………………………… ………………………… ………………………… ………………………… ………………………… ………………………… ………………………… ………………………… ………………………… ………………………… ………………………… ………………………… ………………………。

熱すぎた満員電車熱すぎた満員電車 (ハーレクイン・デジタル)
アシュリー・ハインド

価格: 216円

→ブクログでレビューを見る

エアコンの効いていない真夏の満員電車ほど、気が滅入るものはない。汗で張りつく薄いワンピースや、ピンヒールの靴が不快極まりない。ぽってりと厚めのあそこに食い込む、細いTバックも気に障る……。ふと気づくと、私は外国人のカップルに挟まれる恰好で立っていた。前の女は私と向かい合って立ち、電車が揺れる度、彼女の大きな胸がぐいぐい押しつけられる。なんだか変な気分になってくる。乳首が刺激されて、薄手のブラの中で固くなるのがわかる。と、電車が大きく揺れ、のしかかってきた後ろの男が体勢を戻したとき、私の腰には、まぎれもない固いものが押しつけられていた。はっとして見下ろすと、それは私のスカートの中をくぐってきて、太腿の間からぬらぬら光る先端を覗かせている。前に立つ女がそれをつかみ、私のあそこに押しつけると、前後に動かし始めたーー。

アンデル2016年6月号アンデル 2016年6月号 (アンデル)
瀧羽麻子

価格: 216円

→ブクログでレビューを見る

<連載長編小説>■柴崎友香「千の扉」■前田司郎「異常探偵 宇宙船」■瀧羽麻子「松ノ内家の居候」<連作短編小説>■青山七恵「セールス」■片岡義男「スクランブルド・エッグス二個をかきこむ」

金閣寺の首金閣寺の首
朝松健

価格: 2,268円 216円(8%)お得

→ブクログでレビューを見る

妖かしにより滅亡した足利将軍十五代を描く「ぬっへっほふ」、京の都の蠱惑に取り憑かれた一族を描いた「『西の京』戀幻戯」……国内ホラー作家の第一人者が贈る、極上の室町伝奇傑作集!

旋舞の千年都市上旋舞の千年都市 上 (創元SF文庫)
イアン・マクドナルド

価格: 1,300円 60円(4%)お得

→ブクログでレビューを見る

キャンベル記念賞・英国SF協会賞ダブル受賞作。
至近未来SFの傑作登場!

ナノテク革命と低炭素経済がもたらす活況に沸く巨大都市。突如起こった、犠牲者ゼロの奇妙な自爆テロの真相とは? ボットを操り、テロ現場にいた謎のドローンを追う探偵志望の少年、AIが飛び交う国際金融市場に一大詐欺をしかけるトレーダー、革命的ナノテク技術の研究者と出会った新米マーケッター、伝説の「蜜人」を探す美術商……東洋と西洋、過去と未来、科学と神秘が混じりあう千年都市を舞台に描かれる、緻密にして壮大な未来世界のリアルなヴィジョン。

鎌倉江ノ電殺人事件(十津川警部シリーズ)鎌倉江ノ電殺人事件(十津川警部シリーズ) (集英社文庫)
西村京太郎

価格: 497円 43円(7%)お得

→ブクログでレビューを見る

都内の大学生が、独り暮らしの自宅で服毒死した。急行した十津川警部は、現場で江ノ電の玩具に気付く。犯人のメッセージではと考えた警部は、江ノ電に乗車し手がかりを探す。数日後、江ノ電が女性を轢いたと知らせが届く。だが、被害者はすでに絞殺されていたことが判明。さらに、その女性のものと思われるバッグからも、同じ江ノ電の玩具が発見され……。連続殺人犯に挑む名推理。長編旅情ミステリー。

少女奇譚あたしたちは無敵少女奇譚 あたしたちは無敵 (角川書店単行本)
朝倉 かすみ

価格: 1,620円

→ブクログでレビューを見る

小学校の帰り道に拾った光る欠片。敵と闘って世界を救うヒロインに、きっとあたしたちは選ばれた。ーーでも、魔法少女だって、死ぬのはいやだ。(表題作) 少女たちの日常にふと覘く「ふしぎ」な落とし穴、全5編。

総選挙ホテル総選挙ホテル (角川書店単行本)
桂 望実

価格: 1,620円

→ブクログでレビューを見る

いまいちやる気のない従業員で売り上げが落ちこむ中堅ホテル・フィデルホテル。支配人の永野は悩みながらも改善策を打ち出せないでいた。そんなある日、大学で社会心理学を教えていた変人教授が社長職に就くことに。彼が打ち出した案は“従業員総選挙”。落選すれば解雇もやむなしという崖っぷちの投票制度。ざわつく従業員を尻目に、さらに管理職の投票も行われた! 混乱しつつもなんとか新体制が整い、徐々にそれぞれが新たなやりがいを見いだしていき……。『県庁の星』の著者が描く、感動のエンタメ小説!

昭和サーティーズあの頃、まわりはすべて遊び場だった昭和サーティーズ あの頃、まわりはすべて遊び場だった
福岡俊道

価格: 1,058円 454円(30%)お得

→ブクログでレビューを見る

戦後、ようやく暮らしが落ち着き、温かい人間関係のなか、子どもたちがのびのびと育った昭和30年代。そんな時代に学区のやんちゃな仲間と小学生時代を過ごした日々を描いたノスタルジーエッセイ。ユーモアをまじえた軽妙な筆致から、当時の子どもたちの姿が目の当たりに浮かんでくる。そんな子どもたちを「昭和サーティーズ少年」と呼びたい。昭和30年代ファンに贈る1冊。

PTAグランパ!PTAグランパ! (角川書店単行本)
中澤 日菜子

価格: 1,728円

→ブクログでレビューを見る

大手家電メーカーを定年退職した、いわゆる元「モーレツ社員」の武曾勤。悠々自適の隠居生活……のはずが、商社勤めの娘が、小学一年生になる孫娘と共に出戻った。さらに、勤は娘の代理で青葉小学校PTAの副会長を務めることに。会長は24歳金髪のギャル男、もう一人の副会長は気弱な主婦。勤は「PTAなぞ暇な主婦のお仕事ごっこ」という認識で、敵を作らぬわけがない。早速、会計監査でママ集団のボス・雅恵に目をつけられる。形だけの総会、子連れの居酒屋打ち上げ、運動会に夏祭り……勤には到底理解できない出来事と、トラブル満載のイベントが続く中、信頼していた教師がある事件で起訴されてしまい……。期待の新鋭が描く、優しい気持ちになれるPTAエンタメ!

十五歳の課外授業十五歳の課外授業 (集英社文庫)
白河三兎

価格: 637円 54円(7%)お得

→ブクログでレビューを見る

歯科医院の跡取り息子の卓郎、中学3年生。平凡な地味キャラの自覚があるが、学校一モテる美女ユーカに何故か告白され、付き合っている。ある理由から、肉食女子ユーカの猛攻を避けている中、卓郎のクラスに教育実習生がやってくる。陰気で冴えない女子大生に男子たちはがっかりだが、卓郎は彼女に見覚えがある気がして…。等身大の中学生の悩みと、それぞれの「秘密」を描くビターな青春小説。

死の迷路死の迷路 (ハヤカワ文庫SF)
フィリップ K ディック

価格: 918円 97円(9%)お得

→ブクログでレビューを見る

目的も告げられずに、未開の辺境惑星デルマク・Oに送り込まれた14人の男女。使命を伝えるはずだった通信は未達のまま、外部との接触を絶たれてしまった彼らは、その惑星で奇怪な光景を目にすることになる。謎めいた構造物、歌う人工蠅、光線を発射するミニチュア・ビル、不完全な複製を作り出す生命体……。やがて、一人また一人とメンバーが奇怪な死を遂げ始める!? 緊迫感溢れる筆致で描かれる鬼才の異色サスペンスSF。

海の見える理髪店海の見える理髪店 (集英社文芸単行本)
荻原浩

価格: 1,210円 302円(19%)お得

→ブクログでレビューを見る

主の腕に惚れた大物俳優や政財界の名士が通いつめた伝説の床屋。ある事情からその店に最初で最後の予約を入れた僕と店主との特別な時間が始まる「海の見える理髪店」。意識を押しつける画家の母から必死に逃れて16年。理由あって懐かしい町に帰った私と母との思いもよらない再会を描く「いつか来た道」。仕事ばかりの夫と口うるさい義母に反発。子連れで実家に帰った祥子のもとに、その晩から不思議なメールが届き始める「遠くから来た手紙」。親の離婚で母の実家に連れられてきた茜は、家出をして海を目指す「空は今日もスカイ」。父の形見を修理するために足を運んだ時計屋で、忘れていた父との思い出の断片が次々によみがえる「時のない時計」。数年前に中学生の娘が急逝。悲嘆に暮れる日々を過ごしてきた夫婦が娘に代わり、成人式に替え玉出席しようと奮闘する「成人式」。伝えられなかった言葉。忘れられない後悔。もしも「あの時」に戻ることができたら……。誰の人生にも必ず訪れる、喪失の悲しみとその先に灯る小さな光が胸に染みる家族小説集。

ユーコン川を筏で下るユーコン川を筏で下る
野田知佑

価格: 1,166円 130円(10%)お得

→ブクログでレビューを見る

75歳、イカダの大冒険!

 《ぼくのカヌー人生の中で、ユーコン川は、すべてを放りだして娑婆と縁を切り、漂流し、自由を謳歌する最大最良の場所である》。
 1980年代に日清チキンラーメンのCMでカヌーブームを巻き起こした著者が川を旅することになった原点は、1975年『ナショナル・ジオグラフィック』誌に載ったユーコン川イカダ下りの記事だった。ユーコン川は、カナダ北西部からアメリカ・アラスカ州をへてベーリング海へ注ぐ総延長3700キロの大河。75歳を迎えた著者は、2013年8月、仲間とともにイカダを自作し、中流域700キロの川下りに挑戦する。
 イカダ上でゴールドラッシュ時代の作家ジャック・ロンドンの伝記を読み、焚き火のまわりでは世界各地の旅人たちと語り合う。初カヌーでユーコンを下る日本人美女。20代の姪に語る昔日の逸話。先住民と仲良くなる方法。ユーコン離婚。シングル・マザーの処世術。若い娘の口説き方。8月のオーロラ…。 2000年前から変わらぬ風景と、120年前のゴールドラッシュの記憶。不思議な歴史感覚の中を散歩しながら、さまざまな人生をユーモラスに語る、野田紀行文学の代表作にして、若き日本人への励ましの書。

※【ご注意】この作品は一部カラーです。
お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。

ひとりを愛し続ける本ひとりを愛し続ける本 (講談社文庫)
遠藤周作

価格: 497円

→ブクログでレビューを見る

情熱的な愛に生き続けたいと人は願うが、それは、激しくとも短く終わるもの。本当の自分、真実の生き方を求めて心の中を掘り下げ、明暗の異なるもう1人の自分に気がつくとき、人生はより深く、より拡がりを持つ。ーー退屈と忍耐、悲しみや苦しみの中に、人生を楽しみ愛する方法を、明快に語るエッセイ集。

なにもないことが多すぎるなにもないことが多すぎる
片山恭一

価格: 1,361円 151円(9%)お得

→ブクログでレビューを見る

死の前では、みんな童貞だ。

ビートが必要だ。ぼくたちを躍動させるいいビート。それに詩だ。くだらない詩は捨ててしまえーー。ボブ・ディランの遅れてきた熱狂的信者であるぼくは、バンド活動に励み、自己表現を模索するそこらへんにいる高校生だった。やがて、原因不明の十代中心に男子ばかりが死に至る奇病が猛威を振るう。まだ人生を始めたばかりのぼくは、隔離された病室でこんな世界にしてしまった大人たちを呪詛する。でも、それだけではクールじゃない。ぼくはかつてのバンド仲間たちとある行動に出る。

沖縄への短い帰還沖縄への短い帰還
池澤夏樹

価格: 1,998円 594円(22%)お得

→ブクログでレビューを見る

十年後、ぼくらはどういう歴史を持っているだろう?

一九九〇年代初めから沖縄に通い、九四年に移住、十年を過ごした池澤夏樹は、多くの文章を通じて沖縄の魅力と悲しみを語りつづけた。
その大量の文章の束から、エッセーや書評、文化論、インタビュー、ショートショートから村役場への意見書までを、沖縄の名編集者新城和博が厳選。著者の沖縄への深い思い、日本が誇りを持てる国であってほしいという願いが込められた一冊となった。
十年以上前に書かれた文章でさえも、今なお古さを感じさせない。それが沖縄の苦しみであり幸福でもある。これからの沖縄と日本を考えるための必読の書。

オリンピアナチスの森でオリンピア ナチスの森で (集英社文庫)
沢木耕太郎

価格: 594円 105円(15%)お得

→ブクログでレビューを見る

1936年8月、ナチス政権下のベルリンで第11回オリンピックが開催された。ヒトラーが開会を宣言し、ナチスがその威信を賭けて演出した。その大会を撮影し、記録映画の傑作『オリンピア』二部作を生み出した天才レニ・リーフェンシュタール。著者は彼女にインタビューを試みる…。運命の大会に参加した日本選手団をはじめとする多くのアスリートたちの人生をたどる長編ノンフィクションの傑作。

海の見える花屋フルールの事件記~秋山瑠璃は恋を知る~海の見える花屋フルールの事件記~秋山瑠璃は恋を知る~ (TO文庫)
清水晴木

価格: 626円 108円(14%)お得

→ブクログでレビューを見る

気づいたら、恋してたーー。恋を忘れた花屋探偵・秋山瑠璃が、バイトの浦田君と実家を訪問!? ラスト、向日葵に秘められた謎と想いに誰もが涙する、奇跡の胸キュン・ミステリー! 【あらすじ】最近、私、おかしい。バイトの浦田君が気になって仕事が手につかない。その上、彼の実家で起きた花にまつわる事件を解決して欲しいとお願いされたから大変! それって、彼の親に紹介されるってこと!? けど、浦田君は幼馴染と親密な感じで、私の心はモヤモヤして……。恋を忘れた花屋探偵・瑠璃の加速する恋心が愛おしい! 向日葵に秘められた謎と想いが明かされるラスト、誰もが涙する奇跡の胸キュン・ミステリー!

続きはこちらで
\よかったらシェアしてください/

こちらもチェックしました?