どの表紙も懐かしかわいい。デジタル復刻した小学館の名作絵本が1冊無料+35冊が76円均一セール中!

160602 sale ehon 76yen

小学館の「保育絵本」「育児絵本」など名作絵本シリーズが電子書籍で復刻しました。それを記念して『いっすんぼうし』が1冊無料、その他35冊は76円均一になってます!だいたい77〜81%OFFですね!

どの表紙も、懐かしい感じでかわいいですよね〜。

お急ぎの方は

期間限定で無料!

名作絵本のデジタル復刻!日本が元気だった頃、多くの子どもたちに親しまれてきた厚紙の絵本。美しい絵、文章のリズム、ことばの楽しさ、当時活躍した実力派絵本作家の子どもへの熱い思いが伝わってきます。親から子へ語り継ぎたい名作絵本シリーズ!!

いっすんぼうし~【デジタル復刻】語りつぐ名作絵本~いっすんぼうし ~【デジタル復刻】語りつぐ名作絵本~ (【デジタル復刻】語りつぐ名作絵本)
松田司郎

価格: 無料

→ブクログでレビューを見る

小さな小さな「いっすんぼうし」だけど、勇気と知恵があって怖い鬼をやっつけて、ついには大きく立派な若者になるーー子どもにとって、まるで自分のことのように思える物語です。今こんなに小さくても、勇気と知恵を身につければ幸せな立派な大人になれそうに思えてくるでしょう。そんなお話を幼児のうちに読み聞かせてあげる効用はとても大きいのではないでしょうか。
しかも、こうした昔話は口伝えで伝えられてきたものですから、語り口調がとても耳に心地よい。もちろん昔の話ですから、時代背景が今とはずいぶん違います。少し大きい子どもなら、そんなことに興味を持つかもしれません。絵に描かれた姿などから簡単な説明をしてあげましょう。心に残る昔話は、長じるにつれ、幼いときにはわからなかった文化的関心もかきたてていきます。

35冊が76円均一!

イソップのおはなし~【デジタル復刻】語りつぐ名作絵本~イソップのおはなし ~【デジタル復刻】語りつぐ名作絵本~ (【デジタル復刻】語りつぐ名作絵本)
那須田稔

価格: 76円 269円(77%)お得

→ブクログでレビューを見る

イソップ寓話を見開きか1ページごとに掲載。「うさぎとかめ」「つるときつね」「うそつきのこども」「きたかぜとたいよう」「かえるのおかあさん」「まちのねずみといなかのねずみ」「おしゃれなからす」「ありのおんがえし」「よくばりいぬ」「かにのおかあさん」の10話が楽しめます。
古代ギリシアの寓話作家イソップは、人間の関係を動物たちの関係になおして生活の知恵を説きました。このように何かに形を替えて人生の知恵や道徳を語るお話が寓話(ぐうわ)で、時代の風潮や権力者への風刺があるので、あえて動物になぞらえたとも言われます。寓話は、時代によって解釈が変わる性質を含んでいます。この点を考慮して読み聞かせるときには柔軟に対応してください。とはいえ時代が変わっても変わらないメッセージもたっぷりあります。短いお話の中から何を読み取るか、親子で話し合ってもいいですね。

「さんびきのこぶた」~【デジタル復刻】語りつぐ名作絵本~「さんびきのこぶた」 ~【デジタル復刻】語りつぐ名作絵本~ (【デジタル復刻】語りつぐ名作絵本)
有馬志津子

価格: 76円

→ブクログでレビューを見る

イギリスの昔話「さんびきのこぶた」は、子どもたちにとても人気の高いお話です。登場人物はこぶたの三兄弟と悪者役のおおかみだけとシンプルなのに、ワクワクドキドキ、子どもの心を惹きつけ、何度見ても面白いという子が多いお話でもあります。
お兄さんぶたの怠け心に共感しつつ、でもやっぱり弟ぶたのようにちゃんとしないといけないんだと感じ、ずっと強そうなおおかみとの知恵比べで勝利するところでは、力の弱い子どもでも知恵さえあればと勇気をもらえます。
ユーモアたっぷりの明るいお話であることも人気の秘密でしょう。過去にはディズニー映画になったり、三匹の子豚の後日談という設定でNHKが「ブーフーウー」という人形劇を放送したこともあります(1960年代)。

むかしばなしえほん~【デジタル復刻】語りつぐ名作絵本~むかしばなしえほん ~【デジタル復刻】語りつぐ名作絵本~ (【デジタル復刻】語りつぐ名作絵本)
間所ひさこ

価格: 76円 302円(79%)お得

→ブクログでレビューを見る

楽しい絵が詰まった「むかしばなしえほん」には、「きんたろう」「くらげのおつかい」「いっきゅうさん」「きっちょむさん」の4話がはいっています。きんたろうは、平安時代、足柄山に生まれ、京都の武将源頼光に仕えた坂田公時(さかたのきんとき)の幼名。怪力の持ち主で男の子の強さ、たくましさの象徴として金太郎伝説が生まれました。
「くらべのおつかい」は、クラゲとサルのユーモラスなやりとりから“こういうわけでこうなったとさ”と面白おかしく語る昔話のひとつ。
「いっきゅうさん」は、室町時代の禅僧、一休の子ども時代のエピソード。一休さんのとんちばなしとして有名です。
「きっちょむさん」は大分県のとんち話。江戸時代初頭の庄屋がモデルとされていて、「きっちょむ」は、「吉四六」と書きます。どのお話もシンプルで短い構成になっているので、ちょっとした時間に親子で楽しんでみてください。

つるのおんがえし~【デジタル復刻】語りつぐ名作絵本~つるのおんがえし ~【デジタル復刻】語りつぐ名作絵本~ (【デジタル復刻】語りつぐ名作絵本)
上崎美恵子

価格: 76円 269円(77%)お得

→ブクログでレビューを見る

日本全国で語り継がれてきた民話「つるのおんがえし」。登場人物やディテールは地方によって異なりますが、大筋は変わりません。親切な人間が鶴を助ける、美しい娘がやって来て世話をしてくれる、布を織る姿は絶対見てはいけないと言われたのにのぞいてしまう、すると鶴が自分の羽毛を抜いて布を織っていた、正体を知られた鶴は飛び去っていったーー。
この美しくも悲しいお話の中には、“親切は報われる”という素朴な教えだけでなく、人間と動物との心温まる交流、自らの身を犠牲にして尽くす美しい心、反面、人間にはダメと言われても見てみたいと思う心があるということなど、さまざまな要素が含まれています。読み聞かせてあげていくうちに、子どもの心に、そうした豊かなメッセージが伝わっていくことと思います。

ブレーメンのおんがくたい~【デジタル復刻】語りつぐ名作絵本~ブレーメンのおんがくたい ~【デジタル復刻】語りつぐ名作絵本~ (【デジタル復刻】語りつぐ名作絵本)
木村由利子

価格: 76円 226円(74%)お得

→ブクログでレビューを見る

グリム兄弟がドイツの民話を集めてまとめた「グリム童話」のひとつ「ブレーメンのおんがくたい」。人間から捨てられたり、食べられようとしていた動物たちが協力して新しい生活を築くというユニークな物語です。ロバ、イヌ、ネコ、ニワトりと人間の身近な動物たちが、一緒になってどろぼうをやっつける場面は、ユーモラスかつ豪快です。
お子さまと一緒に声を出して読み、鳴き声を楽しんでみてください。ひとりひとりは弱い存在でも仲間になって助け合えば、寂しくないだけでなく大きな力を発揮できる、そして幸せを勝ち取れるという、とてもポジティブなメッセージが伝わってくるはずです。

ねずみのよめいり~【デジタル復刻】語りつぐ名作絵本~ねずみのよめいり ~【デジタル復刻】語りつぐ名作絵本~ (【デジタル復刻】語りつぐ名作絵本)
末吉暁子

価格: 76円 228円(75%)お得

→ブクログでレビューを見る

日本中で語り継がれてきた「ねずみのよめいり」。ネズミの夫婦が娘に天下一の婿をとろうとして太陽や雲、風などに嫁入りを申し込むが、最後には同じ仲間のネズミを選ぶという話です。
ここから「幸せは身近にある」「分相応がいい」といったわかりやすい教訓をくみ取ることもできますが、むしろそのプロセス、最良と思ったけれどそうでもなかったという繰り返しの楽しさや「思いこみは危険」といったことも伝わってできます。実はアジア、ヨーロッパの各地に同じような昔話があり、もっとも古いのは古代インドの説話集とか。民族や国を超えて人々の心をつかんでいるのは、筋立てがわかりやすく、それなのにさまざまに読みとれる含蓄の深いお話だからでしょう。

ヘンゼルとグレーテル~【デジタル復刻】語りつぐ名作絵本~ヘンゼルとグレーテル ~【デジタル復刻】語りつぐ名作絵本~ (【デジタル復刻】語りつぐ名作絵本)
立原えりか

価格: 76円 302円(79%)お得

→ブクログでレビューを見る

グリム童話のひとつ「ヘンゼルとグレーテル」で、最初に思い出すのはお菓子の家でしょう。貧しさゆえに親から森に置き去りにされたきょうだいが、森の中で見つけたお菓子の家。子どもなら誰でもワクワクする設定です。ところがそれが魔女のワナ! 魔女はヘンゼルを太らせてから食べようと考え、その世話をグレーテルにさせます。急転直下の残酷さです。シンプルな筋立てなのに忘れられない印象を残す童話の魅力がここにあります。
グリム童話はヤーコプとヴィルヘルムのグリム兄弟が編纂したドイツの民話集です。グリム兄弟は19世紀の人でドイツ中をくまなく歩いて民間伝承を収集しました。「白雪姫」「七匹の子ヤギ」「ブレーメンの音楽隊」「シンデレラ」「赤ずきん」など、多くの童話が世界中で翻訳されています。

さんびきのくま~【デジタル復刻】語りつぐ名作絵本~さんびきのくま ~【デジタル復刻】語りつぐ名作絵本~ (【デジタル復刻】語りつぐ名作絵本)
武鹿悦子

価格: 76円 228円(75%)お得

→ブクログでレビューを見る

イギリス、ジェイコブスの民話集にある「さんびきのくま」は、ロシアのトルストイも民話として再話している有名な童話です。女の子が、森のくまの家族の家に入っていっていたずらをします。くまの家族は、とうさんぐまとかあさんぐまと、こぐまの3人。だからスープも3皿、椅子も3つ、ベッドも3つ。しかもそれがどれも、大きいのと中くらいのと、小さいの。このリズミカルな3の連続が、この単純明快なお話をとても魅力的なものにしています。
家に帰ってきたくまの家族の反応がまた楽しい。「だれが、わしの」ととうさんぐま、「だれが、わたしの」とかあさんぐま、「だれが、ぼくの」とこぐまもびっくり。女の子は見つかるのかな?とハラハラドキドキ。子どもたちは、いつのまにか女の子とくまの家族の世界に引き込まれていることでしょう。

ながぐつをはいたねこ~【デジタル復刻】語りつぐ名作絵本~ながぐつをはいたねこ ~【デジタル復刻】語りつぐ名作絵本~ (【デジタル復刻】語りつぐ名作絵本)
立原えりか

価格: 76円 269円(77%)お得

→ブクログでレビューを見る

17世紀のフランスの作家、ペローの「昔話」の中に収められている「ながぐつをはいたねこ」。父親が亡くなったとき、三番目の息子に残されたのはねこ一匹。しかしこのねこは知恵があって、そのおかげで息子は大出世。「何の役にもたたない」と思われたねこが実はとても賢く、さまざまな知恵を働かせるところがこのお話の第一の魅力でしょう。
動物が人間を助けたり恩返しをする民話は世界中にありますが、その中では異色の展開です。主人公のねこに比べて登場人物の人間たちがとてもおおらかなのも面白いところ。侯爵という身分制のことばがでてくるなど、今の時代とは背景が違うことを、「昔はね…」とお子さまに説明してあげるといいかもしれません。ともあれ、知恵を働かせることは昔も今もとても大切ということを教えてくれる楽しい昔話です。

ジャックとまめのき~【デジタル復刻】語りつぐ名作絵本~ジャックとまめのき ~【デジタル復刻】語りつぐ名作絵本~ (【デジタル復刻】語りつぐ名作絵本)
諏訪優

価格: 76円 228円(75%)お得

→ブクログでレビューを見る

イギリスに古くから伝わり、1世紀ほど前ジョセフ・ジェイコブスの民話集によって現在の形に定着した「ジャックとまめのき」。ジャックは大切な牛ときれいな豆を交換してお母さんに怒られますが、捨てられた豆は大きな木に生長し、ジャックは豆の木を上って雲の上まで行きます。
小さな豆から空高い不思議の世界へとダイナミックに展開する物語は、絵とともに子どもの心に大きなイメージを創造します。冒険物語は子どもの大好きなジャンルのひとつですが、このお話が最初だったという人も多いことでしょう。大人が見ればつまらないものも宝物になる子どもの心は、それだけ自由に空想が広がって、将来の夢へとつながる可能性に満ちたものです。読み聞かせてあげるときは、そんな子どもの心を大事にして、一緒に怖がったり、喜んだりしてください。

ももたろう~【デジタル復刻】語りつぐ名作絵本~ももたろう ~【デジタル復刻】語りつぐ名作絵本~ (【デジタル復刻】語りつぐ名作絵本)
矢崎節夫

価格: 76円 334円(81%)お得

→ブクログでレビューを見る

日本の五大昔話のひとつとされる「ももたろう」。桃の中から生れた桃太郎がきびだんごを腰に、犬,さる,きじを連れて鬼ヶ島に行って鬼を退治するというお話を知らない人はいないでしょう。桃太郎のように力強く正義感のある男の子の成長を願う庶民が語り継いできました。物語の成立は室町時代で、江戸時代に庶民に広まったとみられていますが他説もあります。全国に多種多様なゆかりの地があり、今ではそれらが集結した日本桃太郎会連合会なるものもあるようです。
お話とともに、童謡の「ももたろう」も親子で歌ってみるといいでしょう。ちなみに、五大昔話の残りの4つは、「舌切り雀」「さるかに合戦」「かちかち山」「はなさかじいさん」。

続きはこちらで!
\よかったらシェアしてください/

こちらもチェックしました?