[小説・エッセイ] 新刊まとめ『硝子の太陽R・N』『χの悲劇』『ファミレス』『ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード 東京バンドワゴン』他

160601 weekly novel

この1週間の間にKoboで発売された電子書籍の新刊から、人気の小説・エッセイミステリー・サスペンス」をご紹介します!

お急ぎの方は

こんな小説・エッセイが配信されました!

硝子の太陽Rルージュ硝子の太陽R ルージュ
誉田哲也

価格: 1,296円 324円(20%)お得

→ブクログでレビューを見る

捜査一課殺人班十一係姫川班。警部補に昇任した菊田が同じ班に入り、玲子を高く評価する林が統括主任として見守る。個性豊かな新班員たちとも、少しずつ打ち解けてきた。新たに現場入りしたのは、謎の多い凄惨な一家惨殺事件だ。手がかりは少なく、捜査は難航するが、闘志はみなぎっている。そのはずだった。しかし、姫川班を新たな試練が襲うーー。姫川玲子シリーズ待望の新刊にして、〈ジウ〉サーガとの衝撃のコラボレーション!

硝子の太陽Nノワール硝子の太陽N ノワール
誉田哲也

価格: 1,296円 324円(20%)お得

→ブクログでレビューを見る

どっちを向いても、地獄ーー沖縄での活動家死亡事故を機に「反米軍基地」デモが全国で激化した2月、新宿署の東弘樹警部補は「左翼の親玉」を取り調べることに。その直後、異様な覆面集団による滅多刺し事件が起こる。被害者は歌舞伎町セブンにとってかけがえのない男。社会に蔓延る悪意の連鎖を断ち切るべく、東とセブンの共闘が始まる!

マインド・クァンチャTheMindQuencherマインド・クァンチャ The Mind Quencher
森博嗣

価格: 823円 1,121円(57%)お得

→ブクログでレビューを見る

強い。今まで出会った誰より強いーー。突然の敵襲を受け、窮地に立たされたゼン。絶対的な力の差を前に己の最期すら覚悟しながら、その美しさに触れる喜びに胸震わせ、彼は剣を抜く。ヴォイド・シェイパシリーズ第五作。

χの悲劇χの悲劇 (講談社ノベルス)
森博嗣

価格: 864円 172円(16%)お得

→ブクログでレビューを見る

真賀田四季の事件が起きた夏、研究所にいたプログラマ・島田文子。今は香港で働く彼女を、当時研究所にいた男性を探している人物が訪れる。その日から島田文子の人生は、再び大きなうねりの中に放り出されることに……。

屋上の道化たち屋上の道化たち
島田荘司

価格: 1,728円 432円(20%)お得

→ブクログでレビューを見る

まったく自殺する気がないのに、その銀行ビルの屋上に上がった男女は次々と飛びおりて、死んでしまう。いったい、なぜ? 「屋上の呪い」をめぐる、あまりにも不可思議な謎を解き明かせるのは、名探偵・御手洗潔しかいない!「読者への挑戦」も組み込まれた、御手洗潔シリーズ50作目にあたる書き下ろし傑作長編! 強烈な謎と鮮烈な解決! 本格ミステリーの醍醐味、ここにあり!

最後の晩ごはん旧友と焼きおにぎり最後の晩ごはん 旧友と焼きおにぎり (角川文庫)
椹野 道流

価格: 562円

→ブクログでレビューを見る

「ばんめし屋」で料理修業に励む元俳優の海里のもとに、刑事の仁木がやってきた。住人から、誰もいないはずの部屋で人の気配がするという相談がきたという。仁木と一緒に問題の家に向かった海里は……。

ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード東京バンドワゴンザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード 東京バンドワゴン (集英社文芸単行本)
小路幸也

価格: 1,620円

→ブクログでレビューを見る

老舗古書店「東亰バンドワゴン」に舞い込む謎を、大家族の堀田家が人情あふれる方法で解決する、人気シリーズの最新作。医者を目指して勉強を続けてきた花陽がいよいよ受験シーズンに突入。研人は高校生活を送りながら音楽の道に邁進中。さらに、お店に遠方から招かれざる客がやってきて、ひょんなことからシリーズ初の「海外旅行」も実現!? 今回も「LOVEだねぇ」の決めゼリフとともに、読み逃せない熱いエピソードが満載。ファン待望の第11弾。シリーズ累計130万部突破! 【目次】春 花も嵐も実の生る方へ/夏 チャーリング・クロス街の夜は更けて/秋 本を継ぐもの味なもの/冬 ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード

ファミレス【上下合本版】ファミレス【上下 合本版】 (角川文庫)
重松 清

価格: 1,231円

→ブクログでレビューを見る

【文庫上下合本版】中学校教師の宮本陽平は、子どもたちが家を出て、妻・美代子との初めての二人暮らしに困惑中。ある日陽平は、美代子の署名入りの離婚届を見つけてしまう。彼女は離婚を考えているのか?唯一の趣味である料理を通じた友人の一博と康文は、様子のおかしい陽平を心配するが、彼らの家庭も順風満帆ではなく……。「人生とは、腹が減ることと、メシを食うことの繰り返し」。50歳前後の料理好きオヤジ3人を待っていた運命とは?===中学校教師の宮本陽平が見つけた離婚届には、妻・美代子の署名が入っていた。彼女に問いただすこともできずに途方に暮れる陽平。そして料理仲間の一博の家では、料理講師のエリカとその臨月の娘がなぜか居候。陽平と、幼なじみの康文も巻き込んだ出産騒動に。50歳前後のオヤジ3人それぞれの奮闘の行方はーー?「メシをつくって食べること」を横軸に描き出す、夫婦、家族、友情。人生の滋味がぎゅっと詰まったおいしい物語。●2017年1月公開映画「恋妻家宮本」原作

代体代体 (角川書店単行本)
山田 宗樹

価格: 1,836円

→ブクログでレビューを見る

人間の意識を移転させる技術がビジネスとなった日本。意識を容れることができる身体形の器「代体」の大手メーカー営業マンの八田は、代体に絡む利権や悪意、壮大な陰謀に次第に巻き込まれてゆくーー。

サイコロジカル(上)兎吊木垓輔の戯言殺しサイコロジカル(上) 兎吊木垓輔の戯言殺し (講談社文庫)
西尾維新

価格: 637円

→ブクログでレビューを見る

「きみは玖渚友のことが本当は嫌いなんじゃないのかな?」 天才工学師・玖渚友のかつての「仲間(チーム)」、兎吊木垓輔が囚われる謎めいた研究所ーー堕落三昧(マッドデモン)斜道卿壱郎研究施設。友に引き連れられ、兎吊木を救出に向かう「ぼく」こと”戯言遣い・いーちゃん”の眼前に広げられる戦慄の”情景”。しかしその「終わり」は、さらなる「始まり」の前触れに過ぎなかったーー!

夫以外夫以外 (実業之日本社文庫)
新津きよみ

価格: 576円 64円(10%)お得

→ブクログでレビューを見る

わたしの人生は充実する、あの夫、あの親族さえいなければ。子供も大きくなって、両親も老齢期に入り、時間を手に入れた世代の女たち。だが家族がらみの事件が、わたしを放さない。夫が急死した40代女性。子もなく、未亡人になった彼女は、遺産相続人となった亡夫の甥に心ときめいてしまい…(「夢の中」)。共通の趣味を持った男友達がきっかけで離婚された女性が、子連れで実家へ戻ると、父の再婚話が待っていた(「セカンドパートナー」)など、“夫以外”のシチュエーションをテーマに、女たちの日常に潜むミステリー全6編。

コントレール~罪と恋~コントレール~罪と恋~
大石静

価格: 702円

→ブクログでレビューを見る

大石静が描く、究極の「禁断の愛」とは!? 6年前、不幸な無差別殺人に巻き込まれ夫を失った青木文(あおきあや・45歳)は、幸せを諦めきった乾いた日々を送っていた。亡き夫と一緒に営んでいた海沿いのカレー食堂「ドライブイン・コントレール」を、忘れ形見の友樹(5歳)と生きるために営んでいる。亡き夫の母である姑と中学時代からの親友、殺人事件の担当刑事・佐々岡らに助けられほそぼそと暮らしている。店名は飛行機雲の英訳。夫との幸せな思い出でもあり、夫から最後のメールで送られてきた写真も飛行機雲、という不幸の象徴でもある。
 そんなある日、ハプニングにより、長部瞭司という暗い影を抱えた失声症のトラックドライバーと出会う。会った瞬間から、どうしようもなく惹かれ合う二人。それまで無彩色だった文の毎日は、彼と会い、恋に堕ちることで彩りを取り戻していく。瞭司もこの出逢いから生きる希望を取り戻し、声も取り戻していく。炎のように愛し合う二人。
 しかし、その幸せも長くは続かない。瞭司が衝撃のあまり声まで失ってしまった原因とは・・・・。そして、文が抱えている夫の隠された真実とは・・・。
物語は、ある女性の出現により、思わぬ方向に展開していく・・・・・。

光降る丘光降る丘 (角川文庫)
熊谷 達也

価格: 907円

→ブクログでレビューを見る

2008年6月、栗駒山中腹の共英村は凄まじい揺れに呑み込まれた。崩れる山、倒壊する家々。故郷の危機に胸引き裂かれる智志。そんな中、祖父・耕一が行方不明に。耕一は共英村の開拓一世だった。結婚、仲間の死、起死回生のイチゴ栽培、はじめて電灯が灯った日……。祖父の物語は土と汗と涙と、笑いに満ちたものだった。この土地は、俺らが守る! 智志は奮い立った。復興にかけた三世代の物語。

潜航せよ潜航せよ (角川文庫)
福田 和代

価格: 864円

→ブクログでレビューを見る

中国の戦略型原子力潜水艦が、日本海で原因不明の爆発事故を起こした。同じ頃、春日基地で防空管制を勤める遠野真樹一等空尉は、海栗島に赴任したばかりの安濃小隊長を呼び出し、驚愕した。この男は、安濃ではない!

大きな鳥にさらわれないよう大きな鳥にさらわれないよう
川上弘美

価格: 1,296円 324円(20%)お得

→ブクログでレビューを見る

遠く遙かな未来、滅亡の危機に瀕した人類は、小さなグループに分かれて暮らしていた。異なるグループの人間が交雑したときに、、新しい遺伝子を持つ人間──いわば進化する可能性のある人間の誕生を願って。彼らは、進化を期待し、それによって種の存続を目指したのだった。しかし、それは、本当に人類が選びとった世界だったのだろうか? かすかな光を希求する人間の行く末を暗示した川上弘美の「新しい神話」

三毛猫ホームズの戦争と平和三毛猫ホームズの戦争と平和 (角川文庫)
赤川 次郎

価格: 648円

→ブクログでレビューを見る

親戚の法事の帰り道に迷ったホームズ一行は、車の大爆発に遭い、それぞれ敵対する別々の家に助け出される。しかも、ホームズは行方不明になってしまい……争いを終わらせることができるのか!? 第39弾。

はんざい漫才はんざい漫才 (文春文庫)
愛川晶

価格: 800円 20円(2%)お得

→ブクログでレビューを見る

女三十一歳、寄席ではじける!スキャンダルの傷をもつ漫才コンビが神楽坂倶楽部に出演することに。席亭代理・希美子にも人生の決断の時が。寄席ミステリ第三弾!

50代は悩み多きお年頃50代は悩み多きお年頃
槇村さとる

価格: 972円 216円(18%)お得

→ブクログでレビューを見る

体型の変化、ポスト更年期、大切な人との別れ……、女性にとって50代には、受け止めなければならない悩ましいことがたくさん起こる。だけど、それらは歳を重ねれば当然のこと。仕事にプライベートに、いつも全力投球の漫画家・槇村さとるが、50代の日々をユーモラスに綴る。

明日になったら~一年四組の窓から~明日になったら~一年四組の窓から~
あさのあつこ

価格: 540円

→ブクログでレビューを見る

中学2年から3年に進級した井嶋杏里、市居一真、里館美穂、前畑久邦の仲良し4人組。高校進学を前にして、それぞれの夢に向かって突き進もうとする4人の前に、新たな壁が立ちはだかる。将来への不安、新しい環境への不安に押し潰されそうになりながら、かけがえのない友だちと家族に支えられ悩みながらも成長する15歳を描いた、あさのあつこの青春傑作小説。

こんなにも優しい、世界の終わりかたこんなにも優しい、世界の終わりかた
市川拓司

価格: 842円

→ブクログでレビューを見る

世界が終わるなら、誰に想いを伝えますか?いまさらながらに、みんなようやく気付いたのかもしれないーーもとより、ぼくらに残された時間なんてそんなになかったってことに。突然、世界は鉛色の厚い雲に覆われた。
雲間から差す青い光が注がれた町は、ひとも獣も、鳥も木も、土も水も、すべてが動きを止めてしまう。誰にも理由はわからない。あっという間に世界は冷えて、どこもかしこもが冬のようになった。
そして凍った町は少しずつ成長していた。
「ぼく」は「彼女」に会いに行くと約束した。最後に電話で話したとき、彼女はとてもおびえていた。
「もう、町には誰もいないの。」ぼくは、ならば「ぼくがそこに行くよ。そうすればもう怖くないよね?」と言った。
これを最後に電話はまったく通じなくなった。むしろこのとき繋がったことのほうが奇跡に近かったのかもしれない。
彼女の住む町まで直線距離で500キロ。
青い光を逃れ、ぼくは彼女に会うことができるだろうか。
彼女はそれまで、青い光に染まらずにいられるだろうか。『いま、会いにゆきます』『恋愛寫眞 もうひとつの物語』『そのときは彼によろしく』と、ベストセラーを連発した著者による、3.11以降究極のラブストーリー。
恋人、家族、友人など、たくさんの愛が描かれた最高の愛の物語です。

スナックちどりスナックちどり (文春文庫)
よしもとばなな

価格: 500円 7円(1%)お得

→ブクログでレビューを見る

さびしさを包みあう、女ふたり旅。四十歳を目前にして離婚した「私」と、親代わりに育ててくれた祖父母を亡くしたばかりの、幼なじみで従妹のちどり。孤独を抱えた二人は、一緒にイギリスの西端の田舎町・ペンザンスに小旅行に出かける。淋しさを包みあう二人の間に、三日目の夜、ある「事件」が起きる……。日々を生きる喜びが心にしみわたる傑作小説。

死の迷路死の迷路 (ハヤカワ文庫SF)
フィリップ K ディック

価格: 918円 97円(9%)お得

→ブクログでレビューを見る

目的も告げられずに、未開の辺境惑星デルマク・Oに送り込まれた14人の男女。使命を伝えるはずだった通信は未達のまま、外部との接触を絶たれてしまった彼らは、その惑星で奇怪な光景を目にすることになる。謎めいた構造物、歌う人工蠅、光線を発射するミニチュア・ビル、不完全な複製を作り出す生命体……。やがて、一人また一人とメンバーが奇怪な死を遂げ始める!? 緊迫感溢れる筆致で描かれる鬼才の異色サスペンスSF。

うるさい日本の私うるさい日本の私 (角川文庫)
中島 義道

価格: 821円

→ブクログでレビューを見る

家を一歩出れば、町に溢れる案内、呼びかけ、注意。意味も効果も考えず、「みんなのため」と流されるお節介放送の暴力性に、哲学者は論で闘いを挑む。各企業はどう対処したのか。自己反省も掲載した名エッセイ!

ファミリー・レスファミリー・レス (角川書店単行本)
奥田 亜希子

価格: 1,728円

→ブクログでレビューを見る

広告代理店で働く希恵は半年前からシェアハウスで生活中。ルームメイトの毒舌女子・葉月と穏やかに暮らすが、希恵はある秘密を抱えていた。家族とも他人ともいえない現代的な6つの関係性を描く感涙必至の短編集。

続きはこちらで
\よかったらシェアしてください/

こちらもチェックしました?