[歴史小説] 新刊まとめ『ギケイキ 千年の流転』『妖剣跳る』『石川五右衛門 上・下』『公事宿事件書留帳 全22巻』他

160601 weekly historynovel

Koboでこの約1週間の間に配信された歴史小説の新刊電子書籍をご紹介します!

お急ぎの方は

こんな歴史小説が配信されました!

ギケイキ千年の流転ギケイキ 千年の流転
町田康

価格: 1,512円 216円(12%)お得

→ブクログでレビューを見る

はは、生まれた瞬間からの逃亡、流浪。私の名はーー千年の時を超え、現代に生きる源義経が、自らの怒涛の生涯を語り出す。激烈に滑稽で、激烈に悲痛な魂を描く、町田康の新たな代表作。

夢の猫古道具屋皆塵堂夢の猫 古道具屋 皆塵堂
輪渡颯介

価格: 1,296円 324円(20%)お得

→ブクログでレビューを見る

曰く品が揃う皆塵堂に人や猫も集まって……。父親が亡くなり天涯孤独の身となったおきみは、後ろ足の先だけ白い黒猫が出る夢を見るようになる。すると夢と同じ出来事が実際に起こるのだ。残された借金返済のため根付を売りに皆塵堂へ行ったおきみだったが、たいした金額にはならず、女郎屋に売られることに。皆塵堂・主人の伊平次は一計を案じるのだが……。そしておきみが夢で見た黒い子猫は何者なのか?

決戦!川中島決戦!川中島
冲方丁

価格: 1,404円 324円(18%)お得

→ブクログでレビューを見る

累計8万部突破の「決戦!」シリーズ最新作! 武田VS上杉ーー戦国最強同士の激突、その時、二人の英雄は何を思うのか。原点にして、さらなる進化を遂げた「決戦!」を見届けよ!武田勢:武田信玄×宮本昌孝、武田信繁×矢野 隆、真田昌幸×乾 緑郎、山本勘助×「決戦!小説大賞」受賞・佐藤巖太郎。上杉勢:上杉謙信×冲方 丁、甘粕景持×木下昌輝、宇佐美定満×吉川永青

妖剣跳る妖剣跳る (実業之日本社文庫)
鳥羽亮

価格: 540円 60円(10%)お得

→ブクログでレビューを見る

武士集団・憂国党の悪事を暴く。血がたぎり、斬撃がはしる。霞捻りを破れ! 憂国党は呉服屋や船問屋など大店を襲撃、千両箱を奪い、邪魔する者は迷いなく斬る。道場で鍛えられた猛者たちだけに、誰もが腕が立つ。一番の曲者は、上州で身に着けた妖剣「霞捻り」を繰り出す牢人。党の壊滅を命じられた市之介と糸川たちは、奴らの動きを探るも、強烈な逆襲を受けるーー。結末はいかに!? 人気シリーズ第十弾。

運気をつかめ!殿さま商売人3運気をつかめ! 殿さま商売人3 (二見時代小説文庫)
沖田正午

価格: 756円

→ブクログでレビューを見る

悲願は「暴れ川の護岸」。
あと一万両を稼ぎ出す仰天の新商売を探せ!鳥山藩小久保家潰しを狙う幕閣と勘定奉行の一味。
元締め商売の風評危機に、殿さま覚悟の啖呵と、敵を破る逆転の計略!夏祭りの賑わいを聞きながらも、暴れ川の護岸費用捻出に胸を痛め、新しい商いを模索する鳥山藩藩主の小久保忠介がお忍びで江戸に出てくると、「とろろ汁御膳」商売に風評危機が立ちはだかっていた。しかも、新商売を探すつもりが、逆に岩村田藩内藤家と勘定奉行の策略で、幕府の御手伝普請費用を仰せつかってしまう……。鳥山藩潰しの卑劣な策略を、忠介は打ち破れるのか。

牛姫の嫁入り牛姫の嫁入り (角川書店単行本)
大山 淳子

価格: 1,728円

→ブクログでレビューを見る

江戸時代中期。忍者派遣業を営む三日月村で育った美貌の女忍び・コウは、一万石の大名・加納家に派遣される。コウの任務は、十万石の大名である藤代家の娘・重姫を誘拐してくること。かつて絶世の美女と噂された重姫は藤代家当主の溺愛により、ここ10年、人前に姿を見せずにいた。しかし、三日月の夜に屋敷へと忍び込んだコウが見つけ出したのは、引きこもって丸々と太った重姫の、変わり果てた姿だったーー。※本書は、第32回城戸賞入選作「三日月夜話」を改題し、加筆・修正のうえ書籍化したものです。

悪手斬り居眠り同心影御用16悪手斬り 居眠り同心 影御用16 (二見時代小説文庫)
早見俊

価格: 756円

→ブクログでレビューを見る

例繰方(れいくりかた)幹部から影御用。
凄腕与力が下した吟味に疑惑、再調査せよ!同心の死に事件性はなし? 吟味方切れ者与力の沙汰に居眠り同心が斬り込む!
伝馬町の牢の盗賊は本物? 岡っ引京次、捨て身の潜入!北町奉行所の元筆頭同心で今は居眠り番と揶揄される蔵間源之助の許に、例繰方与力の桃井陣十郎が訪れた。配下の同心が大川で溺死したが、その死に事件性はなしと断じた吟味方凄腕与力の判断に疑念があるといい、内密に調査してほしいというのだ。一方、伝馬町の牢屋敷にいる盗賊「風の清次郎」が本物か否かを調べるべく、岡っ引京次は罪人に化けて牢に潜入したが……。

石川五右衛門(上)石川五右衛門(上) (光文社文庫)
赤木駿介

価格: 540円 76円(12%)お得

→ブクログでレビューを見る

武田勢の襲来で今川方は総崩れ、駿府の町は猛火につつまれた。五右衛門の父は、御宝物庫(ごほうもっこ)から名物・千鳥ノ香炉(ちどりのこうろ)を運び出すが、途中、野伏(のぶせ)りに襲われる。父と妹の死。五右衛門は、千鳥ノ香炉をお屋形さまに届けるべく旅立った。その後、旅宿「松風」の主のもとで修業し、成長を遂げる五右衛門。やがて、父と妹の仇討ちを果たすべき時が近づいてきた。

公事宿事件書留帳シリーズ完結二十二巻セット【電子版限定】公事宿事件書留帳 シリーズ完結二十二巻セット【電子版限定】
澤田ふじ子

価格: 14,157円

→ブクログでレビューを見る

澤田ふじ子の名作時代小説『公事宿事件書留帳』シリーズ22タイトルが電子版限定で、合本になって登場!※本書は、『公事宿事件書留帳』シリーズ一巻~二十二巻を1冊にまとめた電子書籍限定の合本版です。京都東町奉行所同心組頭の家に長男として生まれながら、訳あって公事宿(訴訟人専用旅籠)「鯉屋」に居候する田村菊太郎。京都の四季の風物を背景に、人の心の闇に迫る菊太郎の活躍を追う時代小説シリーズの第一作。鯉屋の主一行が景気払いに出かけた途中で狙撃された。難航する犯人探索の中、菊太郎の推理が光る「闇の掟」ほか、全七編を収録。(『公事宿事件書留帳一 闇の掟』より)

続きはこちらで!
\よかったらシェアしてください/

こちらもチェックしました?