[歴史小説] 新刊まとめ『耳袋秘帖 銀座恋一筋殺人事件』『疾風の義賊三』『秋山久蔵御用控 冬の椿』『戊辰繚乱』他

160525 weekly historynovel

今週から歴史小説のまとめも始めました!

Koboでこの約1週間の間に配信された歴史小説の新刊電子書籍をご紹介します!

お急ぎの方は

こんな歴史小説が配信されました!

耳袋秘帖銀座恋一筋殺人事件耳袋秘帖 銀座恋一筋殺人事件 (文春文庫)
風野真知雄

価格: 590円 4円お得

→ブクログでレビューを見る

岡っ引きの辰五郎が銀座の駕籠屋に聞いた奇ッ怪な話。人を半分にして運べる駕籠の注文があったという。一方で紀伊国橋と鉄砲洲には謎の怪物「いくじ」が現れた。正体不明の悪党・暁星右衛門と豪商・淀屋月右衛門の関係も見え始め、品川、目黒と続いた「恋の殺人」はついにクライマックスに突入する。ますます絶好調の殺人事件シリーズ第20弾!

雪融けの夜八丁堀育ち3雪融けの夜 八丁堀育ち3 (朝日文庫)
風野真知雄

価格: 594円 32円(5%)お得

→ブクログでレビューを見る

同心の息子で臆病者の夏之助と、与力の娘でしっかり者の早苗。二人は、かつて珍事件を追ううちに、命に関わる出来事に巻き込まれたにもかかわらず、再び首を突っ込んでいく。前作で、謎の浪人に立ち向かった、夏之助の運命は?

疾風の義賊三乱雨の如く疾風の義賊三 乱雨の如く (徳間文庫)
辻堂魁

価格: 689円

→ブクログでレビューを見る

仇敵・鳥居耀蔵を討つべく江戸に潜伏していた乱之介ら天保世直党の面々。だが、その塒(ねぐら)が謎の暗殺集団に襲われた。新たな強敵の出現に、乱之介の心は惑う。これ以上、仲間を危地に陥れてよいのか…。一方、蘭学者への弾圧を強める鳥居耀蔵に旧友を捕らわれた元目付の隠居・甘粕克衛も苦悩していた。追う者と追われる者…両者の心が歩み寄ったとき、思いがけない途(みち)が拓ける!

秋山久蔵御用控冬の椿秋山久蔵御用控 冬の椿 (文春文庫)
藤井邦夫

価格: 720円 3円お得

→ブクログでレビューを見る

同心の和馬は町中で、かつて秋山久蔵が斬り棄てた浪人の妻と娘を見かけた。ふたりは穏やかそうに暮らしていたが、なぜか大店の内儀が探りを入れていいた。不審を抱いた和馬は、久蔵の許しを得て母と娘を見守ることにした。やがて、娘が博打打にさらわれかけるという事件が起きる。大店の内儀と母娘にはどんな関係があるのか。久蔵は過去を探ること……。書き下ろし人気シリーズ第26弾!

妖恋妖恋 (PHP文芸文庫)
皆川博子

価格: 600円 79円(11%)お得

→ブクログでレビューを見る

男と女が落ちたのは、甘美な恋か、底知れぬ闇か。江戸の恋は、こんなにも妖しく、こんなにも切ない。年下の火消し鳶との祝言をひかえた女が、火事の夜に知ってしまった男の秘密に、自らの暗い深淵を覗き込む「心中薄雪桜」。「血の臭いをかぐと螢は死ぬよ……」。姉の家に男を誘う少女の闇を描く「螢沢」。菊作りに精を出す隠居した男が月夜に出会った、娘姿の人形を操る不思議な少年に魅せられてゆく「十六夜鏡」。変化朝顔に魅入られた男女の虚ろで残酷な恋の末路を、無垢な少女が見つめる「濡れ千鳥」。『開かせていただき光栄です』『少年十字軍』などで話題の著者が、江戸の四季の風物に彩られた七つの恋のかたちを描く。大人のための、そして大人の世界を垣間見たい人のための珠玉の短編集。 【PHP研究所】

花戦さ花戦さ (角川文庫)
鬼塚 忠

価格: 648円

→ブクログでレビューを見る

厚き友情と信頼で結ばれていた、花の名手・池坊専好と茶の名人・千利休。しかし秀吉の怒りを買い利休は非業の死を。専好の秀吉に対する怒りが増していく。そんな専好に秀吉への復讐の機会が訪れる…。

戊辰繚乱(新潮文庫)戊辰繚乱(新潮文庫) (新潮文庫)
天野純希

価格: 896円

→ブクログでレビューを見る

激動の幕末。江戸で暮らす会津藩士の山浦鉄四郎は、質実剛健な会津士魂に馴染めず、天下国家を論じることもなく、ただ平穏な人生を望んでいた。そんなある日、家中の美しき薙刀の達人・中野竹子と出会う。互いを思いながらも、新撰組隊士となった鉄四郎は内乱の渦に呑まれていく。友が死に、自身が傷を負っても刀を振るうのは、竹子の元に生きて帰るためーー。魂を震わす歴史長編。

いのち買うてくれいのち買うてくれ
好村兼一

価格: 1,642円 410円(19%)お得

→ブクログでレビューを見る

宝暦十一年(一七六一)、遠山弥吉郎に主君を誑かす不届き者・丸屋を闇討ちせよとの密命が下る。正義のため、そして家禄の引き上げのために引き受けた弥吉郎だったが……。謀略に巻き込まれ妻子とともに江戸へ逃げることになった弥吉郎は並ならぬ貧苦に揉まれることにより、武士とは何か、命とは何であるかを見つめなおしてゆく。魂震える時代小説超大作。

吹けよ風呼べよ嵐吹けよ風 呼べよ嵐
伊東潤

価格: 1,512円

→ブクログでレビューを見る

剛腕の歴史小説旗手が放つ川中島合戦!
義を貫いてこそー
上杉謙信と武田信玄が鎬を削る北信濃の地で、若武者須田満親が、才を磨き、戦塵を駆け抜ける! 徹底的な現地取材を基に描く新たな合戦像!
時は戦国、あまたの武将ひしめく北信濃の地。甲斐の武田晴信(信玄)は、今川・北条と盟を結びつつ野望の眼を北に向けた。北信の盟主村上義清に忠義を尽くす須田家の後継満親と、従兄にして刎頸の友でもある須田庶家の信正。川中島に所領を持つ二人の若者は悩み、葛藤する。道は二つ、裏切ってでも生き残りを策すべきか、滅ぼうとも義を貫くか。やがて武田の脅威に抗しきれなくなった時、満親は越後の長尾景虎(上杉謙信)に支援を請う使者に立った……。北信濃を巡って謙信の義と信玄の欲が火花を散らす中、流転を強いられる須田一族の運命はーー。

妾屋昼兵衛女帳面完結八巻セット【電子版限定】妾屋昼兵衛女帳面 完結八巻セット【電子版限定】
上田秀人

価格: 5,329円

→ブクログでレビューを見る

上田秀人の傑作時代小説『妾屋昼兵衛女帳面』シリーズ8タイトルが電子版限定で、合本になって登場!※本書は、『妾屋昼兵衛女帳面』シリーズ一巻~八巻を1冊にまとめた電子書籍限定の合本版です。世継ぎなきはお家断絶。苛烈な幕法に苦しむ大名旗本は、秘かに妾屋を訪れた。そんな稼業を営む山城屋昼兵衛の元に、ある日、仙台藩主の側室の求めが。だが、それを機に将軍継嗣にも絡む大規模なお家騒動が勃発。巻き込まれた昼兵衛は、側室を守る大月新左衛門と共に、大藩との熾烈な暗闘を繰り広げる。 人気沸騰の著者が放つ新シリーズ第一弾!(『妾屋昼兵衛女帳面 側室顛末』より)

続きはこちらで!
\よかったらシェアしてください/

こちらもチェックしました?