[小説・エッセイ新刊まとめ] 耳袋秘帖/疾風の義賊三/クビツリハイスクール/廃校の博物館 Dr.片倉の生物学入門/沖縄式風力発言/他

160524 weekly novel

Koboでこの1週間のあいだに配信された小説・エッセイミステリー・サスペンス」の新刊電子書籍をご紹介します!

小説・エッセイの新刊からピックアップ!

耳袋秘帖銀座恋一筋殺人事件耳袋秘帖 銀座恋一筋殺人事件 (文春文庫)
風野真知雄

価格: 590円 4円お得

→ブクログでレビューを見る

岡っ引きの辰五郎が銀座の駕籠屋に聞いた奇ッ怪な話。人を半分にして運べる駕籠の注文があったという。一方で紀伊国橋と鉄砲洲には謎の怪物「いくじ」が現れた。正体不明の悪党・暁星右衛門と豪商・淀屋月右衛門の関係も見え始め、品川、目黒と続いた「恋の殺人」はついにクライマックスに突入する。ますます絶好調の殺人事件シリーズ第20弾!

疾風の義賊三乱雨の如く疾風の義賊三 乱雨の如く (徳間文庫)
辻堂魁

価格: 689円

→ブクログでレビューを見る

仇敵・鳥居耀蔵を討つべく江戸に潜伏していた乱之介ら天保世直党の面々。だが、その塒(ねぐら)が謎の暗殺集団に襲われた。新たな強敵の出現に、乱之介の心は惑う。これ以上、仲間を危地に陥れてよいのか…。一方、蘭学者への弾圧を強める鳥居耀蔵に旧友を捕らわれた元目付の隠居・甘粕克衛も苦悩していた。追う者と追われる者…両者の心が歩み寄ったとき、思いがけない途(みち)が拓ける!

クビツリハイスクール戯言遣いの弟子クビツリハイスクール 戯言遣いの弟子 (講談社文庫)
西尾維新

価格: 637円

→ブクログでレビューを見る

「紫木一姫って生徒を学園から救い出すのが、今回のあたしのお仕事」 「救い出すって……まるで学園がその娘を拘禁してるみたいな言い方ですね」 人類最強の請負人、哀川潤から舞い込んだ奇妙な依頼に従って私立澄百合学園、またの名を《首吊高校(クビツリハイスクール)》に潜入した「ぼく」こと”戯言遣い・いーちゃん”は恐るべき殺戮の嵐に巻き込まれるーー。

廃校の博物館Dr.片倉の生物学入門廃校の博物館 Dr.片倉の生物学入門 (講談社タイガ)
二宮敦人

価格: 778円

→ブクログでレビューを見る

標本や剥製、化石が所狭しと並ぶ、今はもう廃校になった小学校。そこに住まう謎多き生物学者・片倉信也のもとに持ち込まれた「廃墟の殺人鬼」の目撃情報。犯人さがしをはじめる子供たちだったが、家庭不和に悩む転校生の圭太は金切りバサミを手に、心に秘めた思いを人知れず行動にうつすことを決意する。人間の「思い込み」が招く驚愕のラストが、あなたを待ち受ける……!

モンスターフレンド【特別版】(イラスト付き)モンスターフレンド【特別版】(イラスト付き) (クロスノベルス)
丸木文華

価格: 972円

→ブクログでレビューを見る

【特別版/書籍発売時、一部書店用に書き下ろされた番外編収録!】
「俺がお前の初めての男。最初で最後のな」
なにもかもが平凡な湊の幼なじみは、なにもかもが完璧な悠馬。幼稚園の頃からカノジョの絶えないモテ男だが、高校生になった今も湊にべったりで、うっとうしいほど超過保護。そんなある日、湊に初めてのカノジョができた。浮かれる湊を悠馬はからかい祝福してくれる。だから気づかなかった──行き過ぎた執着の正体が苛烈な恋だったなんて。そして湊を取り戻すため、悠馬が策略を張り巡らせていたなんて──。※この作品は挿絵イラストが収録されています。

愛の果てから【特別版】(イラスト付き)愛の果てから【特別版】(イラスト付き) (クロスノベルス)
弓月あや

価格: 972円

→ブクログでレビューを見る

【特別版/書籍発売時、一部書店用に書き下ろされた番外編収録!】
この幸せは 本物じゃないと わかってる
天涯孤独な少年・夏芽が川で助けたのは、記憶を失った紳士だった。戸惑う彼を泉水 と名付け、一緒に暮らし始める夏芽。徐々に泉水は心を開き、いつしか二人は愛し合うように。貧しいながらも幸福な日々。だが、それは儚い幻だった。泉水が記憶を取り戻した時、幸せは音を立てて崩れた。豪奢な館で再会した泉水は、夏芽が知っている泉水ではなくなっていた。消えてしまった恋人の面影を追う夏芽は、向けられる冷酷な視線の中に、彼の苛立ちを感じてーー。

沖縄式風力発言ふぇーぬしまじま講演集沖縄式風力発言 ふぇーぬしまじま講演集
池澤夏樹

価格: 540円 1,080円(66%)お得

→ブクログでレビューを見る

つなぐものとしての言葉の力が沖縄では生きている。池澤夏樹が沖縄移住を果たした後、沖縄の島々で語った講演録集。池澤は精力的に島々を周り、実に様々な島人たちと対話をしていた。島の風、社会の風、言葉の風、平和と戦争の風を受けて、時には重く、時には軽妙に、沖縄を語り、世界を見つめる。沖縄の状況について考えるために、今改めて必読の書。【目次】
平和の素(沖縄島・那覇市)
沖縄の言葉(沖縄島・那覇市)
人と自然の関係(南大東島)
ハワイイについて(渡名喜島)
書物の力(沖縄島・那覇市)
ジャック・マイヨール(粟国島)
北海道の話(渡嘉敷島)
戦争の起源(沖縄島・知念村)
沖縄は日本を救うか?(ヤマト・東京)【著者】
池澤夏樹
1945年北海道帯広市に生まれる。小学校から後は東京育ち。以後多くの旅を重ね、3年をギリシャで、10年を沖縄で、5年をフランスで過ごして、今は札幌在住。1987年『スティル・ライフ』で芥川賞を受賞。その後の作品に『マシアス・ギリの失脚』『花を運ぶ妹』『静かな大地』『キップをなくして』『カデナ』『アトミック・ボックス』など。自然と人間の関係について明晰な思索を重ね、数々の作品を生む。2014年末より「池澤夏樹=個人編集 日本文学全集」全30巻の刊行を開始。
http://www.impala.jp

早春の河八丁堀育ち4早春の河 八丁堀育ち4 (朝日文庫)
風野真知雄

価格: 594円 32円(5%)お得

→ブクログでレビューを見る

同心の息子で臆病者の夏之助と、与力の娘でしっかり者の早苗。二人は、市井の謎を追ううちに、八丁堀を揺るがす事件に気づきはじめる。そんな二人を疎ましく思う入り婿・右京は……。さまざまな思惑が交錯するシリーズ完結編。

日曜は憧れの国日曜は憧れの国 (創元推理文庫)
円居挽

価格: 630円

→ブクログでレビューを見る

四人の少女がカルチャーセンターで遭遇する謎。
気鋭の著者が贈る、校外活動青春ミステリ。
内気な中学二年生・千鶴は、母親の言いつけで四谷のカルチャーセンターの講座を受けることになる。退屈な日常が変わることを期待して料理教室に向かうと、明るく子供っぽい桃、ちゃっかりして現金な真紀、堅物な優等生の公子と出会う。四人は偶然にも同じ班となり、性格の違いからぎくしゃくしつつも、調理を進めていく。ところが、教室内で盗難事件が発生。顛末に納得がいかなかった四人は、真相を推理することに。性格も学校もばらばらな四人が、カルチャーセンターで遭遇する様々な事件の謎に挑む!
目次「レフトオーバーズ」
「一歩千金二歩厳禁」
「維新伝心」
「幾度もリグレット」
「いきなりは描けない」
著者あとがき=円居挽
著者紹介円居挽
(マドイバン)
1983年奈良県生まれ。京都大学卒。2009年『丸太町ルヴォワール』を講談社BOXから刊行してデビューする。他の著書に『烏丸ルヴォワール』『クローバー・リーフをもう一杯 今宵、謎解きバー「三号館」へ』『シャーロック・ノート 学園裁判と密室の謎』『キングレオの冒険』などがある。

菜の花食堂のささやかな事件簿菜の花食堂のささやかな事件簿 (だいわ文庫)
碧野圭

価格: 626円 76円(10%)お得

→ブクログでレビューを見る

「自分が食べるためにこそ、おいしいものを作らなきゃ」 
菜の花食堂の料理教室は今日も大盛況。オーナーの靖子先生が優希たちに教えてくれるのは、美味しい料理のレシピだけじゃなく、ささやかな謎の答えと傷ついた体と心の癒し方……? イケメンの彼が料理上手の恋人に突然別れを告げたのはなぜ? 美味しいはずのケーキが捨てられた理由は? 小さな料理教室を舞台に『書店ガール』の著者がやさしく描き出す、あたたかくて美味しい極上のミステリー!

続きはこちらで
\よかったらシェアしてください/

こちらもチェックしました?