2016年本屋大賞『羊と鋼の森』、2〜10位作品、翻訳小説部門1位『書店主フィクリーのものがたり』は電子書籍が安い。Koboなら大賞作品19%OFF+20%還元+他のクーポン併用可でさらにお得!

160413 book hontai2016

全国の書店員が選んだいちばん売りたい本「2016年本屋大賞」が発表されましたね−!

大賞は『羊と鋼の森(宮下奈都)』。2位に『君の膵臓をたべたい(住野よる)』、3位に『世界の果てのこどもたち(中脇初枝)』と続きます。

翻訳部門の1位は、早川書房『書店主フィクリーのものがたり(ガブリエル・ゼヴィン)』でした。お、2位は『紙の動物園(ケン・リュウ)』ですね!

きっと今日から全国の書店は賑わってるでしょうけど、電子書籍で読めば在庫切れの心配もなく、割引価格で買えますよ〜!しかもKoboは常時20%ポイント還元。いつも配られている15%OFFクーポンやたまに届く200円クーポンを併用して、さらにお得にどうぞ!

2016年本屋大賞は『羊と鋼の森』

羊と鋼の森羊と鋼の森 (文春e-book)
宮下奈都

価格: 1,300円 320円(19%)お得

→ブクログでレビューを見る

ゆるされている。世界と調和している。
それがどんなに素晴らしいことか。
言葉で伝えきれないなら、音で表せるようになればいい。「才能があるから生きていくんじゃない。そんなもの、あったって、なくたって、生きていくんだ。あるのかないのかわからない、そんなものにふりまわされるのはごめんだ。もっと確かなものを、この手で探り当てていくしかない。(本文より)」ピアノの調律に魅せられた一人の青年。
彼が調律師として、人として成長する姿を温かく静謐な筆致で綴った、祝福に満ちた長編小説。

2016年本屋大賞の2〜10位は

君の膵臓をたべたい君の膵臓をたべたい
住野よる

価格: 1,210円 302円(19%)お得

→ブクログでレビューを見る

ある日、高校生の僕は病院で1冊の文庫本を拾う。タイトルは「共病文庫」。それは、クラスメイトである山内桜良が密かに綴っていた日記帳だった。そこには、彼女の余命が膵臓の病気により、もういくばくもないと書かれていた。こうして、偶然にも【ただのクラスメイト】から【秘密を知るクラスメイト】となった僕。まるで自分とは正反対の彼女に、僕は徐々にひかれていった。だが、世界は病を患った彼女にさえ、平等に残酷な現実をつきつけるーー。全ての予想を裏切る結末まで、一気読み必至!

世界の果てのこどもたち世界の果てのこどもたち
中脇初枝

価格: 1,404円 324円(18%)お得

→ブクログでレビューを見る

戦時中、高知から家族と満洲にやってきた珠子。そこで彼女は、朝鮮人の美子と横浜から来た茉莉に出会う。三人は立場を越えた友情で結ばれる。しかし終戦が訪れ、珠子は中国戦争孤児になり、美子は日本で差別を受け、茉莉は空襲で家族を失い、三人は別々の人生を歩むことになった。あの戦争は、誰のためのものだったのだろうか。『きみはいい子』『わたしをみつけて』で多くの読者に感動を与えた著者の、新たな代表作。

永い言い訳永い言い訳 (文春e-book)
西川美和

価格: 1,300円 428円(24%)お得

→ブクログでレビューを見る

「愛するべき日々に愛することを怠ったことの、代償は小さくない」長年連れ添った妻・夏子を突然のバス事故で失った、人気作家の津村啓。悲しさを“演じる”ことしかできなかった津村は、同じ事故で母親を失った一家と出会い、はじめて夏子と向き合い始めるが…。突然家族を失った者たちは、どのように人生を取り戻すのか。人間の関係の幸福と不確かさを描いた感動の物語。

朝が来る朝が来る (文春e-book)
辻村深月

価格: 1,300円 320円(19%)お得

→ブクログでレビューを見る

親子3人で平和に暮らす栗原家に突然かかってきた、いたずら電話。電話口の女の声は、「子どもを返してほしい」と告げたーー。子を産めなかった者、子を手放さなければならなかった者、両者の葛藤と人生を丹念に描いた社会派ミステリー長篇。

王とサーカス王とサーカス
米澤穂信

価格: 1,599円 237円(12%)お得

→ブクログでレビューを見る

2015年No.1ミステリ 2年連続3冠達成!『このミステリーがすごい!』 2016年版 国内編 第1位
『週刊文春』ミステリーベスト10 2015年【国内部門】 第1位
「ミステリが読みたい!」2016年版 国内篇 第1位絶賛を浴びた『満願』をも超える、渾身の書き下ろし傑作ミステリ!
2001年、新聞社を辞めたばかりの太刀洗万智は、知人の雑誌編集者から海外旅行特集の仕事を受け、事前取材のためネパールに向かった。現地で知り合った少年にガイドを頼み、穏やかな時間を過ごそうとしていた矢先、王宮で国王をはじめとする王族殺害事件が勃発する。太刀洗はジャーナリストとして早速取材を開始したが、そんな彼女を嘲笑うかのように、彼女の前にはひとつの死体が転がり……。「この男は、わたしのために殺されたのか? あるいはーー」疑問と苦悩の果てに、太刀洗が辿り着いた痛切な真実とは? 『さよなら妖精』の出来事から10年の時を経て、太刀洗万智は異邦でふたたび、自らの人生をも左右するような大事件に遭遇する。2001年に実際に起きた王宮事件を取り込んで描いた壮大なフィクションにして、米澤ミステリの記念碑的傑作!

戦場のコックたち戦場のコックたち
深緑野分

価格: 1,800円 252円(12%)お得

→ブクログでレビューを見る

戦場でも事件は起きるし、解決する名探偵がいる。
戦いと料理と〈日常の謎〉を描く、著者渾身の初長編!
一晩で忽然と消えた600箱の粉末卵の謎、不要となったパラシュートをかき集める兵士の目的、聖夜の雪原をさまよう幽霊兵士の正体……。誇り高き料理人だった祖母の影響で、コック兵となった19歳のティム。彼がかけがえのない仲間とともに過ごす、戦いと調理と謎解きの日々を連作形式で描く。第7回ミステリーズ!新人賞佳作入選作を収録した『オーブランの少女』で読書人を驚嘆させた実力派が放つ、渾身の初長編。『このミステリーがすごい!』 2016年版 国内編 第2位
「ミステリが読みたい!」2016年版 国内篇 第2位
『週刊文春』ミステリーベスト10 2015年【国内部門】 第3位

流
東山彰良

価格: 1,404円 324円(18%)お得

→ブクログでレビューを見る

青春は、謎と輝きに満ちているーー台湾生まれ、日本育ち。「このミス!」出身の異才が、初めて自らの血を解き放つ! 何者でもなかった。ゆえに自由だったーー。1975年、偉大なる総統の死の翌月、愛すべき祖父は殺された。無軌道に生きる17歳のわたしには、まだその意味はわからなかった。大陸から台湾、そして日本へ。謎と輝きに満ちた青春が迸る。超弩級の才能が紡ぐ、友情と恋、復讐と死、一家の歴史、人生、命の物語。

教団X教団X (集英社文芸単行本)
中村文則

価格: 1,555円 389円(20%)お得

→ブクログでレビューを見る

【「アメトーーク!」読書芸人でも紹介され、大反響!】絶対的な闇、圧倒的な光。「運命」に翻弄される4人の男女、物語は、いま極限まで加速する。米紙WSJ(ウォール・ストリート・ジャーナル)年間ベスト10小説、アメリカ・デイヴィッド・グーディス賞を日本人で初受賞、いま世界で注目を集める作家の、待望の最新作! 謎のカルト教団と革命の予感。自分の元から去った女性は、公安から身を隠すオカルト教団の中へ消えた。絶対的な悪の教祖と4人の男女の運命が絡まり合い、やがて教団は暴走し、この国を根幹から揺さぶり始める。神とは何か。運命とは何か。絶対的な闇とは、光とは何か。著者最長にして圧倒的最高傑作。 ついに電子版配信開始!

火花火花 (文春e-book)
又吉直樹

価格: 1,000円 296円(22%)お得

→ブクログでレビューを見る

笑いとは何か、人間とは何かを描ききったデビュー小説売れない芸人徳永は、師として仰ぐべき先輩神谷に出会った。そのお笑い哲学に心酔しつつ別の道を歩む徳永。二人の運命は。

翻訳小説部門の1位は『書店主フィクリーのものがたり』

書店主フィクリーのものがたり書店主フィクリーのものがたり  (早川書房)
ガブリエル ゼヴィン

価格: 1,652円

→ブクログでレビューを見る

かつては愛する妻と二人で売っていた。いつまでもそうすると思っていた。しかし、彼女は事故で逝き、いまはただ一人。ある日、所蔵していたエドガー・アラン・ポーの稀覯本が盗まれる。売れば大金になるはずだった財産の本が。もう、なにもない、自分にはなにも。それでもフィクリーは本を売る。そしてその日、書店の中にぽつんと置かれていたのはーーいたいけな幼児の女の子だった。彼女の名前はマヤ。自分も一人、この子も一人。フィクリーは彼女を育てる決意をする。マヤを育てる手助けをしようと、島の人たちが書店にやってくる。婦人たちは頻繁にマヤの様子を見に訪れるし、あまり本を読まなかった警察署長も本を紹介してくれと気にかけて来てくれる。みなが本を読み、買い、語り合う。本好きになったマヤはすくすくと成長し……

紙の動物園紙の動物園 (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)
ケン リュウ

価格: 1,847円

→ブクログでレビューを見る

〈ヒューゴー賞/ネビュラ賞/世界幻想文学大賞受賞〉ぼくの母さんは中国人だった。母さんがクリスマス・ギフトの包装紙をつかって作ってくれる折り紙の虎や水牛は、みな命を吹きこまれて生き生きと動いていた……。ヒューゴー賞/ネビュラ賞/世界幻想文学大賞という史上初の3冠に輝いた表題作ほか、地球へと小惑星が迫り来る日々を宇宙船の日本人乗組員が穏やかに回顧するヒューゴー賞受賞作「もののあはれ」、中国の片隅の村で出会った妖狐の娘と妖怪退治師の「ぼく」との触れあいを描く「良い狩りを」など、怜悧な知性と優しい眼差しが交差する全15篇を収録した、テッド・チャンに続く現代アメリカSFの新鋭がおくる短篇集

服従服従
ミシェル・ウエルベック

価格: 2,074円 518円(19%)お得

→ブクログでレビューを見る

2022年仏大統領選。投票所テロや報道管制の中、極右国民戦線のマリーヌ・ルペンを破り、穏健イスラーム政権が誕生する。シャルリー・エブド事件当日に発売された新たなる予言の書。
読み終わって、呆然としながら、自分にこう言い聞かせなければならなかった。
「これは小説であって現実ではないんだ」と。
「こんなことは起こらない‥‥たぶん‥いや、もしかしたら」
──高橋源一郎(作家)
シニカルな状況認識、政治的な無力感、そして人間の滑稽さに対する冷め切った視線。
ウエルベックはヨーロッパの未来も若者の力もなにも信じていない。
けれど、その残酷さこそが文学の力なのだ。
日本にはこんな作家はいない。
読むべし!
──東 浩紀(批評家)

\よかったらシェアしてください/

こちらもチェックしました?