終了 [セール] 日本ミステリー文学大賞新人賞16作品が半額以下!今年の受賞作『星宿る虫』も対象!

160315 sale kobunsha50

日本ミステリー文学大賞新人賞キャンペーン〉ということで、光文社が開催して今年で19回目を迎える日本ミステリー文学大賞新人賞の過去の受賞16作品が半額以下のセール価格になってます!

今年の受賞作品『星宿る虫』も半額とは太っ腹ですね!

日本ミステリー文学大賞新人賞セールからピックアップ!

星宿る虫星宿る虫
嶺里俊介

価格: 702円 918円(56%)お得

→ブクログでレビューを見る

静岡県山中で見つかった老婆の遺体は、光を放つ虫の大群に覆われ、流れ出す血液は黄に変色していた。周囲には何故か讃美歌が響き、虫の群れは銀河鉄道のように夜空へと……。異様な事態に、警察は法医昆虫学者の御堂玲子に調査を依頼。また、妹を虫に喰い殺された大学生の天崎悟は感染ルートを探る。増える犠牲者。虫の正体は? 治療方法は? 綾辻行人氏、あさのあつこ氏を震撼させた第19回日本ミステリー文学大賞新人賞受賞作!

十二月八日の幻影十二月八日の幻影
直原冬明

価格: 648円 1,080円(62%)お得

→ブクログでレビューを見る

真珠湾奇襲作戦の秘密が漏れている! スパイは誰だ? 太平洋戦争前夜の帝都・東京で、帝国海軍の機密をたった二人で護る渡海と潮田の軍令部特別班と、米英露の諜報員たちの知略と謀略が火花を散らす──プロット、筆力、そして主人公たちの魅力を選考委員[あさのあつこ・笠井潔・今野敏・藤田宜永]が絶賛。新感覚のアイディアとキャラクター造形で、スパイ・軍事小説の枠を破る必読のエンターテインメントが誕生した!

代理処罰代理処罰
嶋中潤

価格: 351円 383円(52%)お得

→ブクログでレビューを見る

「娘は預かった」高校生の娘を誘拐した犯人は父親・岡田亨に電話でそう告げた。犯人の要求は2000万円の身代金を娘の母親に持って来させること。猶予は一週間。だが、日系ブラジル人の母は、日本での交通事故で人を死なせて故国に逃亡、行方不明になっていた。単身ブラジルへ渡った父は、妻を探し出し、彼女を説き伏せられるのかーー。サスペンスフルな傑作推理。

ロスト・ケアロスト・ケア
葉真中顕

価格: 351円 383円(52%)お得

→ブクログでレビューを見る

戦後犯罪史に残る凶悪犯に降された死刑判決。その報を知ったとき、正義を信じる検察官・大友の耳の奧に響く痛ましい叫びーー悔い改めろ! 介護現場に溢れる悲鳴、社会システムがもたらす歪み、善悪の意味……。現代を生きる誰しもが逃れられないテーマに、圧倒的リアリティと緻密な構成力で迫る! 全選考委員絶賛のもと放たれた、日本ミステリー文学大賞新人賞受賞作。

クリーピークリーピー
前川裕

価格: 351円 383円(52%)お得

→ブクログでレビューを見る

大学で犯罪心理学を教える高倉(たかくら)は、妻と二人、一戸建てに暮らす。ある日、刑事・野上(のがみ)から一家失踪事件の分析を依頼されたのを契機として、周囲で事件が頻発する。野上の失踪、学生同士のトラブル、出火した向かいの家の焼死体。だがそれらも、本当の恐怖の発端(ほったん)でしかなかった。「奇妙な隣人」への疑惑と不安が押し寄せる、第15回日本ミステリー文学大賞新人賞受賞作。

ラガド~煉獄の教室~ラガド~煉獄の教室~
両角長彦

価格: 351円 369円(51%)お得

→ブクログでレビューを見る

始業直前の中学校の教室に包丁を持った男が乱入、学級委員の女子生徒を刺殺した。怨恨か、無差別殺人か? 警察は教室の原寸大セットを組み、犯行の再現実験を行うが、再現を重ねるたびに予想外の事実が判明し、迷走状態に陥る。一方、事件の真相を生放送で暴くと予告したテレビ局は、公約を実行することができるのか? 第13回日本ミステリー文学大賞新人賞受賞作。

プラ・バロックプラ・バロック (光文社文庫)
結城充考

価格: 351円 389円(52%)お得

→ブクログでレビューを見る

雨の降りしきる港湾地区。埋め立て地に置かれた冷凍コンテナから、十四人の男女の凍死体が発見された! 睡眠薬を飲んだ上での集団自殺と判明するが、それは始まりに過ぎなかったーー。機捜所属の女性刑事クロハは、想像を絶する悪意が巣喰う、事件の深部へと迫っていく。斬新な着想と圧倒的な構成力! 全選考委員の絶賛を浴びた、日本ミステリー文学大賞新人賞受賞作。

ユグノーの呪いユグノーの呪い (光文社文庫)
新井政彦

価格: 378円 444円(54%)お得

→ブクログでレビューを見る

メディチ家の末裔(まつえい)である美少女・ルチアは、ある日突然、目と口が不自由になった。16世紀に先祖が新教徒・ユグノーを大量虐殺した呪いなのか!? ルチアのトラウマを取り除くため、ヴァーチャル療法士・高見健吾は僚友・礼子とともに、彼女の記憶空間へと入り込む。そこでは殺戮の限りが尽くされていた! 第8回日本ミステリー文学大賞新人賞受賞作品。

まだまだあります!
\よかったらシェアしてください/

こちらもチェックしました?