終了 [セール] 司馬遼太郎・池波正太郎など文藝春秋の合本版が50%OFF!!/坂の上の雲/竜馬がゆく/世に棲む日日/功名が辻/翔ぶが如く/鬼平犯科帳/真田十勇士/陰陽師/幽霊シリーズ/IWGP/考えるヒント/他

160219 sale shunju gappon50

文藝春秋の合本版50%OFF〉セールがはじまりました!司馬遼太郎がたくさんセール対象になってますね〜。1月1日に電子化されてたばかりの『坂の上の雲』も半額になってますね。

じつは、司馬遼太郎没後20年ということで、出版社をまたいで〈司馬遼太郎 20〜30%還元&20%OFF〉をやってるんですが、それよりこっちのほうがぜんぜんお得ですね…。

し・か・も、3月4日までは〈小説・エッセイ全品10%ポイント還元(※要エントリー)〉と、いつもの〈全品20%ポイント還元〉も同時にやってますからね!併用して、さらにお得に!

半額セールの合本版20作品はこちら!

合本坂の上の雲【文春e-Books】合本 坂の上の雲【文春e-Books】 (文春e-Books)
司馬遼太郎

価格: 2,700円

→ブクログでレビューを見る

明治維新をとげ、近代国家の仲間入りをした日本は、息せき切って先進国に追いつこうとしていた。この時期を生きた四国松山出身の三人の男達ー日露戦争においてコサック騎兵を破った秋山好古、日本海海戦の参謀秋山真之兄弟と文学の世界に巨大な足跡を遺した正岡子規を中心に、昂揚の時代・明治の群像を描く長篇小説、全八冊が待望の合本化!

合本竜馬がゆく(一)~(八)【文春e-Books】合本 竜馬がゆく(一)~(八)【文春e-Books】 (文春e-Books)
司馬遼太郎

価格: 2,700円

→ブクログでレビューを見る

総発行部数2500万部超! 坂本竜馬の奇蹟の生涯を壮大なスケールで描く、司馬文学の金字塔、全8巻(文春文庫)が合本に。 土佐の郷士の次男坊に生まれながら、ついには維新回天の立役者となった坂本竜馬の奇蹟の生涯。司馬遼太郎の永遠のベストセラーが半世紀の時を経て、電子版で新たによみがえる!第1巻/幼年時代から、江戸での剣術修業、奥手だった青年時代、人斬り以蔵、桂小五郎との出会いなどを描くシリーズ第1作。第2巻/勤王・攘夷の勢力と、巻き返しを図る幕府との抗争は次第に激化してきた。土佐藩でクーデターを起し、勤王化して天下へ押し出そうとする武市半平太のやり方に限界を感じた竜馬はついに脱藩を決意する。第3巻/浪人となった竜馬は、幕府の要職にある勝海舟と運命的な出会いをする。竜馬はどの勤王の志士ともちがう独自の道を歩き始める。「幕府を倒さねばならないのだ」とーー。第4巻/長州の没落、薩摩の保守化、土佐の勤王政権の瓦解。竜馬はついに一隻の軍艦を手に入れた。第5巻/池田屋ノ変、蛤御門ノ変と血なまぐさい事件が続き、時勢は急速に緊迫するが、竜馬自身にも危機が訪れる。心血を注いだ神戸海軍塾が幕府の手で解散させられてしまったのだ。第6巻/竜馬が動いた。慶応二年一月、幕府の厳重な監視下にある京で、密かに薩長の軍事同盟が成立する。維新への道は、この時大きく開かれた。第7巻/同盟した薩摩と長州は着々と討幕の態勢を整えてゆく。そして竜馬は、思い切った奇手を思いついた。大政奉還ーー。第8巻/慶応三年十月十三日、京は二条城の大広間で、十五代将軍徳川慶喜は大政を奉還すると表明した。ここに幕府の三百年近い政権は幕を閉じた。しかし竜馬はそれを見とどけることはなかった……。「竜馬がゆく」遂に完結!

合本世に棲む日日(一)~(四)【文春e-Books】合本 世に棲む日日(一)~(四)【文春e-Books】 (文春e-Books)
司馬遼太郎

価格: 1,199円

→ブクログでレビューを見る

「思想」の師、「行動」の弟子。維新前夜の青春群像を活写した怒濤の歴史長編、全四巻合本版。2015年のNHK大河ドラマ『花燃ゆ』の主人公は久坂玄瑞の妻、文(ふみ)。文の兄であり玄瑞の師である吉田松陰こそ、『世に棲む日日』前半の中心人物です。「人間が人間に影響をあたえるということは、人間のどういう部分によるものかを、松陰において考えてみたかった。そして後半は、影響の受け手のひとりである高杉晋作という若者について書いた」(「文庫版あとがき」より)嘉永六(1853)年、ペリー率いる黒船が浦賀沖に姿を現して以来、攘夷か開国か、勤王か佐幕かをめぐり、国内には激しい政治闘争の嵐が吹き荒れていた。この時期、骨肉の抗争を経て倒幕への主動力となった長州藩には、その思想的原点に立つ松下村塾主宰・吉田松陰と、後継者たる高杉晋作がいたーー。

合本燃えよ剣(上)~(下)【文春e-Books】合本 燃えよ剣(上)~(下)【文春e-Books】 (文春e-Books)
司馬遼太郎

価格: 749円

→ブクログでレビューを見る

激動の幕末、ただ剣のみを信じ、日本史上に類をみない酷烈な軍事組織を創りあげた新選組副長、土方歳三。鳥羽伏見から函館五稜郭の落城までを戦い続け、歴史に無類の爪あとを残した男の華麗なる人生とはーー。「男の典型を一つずつ書いてゆきたい。そういう動機で私は小説書きになったような気がする。(中略)歳三は、それまでの日本人にはなかった組織というあたらしい感覚をもっていた男で、それを具体的に作品にしたのが新選組であったように思われる。その意味だけでいえば、文化史的な仕事を、この男の情熱と才能はなしとげたのではないか」(あとがきより)。時代の逆流に抗し剣と恋に生きた新選組副長、土方歳三の凄絶な生涯を描き「竜馬がゆく」と人気を二分する司馬文学の最高峰、待望の合本!

合本十一番目の志士(上)(下)【文春e-Books】合本 十一番目の志士(上)(下)【文春e-Books】 (文春e-Books)
司馬遼太郎

価格: 680円

→ブクログでレビューを見る

型破りの剣客の魅力がほとばしる長篇、上下巻合本版。天堂晋助。長州藩の下層の出ではあったが、剣の天稟は尋常ではなかった。ふとしたことから彼を知った藩の過激派の首魁、高杉晋作は、晋助を恐るべき刺客に仕立てあげる。京に、大坂に、江戸に忽然と現れ、影のように消え去る殺人者のあとには、常におびただしい血が残された。剣の光芒が錯綜する幕末の狂宴!

合本功名が辻【文春e-Books】合本 功名が辻【文春e-Books】 (文春e-Books)
司馬遼太郎

価格: 1,099円

→ブクログでレビューを見る

【全四巻合本版】天下にむかってはなばなしく起ち上った織田信長の家中に、ぼろぼろ伊右衛門とよばれる、うだつの上らない武士がいた。その彼に、賢くて美しい嫁がくるという……。伊右衛門は妻の励ましを受けて、功名をめざして駈けてゆく。戦国時代、夫婦手をとりあってついには土佐一国の大名の地位をえた山内一豊、妻・千代の、痛快なる物語。

合本義経【文春e-Books】合本 義経【文春e-Books】 (文春e-Books)
司馬遼太郎

価格: 699円

→ブクログでレビューを見る

【上下巻合本版】みなもとのよしつねーーその名はつねに悲劇的な響きで語られる。源氏の棟梁の子に生まれながら、鞍馬山に預けられ、その後、関東奥羽を転々とした暗い少年時代……幾多の輝かしい武功をたて、突如英雄の座に駆け昇りはしたものの兄の頼朝に逐われて非業の最期を迎えてしまう。数奇なその生涯を生々と描き出した傑作長篇小説。

合本夏草の賦【文春e-Books】合本 夏草の賦【文春e-Books】 (文春e-Books)
司馬遼太郎

価格: 599円

→ブクログでレビューを見る

【上下巻合本版】英雄豪傑が各地に輩出し、互いに覇をきそいあった戦国の世。四国土佐の片田舎に、野望に燃えた若者がいた。その名は長曽我部元親。わずか一郡の領主でしかなかった彼が、武力調略ないまぜて土佐一国を制するや、近隣諸国へなだれ込んだ。四国を征服し、あわよくば京へ……。が、そこでは織田信長が隆盛の時を迎えんとしていた。ひたすら「天下」を目指し、61年を疾走した風雲児の生涯。

合本翔ぶが如く(一)~(十)【文春e-Books】合本 翔ぶが如く(一)~(十)【文春e-Books】 (文春e-Books)
司馬遼太郎

価格: 3,144円

→ブクログでレビューを見る

司馬遼太郎畢生の大長編、全十巻合本版。西郷隆盛と大久保利通。ともに薩摩藩の下級藩士の家に生まれ、幼い時分から机を並べ、水魚の交わりを結んだ二人は、長じて明治維新の立役者となった。しかし維新とともに出発した新政府は内外に深刻な問題を抱え、絶えず分裂の危機を孕んでいた。明治六年、長い間くすぶり続けていた不満が爆発。西郷は自ら主唱した“征韓論”をめぐって大久保と鋭く対立する。それはやがて国の存亡を賭けた抗争にまで沸騰してゆくーー。西郷と大久保、この二人の傑人を中心軸に、幕末維新から西南戦争までの激動を不世出の作家が活写する。

合本菜の花の沖【文春e-Books】合本 菜の花の沖【文春e-Books】 (文春e-Books)
司馬遼太郎

価格: 2,118円

→ブクログでレビューを見る

江戸時代の後期、淡路島の貧家に生れた高田屋嘉兵衛は、悲惨な境遇から海の男として身を起し、ついには北辺の蝦夷・千島の海で活躍する偉大な商人に成長してゆく……。沸騰する商品経済を内包しつつも頑なに国をとざし続ける日本と、南下する大国ロシアとのはざまで数奇な運命を生き抜いた快男児の生涯を雄大な構想で描く一大巨編、待望の合本化!

合本鬼平犯科帳(一)~(二十四)【文春e-Books】合本 鬼平犯科帳(一)~(二十四)【文春e-Books】 (文春e-books)
池波正太郎

価格: 4,590円

→ブクログでレビューを見る

池波正太郎の永遠のベストセラー「鬼平犯科帳」シリーズ。江戸幕府の火付盗賊改方(ひつけとうぞくあらためかた)の長官・長谷川平蔵は、その取り締まりの豪腕ぶりで、世の盗賊たちから“鬼の平蔵”と恐れられている。しかし、その素顔は「妾腹の子」として育った苦労人。昔は放蕩無頼の限りを尽くし、義理も人情も心得て、ときには捕らえた盗賊にも情けをかける、心優しき男。筆頭与力の佐嶋忠介、平蔵の長男・宣義、妻の久栄、平蔵の腹違いの妹・お園など、馴染みの顔ぶれが大活躍!テレビドラマ化、舞台化、漫画化など、日本人では知らぬ者のいない大人気の鬼平シリーズを全話収録したシリーズ全24巻(文春文庫)が、電子書籍の合本として登場。

合本真田十勇士【文春e-Books】合本 真田十勇士【文春e-Books】 (文春e-Books)
柴田錬三郎

価格: 599円

→ブクログでレビューを見る

家康を最も恐れさせた男、真田幸村。彼の下には忍者・猿飛佐助や霧隠才蔵、石川五右衛門の一子・三好清海入道らをはじめとする十勇士がいた。忍術、智略、奇想天外の戦いで徳川方を苦しめるが、豊臣家と共に滅びへの道を辿り、大坂夏の陣へーー。戦あり、エロスあり、奔放自在な柴錬の筆が迸る伝奇ロマンの傑作「真田十勇士」が、電子版で合本化!

合本幽霊シリーズ(1)~(9)【文春e-Books】合本 幽霊シリーズ(1)~(9)【文春e-Books】 (文春e-Books)
赤川次郎

価格: 1,799円

→ブクログでレビューを見る

第15回オール讀物推理小説新人賞を受賞した赤川次郎のデビュー作「幽霊列車」に始まる、大人気シリーズが合本化!文春文庫の「幽霊シリーズ」のうち、第一巻『幽霊列車』から第九巻『幽霊劇場』までの10冊を収録。女子大生・永井夕子と、捜査一課の宇野警部のコンビが活躍する大人気シリーズ。

合本幽霊シリーズ(10)~(20)【文春e-Books】合本 幽霊シリーズ(10)~(20)【文春e-Books】 (文春e-Books)
赤川次郎

価格: 2,399円

→ブクログでレビューを見る

第15回オール讀物推理小説新人賞を受賞した赤川次郎のデビュー作「幽霊列車」に始まる、大人気シリーズが合本化!文春文庫の「幽霊シリーズ」のうち、第十巻『幽霊社員』から第二十巻『幽霊法廷』までの11冊を収録。女子大生・永井夕子と、捜査一課の宇野警部のコンビが活躍する大人気シリーズ。

合本池袋ウエストゲートパークI~X【文春e-Books】合本 池袋ウエストゲートパークI~X 【文春e-Books】 (文春e-Books)
石田衣良

価格: 2,286円

→ブクログでレビューを見る

超人気シリーズ“IWGP”セカンドシーズン開幕を記念し、ファーストシーズン全10作が1冊の合本になって登場!始まりはあまりに鮮烈でした。「オール讀物推理小説新人賞」に応募された一作の短篇。「池袋ウエストゲートパーク」と題されたそれは、生き生きとした語り口とエッジの鋭さが選考委員たちの高い評価を得、文句なしの受賞作となりました。ときは1997年、著者は「石田衣良」というペンネームを持つ37歳のコピーライターでした。『池袋ウエストゲートパーク』は単行本として刊行されるやたちまち読者の熱烈な支持を獲得。2000年には宮藤官九郎さんの脚本でドラマ化されます。石田さんは以降もほぼ1年に1巻のペースで執筆し続け、2010年刊の第10作『PRIDEープライド』をもってファーストシーズン閉幕を宣言。そして3年半後の2014年、第11作『憎悪のパレード』でIWGPは待望の復活を果たしたのです。本書は、これを機会にIWGPの世界を一気に堪能してみたい、あるいは今一度、IWGPのヒリヒリした世界に没入したい、という方にピッタリのスペシャル本です。IWGPのすべてがこの1冊にあります。池袋のトラブルシューター・マコトに、池袋の王様・タカシに、あるいは彼らを取り巻く愉快でアブない仲間たちに、貴方も出会ってみませんか?

合本考えるヒント(1)~(4)【文春e-Books】合本 考えるヒント(1)~(4)【文春e-Books】 (文春e-Books)
小林秀雄

価格: 749円

→ブクログでレビューを見る

【考えるヒント】「良心」について、「平家物語」、「花見」…。さりげない語り口で始まるエッセイは、思いもかけない発想と徹底した思索で、読者を刺激し新たな発見を与える。永遠に読み継がれるべき名著。【考えるヒント2】「私の書くものは随筆で、文字通り筆に随うまでの事で、物を書く前に、計画的に考えてみるという事を、私は、殆どした事がない。筆を動かしてみないと、考えは浮ばぬし、進展もしない…」と述べる著者が、展開した深い思索の過程が本書。もはや古典ともいえる歴史的名著の第二弾。【考えるヒント3】戦後の混乱する思想界に衝撃を与えた「私の人生観」、柳田国男が目指した学問世界の意義を正確に読み解き、現代知識人の盲点を鋭くついた「信ずることと知ること」ほかの講演を収録、話し言葉による新しい批評表現の可能性を示した画期的な書。「知の巨人」の思索がたどり着いた到達点を示すシリーズ第三弾。【考えるヒント4】文学史上の奇蹟と言われ、「途方もない歩行者」と評されるフランスの詩人アルチュール・ランボオ、日本の現代詩を語る上で忘れ得ぬ抒情詩人・中原中也。ランボオがこの著者にあたえた啓示が詩人の言葉を再生させ、また、中原と特異な交流を持ったうえでの洞察がいきいきと描かれる。詩人二人との関わり合いから生まれた著者若き日の凜然たるエッセイに、ランボオ詩作品の訳業の一部を収めた魅力的編集の「考えるヒント」シリーズ第四弾。

合本陰陽師(一)~(十二)【文春e-Books】合本 陰陽師(一)~(十二)【文春e-Books】 (文春e-books)
夢枕 獏

価格: 2,689円

→ブクログでレビューを見る

野村萬斎・主演で映画化され、テレビドラマや漫画にもなった大人気シリーズ、既刊の12巻すべてを収録した合本。時は平安時代、京の都に安倍晴明という名高い陰陽師がいた。まだ闇が闇として残り、夜になれば人も、鬼も、物の怪も、同じ都の暗がりに、息をひそめて住んでいた時代ーー。安倍晴明は従四位下、大内裏の陰陽寮に属する陰陽師。死霊や生霊、鬼など、普通の人間には見えない、妖しのものどもを相手に、この世ならぬ不可思議な難事件をあざやかに解決する。親友の源博雅は、霊感はまるでないが、刀では敵なしの強さ。力を合わせて物の怪に挑む大ヒットシリーズ!

合本養生所見廻り同心神代新吾事件覚全5巻【文春e-Books】合本 養生所見廻り同心 神代新吾事件覚 全5巻 【文春e-Books】 (文春e-Books)
藤井邦夫

価格: 1,699円

→ブクログでレビューを見る

北町奉行所の小石川養生所見廻り同心、神代新吾。南蛮一品流捕縛術を修業する、若く、未熟だが、熱い心を持つ同心である。新吾が、幼馴染みの養生所医師小川良哲、臨時廻り同心白縫半兵衛、手妻の浅吉らと共に、様々な事件にぶつかり、悩みながらも成長していく姿を描く、大人気の書き下ろし時代小説「神代新吾事件覚」シリーズ全5巻が合本として登場!

合本秋山久蔵御用控21巻セット【文春e-Books】合本 秋山久蔵御用控 21巻セット 【文春e-Books】 (文春e-Books)
藤井邦夫

価格: 4,899円

→ブクログでレビューを見る

主人公の南町奉行所吟味方与力・秋山久蔵は、心形刀流の遣い手。“剃刀久蔵”と称され、悪人たちに恐れられている。何者にも媚びへつらわず、自分のやり方で正義を貫く。「町奉行所の役人は、お奉行の為に働いているんじゃねえ、江戸八百八町で真面目に暮らしている庶民の為に働いているんだ。違うかい」 大人気の時代小説シリーズのうち、2014年8月10日刊行『秋山久蔵御用控 無法者』までの21巻を収録。

合本太平洋戦争の肉声【文春e-Books】合本 太平洋戦争の肉声【文春e-Books】 (文春e-Books)

価格: 1,599円

→ブクログでレビューを見る

戦後七十年の特別企画として、これまで「月刊文藝春秋」やその増刊に掲載された戦争体験者の手記や記事を再編集、戦後レジームからの脱却が叫ばれるいまあらためてあの戦争とは何だったのかを考えるシリーズ全四巻。

\よかったらシェアしてください/

こちらもチェックしました?