[小説・エッセイ新刊まとめ] 坂の途中の家/腑抜けども、悲しみの愛を見せろ/叛撃/ラメルノエリキサ/光のない海/ファンタジスタ他

160210 weekly novel

1週間(2月4日〜2月9日)の間にKoboで発売された電子書籍から「小説・エッセイ」「ミステリー・サスペンス」の注目本をご紹介します!

小説・エッセイの新刊からピックアップ!

坂の途中の家坂の途中の家
角田光代

価格: 1,296円 432円(25%)お得

→ブクログでレビューを見る

最愛の娘を殺した母親は、私かもしれない。虐待事件の補充裁判員になった里沙子は、子どもを殺した母親をめぐる証言にふれるうち、いつしか彼女の境遇に自らを重ねていく。社会を震撼させた虐待事件と〈家族〉であることの光と闇に迫る心理サスペンス。

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ腑抜けども、悲しみの愛を見せろ (講談社文庫)
本谷有希子

価格: 484円

→ブクログでレビューを見る

「あたしは絶対、人とは違う。特別な人間なのだ」ーー。女優になるために上京していた姉・澄伽(すみか)が、両親の訃報を受けて故郷に戻ってきた。その日から澄伽による、妹・清深(きよみ)への復讐が始まる。高校時代、妹から受けた屈辱を晴らすために……。小説と演劇、2つの世界で活躍する著者が放つ、魂を震わす物語。

叛撃叛撃 (実業之日本社文庫)
今野敏

価格: 577円 63円(9%)お得

→ブクログでレビューを見る

男たちは体を張って闘う。誰かを、何かを守るためーー。刑事と暴力団員として再び出会った空手のライバル。その最後の勝負を描く『花道』、新興流派のフルコンタクト空手に、伝統空手の誇りをかけて挑戦する男を描いた『空手道・内海道場』、少女を食い物にする芸能界の売春組織に、スタントマンの憤激の拳が炸裂する『血と埃のバラード』……。著者会心の8編を収録した短編集、待望の文庫化!  男と男のプライドをかけた熱い闘いが始まる!

ラメルノエリキサラメルノエリキサ (集英社文芸単行本)
渡辺優

価格: 1,296円

→ブクログでレビューを見る

【第28回小説すばる新人賞受賞作】宮部みゆき氏、イチオシ! 「なんて不謹慎な小説! 初読のときからこの作品に魅せられ、りなちゃんのファンになりました。生きてゆく上で拠り所になる、「愛」ではない「何か」を探し求める眼差しは真剣そのもの。犯罪を扱いながらもユーモアと清潔感を併せ持つ、貴重な青春小説」。女子高生・小峰りなのモットーは、どんな些細な不愉快事でも必ず「復讐」でケリをつけること。そんな彼女がある日、夜道で何者かにナイフで切り付けられた。手がかりは、犯人が残した「ラメルノエリキサ」という謎の言葉のみ。復讐に燃えるりなは事件の真相を追うが、やがて第二の通り魔事件が起こりーー。不謹慎かつ鮮烈なキャラクターが心に残る青春ミステリ。

光のない海光のない海 (集英社文芸単行本)
白石一文

価格: 1,512円 378円(20%)お得

→ブクログでレビューを見る

ーー社長、僕は一体いつまであの会社に縛られ続けるのですか? 建材会社の社長・高梨修一郎は、取引先の紛飾決算による経営危機に翻弄され、事態の収拾を図ると共に引退を考えはじめる。彼の脳裏に浮かぶのは、怒涛のように過ぎ去った日々の記憶。先代の女社長と彼の間には、誰にも言えない愛憎関係があったー。個人と社会の狭間にある「孤独」を緻密に描き出す、傑作長編。

ファンタジスタファンタジスタ (集英社文庫)
星野智幸

価格: 486円 130円(21%)お得

→ブクログでレビューを見る

【第25回野間文芸新人賞受賞作】首相公選制がしかれた近未来の日本。投票を明日に控え、かつてのサッカーのスタープレイヤーだった政治家・長田が圧倒的な支持率で最高権力者になろうとしている。人々はこの清新で危険なにおいのするカリスマに夢中だ。だが、果たしてこの選択は正しいのだろうか? わたしたちはどこへ向かっているのか? 忍び寄るファシズムの空気を濃厚に描く傑作小説集。

さようなら、コタツさようなら、コタツ (集英社文庫)
中島京子

価格: 486円 10円(2%)お得

→ブクログでレビューを見る

15年ぶりに、しかも誕生日に、部屋に恋人未満の男を招くことになった36歳の由紀子。有休を取り、ベッドの到着を待ち、料理を作って待つが、肝心の山田伸夫が…来ない! 表題作ほか、新入りが脱走した相撲部屋の一夜を描く「八十畳」。やもめ暮らしの大叔父が住む、木造平屋に残る家族の記憶をひもとく「私は彼らのやさしい声を聞く」など、〈7つのへやのなか〉を、卓越したユーモアで描く傑作短篇集。

ロマンシエロマンシエ
原田マハ

価格: 1,458円 162円(10%)お得

→ブクログでレビューを見る

乙女な心を持つ美術系男子のラブコメディ!有名政治家を父に持つ遠明寺美智之輔 (おんみょうじみちのすけ)は、子どもの頃から絵を描くことが好きな乙女な男の子。恋愛対象が同性の美智之輔は、同級生の高瀬君に憧れていたが、思いを告げることもないまま、日本の美大を卒業後、憧れのパリへ留学していた。
ある日、アルバイト先のカフェで美智之輔は、ぼさぼさのおかっぱ髪でベース形の顔が目を惹く羽生光晴(はぶみはる)という女性と出会う。凄まじい勢いでパソコンのキーボードを打つ彼女は、偶然にも美智之輔が愛読している超人気ハードボイルド小説の作者。訳あって歴史あるリトグラフ工房idemに匿われているという。
過去にはピカソなどの有名アーティストが作品を生み出してきたプレス機の並ぶその工房で、リトグラフの奥深さに感動した美智之輔は、光晴をサポートしつつ、リトグラフ制作を行うことになるが……。

無間道無間道 (集英社文芸単行本)
星野智幸

価格: 1,382円 346円(20%)お得

→ブクログでレビューを見る

逝くな、生きろーー。自ら逝くこと=自殺が賞賛され、心中(デュオ)や集団自殺(マルチ)が大流行する社会。自殺死体が街中いたるところに放置され、カラスがそれらをついばみ、人々は裏庭で死体を焼却し、無造作に埋めている。死臭と腐敗臭にまみれて、日々を送る主人公・竹志は、ある朝、恋人の彩乃が一人(ソロ)で逝ったことを知らされる。一緒に逝こうと誘われていたのに、竹志はそれを断ったのだった。最期の別れに、彩乃の生家を訪ねた竹志を待っていたものとは……。(「無間道」)独特の視座で、生の現実と歪んだ世界を鋭く描く気鋭の中編集。リアルな絶望と怒り、そして希望にあふれた傑作。【収録作品】無間道/煉獄ロック/切腹

繭
青山七恵

価格: 1,555円 389円(20%)お得

→ブクログでレビューを見る

美容師として念願の自分の店をもち、専業主夫の夫に支えられ、しあわせな結婚生活を送っていたはずなのに。気づくと愛する夫を傷つけている舞。ある晩、夫を殴打し部屋を飛び出した舞は、帰らぬ彼をひとり待ち続けている希子と出会う。白いマンションのなかで渦巻く孤独、次第にもつれる男女の愛と渇き。息をもつかせぬ渾身長篇。

風と雲と砦風と雲と砦 (角川文庫)
井上 靖

価格: 626円 11円(1%)お得

→ブクログでレビューを見る

群雄割拠した戦国の動乱の世も、やがて統一に向かおうとする時ーー長篠城をめぐる武田と徳川の激しい攻防の中、運命の不思議な糸によって、3人の若い武士と3人の若い女がめぐり合う。境遇も個性も信念も違う彼らが、それぞれの愛と願いをかけて戦い、自らの運命と格闘し、生きて散りゆくさま。そのなんと儚く、しかし胸に迫ることかーー。無情な歴史と人間の姿を、詩情溢れる筆致で見事に浮き彫りにする、歴史人間ドラマの傑作。

霧隠才蔵上霧隠才蔵 上 (角川文庫)
火坂 雅志

価格: 799円 21円(2%)お得

→ブクログでレビューを見る

孤高の伊賀忍者・霧隠才蔵。異例の長身にして、伊賀一の術者の才蔵は、徳川家の秘命を帯び、ある巻物の探索をおこなっていた。その「愛宕裏百韻」なる巻物には、徳川幕府の根底を覆す秘密が隠されているという……。だが、豊臣家再興を目論む真田幸村も、同じく甲賀忍者・猿飛佐助に巻物奪取を命じた。関ヶ原合戦後の天下争いの背後で、秘術を駆使した暗闘が開始された! 傑作時代小説!

続きはこちらで
\よかったらシェアしてください/

こちらもチェックしました?