[村上春樹の電子書籍まとめ] 楽天Koboで読める村上春樹まとめました。/色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年/村上さんのところ/走ることについて語るときに僕の語ること/若い読者のための短編小説案内/他

160130 matome haruki

今まで電子書籍化されていなかった村上春樹作品ですが、昨年後半から数は少ないものの少しづつ配信されはじめてきました。

そこで、楽天Koboで配信されている村上春樹の作品をまとめてご紹介します!

しかも2月5日まで、楽天Koboでは〈小説・エッセイが最大ポイント30倍〉ですからね!

楽天Koboで電子書籍で読める、村上春樹作品!

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 (文春文庫)
村上春樹

価格: 780円 8円(1%)お得

→ブクログでレビューを見る

多崎つくる、鉄道の駅をつくるのが仕事。名古屋での高校時代、四人の男女の親友と完璧な調和を成す関係を結んでいたが、大学時代のある日突然、四人から絶縁を申し渡された。何の理由も告げられずにーー。死の淵を一時さ迷い、漂うように生きてきたつくるは、新しい年上の恋人・沙羅に促され、あの時なにが起きたのか探り始めるのだった。全米第一位にも輝いたベストセラー!

村上さんのところコンプリート版村上さんのところ コンプリート版
村上春樹

価格: 2,160円

→ブクログでレビューを見る

村上作品に関する素朴なクエスチョンから、日常生活のお悩み、ジャズ、生き方、翻訳小説、社会問題、猫、スワローズ、そして珍名ラブホテルまでーー。期間限定サイト「村上さんのところ」に寄せられた37465通の質問・相談メールに、村上春樹が3か月半にわたって続けた回答は、3716問! そのすべてを完全収録し、ウェブサイト掲載時と同様の横組みスタイルで再現。単行本8冊分の愉しみを、スマホやパソコン、タブレットや電子書籍端末にダウンロードして、手軽にたっぷり楽しめるコンプリート版!

走ることについて語るときに僕の語ること走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫)
村上春樹

価格: 559円 2円お得

→ブクログでレビューを見る

走ることについて語りつつ、小説家としてのありよう、創作の秘密、そして「彼自身」を初めて説き明かした画期的なメモワール。

ラオスにいったい何があるというんですか?紀行文集電子特別版ラオスにいったい何があるというんですか? 紀行文集 電子特別版 (文春e-book)
村上春樹

価格: 1,500円 282円(15%)お得

→ブクログでレビューを見る

「旅先で何もかもがうまく行ったら、それは旅行じゃない」村上春樹、待望の紀行文集。アメリカ各地、荒涼たるアイスランド、かつて住んだ、『ノルウェイの森』を書き始めたギリシャの島々の再訪、長編小説の舞台フィンランド、信心深い国ラオス、どこまでも美しいトスカナ地方、そしてなぜか熊本。旅というものの稀有な魅力を書き尽くす。電子特別版は、単行本に収録していないカラー写真を多数収録しています。

若い読者のための短編小説案内若い読者のための短編小説案内 (文春文庫)
村上春樹

価格: 550円

→ブクログでレビューを見る

「小説って、こんな風に面白く読めるんだ!」。村上春樹が小説家としての視点から、自らの創作の秘訣も明かしつつ、吉行淳之介、安岡章太郎、丸谷才一といった戦後の日本を代表する作家六人の短編小説を読み解いた“私的な読書案内”。

やがて哀しき外国語やがて哀しき外国語 (講談社文庫)
村上春樹

価格: 572円

→ブクログでレビューを見る

F・スコット・フィッツジェラルドの母校プリンストン大学に招かれ、アメリカでの暮らしが始まった。独自の大学村スノビズム、スティーブン・キング的アメリカ郊外事情、本場でジャズについて思うこと、フェミニズムをめぐる考察、海外で深く悩まされる床屋問題ーー。『国境の南、太陽の西』と『ねじまき鳥クロニクル』を執筆した二年あまりをつづった、十六通のプリンストン便り。

遠い太鼓遠い太鼓 (講談社文庫)
村上春樹

価格: 864円

→ブクログでレビューを見る

ある朝目が覚めて、ふと耳を澄ませると、何処か遠くから太鼓の音が聞こえてきた。その音を聞いているうちに、僕はどうしても長い旅に出たくなったのだーー。40歳になろうとしていた著者は、ある思いに駆られて日本を後にし、ギリシャ・イタリアへ長い旅に出る。『ノルウェイの森』と『ダンス・ダンス・ダンス』を書き上げ、作家としての転換期となった、三年間の異国生活のスケッチブック。

意味がなければスイングはない意味がなければスイングはない (文春文庫)
村上春樹

価格: 600円

→ブクログでレビューを見る

音楽は書物と同じくらい人生にとって重要なものという村上春樹が、シューベルトからスタン・ゲッツ、ブルース・スプリングスティーン、Jポップのスガシカオまで、すべての音楽シーンから選りすぐった十一人の名曲を、磨き抜かれた文章とあふれるばかりの愛情を持って語りつくした、初の本格的音楽エッセイ。

無料お試し版も!

村上さんのところコンプリート版試し読み村上さんのところ コンプリート版 試し読み
村上春樹

価格: 無料

→ブクログでレビューを見る

《試し読み》は各テーマから厳選した23問を収録!村上作品に関する素朴なクエスチョンから、日常生活のお悩み、ジャズ、生き方、翻訳小説、社会問題、猫、スワローズ、そして珍名ラブホテルまでーー。期間限定サイト「村上さんのところ」に寄せられた37465通の質問・相談メールに、村上春樹が3か月半にわたって続けた回答は、3716問! そのすべてを完全収録し、ウェブサイト掲載時と同様の横組みスタイルで再現。単行本8冊分の愉しみを、スマホやパソコン、タブレットや電子書籍端末にダウンロードして、手軽にたっぷり楽しめるコンプリート版!

他にもあります、村上春樹の関連書籍

NHKラジオ英語で読む村上春樹世界のなかの日本文学2016年2月号NHKラジオ 英語で読む村上春樹 世界のなかの日本文学 2016年2月号

価格: 514円

→ブクログでレビューを見る

日本語で読むだけでは気づかない世界作家・村上春樹の魅力を発見する40を超える言語に翻訳され、いまや世界中で愛読される村上春樹。対訳スタイルで、英語と日本語を比較しながらその作品を精読します。言語や文化の違いはもちろん、作品にこめられた隠されたメッセージを発見していきます。
4~9月 “TV People”ー原題 「TVピープル」
10~3月 “Sleep”ー原題 「眠り」
*CEFRレベル設定に関係なく、広い範囲の方に楽しんでいただけます。■講師:小澤英実■ご注意ください■
※NHKテキスト電子版では権利処理の都合上、一部コンテンツやコーナーを掲載していない場合があります。ご了承ください。■今月のテーマ
Sleep 「眠り」[誌上採録]
ハルキをめぐる読みの冒険
ゲスト/内田樹[連載]
「ハルキ・ムラカミをUCLAで読む」 マイケル・エメリック

村上春樹「かえるくん、東京を救う」英訳完全読解村上春樹「かえるくん、東京を救う」英訳完全読解
村上春樹

価格: 1,166円 130円(10%)お得

→ブクログでレビューを見る

村上春樹を翻訳する、
難しさと面白さかえるくんとみみずくんの凄絶な戦いを描いた村上春樹の傑作短編「かえるくん、東京を救う」をジェイ・ルービンの英訳とともに完全掲載、翻訳のポイントを詳細に解説する。村上作品の新たな魅力を発見し、翻訳の難しさと面白さを堪能させてくれる一冊。NHKラジオ『英語で読む村上春樹ー世界のなかの日本文学』(2013年度後期放送分)の待望の単行本化。*英語が記載されています。語注・対訳付き。辞書なしでも楽しめます。

村上春樹「象の消滅」英訳完全読解村上春樹「象の消滅」英訳完全読解
村上春樹

価格: 1,166円 130円(10%)お得

→ブクログでレビューを見る

村上作品の何が訳され、何が訳されていないのか象が消えた…
不可解な状況下で失踪した動物園の象とその飼育係。謎はどのように解き明かされるのか。
村上春樹の傑作短編小説「象の消滅」の日本語原作とジェイ・ルービンによる英訳を全文収載し、翻訳のポイントを詳細に解説。村上作品の新たな魅力と、翻訳のおもしろさを味わわせてくれる一冊。NHKラジオ『英語で読む村上春樹~世界のなかの日本文学』(2013年度前期放送分)の待望の単行本化第2弾。*英語が記載されています。語注・対訳付き。辞書なしでも楽しめます。

謎とき村上春樹謎とき 村上春樹 (光文社新書)
石原千秋

価格: 810円 97円(10%)お得

→ブクログでレビューを見る

主人公の「僕」たちは、何を探し続けているのかーー。小説に隠された「謎」を追い、ムラカミ作品の新しい魅力を探る。『ノルウェイの森』他4作の画期的読み方。

謎の村上春樹読まなくても気になる国民的作家のつくられ方謎の村上春樹 読まなくても気になる国民的作家のつくられ方
助川幸逸郎

価格: 1,080円 432円(28%)お得

→ブクログでレビューを見る

なぜ、村上春樹は授賞式でTシャツを着るのか?
ハルキストも、そうでない人も、目からウロコの“最新”春樹論!
──現代という「若者殺しの時代」を変えていくことは、私ひとりの力にはあまります。
けれども、春樹の語られ方の風通しを、少しぐらいよくすることならできるかもしれません。
その作業をつうじて、日本社会のさまざまな問題点をあぶりだすことができたなら……(本文より)人、時代、作品……、これまでにないハルキ論!
好き嫌いにかかわらず、気にせずにはいられないムラカミ小説の構造、
どこにも書かれたことのない村上春樹の「オタク」的実像、
そしてムラカミを都合よく誤読しながらアイドルに祭り上げてきた中高年ハルキストの功罪に、
気鋭の文学者が斬りこむ。
村上春樹作品から読み解く現代日本ワンダーランド。
【目次】
■第1章:なぜ村上春樹の本は、好きでもないのについ買ってしまうのか?
■第2章:なぜ『1Q84』には黒髪ロングヘア・スレンダー巨乳美少女が登場するか?
■第3章:村上春樹はアルマーニの服を実際に着たことがあるのか?
■第4章:なぜオジサンは村上春樹を読んで「自分語り」をするのか?
■第5章:なぜ龍はブレまくって、春樹はブレないのか?
■第6章:なぜ春樹は早起きをして走るのか?
■第7章:なぜ『ノルウェイの森』はバブル時代を象徴する小説となったのか?
■第8章:なぜ春樹は授賞式でTシャツを着るのか?
■第9章:なぜ春樹は「走ることについて語るとき」力むのか?
■第10章:なぜ春樹は他人のトラウマを借りなくてはならなかったのか?
■第11章:なぜ村上文学はノーベル賞を取りにくいのか?
■第12章:春樹はこの先『ねじまき鳥クロニクル』以上の「悪」を描くことができるか?
■第13章:なぜ春樹は日本文学界で独り勝ちになったのか?
■第14章:2013年は父への「巡礼の年」だったのか?
■第15章:なぜ多崎つくるは色彩を持たないのか?
■第16章:なぜ春樹の父親は高校教師になったのか?
■第17章:村上春樹はドストエフスキーになれるか?
■第18章なぜ春樹はノーベル賞を取ってはいけないのか?

村上春樹の「物語」ー夢テキストとして読み解くー村上春樹の「物語」ー夢テキストとして読み解くー
河合俊雄

価格: 1,469円 367円(19%)お得

→ブクログでレビューを見る

村上春樹が『空気さなぎ』を書いていたらベストセラーになったか? 青豆の妊娠の背後にある「結婚の四位一体性」とは? 『1Q84』と村上春樹の主要作品を渉猟し、物語の背後に息づく近代以前の超自然に包まれた神話的世界を探り、そしてポストモダンの時代に生きる我々の姿を描き出す、ユング研究の第一人者による待望の小説論。

増補版村上春樹はくせになる増補版 村上春樹はくせになる (朝日文庫)
清水良典

価格: 648円 43円(6%)お得

→ブクログでレビューを見る

国際的評価がありながら、刊行する小説はすべてベストセラーになるというまれな作家、村上春樹。デビュー作から最新作までを、巨大な網の目状のアーカイブとして読み解き、作品の魅力と秘密をさぐる。文庫化に際して2作品を増補。

1冊でわかる村上春樹1冊でわかる村上春樹 (中経出版)
村上春樹を読み解く会

価格: 1,404円

→ブクログでレビューを見る

全世界で評価される村上作品の読み方。どの本から読み始めればいいかわかる、ほぼ前作ガイド。また、村上作品に共通するメタファー、現実世界と深層意識の二重構造を解説。村上小説の意味が面白いほどわかる!

小説家という生き方村上春樹から夏目漱石へ小説家という生き方 村上春樹から夏目漱石へ (Meikyosha Life Style Books)
金原義明

価格: 389円

→ブクログでレビューを見る

人はいかにして小説家になるか、をさぐる画期的な作家論。村上龍、村上春樹らの現代作家から、団鬼六、三島由紀夫、川上宗薫、川端康成、江戸川乱歩ら昭和をへて、泉鏡花、夏目漱石、森鴎外などの文豪まで。平成から明治へと時間をさかのぼりながら、新しい角度から日本の大作家たちの生き様を検討していきます。あわせて、これを読まずに死んだらせっかく生まれてきた甲斐が半減するという珠玉の小説作品を厳選し、実体験に基づき愛をもって解説。既成の文学評価を根底からくつがえし、あなたの読書体験を次の次元へと誘う禁断の文芸評論。

日本人が知らない村上春樹(ニューズウィーク日本版e-新書No.8)日本人が知らない村上春樹(ニューズウィーク日本版e-新書No.8) (ニューズウィーク日本版e-新書)
ニューズウィーク日本版編集部

価格: 324円

→ブクログでレビューを見る

日本人作家ハルキ・ムラカミに、なぜ世界は熱狂するのか?アメリカ、フランス、韓国、中国ーー。世界各国の作家、ジャーナリストが、謎に包まれた村上春樹の人物像と文学の真価を探る。*この電子書籍は、「ニューズウィーク日本版2013年5月21日号」に掲載された特集から記事を抜粋して編集したものです。<内容>
1、日本人が知らない村上春樹
2、『多崎つくる』書評~心地よい声音の中を旅して
3、アメリカが見たムラカミ・ワールド
4、韓国の反日感情を一変させた「喪失感」
5、フランスの絶大なムラカミアン人気
6、ノルウェー日本文学ブームの火付け役
7、中国の20年、村上ファンの20年

村上春樹論『海辺のカフカ』を精読する村上春樹論  『海辺のカフカ』を精読する (平凡社新書)
小森陽一

価格: 842円

→ブクログでレビューを見る

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。日本、アメリカ、中国等で大ヒットした『海辺のカフカ』。カフカ少年とナカタさんのパラレルな物語に”癒し”や”救い”を感じた人も少なくなかった。けれども、本当にそういった内容なのだろうか?丁寧なテクスト分析によって、隠された構造が浮かび上がる。暴力が前面に現れつつある「九・一一」後の世界に、記憶と言葉の大切さを訴える、渾身の村上春樹論。

村上春樹『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』メッタ斬り!村上春樹『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』メッタ斬り!
大森望

価格: 302円

→ブクログでレビューを見る

文芸書史上最速で100万部を突破した村上春樹『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』を、あの文学賞メッタ斬りコンビが2万字で読解を試みた!本読みのエキスパートである2人はいったいこの作品をどう読んだのか? この作品は村上春樹作品の中でどう位置づけられるのか?電子書籍のみの緊急配信。特別付録として「『村上春樹『1Q84』をどう読むか』メッタ斬り!」も収録。

村上春樹の隣には三島由紀夫がいつもいる。村上春樹の隣には三島由紀夫がいつもいる。 (PHP新書)
佐藤幹夫

価格: 700円 142円(16%)お得

→ブクログでレビューを見る

「作家の発言は多かれ少なかれみんな嘘だと思っています」。そう語る本人が25年間ついてきた<嘘>ーー「日本の小説はほとんど読まなかった」。作品にちりばめられた周到な仕掛けに気づいたとき、村上春樹の壮大な自己演出が見えてきた。しかしそれは読者を煙に巻くためだけではない。暗闘の末に彼が「完璧な文章と完璧な絶望」を叩き込まれ、ひそかに挑んできた相手はだれか? 夏目漱石、志賀直哉、太宰治、三島由紀夫……。「騙る」ことを宿命づけられた小説家たちの「闘いの文学史」が、新発見とともに明らかになる![小説家という人種]「志賀直哉氏に太宰治氏がかなわなかったのは、太宰氏が志賀文学を理解していたにもかかわらず、志賀氏が、太宰文学を理解しなかったという一事にかかっており、理解したほうが負けなのである」(三島由紀夫)……そんな三島こそ太宰の最大の理解者だったのでは? そして、その三島由紀夫の最大の理解者は?

R・チャンドラーの「長いお別れ」をいかに楽しむか清水俊二vs村上春樹vs山本光伸R・チャンドラーの「長いお別れ」をいかに楽しむか 清水俊二vs村上春樹vs山本光伸
山本光伸

価格: 756円 756円(50%)お得

→ブクログでレビューを見る

翻訳家山本光伸がチャンドラーの三者の訳を通し翻訳のコツを伝授R・チャンドラーの『長いお別れ』を肴に今宵一献ーー
ワイン、日本酒、コーヒー……それともやはりギムレット?あなたは三者三様のフィリップ・マーロウに会えるだろう『長いお別れ』とはどういう意味なのか? 本来、別れは一回きりのはずなのだが。
この意味が判然としたとき、この作品のタイトルとしての素晴らしさが心に染みることだろう。チャンドラーの文章を紹介しながら三通りの訳文を提示し
三者の訳文を通して翻訳の面白さ、ひょっとして難しさ、
つまりは翻訳という作業のコツみたいなものがわかってもらえれば、
望外の喜びだ。(はじめにより)

村上春樹・塔と海の彼方に村上春樹・塔と海の彼方に
小林正明

価格: 2,074円 518円(19%)お得

→ブクログでレビューを見る

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。フロイト/ラカンを基軸とした現代テクスト理論の成果。「村上春樹」の体系的な原理と方法が、疾走する文体によっていまここに生成する。

村上春樹超短篇小説案内あるいは村上朝日堂の16の超短篇をわれわれはいかに読み解いたか村上春樹超短篇小説案内 あるいは村上朝日堂の16の超短篇をわれわれはいかに読み解いたか
波瀬 蘭

価格: 1,132円 272円(19%)お得

→ブクログでレビューを見る

とても魅力的なのによくわからない、そんな村上春樹の長篇作品群のテーマを説く鍵は、実は超短篇にあった! 一見言葉遊びにしか思えないような、あるいはユーモラスな超短篇から、シリアスな長篇のテーマを読み解いてゆく、目からウロコの超絶・ハルキ読本。

日本哲学のチカラ古事記から村上春樹まで日本哲学のチカラ 古事記から村上春樹まで (朝日新聞出版)
小川仁志

価格: 648円 172円(20%)お得

→ブクログでレビューを見る

なぜ、日本人はこんなにも、マジメで、おとなしく、デタラメなのか?「私たちには、先人たちの日本哲学を伝道していく“義務”と、世界に通じる新たな日本哲学を生み出す“責任”がある」と著者は語る。最強の外来思想であるグローバリズムと向き合い、ポスト3・11にふさわしい日本社会を築くための「哲学的提言」も満載!

村上春樹の読みかた村上春樹の読みかた
菅野昭正

価格: 1,728円

→ブクログでレビューを見る

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。世界の文学の最前線に立つ村上春樹。その魅惑的な謎に満ちた小説世界の核心とは何か?『風の歌を聴け』から『1Q84』まで、注目の講師陣が村上ワールドの秘密を解き明かす。

村上春樹の秘密ゼロからわかる作品と人生村上春樹の秘密 ゼロからわかる作品と人生 (アスキー新書)
柘植 光彦

価格: 823円

→ブクログでレビューを見る

国民的作家の“深層”を読み解く! 国民的作家・村上春樹の作品と本人にまつわるさまざまなエピソードから、その作品世界と不思議な魅力を読み解くためのカギをしっかり、わかりやすく、現代日本文学研究の先駆者が解説する。『1Q84』や『ノルウェイの森』をはじめ、村上春樹の諸作品を読むのがずっと楽しくなる、目からウロコの新情報・新解説が満載の村上春樹ガイドの決定版。

\よかったらシェアしてください/

こちらもチェックしました?