終了 [セール] 幻冬舎の映像化作品が40%OFF〜半額以下!/実録 現役サラリーマン言い訳大全/キャロリング/有頂天家族/鈴木ごっこ/ガンジス河でバタフライ/隅田川のエジソン/など73作品!

151116 sale gentoshanovel

幻冬舎の小説から、映画やドラマなど映像化されたことがある作品がセールになってます!40%OFFから中には半額以下の作品も。期間は11/26(木)9:59まで。

セール対象作品から!

実録現役サラリーマン言い訳大全実録 現役サラリーマン言い訳大全 (幻冬舎文庫)
伊藤洋介

価格: 194円 299円(60%)お得

→ブクログでレビューを見る

会社を早退したいとき、上司の誘いを断りたいとき、大切な資料をなくしたとき、不倫相手に離婚を迫られたとき、あなたはどう言い逃れ、相手を納得させるのか?あらゆるビジネスシーンで陥りがちな様々なピンチを、一瞬にしてチャンスに変える、サラリーマン必携の“言い訳”指南書。

キャロリングキャロリング  (幻冬舎単行本)
有川浩

価格: 726円 786円(51%)お得

→ブクログでレビューを見る

東京月島と横浜を舞台に、離ればなれになった恋人、家族にもたらされる、ささやかな奇跡の連鎖ーーベストセラー作家・有川浩が贈るハートフルなクリスマス・ストーリー。NHK BS プレミアムで全8回の連続ドラマ化作品。

有頂天家族有頂天家族 (幻冬舎文庫)
森見登美彦

価格: 389円

→ブクログでレビューを見る

登美彦氏史上、これまでになく毛深く、波乱万丈。(登美彦氏談)「面白きことは良きことなり!」が口癖の矢三郎は、狸の名門・下鴨家の三男。宿敵・夷川家が幅を利かせる京都の街を、一族の誇りをかけて、兄弟たちと駆け廻る。が、家族はみんなへなちょこで、ライバル狸は底意地悪く、矢三郎が慕う天狗は落ちぶれて人間の美女にうつつをぬかす。世紀の大騒動を、ふわふわの愛で包む、傑作・毛玉ファンタジー。

鈴木ごっこ鈴木ごっこ (幻冬舎文庫)
木下半太

価格: 308円 232円(42%)お得

→ブクログでレビューを見る

「今日から、あなたたちは鈴木さんです」。巨額の借金を抱えた男女四人が豪邸に集められた。彼らの責務は、ここで一年間、家族として暮らすこと。見知らぬ者同士が「家族ごっこ」に慣れてきたある日、貸主から次なる命令が下った。「隣の奥さんを寝取れ」。失敗したら四人に未来はないーー。貸主の企みの全貌が見えた瞬間、想像を超えた“二重の恐怖”がつきつけられる! まさかのラスト7行で震撼!この恐怖にあなたは耐えられるか!?

童話物語(上)大きなお話の始まり童話物語(上) 大きなお話の始まり (幻冬舎文庫)
向山貴彦・著┴宮山香里・絵

価格: 399円 300円(42%)お得

→ブクログでレビューを見る

世界は滅びるべきなのか? その恐るべき問いの答えを得るために、妖精フィツは地上へとやってきた。最初に出会ったひとりの人間を九日間観察して判断することがフィツの使命。しかし、フィツがたまたま出会ったのは極めて性格の悪い少女ペチカだった……。単行本未収録の設定資料集が追加された文庫版を待望の電子書籍化、感動のロングセラーがついに登場!

キッチンキッチン
吉本ばなな

価格: 279円

→ブクログでレビューを見る

私がこの世でいちばん好きな場所は台所だと思うーー。同居していた祖母を亡くし途方に暮れていた桜井みかげは、田辺家の台所を見て居候を決めた。友人の雄一、その母親のえり子さん(元は父親)との奇妙な生活が始まった。絶望の底で感じる人のあたたかさ、過 ぎ去る時が与える癒し、生きることの輝きを描いた鮮烈なデビュー作にして、世界各国で読み継がれるベストセラー。「海燕」新人文学賞・泉鏡花文学賞受賞作。

黒い春黒い春 (幻冬舎文庫)
山田宗樹

価格: 421円 360円(46%)お得

→ブクログでレビューを見る

覚醒剤中毒死を疑われ監察医務院に運び込まれた遺体から未知の黒色胞子が発見された。そして翌年の五月、口から黒い粉を撒き散らしながら絶命する黒手病の犠牲者が全国各地で続出。対応策を発見できない厚生省だったが、一人の歴史研究家に辿り着き解決の端緒を摑む。そして人類の命運を賭けた闘いが始まったーー。傑作エンタテインメント巨編!

奇跡のリンゴ「絶対不可能」を覆した農家木村秋則の記録奇跡のリンゴ 「絶対不可能」を覆した農家 木村秋則の記録 (幻冬舎文庫)
石川拓治┴NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」制作班

価格: 327円 248円(43%)お得

→ブクログでレビューを見る

話題をさらったベストセラーノンフィクション。絶対に不可能といわれてきたリンゴの無農薬栽培を成し遂げ、ニュートンよりライト兄弟より偉大な発見をした男の感動ノンフィクション。長年の極貧生活と孤立を乗り越えて辿り着いた答えとは? 全てのビジネスマンに読んでほしい名作。

小野寺の弟・小野寺の姉小野寺の弟・小野寺の姉 (幻冬舎文庫)
西田征史

価格: 332円 251円(43%)お得

→ブクログでレビューを見る

早くに両親を亡くし一軒家でずっと一緒に暮らす、小野寺進(33)と小野寺より子(40)。お互いのことを心から思いやるあまり、不器用な言動ばかり出てしまう。ある日、そんな二人の元に誤配送の郵便が届く。その手紙を契機に弟と姉それぞれの恋と人生が動き始める。最注目のクリエイターが描き出す“ありがとうの香り”に包まれた、笑顔と涙の“姉弟の物語”。

シグナルシグナル (幻冬舎文庫)
関口尚

価格: 389円

→ブクログでレビューを見る

映画館でバイトを始めた恵介。そこで出会った映写技師のルカは、一歩も外へ出ることなく映写室で暮らしているらしい。なぜ彼女は三年間も閉じこもったままなのか? 「ルカの過去について質問してはいけない」など三つの不可解な約束に困惑しながらも、恵介は固く閉ざされたルカの心の扉を押し開いていく。切なく胸を打つ、青春ミステリ感動作。

解夏解夏 (幻冬舎文庫)
さだまさし

価格: 399円 300円(42%)お得

→ブクログでレビューを見る

病により除々に視力を失っていく男。その葛藤と愛する人との触れ合いを描く表題作「解夏」他、全4作品を収録。大ベストセラー「精霊流し」に続き、涙なくしては読めない感動の書き下ろし小説集。

隅田川のエジソン隅田川のエジソン (幻冬舎文庫)
坂口恭平

価格: 369円 279円(43%)お得

→ブクログでレビューを見る

「東京は人間がいちばんあったけぇ場所じゃねえか?」。隅田川の河川敷で暮らす硯木正一はしみじみ思う。ホームレスと呼ばれるものの、家はある。しかも、三食、酒、タバコありの優雅な生活。バッテリーを使えばテレビも楽しめる。東京にはほしいものがなんでも落ちているーー。実在の人物をモデルに描く、自らの知恵と体を使って生きる男の物語。

1リットルの涙難病と闘い続ける少女亜也の日記1リットルの涙 難病と闘い続ける少女亜也の日記 (幻冬舎文庫)
木藤亜也

価格: 327円 248円(43%)お得

→ブクログでレビューを見る

「神様、病気はどうして私を選んだの?」 恐ろしい病魔が15歳の少女亜也の青春を奪う。友達との別れ、車椅子の生活、数々の苦難が襲いかかる中、日記を書き続けることだけが亜也の生きる支えだった。「たとえどんな小さく弱い力でも私は誰かの役に立ちたい」 最期まで前向きに生き抜いた少女の言葉が綴られた感動のロングセラー、ついに文庫化。

恋する日本語恋する日本語 (幻冬舎文庫)
小山薫堂

価格: 292円 242円(45%)お得

→ブクログでレビューを見る

甘くて切ない、35のちいさな恋の物語「あえか」「紐帯」「那由他」「玉響」…耳にしたことはあるけれど、意味がよくわからない日本語。たとえば、「赤心」とは「偽りのない心」のこと。「一曲」とは「ちょっとすねる」こと。言葉の意味をひもといてみると、そこには恋人たちの何気ない日常の瞬間が溢れている。日本語の美しい響きと甘く切ない恋心が堪能できる35のショートストーリー。

ガンジス河でバタフライガンジス河でバタフライ (幻冬舎文庫)
たかのてるこ

価格: 399円

→ブクログでレビューを見る

20歳にして、長年夢見ていたひとり旅に出たてるこ。極端な小心者だからこそ、五感をフルに稼働させて、現地の人とグッと仲良くなっていく。インドでは聖なる河ガンジスを夢中で泳ぎ、ぶつかってしまった人に謝ると、なんと流れゆく死体だった……。ハチャメチャな行動力とみずみずしい感性が大反響を呼んだ、爆笑紀行エッセイ第一弾。

舞妓はレディ舞妓はレディ (幻冬舎文庫)
周防正行┴白石まみ

価格: 283円 213円(42%)お得

→ブクログでレビューを見る

「舞妓になりたい!」。京都の花街に、鹿児島弁と津軽弁のバイリンガル少女・春子がやってきた。風変わりな大学教授の計らいで舞妓見習いになった彼女だが、京ことばに四苦八苦、舞踊や鼓や三味線の稽古では失敗ばかり。それでも春子は前を向く。京の花街に生きる本物のレディになる日を夢見てーー。豪華絢爛に描く舞妓エンターテインメント小説!

↓↓まだまだあります!↓↓
\よかったらシェアしてください/

こちらもチェックしました?