[1週間の新刊小説・エッセイまとめ] 下町ロケット2 ガウディ計画/墓標なき街(百舌シリーズ)/鍵の掛かった男/「いじめ」をめぐる物語/落英/小説 進撃の巨人/他

151110 weekly novel

1週間(11月3日〜11月9日)の間にKoboで発売された電子書籍から「小説・エッセイ」「ミステリー・サスペンス」の注目本をご紹介します!

新刊小説・エッセで人気の作品はこちら!

下町ロケット2ガウディ計画下町ロケット2 ガウディ計画
池井戸潤

価格: 1,458円 162円(10%)お得

→ブクログでレビューを見る

直木賞受賞作に待望の続編登場!その部品があるから救われる命がある。
ロケットから人体へーー。佃製作所の新たな挑戦!ロケットエンジンのバルブシステムの開発により、倒産の危機を切り抜けてから数年ーー。大田区の町工場・佃製作所は、またしてもピンチに陥っていた。
量産を約束したはずの取引は試作品段階で打ち切られ、ロケットエンジンの開発では、NASA出身の社長が率いるライバル企業とのコンペの話が持ち上がる。
そんな時、社長・佃航平の元にかつての部下から、ある医療機器の開発依頼が持ち込まれた。「ガウディ」と呼ばれるその医療機器が完成すれば、多くの心臓病患者を救うことができるという。しかし、実用化まで長い時間と多大なコストを要する医療機器の開発は、中小企業である佃製作所にとってあまりにもリスクが大きい。苦悩の末に佃が出した決断は・・・・・・。
医療界に蔓延る様々な問題点や、地位や名誉に群がる者たちの妨害が立ち塞がるなか、佃製作所の新たな挑戦が始まった。日本中に夢と希望と勇気をもたらし、直木賞も受賞した前作から5年。
遂に待望の続編登場!※立ち読みサンプルで第一章がまるごと!ご覧になれます!!

墓標なき街(百舌シリーズ)墓標なき街(百舌シリーズ) (集英社文芸単行本)
逢坂剛

価格: 1,944円

→ブクログでレビューを見る

13年ぶり<百舌シリーズ>完全新作長編! 私立探偵・大杉良太は、新聞社で編集委員をしている残間龍之輔から、商社の違法な武器の輸出について電話で告発してきた男の尾行を依頼された。同じ頃、残間は元上司で現在はオピニオン誌「ザ・マン」編集長の田丸に呼び出され、かつて百舌と呼ばれた殺し屋に関する事件を雑誌に書いてほしいと頼まれる。大杉と残間がそれぞれ調査を続けていたある日、警察庁特別監察官の倉木美希が自宅に戻る途中何者かに襲われた。運よく大杉が駆けつけ軽傷で済んだが、美希のコートから百舌の羽が出てくる。トップシークレットである過去の百舌事件と、ある商社の不正武器輸出。全く関係ないと思われた二つの事象が交差する時、巨悪の存在が明らかになる……。驚愕と興奮のシリーズ7作目!

鍵の掛かった男鍵の掛かった男 (幻冬舎単行本)
有栖川有栖

価格: 1,469円 367円(19%)お得

→ブクログでレビューを見る

2015年、1月、大阪市中之島の古き良きプチホテル「銀星ホテル」で一人の男・梨田稔(69)が死んだ。警察は自殺による縊死(いし=首くくり)と断定。ところが、梨田が自殺したと納得できない一人の人間がいた。同ホテルを大阪での定宿にしている大御所女流作家の影浦浪子である。梨田は、5年ほど銀星ホテルのスイートルームに住み続け、ホテルの支配人をはじめとする従業員や常連客からも愛され、しかも2億円以上の預金があった。梨田が自殺するはずない(=他殺なのではないか)と影浦は直観し、その死の謎の解明を、同業者であるミステリ作家の有栖川有栖と、その友人で犯罪社会学者の大学准教授・火村英生に依頼した。火村が大学の入学試験ですぐに行動できないために、まずは有栖川有栖の単独調査となった。が、梨田はまったく身寄りがない上に、これまでの来歴にかんする手がかりがほとんどなく、どんな人物像を描けばいいのか、まったく闇の中で、その人生は「鍵の掛かった男」としか言いようのないものだった。生前の梨田を知る者たちが認識していた梨田とは誰だったのか? 結局、自殺したのか、他殺だったのか。他殺だとすれば誰が犯人なのか? 有栖川有栖の地道な調査で少しずつ過去が明らかになり、そこへ入学試験業務を終えた火村も調査に加わり、思いもしない結末が関係者全員を待ち受けていた。

落英(上)落英(上) (幻冬舎文庫)
黒川博行

価格: 667円 35円(4%)お得

→ブクログでレビューを見る

昇進の道が閉ざされても猟犬のごとく犯人を追う桐尾。薄毛で小肥(こぶと)り、映画オタクの上坂。大阪府警の万年一兵卒の刑事二人が覚醒剤密売捜査の最中、容疑者宅で想定外のブツを発見した。迷宮入りした十六年前の和歌山・南紀銀行副頭取射殺事件で使われた拳銃だ。二人は拳銃を調べる専従捜査に入り、射殺事件を担当していた和歌山県警の満井と出会う。

「いじめ」をめぐる物語「いじめ」をめぐる物語
荻原浩

価格: 1,188円 324円(21%)お得

→ブクログでレビューを見る

「いじめ」をテーマにした短編を収めた競作アンソロジー。辻村深月『早穂とゆかり』、荻原浩『サークルゲーム』、越谷オサム『20センチ先には』、中島さなえ『メントール』、小田雅久仁『明滅』。すべて各著者の短篇集にも入っていない本書オリジナル作品です。

小説進撃の巨人反撃の狼煙小説 進撃の巨人 反撃の狼煙 (KCデラックス)
松田朱夏

価格: 594円 118円(16%)お得

→ブクログでレビューを見る

実写版映画「進撃の巨人」のスピンオフドラマ「進撃の巨人 反撃の狼煙」。そのドラマが、小説となって登場します。ハンジ篇では、ハンジの巨人研究の秘密にイズルがせまる。サシャ篇では、サシャの悲しき知られざる生い立ちが明らかになる。フクシとリル篇では、フクシとリルの思いが交錯して、激しいバトルへと発展する。映画では描かれなかった巨人を駆逐する「3つの鍵」とは、いったいなにか? 新たな進撃の世界を体感せよ!

荒野に獣慟哭す1獣化の章荒野に獣慟哭す 1 獣化の章 (徳間文庫)
夢枕獏

価格: 702円

→ブクログでレビューを見る

自分は何者であるのか? 意識がもどって五日後、御門周平ーー自分の名を、そう教えられたーーは、自らに問いかける。どうやら山中の屋敷に幽閉されているらしい。やがて御門は、謎の獣に遭遇したことをきっかけに超人的な跳躍力を発揮して塀を乗り越え、屋敷からの脱出を果たす。都内に潜入した御門であったが、複数の組織が彼の背後をつけ狙っていた。夢枕獏のスーパー伝奇アクション、待望の初電子化。

冤罪捜査官新米刑事・青田菜緒の憂鬱な捜査冤罪捜査官 新米刑事・青田菜緒の憂鬱な捜査 (幻冬舎文庫)
椎名雅史

価格: 708円 37円(4%)お得

→ブクログでレビューを見る

正義感が人一倍強い青田菜緒は、幼い頃からの夢を叶え警察官に。だが、配属先は被疑者の常套句「俺はやってない!」を信じるのがモットーの冤罪係。誤認逮捕、強要された自白、不十分な証拠……。刑事課長に嫌みを言われつつ、身内の粗探しに勤しむ菜緒。彼女は警察の不祥事を未然に解決できるのか? 新米刑事の憂鬱な日常を綴った連作ミステリー。

真夜中の散歩道真夜中の散歩道 (幻冬舎文庫)
赤川次郎

価格: 791円 40円(4%)お得

→ブクログでレビューを見る

神崎茜は新米霊媒師。ある日、ニュースキャスターの幽霊が目の前に現れ「僕が殺された事件を調べてくれ」と両手を合わせて拝んできた。しぶしぶ協力し始めた茜はひょんなことからTVに出演し話題を呼ぶが、そのうち自分に関するある恐ろしい事実に気付き……。キュートなヒロインが機転と不思議な力で敵に立ち向かう、痛快ユーモアサスペンス!

D町怪奇物語D町怪奇物語 (幻冬舎文庫)
木下半太

価格: 554円 29円(4%)お得

→ブクログでレビューを見る

作家デビュー前の「わたし」が、寂れたD町のバーの店主だった頃、日々怪異なものばかり目にした……。事故を誘発するマグカップ。意志を持ったサイコロ。「金縛りに遭う様子を見ていてくれ」と懇願する客。人に言えないモノが映ったラブホテルの映像ーー。ここは磁場が歪んでいるのか、それとも「わたし」が引き寄せているのか? 戦慄の13編。

砂冥宮砂冥宮 (実業之日本社文庫)
内田康夫

価格: 518円 130円(20%)お得

→ブクログでレビューを見る

砂の記憶に幻惑され、男は還らぬ人となったーー。明治から昭和初期にかけて活躍した文豪・泉鏡花。彼の代表作のひとつ『草迷宮』のモデルになったという神奈川県三浦半島の旧家で、ルポライター浅見光彦が取材をした老人は、「金沢へ行く」と言い残して数日後、歌舞伎の「勧進帳」で知られる石川県「安宅の関」で死体となって発見される。浅見はその死の真相に近づくため金沢へ向かうが、老人の足跡は意外な場所で途切れていた。老人の「旅」の目的に思いを馳せる浅見の前で、やがて第二の殺人が発生してしまう……。名探偵・浅見光彦の推理は!? 傑作旅情ミステリー! 著者自作解説付き。

東京バビロン東京バビロン (幻冬舎文庫)
新堂冬樹

価格: 667円 35円(4%)お得

→ブクログでレビューを見る

誰もが羨望の眼差しを向ける美貌とスタイルを誇る音菜は人気絶頂のモデル。スタッフを虫けらのように扱い、恋人を付き人同然と考えていた。だが旬は長くは続かず、トップの座と恋人を後輩のレイミに奪われる。事務所も解雇され、何もかも失った音菜は、手に入れた塩酸をレイミの顔に投げつけた……。疾走する女の狂気を描ききる、暗黒ミステリ!

終わらない歌終わらない歌 (実業之日本社文庫)
宮下奈都

価格: 512円 128円(20%)お得

→ブクログでレビューを見る

声楽を志して音大に進学した御木元玲は、自分の歌に価値を見いだせなくて、もがいている。ミュージカル女優をめざす原千夏は、なかなかオーディションに受からない。惑い悩む二十歳のふたりは、突然訪れた「若手公演」の舞台でどんな歌声を響かせるのか。名作『よろこびの歌』の三年後を描き、宮下小説ワールド屈指の熱量を放つ青春群像劇、待望の文庫化! 解説を執筆したキャラメルボックスの成井豊氏も「凄い作家に出会ってしまった」と大絶賛。本書を読み終えたあなたは、奮い立たずにはいられない! 解説/成井豊

小説屋sariーsari2015年11月号小説屋sariーsari 2015年11月号 (小説屋sariーsari)
小説屋sari-sari編集部 編

価格: 108円

→ブクログでレビューを見る

アニメ化の詳細も少しずつ明らかになってきた話題の「文豪ストレイドックス」。原作者自ら書き下ろす外伝が、各方面で話題沸騰! 「文豪ストレイドックス 外伝 綾辻行人vs.京極夏彦」朝霧カフカ、イラスト:春河35/神楽坂に佇む癒しの下宿「神楽坂西洋館」の物語ついに最終話……「大家さんの植物ぐらし」三川みり/話題作ちょい読み「カサンドラ」桑原水菜/他執筆陣:青柳碧人、小路幸也、藤木稟、結城光流、青木俊直

続きはこちらで!
\よかったらシェアしてください/

こちらもチェックしました?