[1週間のビジネス書新刊まとめ] ANAが大切にしている習慣/外資系コンサルの3STEP思考術/この世界が消えたあとの科学文明のつくりかた/本を読む人だけが手にするもの/充電完了。電子書籍の明日はどっちだ……/他

151104 weekly business

この1週間(10月29日〜11月4日)にKoboで発売された電子書籍から「ビジネス・ノンフィクション」の注目本をご紹介します!

ビジネス・ノンフィクション新刊で人気の作品は?

この世界が消えたあとの科学文明のつくりかたこの世界が消えたあとの 科学文明のつくりかた
ルイス・ダートネル

価格: 1,987円 497円(20%)お得

→ブクログでレビューを見る

文明が滅びたあと、どう生き残るのか?穀物の栽培や鉄の精錬、医薬品の作り方など、文明再建の方法から、身の回りのさまざまな科学技術について知り、「科学とは何か?」を考える!

外資系コンサルの3STEP思考術外資系コンサルの3STEP思考術
森秀明

価格: 1,555円 173円(10%)お得

→ブクログでレビューを見る

たった3ステップの思考法が、あらゆる仕事の基本になっている。どんなに複雑そうに見える問題も、3つのスキル「整理、分解、比較」を使って、シンプルに考えれば、すっきり打開策を導き出せる。経験豊富な外資系コンサルが、なんでも考えられる思考術を紹介。

ANAが大切にしている習慣ANAが大切にしている習慣 (扶桑社BOOKS)
ANAビジネスソリューション

価格: 648円 172円(20%)お得

→ブクログでレビューを見る

なぜ雑談が習慣化すると業績がUPするのか?2013,2014,2015年の3年連続でSKYTRAXランキングで日本唯一の「5スター」を獲得、“教育・訓練が充実している会社”として、ランスタッドアワード2014を受賞、2007,2013年にはエアライン・オブ・ザ・イヤー受賞……等々、日本が世界に誇る航空会社であるANA。
世界トップクラスと評されるこの会社では、一体どのようなことが行われているのか。 その秘密のノウハウを公開した、他業界で働く人にも役立つ、目からウロコのビジネス書!

40歳からの仕事で必要な71のこと40歳からの仕事で必要な71のこと
本田亮

価格: 1,210円 302円(19%)お得

→ブクログでレビューを見る

電通「伝説の上司」が教える、働き方とは? 40代はサラリーマンが本気でやりたいことを探す時期だ。■難しいことこそ、シンプルに伝える■負けたら「チャンスが来るぞ!」と思う■その場で交渉する人になる■「私はまだまだです」と言えるか?■もっと家族と「遊ぶ」いくつになっても、何でも始められる!

ホントは教えたくない資産運用のカラクリ投資と税金篇2016ホントは教えたくない資産運用のカラクリ 投資と税金篇 2016
安間伸

価格: 1,944円

→ブクログでレビューを見る

「投資と税制、手数料の深い闇」を突いて好評を博した前書を全面改訂。単なる制度の解説に止まらず、マイナンバーなど新制度をどう使えば儲かるのか? 誰もが知りたいノウハウをズバリ解説する。

日本型インダストリー4.0日本型インダストリー4.0
長島聡

価格: 1,836円

→ブクログでレビューを見る

ドイツで「インダストリー4.0」のコンセプトづくりに参画したローランド・ベルガーの日本共同代表が執筆。いま日本で最も詳しい著者による本格的解説書です。ボッシュ、シーメンス、ロールス・ロイス、BMW、ABB、SAPなどの欧州企業に加え、トヨタ、オムロン、ミスミ、クボタ、由紀精密など日本の先進事例を多数紹介!

資本主義に希望はある資本主義に希望はある
フィリップ・コトラー

価格: 1,944円 216円(10%)お得

→ブクログでレビューを見る

なぜ、世界はこれほどまでに歪なのかーー。歴史をひも解いても、資本主義以上に優れたシステムはない。ただし、所得の再配分、雇用問題、環境問題など課題が山積でもある。’近代マーケティングの父’と称される世界的経営学者であり、3人のノーベル賞受賞者に師事した一流経済学者が、資本主義の未来図を描く。

失敗してよかった!自分を肯定する7つの思考パターン失敗してよかった! 自分を肯定する7つの思考パターン (ポプラ新書)
和田裕美

価格: 842円

→ブクログでレビューを見る

事実はひとつ、考え方はふたつ。 どんな境遇の、どんな価値観の人も、幸せになるために生まれてきたはず。 しかし「思考の癖」や「過去のものさし」が邪魔をして、いつしか望まぬ人生を選んでしまう。 夢が叶ったり、人生がいい方向に向かっていく人はみんな、「自分が幸せになることを許した人」。 本書では、身につければ必ず人生が好転する思考パターンを著者自身の体験を基に具体的に紹介する。

士業・コンサルタントのためのマイナンバーで稼ぐ技術士業・コンサルタントのための マイナンバーで稼ぐ技術
横須賀輝尚

価格: 1,200円 420円(25%)お得

→ブクログでレビューを見る

士業でありながらコンサルタントとしても活躍し、2人合わせて10億円以上稼いできた著者が明かす、企業のマイナンバー対応で生まれるビジネスチャンスとは?
マイナンバーをお金に変える20の方法を大公開します!

運は創るもの私の履歴書運は創るもの 私の履歴書
似鳥昭雄

価格: 1,620円

→ブクログでレビューを見る

こんな『私の履歴書』見たことない! 度胸と愛嬌さえあれば、人生はなんとかなる。短所あるを喜び、長所なきを悲しめーー。23歳でニトリ家具を創業し、28期連続増収増益、日本一の家具チェーンに育て上げた、似鳥昭雄氏の波瀾万丈の一代記。大きな話題を呼んだ日経新聞連載を大幅加筆し、書籍化しました。

君はまだ残業しているのか君はまだ残業しているのか (PHP文庫)
吉越浩一郎

価格: 540円 56円(9%)お得

→ブクログでレビューを見る

ワークライフバランスの重要性が叫ばれて久しいが、あいかわらず日本の会社は残業天国。このままでは社員はますます疲弊し、企業も衰退していくばかり。本書では、「早朝会議」「がんばるタイム」といったユニークな取り組みで、全社残業ゼロ&19期連続増収増益を達成した元トリンプ社長が、残業削減と成果向上を両立させる極意を伝授する。ToDoに優先順位をつけない「デッドライン」に余裕を持たせないオリジナルにこだわらない会議は長く・多くする「夜の3時間」は自分に投資するなど、著者が提唱するのは常識を覆すことばかり。しかし、この方法で著者は自分と会社の「完全残業ゼロ」を達成した。巻末には、佐々木常夫氏(東レ経営研究所特別顧問)とのオリジナル対談「みんなが幸せになる『働き方』の話をしよう」を収録。新入社員から経営者まで、いまの働き方を変えたいすべてのビジネスパーソン必読の書。 【PHP研究所】

15歳から学ぶ「陽転思考」のきほん15歳から学ぶ「陽転思考」のきほん
和田裕美

価格: 1,296円

→ブクログでレビューを見る

みんな、幸せになるために生まれてきたんだ、絶対に! 著者自身と多くの人の人生を好転させたシンプルな思考法。 その実践方法を具体的にわかりやすく1冊に! 目のまえのツラい出来事を「泥が入ったバケツ」にたとえるとする。 そのバケツの中に、思い切って手を突っ込んでみないか? そうしたら、必ずダイヤモンドが隠れているはず。 ただ、バケツを見ているだけだと、君の人生はいつまでたっても変わらない。

ビッグデータまで活用回転寿司止まらぬ進化週刊ダイヤモンド第三特集ビッグデータまで活用 回転寿司 止まらぬ進化 週刊ダイヤモンド 第三特集
須賀彩子

価格: 108円

→ブクログでレビューを見る

外食市場が頭打ちになる中、唯一、気を吐いているのが回転寿司だ。1958年に産声を上げてから60年近くが経過、時代の変化に応じた創意工夫を積み重ね、今では最先端技術まで駆使して消費者を引き付けている。店頭ではうかがい知れない、進化目覚ましい回転寿司の舞台裏を紹介しよう。『週刊ダイヤモンド』(2015年9月5日号)の第3特集を電子化しました。

本を読む人だけが手にするもの本を読む人だけが手にするもの
藤原和博

価格: 1,512円

→ブクログでレビューを見る

あなたは「なぜ、本を読んだほうがいいのか?」という質問に答えられますか?
「本を読みなさい」とはよく言われますが、その素朴な疑問にきちんと答えられる人は少ないのではないでしょうか。本書は、東京都の義務教育では初となる民間企業出身の校長を務め、現実社会と教育をリンクさせた「よのなか科」という大人気の授業や、ベストセラーで知られる藤原和博氏が、「人生における読書の効能」について、ひも解いていきます。

FAILINGFASTマリッサ・メイヤーとヤフーの闘争FAILING FAST マリッサ・メイヤーとヤフーの闘争 (角川書店単行本)
ニコラス・カールソン

価格: 1,944円

→ブクログでレビューを見る

かつてヤフーはインターネットの先駆者だった。しかし、グーグルやフェイスブックなど急成長してきた勢力に押され、迷走を続けている。その立て直しに抜擢されたのが、元グーグル副社長のマリッサ・メイヤーだった。

充電完了。電子書籍の明日はどっちだ……【文春e-Books】充電完了。 電子書籍の明日はどっちだ……【文春e-Books】 (文春e-Books)
永江 朗

価格: 400円

→ブクログでレビューを見る

iPadなどタブレットの普及、KindleやKoboといった専用リーダの登場で、身近な存在になってきた電子書籍。書店勤務の経験を持ち、出版業界についての著作も多い筆者が、紙の本との違いや利便性、可能性と問題点など、電子書籍の現在とこれからについて読者の目線で綴ったエッセイ集。週刊文春の人気連載をまとめた電子オリジナル。

無意識はいつも正しい無意識はいつも正しい
クスドフトシ

価格: 1,080円 324円(23%)お得

→ブクログでレビューを見る

「仕事」も「恋愛」も「人間関係」もうまくいかずに、
家に引きこもり、ニートになり、うつ状態になり、死にたいとさえ思っていた僕を救ったもの。
それが……無意識のチカラでした。ー 特に練習したわけでもないのに、今も吸ったり吐いたり呼吸ができている。
ー 頼んだわけでもないのに、今日も僕の心臓は動いている。
ー 絶対に乗り越えられないと思ったのに、過去のとんでもない失敗を今ではすっかり忘れている。これらの全てを操作しているもの…それこそが無意識のチカラです…

地方創生の正体ーーなぜ地域政策は失敗するのか地方創生の正体 ーーなぜ地域政策は失敗するのか (ちくま新書)
山下祐介

価格: 864円 108円(11%)お得

→ブクログでレビューを見る

「地方創生」で国はいったい何をたくらみ、地方をどう変えようとしているのか。国はこれまで自治体を様々な手段で手なずけてきた。ここへ来てさらに「選択と集中」の効率至上主義の論理で、地方を侵略しようとしている。住民は、そして自治体はこの動きにどう立ち向かっていけばよいのか。気鋭の社会学者と行政学者が、地域政策は失敗の歴史であったことを検証。地方創生から震災復興まで、地域社会救済という名目でなされる国策の罠を暴き出し、統治構造の病巣にメスを入れる。

誰が世界を変えるのかーソーシャルイノベーションはここから始まる誰が世界を変えるのか ー ソーシャルイノベーションはここから始まる
フランシス・ウェストリー

価格: 2,052円

→ブクログでレビューを見る

ひとりの一歩が、こうしてすべてを変えていく人は誰でも、世の中の現実に不満や疑問を抱くことがある。身のまわりの世界を、よりよいものにしたいと望む瞬間がある。だが、私たちは、社会を変えるのは一握りの偉大な人々だと考えがちだーーが、そうではない。世の中の変化は、時代の流れは、意外なところで生まれるのだ。ソーシャルイノベーションーー劇的な社会変革は、物事を個別に見ることをやめ、社会のシステムを構成するさまざまな要素間の関係をつかむことから始まる。この「システムと関係」のレンズを通して、本書は人と人、個人と集団、人と社会の間にひそむ関係性のルールを明らかにする。犯罪を激減させた“ボストンの奇跡”、HIV/AIDSとの草の根の闘い、いじめを防ぐ共感教育プログラム、失業・貧困対策、自然保護、障害者支援……それぞれの夢の軌跡から、コミュニティを、ビジネスを、世界を変える方法が見えてくる。インスピレーションと希望に満ちた一冊。

続きはこちらで!
\よかったらシェアしてください/

こちらもチェックしました?