【小説・エッセイまとめ】レインツリーの国(有川浩)/死刑執行人サンソン/探検隊の栄光/1冊でわかる村上春樹/軍師・黒田官兵衛/櫻子さんの足下には死体が埋まっている/他

150929 weekly novel

1週間(9月22日〜9月28日)の間にKoboで発売された電子書籍から「小説・エッセイ」「ミステリー・サスペンス」の注目本をご紹介します!

小説・エッセイ 新刊で人気の作品は?

レインツリーの国レインツリーの国 (角川文庫)
有川 浩

価格: 473円 37円(7%)お得

→ブクログでレビューを見る

きっかけは「忘れられない本」。そこから始まったメールの交換。やりとりを重ねるうち、僕は彼女に会いたいと思うようになっていた。しかし、彼女にはどうしても会えない理由があってーー。2015年11月映画公開

死刑執行人サンソンーー国王ルイ十六世の首を刎ねた男死刑執行人サンソンーー国王ルイ十六世の首を刎ねた男 (集英社新書)
安達正勝

価格: 648円 108円(14%)お得

→ブクログでレビューを見る

【荒木飛呂彦帯カラーイラスト付】敬虔なカトリック教徒であり、国王を崇敬し、王妃を敬愛していたシャルル-アンリ・サンソン。彼は、代々にわたってパリの死刑執行人を務めたサンソン家四代目の当主であった。そして、サンソンが歴史に名を残すことになったのは、他ならぬその国王と王妃を処刑したことによってだった。本書は、差別と闘いながらも、処刑において人道的配慮を心がけ、死刑の是非を自問しつつ、フランス革命という世界史的激動の時代を生きた男の数奇な生涯を描くものであり、当時の処刑の実際からギロチンの発明まで、驚くべきエピソードの連続は、まさにフランス革命の裏面史といえる。【目次】序章 呪われた一族/第一章 国王陛下ルイ十六世に拝謁/第二章 ギロチン誕生の物語/第三章 神々は渇く/第四章 前国王ルイ・カペーの処刑/終章 その日は来たらず/あとがき

探検隊の栄光探検隊の栄光
荒木源

価格: 551円

→ブクログでレビューを見る

2015年10月公開映画化原作! 80年代。効果音や独特の節回しのナレーションなど、サービス精神に満ちた過剰な演出で秘境の地を探検する人気テレビ番組シリーズの撮影クルーたちは、幻の大蛇・ヤーガを求めて亜熱帯の地を彷徨っていた。もちろん、架空のかたちでしか存在しないヤーガを「登場」させるべく、洞窟にて準備をしていたクルーの一人が、空になった薬莢などを発見。ほどなく、彼の地で現政府の打倒を試みるゲリラたちにより、クルーはあっけなく囚われの身となるがーー。
ベストセラー「ちょんまげぷりん」作者がガツンと描く、スリル!笑い!男のロマン!に満ちた目眩く冒険譚。

天使にかける橋天使にかける橋 (角川文庫)
赤川 次郎

価格: 560円 44円(7%)お得

→ブクログでレビューを見る

研修中の天使マリと、地獄から叩き出された悪魔ポチ。今度のアルバイトは、須崎照代と名乗る女性の娘として、彼女の父親の結婚パーティに、出席すること。実入りのいい仕事と二つ返事で引き受けたが……。

軍師・黒田官兵衛軍師・黒田官兵衛 (光文社文庫)
野中信二

価格: 648円 20円(2%)お得

→ブクログでレビューを見る

天正三年、無風状態であった播磨に決断の時が来た。西国の雄・毛利と天下布武(てんかふぶ)を掲げる織田。西播州(ばんしゅう)を統治する小寺家の家老・黒田官兵衛は、家中の評定(ひょうじょう)で織田支持を力説。岐阜に赴(おもむ)き信長に謁見(えっけん)した彼は、その後、対毛利攻略司令官となった秀吉や、竹中半兵衛とも親交を結ぶ。だが、己の能力を過信した官兵衛の前に、やがて思わぬ落とし穴が……。

失われた時を求めて3~第二篇「花咲く乙女たちのかげにI」~失われた時を求めて 3~第二篇「花咲く乙女たちのかげにI」~ (光文社古典新訳文庫)
プルースト

価格: 1,328円 70円(5%)お得

→ブクログでレビューを見る

若者になった「私」はジルベルトへの恋心をつのらせ、彼女の態度に一喜一憂する……。19世紀末パリを舞台に、スワン家に出入りする「私」の心理とスワン家の人びとを緻密に描きつつ、藝術と社会に対する批評を鋭く展開した第二篇第一部「スワン夫人のまわりで」を収録。〈全14巻〉

櫻子さんの足下には死体が埋まっているはじまりの音櫻子さんの足下には死体が埋まっている はじまりの音 (角川文庫)
太田 紫織

価格: 520円 41円(7%)お得

→ブクログでレビューを見る

高校二年生になった正太郎。仲のいい今居と百合子と同じクラスになったのはいいものの、転校生のゴスロリ少女・蘭香が突如百合子に「親友になって欲しいの」と言ったことからバランスが狂い……。彼女の謎とは?

気付くのが遅すぎて、気付くのが遅すぎて、
酒井順子

価格: 1,134円 270円(19%)お得

→ブクログでレビューを見る

有名人が結婚する”一般人”に思いを馳せ、敢えて体育会に所属するゆとり世代に感心し、セクハラヤジ事件に切り返し方を提案し、温泉で年の差カップルを考察し、冥界の女子会を想像する……。下半身は”ありのまま”がいいの? 食事は女が取り分けるべき? 結婚した女友達は苗字で呼べない? 人生における様々な面で気付くのが遅すぎてあたふたする日々を記す、大人気エッセイ第10弾!

1冊でわかる村上春樹1冊でわかる村上春樹 (中経出版)
村上春樹を読み解く会

価格: 1,300円 104円(7%)お得

→ブクログでレビューを見る

全世界で評価される村上作品の読み方。どの本から読み始めればいいかわかる、ほぼ前作ガイド。また、村上作品に共通するメタファー、現実世界と深層意識の二重構造を解説。村上小説の意味が面白いほどわかる!

ベトナムの風に吹かれてベトナムの風に吹かれて (角川文庫)
小松みゆき

価格: 520円 41円(7%)お得

→ブクログでレビューを見る

ベトナムの首都ハノイで働く著者は、認知症になった母を新潟から移住させ新生活を始めた。人間関係の濃い下町の旧市街や、旅先での緑豊かな山々の光景に母は昔の想い出を語る。感動の輪が広がる映画化原作!

メタルギアソリッドサブスタンスIIマンハッタンメタルギア ソリッド サブスタンスII マンハッタン (角川文庫)
野島 一人

価格: 800円 64円(7%)お得

→ブクログでレビューを見る

首謀者はソリッド・スネーク、人質は大統領。ニューヨーク湾のテロリストに対峙するのは新兵・雷電だった。真の敵を追い、雷電がたどり着く真相とは。前巻「サブスタンスI」に続き描かれるシリーズの「本質」、3か月連続刊行第2弾ノベライズ完全版。

時の顔時の顔 (角川文庫)
小松 左京

価格: 560円

→ブクログでレビューを見る

僕は40世紀の「時間局員」だ。自由自在に何世紀にもわたって、過去未来へ行き来できる超能力時代に生きている。そんな僕の親友のカズミが、ある一定の周期で、激しい疼痛感と痙攣発作に襲われている。特殊病理学者もサジをなげてしまった奇病だった。苦しみもがく彼をどうしても救ってやりたい。僕は、あてずっぽうに19世紀の幕末に病因解明の手がかりを求めた。しかし、大飢饉の余波が残っていた江戸の街で、僕はカズミの陰惨な過去、双生児にまつわる呪われた影を目撃してしまったーー! 40世紀の人間の、呪われた複雑な過去を見つめる表題作のほか、デビュー直後の作品を含め、初期に発表された短編全7編を収録。書き下ろし解説つき。

第九の日第九の日 (光文社文庫)
瀬名秀明

価格: 648円 72円(10%)お得

→ブクログでレビューを見る

イギリスで一人旅をつづけるケンイチが迷い込んだ「永遠の町(エヴァーヴィル)」は、人間のいないロボットだけの町だったーー。なぜ、ぼくたちは、痛みを感じないのか? 心は、神の奇跡なのか? AIとロボティクスの近未来を描いて、瀬名秀明が永遠の命題に挑む、畢生(ひっせい)の恋愛科学小説。憧れと驚き、そして歓び。思索の沃野を翔ける「物語」の力が、いま、世界を救う!

心霊探偵八雲ANOTHERFILES裁きの塔心霊探偵八雲 ANOTHER FILES 裁きの塔 (角川文庫)
神永 学

価格: 600円 48円(7%)お得

→ブクログでレビューを見る

大学内の時計塔で晴香が錯乱状態で発見された。「私が殺した」ーー晴香に殺人の容疑が降りかかるなか、八雲は彼女の無実を信じて独自の捜査を始めるがーー。どこから読んでも楽しめる外伝シリーズ、待望の新作!

生贄のマチ特殊捜査班カルテット生贄のマチ 特殊捜査班カルテット (角川文庫)
大沢 在昌

価格: 720円 57円(7%)お得

→ブクログでレビューを見る

家族を何者かに惨殺された過去を持つタケルは、クチナワと名乗る車椅子の刑事に、極秘の捜査チームへ誘われる。早速、“本社”と呼ばれる組織が麻薬売買目的で企画する音楽イベントへの潜入を命じられたタケルは、会場で二人の若者ーー中国残留孤児三世としての鬱屈を抱えるホウ、復讐のためイベント企画者の恋人を演じる美少女カスミーーと出会う。孤独な潜入捜査班の葛藤と成長を描く、エンタテインメント巨編! 解説・小島秀夫※本書は小社より二〇一〇年十二月に刊行された『カルテット1 渋谷デッドエンド』『カルテット2 イケニエのマチ』を文庫化したものが底本です。

方舟(はこぶね)は冬の国へ方舟(はこぶね)は冬の国へ (光文社文庫)
西澤保彦

価格: 648円 51円(7%)お得

→ブクログでレビューを見る

カメラと盗聴器で監視された別荘で、初対面の女性と少女と、仲睦まじい「家族」を演じる。失業中の十和人(つなしかずと)が請けた仕事は、そんな奇妙なものだった。期間は一カ月。そして、法外な報酬。いったい、誰が? なんのために? 滞在を始めた3人の周りで起きる不可思議な現象。家族と、その愛のあり方をめぐる、鮮烈にしてキュートなファンタジック・ミステリー!

東京零年東京零年 (集英社文芸単行本)
赤川次郎

価格: 1,642円 410円(19%)お得

→ブクログでレビューを見る

殺されたはずの男が生きていたーー。電車のホームから落ちた生田目健司を救った永沢亜紀。二人が出会ったとき、運命の歯車が大きく動き始める。脳出血で倒れ介護施設に入所している永沢浩介が、TV番組に一瞬だけ映った男を見て発作を起こした。呼び出された娘の亜紀は、たどたどしく喋る父の口から衝撃の一言を聞く。「ゆあさ」ーーそれは昔殺されたはずの男・湯浅道男のことだった。元検察官の父・重治が湯浅の死に関与していた事を知った健司は、真相を解明すべく亜紀とともに動き出す。時は遡り数年前、エリート検察官の重治、反権力ジャーナリストの浩介、その補佐を務める湯浅。圧倒的な権力を武器に時代から人を消した男と消された男がいたーー。

続きはこちらで!
\よかったらシェアしてください/

こちらもチェックしました?