実写ドラマ放映の『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』、Koboならコミック&小説版が19〜25%OFFで読めますよ!

150921 sale anohana

フジテレビで『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』の実写ドラマが放映されているようなので、Koboで読めるコミック&小説をご紹介。紙の書籍より安く読めますよーー。

コミック版は22〜25%OFF!

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。1あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
超平和バスターズ

価格: 400円 114円(22%)お得

→ブクログでレビューを見る

あの日、ここで止まった時間が、動きだす。 小学生の時に友達と“超平和バスターズ”というグループを作り、“じんたん”と呼ばれていた少年・宿海仁太。 “めんま”の死をきっかけにグループはバラバラになってしまっていたが、彼の前に突然めんまが現われてーー!?

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。2あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 2 (ジャンプコミックスDIGITAL)
超平和バスターズ

価格: 400円 114円(22%)お得

→ブクログでレビューを見る

あの頃の方が、なんだってできたような気がするね。 超平和バスターズのみんなの前で、めんまが花火で無限大を描いた翌日、再び秘密基地へとやって来たじんたん。そこへ現れたつるこは、じんたんにしか変えられないことがあると言って、彼を連れ出して行く。彼がつるこの指示通り、ゆきあつの前でめんまの名前を出して挑発をすると!?

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。3あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 3 (ジャンプコミックスDIGITAL)
超平和バスターズ

価格: 400円 134円(25%)お得

→ブクログでレビューを見る

ちゃんと生まれ変わって…! きっと…! また…! みんなに…! 会いに来るから…!! 花火を上げる許可をもらうため、めんまの家を訪れたじんたん達。しかし、めんまのいない今でも仲良くしていることを彼女の母親から責められ、逃げ帰ることになってしまう。それでもじんたんは、花火の資金作りに励むのだが…。超平和バスターズのみんなは、めんまのお願いを叶えることが出来るのか!? 感動の最終巻!!

小説版は19〜24%OFF!

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。上あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。上 (MF文庫ダ・ヴィンチ)
岡田 麿里

価格: 429円 105円(19%)お得

→ブクログでレビューを見る

高校生になった今、かつての幼なじみたちの距離は、いつの間にか離れてしまっていた。だが、ただ一人、あのころから変わらない少女“めんま”のお願いを叶えるため、彼らは再び集まり始める。フジテレビ「ノイタミナ」で大反響を呼んだアニメを、脚本の岡田麿里みずから小説化。小説オリジナル・エピソードも含む、待望の上巻。

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。下あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。下 (MF文庫ダ・ヴィンチ)
岡田 麿里

価格: 429円 136円(24%)お得

→ブクログでレビューを見る

いつだって、いつまでだって、なかよしなんだーー。とつぜん帰ってきた少女「めんま」の願いをかなえるため、かつて幼なじみだった高校生たちは再び集まる。しかし一人ひとりの胸には、痛みがしまい込まれていて……。大反響を呼んだアニメの、脚本家みずからによる小説版がいよいよ完結。小説だけのオリジナル・エピソードを満載!

こちらもどうぞ!

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。全話完全解読あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 全話完全解読
榎本正樹

価格: 1,040円 364円(25%)お得

→ブクログでレビューを見る

東日本大震災直後に放送され、大きな反響を呼んだアニメ『あの花』。2013年に劇場版アニメが公開されるなど、さらなる広がりを見せる感動作を、気鋭の文芸評論家がさまざまな観点から読み解く。監督・長井龍雪氏、脚本・岡田麿里氏へのインタビューを収録。

るるぶあの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。るるぶ あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

価格: 960円 379円(28%)お得

→ブクログでレビューを見る

※このコンテンツはカラーとなります。カラー表示が可能な端末またはアプリでの閲覧を推奨します(kobo glo, kobo touch, kobo miniでのご利用はおすすめいたしません)。るるぶ薄桜鬼に続く、聖地巡礼ガイド第2弾!今度はまるごと1冊アニメ『あの花』のガイドです! 『あの花』の舞台である秩父を、ストーリーに沿って場面やセリフとともに紹介しているので、まだ『あの花』をみたことがない人でも楽しめる内容になっています。アニメに登場する以外の秩父の観光スポットや”“るるぶ”ならではの見る・食べる・遊ぶなどのガイド情報も超平和バスターズの解説とともに紹介。実際の旅行に使えるのはもちろん、読むだけでも楽しい旅行ガイドです。脚本家の岡田磨里さん&めんま役の茅野愛衣さんへの旅に関するインタビュー、描き下ろしポスター付。
※この電子書籍は2014年3月にJTBパブリッシングから発行された図書を画像化したものです。電子書籍化にあたり、一部誌面内容を変更している場合があります

\よかったらシェアしてください/

こちらもチェックしました?