[終了]【セール】探偵ミステリー小説8作品が最大43%OFF!/有栖川有栖『46番目の密室』/メフィスト賞『銀の檻を溶かして』/このミス選出『奇術探偵 曾我佳城全集』/他

150917 sale tantei

講談社の探偵ミステリー8作品がセールになってます!最大43%OFFの作品も。

2001年「このミステリーがすごい!」第1位の『奇術探偵 曾我佳城全集』、1999年「メフィスト賞』受賞の『銀の檻を溶かして』他、有栖川有栖、西村京太郎、栗本薫の作品が対象になってます。

セール対象のミステリー作品

新装版46番目の密室新装版 46番目の密室 (講談社文庫)
有栖川有栖

価格: 552円 236円(29%)お得

→ブクログでレビューを見る

日本のディクスン・カーと称され、45に及ぶ密室トリックを発表してきた推理小説の大家、真壁聖一。クリスマス、北軽井沢にある彼の別荘に招待された客たちは、作家の無残な姿を目の当たりにする。彼は自らの46番目のトリックで殺されたのかーー。有栖川作品の中核を成す傑作「火村シリーズ」第1作。

銀の檻を溶かして薬屋探偵妖綺談銀の檻を溶かして 薬屋探偵妖綺談 (薬屋探偵妖綺談)
高里椎奈

価格: 416円 304円(42%)お得

→ブクログでレビューを見る

たっぷり雪が積もった小学校の校庭に、一夜にして全長1メートルものミステリーサークルが現れた。雪の妖精あるいは蝶の標本のような輪郭はくっきりと美しく、内側にも外側にも足跡などはいっさい残っていない。だが、雪が溶けたとき、その中央には他殺死体があった! 薬屋でもあり○×△□でもある美男探偵トリオが、初めての難事件に挑む!

ぼくが探偵だった夏ぼくが探偵だった夏 (講談社文庫)
内田康夫

価格: 360円 154円(29%)お得

→ブクログでレビューを見る

浅見家では毎年、夏を軽井沢の別荘で過ごしていた。浅見家の次男、小五の光彦は、”山の友達”の峰男、夏休み前までは口も利けなかった本島衣理と三人で、女の人が行方不明になったという妖精の森に出かける。緑の館の庭で、昼間堀った大きな穴に、夜、お棺のような箱を埋めようとする怪しい三人組を光彦は目撃する。光彦の不審を本気で聞いてくれたのは、二十歳の地元の刑事竹村岩男だった。浅見光彦、記念すべき最初の事件!(講談社文庫)

新装版名探偵に乾杯新装版 名探偵に乾杯 (講談社文庫)
西村京太郎

価格: 548円 233円(29%)お得

→ブクログでレビューを見る

ポアロが死に、その追悼会が、明智小五郎が所有する孤島の別荘で開かれた。招かれたのはエラリー・クイーン、メグレ警部ら世界的名探偵たち。そこへポアロ二世と自称する若者が現れる。彼は本物の息子であることを証明すべく、孤島で発生した殺人事件の謎に挑むのだが。「名探偵」シリーズの掉尾を飾る傑作!

新版名探偵なんか怖くない新版 名探偵なんか怖くない (講談社文庫)
西村京太郎

価格: 378円 290円(43%)お得

→ブクログでレビューを見る

三億円事件で殺人が!? 4大探偵の推理合戦! 「三億円事件を再現してお見せしよう」真犯人逮捕のために大富豪が入念に計画した推理ゲーム。クイーン、ポワロ、メグレ、明智といった往年の名探偵たちは抜群の能力を競い合う。だがクリスマス・イヴに予想もしなかった殺人事件が! 驚天動地のトリックが圧巻の西村ミステリー。綾辻行人氏との特別対談も収録。(講談社文庫)

奇術探偵曾我佳城全集秘の巻奇術探偵 曾我佳城全集 秘の巻 (講談社文庫)
泡坂妻夫

価格: 454円 337円(42%)お得

→ブクログでレビューを見る

曾我佳城(そがかじょう)の行くところに怪事件あり……若くして引退した美貌の奇術師、その華麗なる舞台は今も奇術ファンの語り草である。そして、もう1つの貌は名探偵。弾丸受止め術が自慢の奇術師がパートナーを撃ち殺してしまった。舞台に注目する観客の前で弾や銃をすり替えた者は誰か。佳城は真相を見抜けるか(講談社文庫)。

奇術探偵曾我佳城全集戯の巻奇術探偵 曾我佳城全集 戯の巻 (講談社文庫)
泡坂妻夫

価格: 491円 321円(39%)お得

→ブクログでレビューを見る

2001年度”このミス”第1位。華麗な手さばきで推理する曾我佳城(そがかじょう)が、魔術城に仕組んだ空前の奇想とは? 奇術を愛する佳城の夢は、古今東西の奇術道具を揃えたマジシャン達の集う殿堂を作ることだった。魔術城落成の大舞台に佳城は、前代未聞の大トリックを仕掛けていた! そして、その正体が明かされる<戯の巻>(講談社文庫)。

新装版絃の聖域新装版 絃の聖域 (講談社文庫)
栗本薫

価格: 567円 410円(41%)お得

→ブクログでレビューを見る

長唄の人間国宝の家元、安東家の邸内で女弟子が殺された。芸事に生きる親子、妾、師弟らが、三弦が響き愛憎渦巻くなかで同居している閉ざされた旧家。家庭教師に通っている青年、伊集院大介の前で繰り広げられる陰謀そして惨劇。その真相とは!? 名探偵の誕生を高らかに告げた、栗本薫ミステリーの代表作!

\よかったらシェアしてください/

こちらもチェックしました?