【小説&エッセイ 新刊まとめ】ハケンアニメ!/仙台ぐらし/新釈 走れメロス 他四篇/時間泥棒/月と雷/素晴らしきインチキ・ガチャガチャの世界/他

150629 weekly novel

この約1週間(6月22日〜28日)の間にKoboで発売された電子書籍から「小説・エッセイ」の注目本をご紹介します!

小説・エッセイ 新刊で人気の作品は?

ハケンアニメ!ハケンアニメ! 
辻村深月

価格: 1,204円 524円(30%)お得

→ブクログでレビューを見る

監督が消えた!?
伝説の天才アニメ監督・王子千晴が、9年ぶりに挑む『運命戦線リデルライト』。プロデューサーの有科香屋子が渾身の願いを込めて口説いた作品だ。同じクールには、期待の新人監督・斎藤瞳と次々にヒットを飛ばすプロデューサー・行城理が組む『サウンドバック 奏の石』もオンエアされる。ハケンをとるのは、はたしてどっち? そこに絡むのはネットで話題のアニメーター・並澤和奈、聖地巡礼で観光の活性化を期待する公務員・宗森周平……。ふたつの番組を巡り、誰かの熱意が、各人の思惑が、次から次へと謎を呼び新たな事件を起こす! 熱血お仕事小説。

仙台ぐらし仙台ぐらし (集英社文庫) 
伊坂幸太郎

価格: 583円

→ブクログでレビューを見る

心配性の作家がつづる地方都市生活の魅力と希望。震災で都市機能がマヒしてしまった体験を持つ仙台。そこに暮らすちょっと心配性で、ちょっと自意識過剰な作家の、軽妙で味わい深いエッセイ。途方に暮れた後にたどり着いたのは「楽しい話を書きたい」という思い。日常のすきまの希望をつづって、読後感も爽やかーー。短編小説「ブックモビール」も収録。

新釈走れメロス他四篇新釈 走れメロス 他四篇 (祥伝社文庫) 
森見登美彦

価格: 607円

→ブクログでレビューを見る

あの名作が京都の街によみがえる!?「真の友情」を示すため、古都を全力で「逃走」する21世紀の大学生メロス(「走れメロス」)。恋人の助言で書いた小説で一躍人気作家となった男の悲哀(「桜の森の満開の下」)…馬鹿馬鹿しくも美しい、青春の求道者たちの行き着く末は? 誰もが一度は読んでいる名篇を、新世代を代表する大人気著者が、敬意を込めて全く新しく生まれかわらせた、日本一愉快な短編集。

時間泥棒時間泥棒 (創元SF文庫) 
ジェイムズ・P・ホーガン

価格: 620円 49円(7%)お得

→ブクログでレビューを見る

巨匠が贈る時間SFの新機軸!ニューヨークで、ある日突如として時間の流れがおかしくなりはじめた。時計がどんどん遅れていくのだ。しかも場所ごとに少しずつ遅れかたが違う。その結果、周波数も影響をうけ、通信もままならない。著名な物理学者が言うには、「この世界と交差する他次元のエイリアンが、われわれの時間を少しずつ盗みとっているのです」!?エイリアンだか何だか知らないが、とにかく時間がたりなくなっていくのは本当だ。でも、いったいどんな手が打てるというのだ?議論は果てしなくつづく。だがやがて時間のみならず物質にまで異常事態が生じはじめ……。

お待ちしてます下町和菓子栗丸堂3お待ちしてます 下町和菓子 栗丸堂3 (メディアワークス文庫) 
似鳥 航一

価格: 530円 42円(7%)お得

→ブクログでレビューを見る

春めく浅草は、今日も多くの人でにぎわう。そんな陽気につられてか、甘味処栗丸堂はどこか落ち着かない。それもそのはず、若主人の栗田に悩みの種が増えたのだ。悪友の浅羽が調べた葵の正体は、栗田の心を揺るがすことに。自分は葵をどう思っているのか──決断を迫られていた。 そんな栗田の気持ちも知らず、店には次々と面倒事が舞い込んでくる。お調子者の由加のあんみつ取材は、思いもしない方向へ。志保のいとことのいさかいに、みたらし団子が関わってきて。 和菓子が育む縁は異なもの味なもの。やさしい味わいがもたらすそのてんまつはいかに?

トモシビ-銚子電鉄の小さな奇蹟-トモシビ-銚子電鉄の小さな奇蹟- (TO文庫) 
吉野翠

価格: 560円 142円(20%)お得

→ブクログでレビューを見る

誰かの優しい灯火(トモシビ)があなたの心をあたためる。関東の最東端を走るローカル線「銚電」。小さな列車にまつわる人々の奇蹟の物語。【あらすじ】十五歳の春。その女子高生は、小さな列車に飛び乗った。入学したばかりの高校へ、淡い恋心を胸にー。大正時代から、今も現役で走り続けるローカル線「銚子電鉄」には、乗客の数だけ人生のドラマがあった。歴史を知る老人、倦怠期を迎えた夫婦、夢を追う青年など。彼らは時に交差し、それぞれが誰かの灯火として行く先を照らしながら、やがて一つの奇蹟に遭遇する。心がほっこりと温まる、電車と人々の優しい物語。【文庫書き下ろし】

恋するあずさ号恋するあずさ号 (実業之日本社文庫) 
坂井希久子

価格: 474円 166円(25%)お得

→ブクログでレビューを見る

仕事も恋も「迷子」の梓が、同じ名前の特急列車で旅に出る! 空回りしがちな仕事と、望まない結婚を迫る恋人を置いて、介護福祉士の梓(あずさ)は、新宿駅から特急あずさに乗り込んだ。上諏訪駅で下車し、諏訪湖畔で途方に暮れる梓に声をかけたのは、陶芸家の桂だった。泊まるところのない梓は、桂に連れられ長野・高遠町の民宿「すやすや」へ。雄大な自然とのんびり暮らす人々に囲まれて過ごし、心は揺れ動くが……。高遠と東京を行き来しながら、新しい生き方を見つけていく女性の姿をいきいきと描く。新しい人生に出会えるハッピーストーリー。『迷子の大人』として刊行された単行本に、掌編「花の咲くころ」を加えたオリジナル版。

リヴィジョンAリヴィジョンA (文春e-book) 
未須本有生

価格: 1,300円 320円(19%)お得

→ブクログでレビューを見る

航空機メーカー、四星工業で働く沢本由佳。担当する練習戦闘機「TF-1」の生産は堅調だったが、技術者として、新たな開発を手掛けたいと思った彼女は、「TF-1」をより効率的に運用するための改修開発を提案する。社内の支持を集めつつあったところに、突如降って湧いたのは、ライバル企業の開発遅れによって生じた、二百億円の余剰予算。この二百億円を獲得し、改修開発を実現するため、社内外を巻き込んだ一大プロジェクトが動き出す!

月と雷月と雷 (中公文庫) 
角田光代

価格: 400円 183円(31%)お得

→ブクログでレビューを見る

不意の出会い、気まぐれや衝動。無数の偶然に促されて、私たちみんな、進んでいく。自分にしかたどり着けない、見知らぬ場所に向かってーー
幼い頃、泰子の家でいっとき暮らしをともにした見知らぬ女と男の子。まっとうとは言い難いあの母子との日々を忘れたことはない泰子だが、結婚を控えた今になって再び現れたふたりを前に、確かだったはずの「しあわせ」が否応もなく揺さぶられて……。水面に広がる波紋にも似た、偶然がもたらす人生の変転を、著者ならではの筆致で丹念に描く力作長編小説。

ブラック・ベルベットブラック・ベルベット 
恩田陸

価格: 1,280円 448円(25%)お得

→ブクログでレビューを見る

外資製薬会社に身を置く凄腕ウイルスハンター・神原恵弥。ある博士の捜索を依頼されてT共和国にやってきたが、博士は殺されてしまう。一方、この国では全身を黒い苔で覆われて死んだ人間がいるらしい。ビジネスで滞在中のかつての恋人・橘は不穏な行動を見せる。恵弥が想像だにしない、これらの背景に存在するものとはーー?

ラブ&ピースラブ&ピース (幻冬舎単行本) 
園子温

価格: 1,120円 392円(25%)お得

→ブクログでレビューを見る

映画『愛のむきだし』『冷たい熱帯魚』『恋の罪』で圧倒的な暴力と性を描き、世界に衝撃を与えてきた鬼才・園子温。20年間あたため続けたアイデアを映画化&絵本として書籍化!うだつの上がらない日々を過ごすサラリーマン・鈴木良一。同僚からは軽んじられ、好きな人に告白もできない。ロックミュージシャンになりたいという夢も諦めたまま、無気力な日々を送っていた。ある日、良一はデパートの屋上で一匹のミドリガメと目が合い、運命的なものを感じる。良一はカメを”ラブ”と名付け一緒に暮らし始めた。ラブは、友達も恋人もおらず、孤独な良一の唯一の慰めとなるが……。暴力と性を封印し、愛と希望と夢が綴られた、園子温のまったく新しい表現が誕生。制作に3ヶ月を費やして完成した23枚の絵と、選び抜かれた言葉が生み出す、疾走感溢れる極上エンタテイメント。

神々の山嶺上神々の山嶺 上 (角川文庫) 
夢枕 獏

価格: 650円 127円(16%)お得

→ブクログでレビューを見る

天賦の才を持つ岩壁登攀者、羽生丈二。第一人者となった彼は、世界初、グランドジョラス冬期単独登攀に挑む。しかし登攀中に滑落、負傷。使えるものは右手と右足、そしてーー歯。羽生の決死の登攀が始まる。

双頭のバビロン上双頭のバビロン 上 (創元推理文庫) 
皆川博子

価格: 787円 185円(19%)お得

→ブクログでレビューを見る

小説の女王が贈る、壮麗なる銀幕奇譚。

爛熟と頽廃の世紀末ウィーン。ある秘密のため引き離されて育てられた、オーストリア貴族の血を引く双子ーーゲオルクとユリアン。ゲオルクは名家の跡取りとして陸軍学校へ行くが、決闘騒ぎを起こし放逐されたあげく、新大陸に渡って映画制作に携わる。出生自体を否定された片割れのユリアンは、ボヘミアにある廃城〈芸術家の家〉で、謎めいた少年ツヴェンゲルと共に高度な教育を受けて育つ。双子はそれぞれ全く異なる道を歩むかに見えたが……現代文学の最高峰を極めた名手が魔術的筆致で描く傑作ミステリ。

遠野物語拾遺retold付・遠野物語拾遺遠野物語拾遺retold 付・遠野物語拾遺 (角川ソフィア文庫) 
京極 夏彦

価格: 800円 280円(25%)お得

→ブクログでレビューを見る

『遠野物語』から二十余年後、柳田のもとには多くの説話が集められた。近代化の波の間にあった二百九十九の譚を京極夏彦が感性を生かして語り直す。角川ソフィア文庫には原著も併載、読み比べも楽しめる。

赤猫異聞(新潮文庫)赤猫異聞(新潮文庫) (新潮文庫) 
浅田次郎

価格: 700円

→ブクログでレビューを見る

時は、明治元年暮。火の手の迫る伝馬町牢屋敷から解き放ちとなった訳ありの重罪人たち──博奕打ちの信州無宿繁松、旗本の倅岩瀬七之丞、夜鷹の元締め白魚のお仙。牢屋同心の「三人のうち一人でも戻らなければ戻った者も死罪、三人とも戻れば全員が無罪」との言葉を胸に、自由の身となった三人の向う先には……。幕末から明治へ、激動の時代をいかに生きるかを描いた、傑作時代長編。

豹変豹変 (角川書店単行本) 
今野 敏

価格: 1,600円 128円(7%)お得

→ブクログでレビューを見る

都内の中学校で、三年生の佐田が同級生の石村を刺す事件が起きた。所轄署の取り調べで佐田は、老人のような口調で「邪魔をしたから懲らしめたのだ」と語り、係員を簡単に振り切り警察署から姿を消してしまうのだった。被害者の石村を訪ねた警視庁の富野は、石村が佐田の狐憑きを除霊しようとして刺されたと聞かされる。旧知のお祓い師・鬼龍光一とともに佐田を捜し、除霊に向かう富野。だが、次に豹変したのは、なんと石村の方だった──。本当に狐憑きの仕業なのか? そして次々と中学生の間で発生する類似の事件。そこには意外な共通点が浮かび上がる。

鮫島の貌(かお)新宿鮫短編集鮫島の貌(かお) 新宿鮫短編集 
大沢在昌

価格: 540円

→ブクログでレビューを見る

新宿署に異動直後、上司となる桃井と鮫島との出会い。飛び降り自殺を図ろうとした少年と関わる晶。鮫島の宿敵・仙田、鑑識官の藪……。シリーズに登場する個性的な人物たちの意外なエピソードから、人気コミックの主人公である両津勘吉や冴羽との共演まで。孤高の刑事・鮫島の知られざる一面が垣間見える短編が勢揃い。「新宿鮫」にしかない魅力が凝縮された全10作品。

「ななつ星」一〇〇五番目の乗客「ななつ星」一〇〇五番目の乗客 
西村京太郎

価格: 756円

→ブクログでレビューを見る

母親孝行がしたくて、九州の名所を巡る超人気豪華列車「ななつ星」ツアーに悪知恵を働かせ紛れ込んだ小悪党・賀谷大三郎。長崎、宮崎、阿蘇ーー。贅沢な列車で母子のんびり九州の旅を楽しむはずが、悪事がなぜか某ツアー参加客にバレていて、脅される。しかも乗車していた次期アメリカ駐日大使がツアー中に行方不明となり、九州各地から「神器」が次々と盗まれていくーー。十津川警部は真の「悪人」を見つけ出せるのか?

長い終わりが始まる長い終わりが始まる (講談社文庫) 
山崎ナオコーラ

価格: 484円

→ブクログでレビューを見る

大学4年生になっても就職活動もせずマンドリンサークルで練習に打ち込む小笠原。彼女が演奏する音楽というものには常に終わりの予感が漂うけれど、大学のサークルという小さな輪の中では絶えず人間関係が堂々めぐりを繰り返し、合奏は永遠に終わらない。そんな青春の切ない痛みを描き出した傑作小説。(講談社文庫)

素晴らしきインチキ・ガチャガチャの世界-コスモスよ永遠に-素晴らしきインチキ・ガチャガチャの世界-コスモスよ永遠に- 
ワッキー貝山

価格: 1,440円 504円(25%)お得

→ブクログでレビューを見る

コスモスという宇宙は終わらないーー。前作『愛しのインチキ・ガチャガチャ大全』にて、80年代に少年期を過ごした人々に、苦笑と郷愁、さらには畏怖すらも呼びさましたガチャガチャメーカー「コスモス」。前作に収録しきれなかったワッキー貝山氏の無尽蔵とも言えるコレクションを1000点以上掲載するのはもちろん、多くの元コスモス社員の貴重な証言により、謎多きこのメーカーの姿を再び追う!

続きはこちらで!
\よかったらシェアしてください/

こちらもチェックしました?