ギリシャ・EU・デフォルト(債務不履行)関連の電子書籍をあつめました

150628 theme greece

27日に開かれたユーロ圏財務相会合でギリシャの支援延長拒否が決まりました。期限が30日に迫った国際通貨基金(IMF)への15億ユーロの返済ができなかった場合、どうなるのでしょうか。

というわけで、ギリシャ、EC、デフォルト(債務不履行)について楽天Koboで読める電子書籍をご紹介します。

ギリシャ・EU・デフォルト関連の電子書籍から

逆流するグローバリズムギリシャ崩壊、揺らぐ世界秩序逆流するグローバリズム ギリシャ崩壊、揺らぐ世界秩序 (PHP新書) 
竹森俊平

価格: 676円 188円(21%)お得

→ブクログでレビューを見る

ギリシャ問題、ウクライナ危機、中国のアジアインフラ投資銀行(AIIB)設立……。そのすべてはつながっていた! 

ギリシャ危機の真実ギリシャ危機の真実 
藤原 章夫

価格: 150円 878円(85%)お得

→ブクログでレビューを見る

財政赤字隠しに端を発し、共通通貨ユーロの信用不安を引き起こしたギリシャ。なぜ国家は「破綻」に追い込まれたのか。真相を現地からリポートする。

週刊東洋経済2015年3月7日号週刊東洋経済 2015年3月7日号 

価格: 600円 90円(13%)お得

→ブクログでレビューを見る

第1特集】欧州激動[現地報告]パリ襲撃事件の現場を歩く<

EU崩壊(新潮新書)EU崩壊(新潮新書) (新潮新書) 
木村正人

価格: 600円 134円(18%)お得

→ブクログでレビューを見る

2009年のギリシャに端を発し、もぐら叩きのように繰り返される債務危機と、「too little, too late(少なすぎるし、遅すぎる)」と評されるEU首脳たちのドタバタ劇。ドイツ、フランス、イギリスなど主要国は同床異夢で、南欧諸国の放漫ぶりに北欧との溝は深まるばかり。第二次大戦の教訓に始まる大欧州という理想像は、もはや崩壊の途にあるーーその歴史と、近年の混乱の本質を探る現地最新レポート。

EUメルトダウン欧州発世界がなくなる日EUメルトダウン 欧州発世界がなくなる日 
浜 矩子?

価格: 910円 494円(35%)お得

→ブクログでレビューを見る

ギリシャに端を発した、欧州の財政危機問題はポルトガル、イタリア、スペインといったいわゆる“PIIGS諸国”に連鎖し、遂にEUの屋台骨の一つであるフランスまでにも飛び火して、金融危機が勃発しようとしている。さらに、もう一つの屋台骨であるドイツも“改革疲弊・限界支援”で今後の動きが読めない。EUは、まさに“メルトダウン”寸前の状態にある。ギリシャの破たんが、すぐそこまで来ている今、ユーロは暴落し、諸外国の株価も急落している。EU発の“世界経済大崩壊”“第二のリーマン・ショック”は日に日に現実味を帯びてきているのである。果たして“世界最大の国家”EUは生き延びられるのかーー。

欧州債務危機でEUに何が起こっているのか?欧州債務危機でEUに何が起こっているのか? (All About Books) 
All About編集部

価格: 300円

→ブクログでレビューを見る

ギリシャの債務危機問題が一向に解決しない中、欧州の金融大手デクシアが事実上の経営破綻となり、欧州発の金融危機にまで発展しつつあります。こうした状況を背景に、為替相場ではユーロがかつてない水準にまで売られています。ユーロ建て商品を持っている人の多くは、損失が発生しているかもしれません。そこで、身近な商品である外貨預金や外貨MMF、投資信託への対処法を解説します。

資本主義の「終わりの始まり」ーギリシャ、イタリアで起きていることー(新潮選書)資本主義の「終わりの始まり」ーギリシャ、イタリアで起きていることー(新潮選書) (新潮選書) 
藤原章生

価格: 1,040円 364円(25%)お得

→ブクログでレビューを見る

EU金融危機の本質とは、単なる財政破綻問題ではなく、資本主義そのものが変容する前兆ではないか? 我々の意識の底で、成長至上主義が終わろうとしているのではないか? ローマ駐在の新聞記者が、南欧の街頭で市民の話に耳を傾け、歴史や哲学、政治、経済などの碩学の知見も集め、資本主義の「次の形」を探求した刺激的論考。

ニューズウィーク日本版2015年3月10日2015年3月10日ニューズウィーク日本版 2015年3月10日 2015年3月10日 

価格: 400円

→ブクログでレビューを見る

そして沈みゆく EU統合の理念
 真の欧州統合へ 「ユーロ離脱」という選択肢
 欧州の足並みを乱す4カ国
移民との共生に問われる覚悟
若年者を襲う失業の嵐と機会の不平等

週刊エコノミスト2015年2/10号[雑誌]週刊エコノミスト 2015年 2/10号 [雑誌] 
週刊エコノミスト編集部

価格: 570円 49円(7%)お得

→ブクログでレビューを見る

株式・為替・債券 止まらない乱高下の構図と今後
【特集】世界金融不安 日米欧緩和が醸成する国際暴落
 規制強化が生む新たな危機
 米債に向かうオイルマネー
 コモディティー急落の裏側
 徹底予測どう動く FRB、日銀、ECB
 ギリシャ危機再燃 中東過激派と日本

国債リスク金利が上昇するとき国債リスク 金利が上昇するとき 
森田長太郎

価格: 1,280円 448円(25%)お得

→ブクログでレビューを見る

本書は、アベノミクスが日本国債の将来にどのような影響を与えるかを考察しています。
著者の大胆予測によると、「10~20年後、国債暴落はおよそ3%の確率で起こる」。
こうした数値は、金融市場の専門家の間では「通常の確率分布では発生しないリスク」とみなされます。
ただし、アベノミクスによって、この「通常は発生しないリスク」の発生確率が、以前よりほんの少し上昇したのではないか、と著者は見ています。
なぜ、国債がこれまでとは違う局面を迎えたと考えているのか。本書は日本経済やグローバル経済の変化を基に、そのわけを探っていきます。

国債パニックゲーム理論で破綻時期を警告!国債パニック ゲーム理論で破綻時期を警告! 
逢沢明

価格: 1,500円 120円(7%)お得

→ブクログでレビューを見る

各種公開情報をもとにゲーム理論の視点で考えれば、
国債破綻は目の前の“崖”として迫っている。
その崖から転落する日を「Xデー」とすると、
それはいつなのか!?

国債の歴史金利に凝縮された過去と未来国債の歴史 金利に凝縮された過去と未来 
富田俊基

価格: 5,400円 1,080円(16%)お得

→ブクログでレビューを見る

絶対王政時代から第2次大戦後まで500年間に及ぶ、世界の国債市場の歴史をたどる。国債の金利は常に歴史の行く末を見通していた。財政論議に貴重な示唆を与える大著。
【主な内容】
はじめに
序 章  市場の警告

株は再び急騰、国債は暴落へ株は再び急騰、国債は暴落へ (幻冬舎単行本) 
朝倉慶

価格: 1,200円 420円(25%)お得

→ブクログでレビューを見る

政府がありとあらゆる手段を使って国民の資産を株式市場に投入させようとしている現在、資産を増やすために日本人が知っておくべき経済の真実が満載。知らないと大変な目に遭う可能性大!

日本のソブリンリスク国債デフォルトリスクと投資戦略日本のソブリンリスク 国債デフォルトリスクと投資戦略 
土屋剛俊

価格: 2,520円 504円(16%)お得

→ブクログでレビューを見る

日本のソブリンリスクの本質に迫る実践的な運用戦略の書。歴史的・理論的に検証した上、将来的なシナリオ毎のデフォルトの発生確率を明らかにし、投資戦略にどう反映すべきかを示す。

デフォルト債務不履行デフォルト債務不履行 (角川文庫) 
相場 英雄

価格: 540円 139円(20%)お得

→ブクログでレビューを見る

「表向きなくなったはずの不良債権は沈殿している。大臣も隠蔽のお先棒を担いでいる」ーー真実を訴えたエコノミストの死。復讐に燃える同志たちは、日銀・財務省・金融庁・大手都銀のトップエリートたちによる腐敗の構造に挑み、日銀をデフォルト(債務不履行)に追い込む驚愕のシナリオを描く。綿密な取材に基づくエンターテインメント経済小説として、高い評価を得た、第2回ダイヤモンド経済小説大賞受賞作、待望の文庫化!

地球の歩き方A01ヨーロッパ2015-2016【分冊】2ギリシア地球の歩き方 A01 ヨーロッパ 2015-2016 【分冊】 2 ギリシア (地球の歩き方) 

価格: 300円

→ブクログでレビューを見る

アテネを中心に滞在し、ミニクルーズを楽しむだけなら5日ほどでOK。アテネに加えて、エーゲ海の島々も周遊するならさらに1週間から10日間が必要になる。また、船は遅延や欠航なども多いので、思わぬところで足止めを食うことも考えられる。さらにペロポネソス半島やデルフィ、メテオラといった本土の見どころを回るのに1週間ほど。しめてギリシア本土とエーゲ海を合わせてざっと3週間から1ヵ月あれば周遊できる。

ギリシア神話を知っていますかギリシア神話を知っていますか 
阿刀田高

価格: 490円 39円(7%)お得

→ブクログでレビューを見る

聖書と並ぶ古典中の古典、ギリシア神話は、世界の思想、芸術、文芸に多大の影響を及ぼしている。本書では、多彩豊富な物語の膨大な枝葉を巧みに整理し、著名なエピソードを取りあげてわかりやすく解説する。エロス、オイディプス、パンドラ、アンドロメダ……神話中のヒーローとヒロインの運命を、作家的想像力で興味深く語ったこの一冊で、あなたはもう“ギリシア神話通”。

週刊エコノミスト2015年3/17号[雑誌]週刊エコノミスト 2015年 3/17号 [雑誌] 
週刊エコノミスト編集部

価格: 570円 49円(7%)お得

→ブクログでレビューを見る

【特集】キーワードで知る 経済リスク このあと何が起きるか?
・株価最高値
・国債暴落
・通貨安競争
・中国減速
・原油安
・国際緊張
・米利上げ
・長期停滞

週刊ダイヤモンド15年4月11日号週刊ダイヤモンド 15年4月11日号 (週刊ダイヤモンド) 
ダイヤモンド社

価格: 639円 70円(9%)お得

→ブクログでレビューを見る

特集 世界経済(超)入門 地政学で読み解く 覇権争いの衝撃Prologue 日本人だけが知らない世界をのみ込む新中華覇権の衝撃Part 1 なぜ今ブーム? 基礎から分かる「地政学」超入門Part 2 目からうろこの新秩序!? 米中’新冷戦’を超解説Part 3 みるみる分かる! 欧州問題 地政学でEUを大解剖Part 4 地政学で読み解く 

週刊ダイヤモンド15年3月14日号週刊ダイヤモンド 15年3月14日号 (週刊ダイヤモンド) 
ダイヤモンド社

価格: 639円 70円(9%)お得

→ブクログでレビューを見る

特集北欧に学べなぜ彼らは世界一が取れるのかPrologue 長く寒い冬が鍛えた冒険心 北欧企業はなぜ海を渡るのかPart 1 バイキング企業の世界制覇術 イケアの”進化”生み出す低価格とデザインの衝突Part 2 大企業でも”救わない”意外な国家政策 「アップルに殺された」ノキア フィンランドはどう転身したかPart 3 高福祉国家の実像 北欧人に聞いてみた「本当に幸せなの?」Part 4 なぜ日本女子は北欧好きなのか 日本を”捨てた”ムーミンの復活劇

\よかったらシェアしてください/

こちらもチェックしました?