【ライトノベル 新刊まとめ】となりの魔王 到来編/魔術士オーフェンしゃべる無謀編7/幽遊菓庵 三/九十九さん家のあやかし事情/嘘つきウサギと銀の檻/他

150618 weekly lightnovel

この約1週間(6月11日〜6月17日)の間にKoboで発売された電子書籍から「ライトノベル」の注目本をご紹介します!

今週はKADOKAWAの「ビーズログ文庫」「富士見L文庫」の作品が多いですね。

ライトノベル新刊で人気の作品は?

となりの魔王到来編となりの魔王 到来編 (ビーズログ文庫アリス) 
雪乃下ナチ

価格: 504円 100円(16%)お得

→ブクログでレビューを見る

平凡な田舎町に暮らす、平凡な女子高校生の瀬野夏織。ある日、うちの隣に引っ越してきたのはーー魔王でした。全身黒いベール、肩にカラス、そして手には引っ越し蕎麦。「つまらぬものだがお近づきのしるしぞ」「はあ、これはどうも、ご丁寧に……」値引き品と通信販売が好き、町内会にもきちんと参加! おかしな魔王様とツッコミ女子高校生が繰り広げる、ハートフル非日常コメディ!

魔術士オーフェンしゃべる無謀編7魔術士オーフェンしゃべる無謀編7 
秋田禎信

価格: 700円 3,188円(81%)お得

→ブクログでレビューを見る

『魔術士オーフェン』の短編シリーズとして、1995年から2000年にかけて雑誌『ドラゴンマガジン』(富士見書房)誌上で連載された[無謀編]を再編集、さらに秋田禎信が書き下ろす新作短編を収録!

九十九さん家のあやかし事情五人の兄と、迷子の狐九十九さん家のあやかし事情 五人の兄と、迷子の狐 (富士見L文庫) 
椎名 蓮月

価格: 620円 49円(7%)お得

→ブクログでレビューを見る

両親を早くに亡くしたあかねは、5人の過保護な兄と暮らしている。たまにウンザリしながらも円満に過ごす日々は、ある時死んだ父から手紙が届くことで一変した。なんとあかねには、あやかしの許嫁がいるようで!?

幽遊菓庵~春寿堂の怪奇帳~三幽遊菓庵~春寿堂の怪奇帳~ 三 (富士見L文庫) 
真鍋 卓

価格: 660円 52円(7%)お得

→ブクログでレビューを見る

妖狐・玉藻が営む和菓子屋『春寿堂』。そこで名月が働き始めてから、季節が一つ巡ろうとしていた。和菓子作りの腕も上げ、春らしい上生菓子作りを託されるのだがーーなんと“春が訪れない”怪奇に遭遇してしまい!?

嘘つきウサギと銀の檻嘘つきウサギと銀の檻 (ビーズログ文庫アリス) 
骨盤P

価格: 540円 108円(16%)お得

→ブクログでレビューを見る

内気な高校生アリサが、迷い込んでしまった世界ーーそこで開かれていたのは、特殊な役職と能力を与えられた参加者が<無垢なるアリス>を狙うデスゲームだった!! 不幸にもアリスに選ばれてしまったアリサは、絶体絶命の窮地を<白ウサギ>を名乗る青年に救われる。呆然とするアリサに、自分の言うことを聞けば帰れる、と彼は言うが……。閉ざされたこの世界で、真実を騙る“嘘つき”はーー誰?

姫の婿とり始まりはさかしまに!姫の婿とり 始まりはさかしまに! (ビーズログ文庫) 
御園生 みどり

価格: 504円 100円(16%)お得

→ブクログでレビューを見る

千芳姫は婿とりを迫られていた。候補の冬興は雅な笑みで、漣吾は真っ直ぐな瞳で詰めよってくる。だけど千芳には婿を選べない理由がーー「俺が、男が、どうやって婿を取るんだよ!」男だと知れると命がない! 千芳は城を飛び出すが、夜盗に絡まれ絶体絶命! その時、一人の少女が颯爽と千芳を助け出した。見覚えのある彼女はまさか……漣吾!? えんため大賞特別賞作!

月の魔法は恋を紡ぐ~特殊な嗜好はハタ迷惑!~月の魔法は恋を紡ぐ ~特殊な嗜好はハタ迷惑!~ (ビーズログ文庫) 
富樫聖夜

価格: 522円 104円(16%)お得

→ブクログでレビューを見る

誰もが羨む美貌のリーフィアは、10歳の誕生日、変質な魔法使いによって成長が止まる魔法をかけられてしまった! ──そう、彼は、幼児性愛病者(ロリコン)だったのだ!! 新月の晩だけ元に戻れるものの、18歳になっても子供姿のリーフィアは、魔法を解除すべく王宮の魔術師に会いに行く。しかし、そこで出会った王子様にやたらと好かれてしまい!? まさか、王子(あなた)もロリコンなの──!?

桜ノ杜ぶんこ戦国ぼっち7桜ノ杜ぶんこ 戦国ぼっち7 (桜ノ杜ぶんこ) 
瀧津孝

価格: 500円 212円(29%)お得

→ブクログでレビューを見る

「三好麗というおなごはんは生きておいでや。今頃は京の都に着いていなさるやろう」
悲しみに明け暮れる一郎太たちの前に、巫女姿の少女・雀憐が衝撃の事実を告げる。雀憐の話では、霊験あらたかなる巫女・十六夜が麗を助け、京の都に向かっているとのことだった。
一行は雀憐と共に京へ急ぐ。天下人・秀吉にまみえた一郎太は、光る魔物──“鬼火猩々”が都人を襲う事件が多発しており、しかも十六夜と麗も事件に巻きこまれたことを聞く。一郎太は秀吉から事件解決を託されるのだが、そこには都を取り巻く大きな陰謀が進行しているのだった……。
【京の光る魔物事件 前編】

続きはこちらで!
\よかったらシェアしてください/

こちらもチェックしました?