Kobo【今週の小説&エッセイまとめ】史上最強の大臣/武道館/路/海街diary/六番目の小夜子/桜の下で待っている/産む、産まない、産めない/消滅都市/他

150525 weekly novel

今週は過去の恩田陸作品が多数配信されてまーす。

この1週間(5月18日〜5月24日)の間にKoboで発売された「小説・エッセイ」の新刊の中から、売れ筋の本をご紹介します!

この1週間に発売された小説・エッセイから

史上最強の大臣史上最強の大臣 
室積光

価格: 745円

→ブクログでレビューを見る

日本の危機に、あの男たちが帰ってきた!北朝鮮の核ミサイル問題を収め、京都に帰った二条内閣。彼らのもとに、全国学力テスト最下位に悩む大阪府知事がやってきた。府知事のたっての依頼で、二条内閣は裏方として教育問題に取り組むことに。しかし、京都御所に忍者が放たれ、影の閣議の会話を盗聴されてしまい、二条内閣の大阪府への協力が白日の下となる。しかも、テレビのニュース番組で、二条内閣は軍国教育を推進させていると猛烈な批判を浴びる事態に発展。さらには、全団連なる怪しい団体まで登場し、大阪は一触即発の事態に。果たして、史上最強の内閣の行く末は? 書店員さんの支持率100%! ベストセラー『史上最強の内閣』、涙の完結!?

武道館武道館 (文春e-book) 
朝井リョウ

価格: 1,099円 305円(21%)お得

→ブクログでレビューを見る

【正しい選択】なんて、この世にない。結成当時から、「武道館ライブ」を合言葉に活動してきた女性アイドルグループ「NEXT YOU」。独自のスタイルで行う握手会や、売上ランキングに入るための販売戦略、一曲につき二つのパターンがある振付など、さまざまな手段で人気と知名度をあげ、一歩ずつ目標に近づいていく。しかし、注目が集まるにしたがって、望まない種類の視線も彼女たちに向けられる。「人って、人の幸せな姿を見たいのか、不幸を見たいのか、どっちなんだろう」「アイドルを応援してくれてる人って、多分、どっちもあるんだろうね」恋愛禁止、スルースキル、炎上、特典商法、握手会、卒業……発生し、あっという間に市民権を得たアイドルを取り巻く言葉たち。それらを突き詰めるうちに見えてくるものとはーー。「現代のアイドル」を見つめつづけてきた著者が、満を持して放つ傑作長編!

路路 (文春文庫) 
吉田修一

価格: 720円 3円お得

→ブクログでレビューを見る

台湾でも大反響! 国を越え、溢れる想い台湾に日本の新幹線が走る! 巨大プロジェクトに、それぞれの国の人々の個々に抱いてきた想いが繋がる。確かな手触りの感動傑作!

森は知っている森は知っている (幻冬舎単行本) 
吉田修一

価格: 1,200円 420円(25%)お得

→ブクログでレビューを見る

自分以外の人間は誰も信じるなーー子供の頃からそう言われ続けて育てられた。しかし、その言葉には、まだ逃げ道がある。「たった一人、自分だけは信じていい」のだ。南の島の集落で、知子ばあさんと暮らす高校生の鷹野一彦。東京からの転校生・詩織の噂話に興じるような、一見のどかな田舎の高校生活だが、その裏では、ある組織の諜報活動訓練を受けている。ある日、同じ訓練生で親友の柳勇次が、一通の手紙を残して姿を消した。逃亡、裏切り、それとも? その行方を案じながらも、鷹野は訓練の最終テストとして初任務につくがーー。過酷な運命に翻弄されながらも、真っさらな白い地図を胸に抱き、大空へと飛翔した17歳の冒険が、いま始まる!「ここよりももっと良い場所、あるよな?」「あるよ、いっぱい。私たちが知らないだけで」ささやかでも確かな“希望”を明日へと繋ぐ傑作エンターテイメント!

海街diary海街diary 
高瀬ゆのか

価格: 616円

→ブクログでレビューを見る

大人気コミックの映画版を完全ノベライズ!行方知れずだった父の葬式で、三姉妹は腹違いの妹に出会う。大人以上に気丈な異母妹ーすずに、長女の幸は声をかける。「一緒に暮らさない?」しっかり者の長女・幸。姉とぶつかることの多い次女・佳乃。マイペースな三女・千佳。そして、不倫の子であると負い目を抱えながらも鎌倉に来る決意をした四女、すず。四姉妹の生活が始まったが…。
鎌倉を舞台に、人の強さ、弱さ、優しさを温かい視点で描いた大ベストセラー・マンガ大賞2013受賞、「flowers」で連載中の大人気コミック『海街diary』を実写映画化、その完全ノベライズをお届け! 

猫と針(新潮文庫)猫と針(新潮文庫) (新潮文庫) 
恩田陸

価格: 360円

→ブクログでレビューを見る

高校時代の友人が亡くなり、映画研究会の同窓生男女5人が葬式帰りに集まった。小宴がはじまり、四方山話に花が咲くが、どこかぎこちない面々。誰かが席を外すと、残りの仲間は、憶測をめぐらし不在の人物について語り合う。やがて話題は、高校時代の不可解な事件へと及んだ……。15年前の事件の真相とは? そしてこの宴の本当の目的は? 著者が初めて挑んだ密室心理サスペンス劇。

図書室の海(新潮文庫)図書室の海(新潮文庫) (新潮文庫) 
恩田陸

価格: 580円

→ブクログでレビューを見る

あたしは主人公にはなれないーー。関根夏はそう思っていた。だが半年前の卒業式、夏はテニス部の先輩・志田から、秘密の使命を授かった。高校で代々語り継がれる〈サヨコ〉伝説に関わる使命を……。少女の一瞬のときめきを描く『六番目の小夜子』の番外篇(表題作)、『夜のピクニック』の前日譚「ピクニックの準備」など全10話。恩田ワールドの魅力を凝縮したあまりにも贅沢な短篇玉手箱。

六番目の小夜子(新潮文庫)六番目の小夜子(新潮文庫) (新潮文庫) 
恩田陸

価格: 610円

→ブクログでレビューを見る

津村沙世子ーーとある地方の高校にやってきた、美しく謎めいた転校生。高校には十数年間にわたり、奇妙なゲームが受け継がれていた。三年に一度、サヨコと呼ばれる生徒が、見えざる手によって選ばれるのだ。そして今年は、「六番目のサヨコ」が誕生する年だった。学園生活、友情、恋愛。やがては失われる青春の輝きを美しい水晶に封じ込め、漆黒の恐怖で包みこんだ、伝説のデビュー作。

隅の風景(新潮文庫)隅の風景(新潮文庫) (新潮文庫) 
恩田陸

価格: 580円

→ブクログでレビューを見る

ビールを楽しんだプラハ、巡礼者が行き交うスペイン、高所恐怖症と闘った韓国……。それぞれの土地に広がる、見たことのなかった風景たちを写真に収め、心に刻みながら、作家は新しい小説の予感を探す──。稀有な感性で捉えた情景を描き出す旅エッセイは、もう一つの恩田陸ワールド。さらに、過去の小説作品のヒントを得た舞台を明かす「ゲニウス=ロキ覚書」を書き下ろし収録。

ひとかどの父へひとかどの父へ (朝日新聞出版) 
深沢潮

価格: 1,400円 544円(27%)お得

→ブクログでレビューを見る

大学を卒業した朋美にとって父親の記憶はおぼろだ。父の膝の上に抱かれた記憶、煙草の匂い、顎にある大きなほくろ。活動家で、理想の世界実現に燃えてい た、立派な男ーーまだ見ぬ父を思うたびに切なくなる。ところが、実業家の母である清子が衆議院議員に立候補した折、夫が在日朝鮮人であったことが報道さ れ、朋美はその事実に衝撃を受ける。なぜ母はそれを黙っていたのか。不安と怒り、拒 絶、落胆……複雑な感情が渦巻く。崩れていく理想像。父親の正体はいったい誰だったのか。自身のアイデンティティと向き合うために、朋美は父親の足跡を辿 る。一方、日本人である母親と父との出会いにも、秘められたドラマがあった…。母子三代にわたる在日の家族を描く、感動の物語。

桜の下で待っている桜の下で待っている 
彩瀬まる

価格: 1,120円 392円(25%)お得

→ブクログでレビューを見る

面倒だけれど愛おしいーー「ふるさと」をめぐる5つの物語。桜前線が日本列島を北上する4月、新幹線で北へ向かう男女5人それぞれの行先で待つものはーー。婚約者の実家を訪ねて郡山へ。亡くなった母の七回忌に出席するため仙台へ。下級生を事故で亡くした小学4年生の女の子は新花巻へ。実家との確執、地元への愛着、生をつなぐこと、喪うこと……複雑にからまり揺れる想いと、ふるさとでの出会いをあざやかな筆致で描く、「はじまり」の物語。ふるさとから離れて暮らす方も、ふるさとなんて自分にはない、という方も、心のひだの奥底まで沁みこむような感動作。

産む、産まない、産めない産む、産まない、産めない 
甘糟りり子

価格: 1,296円 324円(20%)お得

→ブクログでレビューを見る

「最後の選択」出世と出産、あなたならどちらを優先させますか? 予想外の妊娠に揺れる、四十歳の選択とは/「ポトフと焼きそば」血の繋がらない息子と実の娘との距離感。ステップ・ファミリーという新しい家族の形/「次男坊の育児日記」増えているとはいうものの、男性の育児休暇はまだまだ少数派。いざ申請すると、どんな毎日が待っているのだろうか/他5編を収録した珠玉の短編集。

消滅都市消滅都市 
下田翔大(株式会社Wright Flyer Studios)

価格: 926円 370円(28%)お得

→ブクログでレビューを見る

300万DLを超える大人気スマホゲームを、豪華制作陣によって公式ノベル化!『輪るピングドラム』の原作小説や『ユリ熊嵐』の小説版の執筆を手掛けた高橋慶氏と、『まおゆう魔王勇者』のイラストを手掛けたことでも話題のtoi8氏がタッグを組んで、“消滅から始まる「もうひとつの物語」”を描きます。3年前、ひとつの都市が忽然と消えた。運び屋のタクヤと、消滅した都市ーロストーから唯一生還した謎の少女ユキ。二人は、消息を絶ったと思われていたユキの父親からのメッセージを頼りに、ロストの中心部へと向かう旅をしていた。ロストをめぐり、ツキやタイヨウをはじめとする謎の組織に属する研究者たちや、消滅に巻き込まれ亡くなったユキの弟・ソウマらのタマシイとの戦いの末、辿り着いた先に待ち受けていたのは、ロストを引き起こした核(コア)と融合し、変わり果てた姿になったユキの父親だったーー

こちらもチェックしました?