[終了] 【5月7日オトク情報】『ちはやふる』1巻無料!2〜3巻やBE・LOVEも半額!『掟上今日子の備忘録』もセール!

150507 otoku

今日見つけた、楽天Koboのセール本や無料本をご紹介いたします!

『ちはやふる』1巻無料!2〜3巻も53%OFF!

ちはやふる1巻ちはやふる 1巻(BE・LOVE)
末次由紀

価格: 無料

→ブクログでレビューを見る

まだ”情熱”って言葉さえ知らない、小学校6年生の千早(ちはや)。そんな彼女が出会ったのは、福井からやってきた転校生・新(あらた)。おとなしくて無口な新だったが、彼には意外な特技があった。それは、小倉百人一首競技かるた。千早は、誰よりも速く誰よりも夢中に札を払う新の姿に衝撃を受ける。しかし、そんな新を釘付けにしたのは千早のずば抜けた「才能」だった……。まぶしいほどに一途な思いが交差する青春ストーリー、いよいよ開幕!!

ちはやふる2巻ちはやふる 2巻(BE・LOVE)
末次由紀

価格: 216円 247円(53%)お得

→ブクログでレビューを見る

千早(ちはや)が出会った転校生・新(あらた)は、小倉百人一首競技かるたという特技があった。千早は、誰よりも速く、夢中に札を払う新に衝撃を受ける。しかし、そんな新を惹きつけたのは千早のずば抜けた「才能」だった。同級生の太一も加わり挑んだ団体戦。別れの切なさを知った卒業式……。高校生になった千早は、離れていても、三人のかるたへの情熱は変わらないと信じていたがーー!? 千早たちの切なる想いがきらめく第2巻!!

ちはやふる3巻ちはやふる 3巻(BE・LOVE)
末次由紀

価格: 216円 247円(53%)お得

→ブクログでレビューを見る

千早(ちはや)は、転校生・新(あらた)が、小倉百人一首競技かるたの札を払う姿に衝撃を受け、同級生の太一(たいち)とかるたを始める。卒業で離れてしまっても、新のかるたへの情熱は変わらないと信じる千早は、新との再会の日のため、強くなることを太一と誓い合う。そんな二人の情熱に導かれた新たな仲間とともに、瑞沢高校かるた部が動き出した。団体戦での全国大会出場を目指し、強豪ひしめく都予選にのぞんだ千早たちは!?

BE・LOVE2015年9号5月1日号[2015年4月15日発売]BE・LOVE 2015年9号5月1日号 [2015年4月15日発売](BE・LOVE)
BE・LOVE編集部

価格: 216円 通常432円

→ブクログでレビューを見る

「ちはやふる」と「ハッピー!ハッピー♪」のW表紙。「ちはやふる」映画化のニュースを巻頭カラーでお知らせ。

BE・LOVE2015年8号4月15日号[2015年4月1日発売]BE・LOVE 2015年8号4月15日号 [2015年4月1日発売](BE・LOVE)
BE・LOVE編集部

価格: 216円 通常432円

→ブクログでレビューを見る

人気作品「ちはやふる」が表紙&巻頭カラーで登場。読者が選ぶ名場面の発表と読者プレゼントを実施。

今日見つけたセール本!

掟上今日子の備忘録掟上今日子の備忘録
西尾維新

価格: 1,080円 270円(20%)お得

→ブクログでレビューを見る

掟上今日子ーーまたの名を、忘却探偵。すべてを一日で忘れてしまう彼女は、事件を(ほぼ)即日解決!あらゆる事件に巻き込まれ、常に犯人として疑われてしまう不遇の青年・隠館厄介(かくしだてやくすけ)は今日も叫ぶ。「探偵を呼ばせてくださいーー!!」スピーディーな展開と、忘却の儚さ。果たして今日子さんは、事件の概要を忘れてしまう前に解決することができるのか?

【期間限定価格】宮崎駿が世界に残した遺産(ニューズウィーク日本版e-新書No16)【期間限定価格】宮崎駿が世界に残した遺産(ニューズウィーク日本版e-新書No16)
ニューズウィーク日本版編集部

価格: 125円

→ブクログでレビューを見る

世界の批評家、クリエーターたちを虜にし、日本発のアニメ文化「ジャパニメーション」を牽引し続けた宮崎駿が、引退を宣言した。
巨匠ミヤザキが世界に残した「遺産」とは何か?
アメリカ、中国、フランスのジャーナリスト、クリエーターがその真の意味を語る。

<内容>
1、宮崎駿が世界に残した遺産
2、世界を魅了した宮崎駿とその哲学
3、ナウシカと中国SFと共産党と
4、ジブリのアニメは現代の浮世絵だ
5、緑深いジブリの庭に忍び込んだら
6、『風立ちぬ』のヒロインが「菜穂子」である理由

*この電子書籍は、ニューズウィーク日本版2013年12月3日号などに掲載された記事を再編集して構成しています。

日本で一番AVを観ている女浅野こうめのAV鑑賞記日本で一番AVを観ている女 浅野こうめのAV鑑賞記
浅野こうめ

価格: 180円

→ブクログでレビューを見る

ひょんな事から、毎月50本以上のAVを観る事となった浅野こうめが、AV漬けの日々からわかった事・感じた事とは?女子だってAVを観たいし、性癖は人それぞれであって、決して綺麗な作品、ノーマルなSEXだけが好みなわけではないのである。女子だって、AVをオカズにひとりエッチを楽しみたい!そう、AVは今や男性だけのものではないのである。

●著者プロフィール●
浅野こうめ
元・IT系企業勤務。現在は女性のセクシャルライフを応援する、女性向けアダルト動画配信サイト「PeachJoy」スタッフとして日々奮闘する。日本で一番AVを観てる女。毎月50本以上のAVを見ては研究に励む。海や山など自然をこよなく愛す20代後半の独女。

\よかったらシェアしてください/

こちらもチェックしました?