Kobo【今週の小説・エッセイまとめ】わたしの神様/リライブ/項羽と劉邦/ザップ・ガン/ABC! 曙第二中学校放送部/パトレイバー TOKYO WAR 2/

150504 weekly novel

この1週間(4月27日〜5月3日)の間にKoboで発売された「小説・エッセイ」の新刊の中から、売れ筋の本をご紹介します!

この1週間に発売された小説・エッセイから

わたしの神様わたしの神様(幻冬舎単行本)
小島慶子

価格: 1,200円 420円(25%)お得

→ブクログでレビューを見る

視聴率低迷中のニュース番組「ウィークエンド6」の起死回生をはかるため、テレビ太陽きっての敏腕プロデューサー藤村は“女子アナ”キャスターのてこ入れに動いた。産休に入る佐野アリサの後任に起用したのは、全方位の好感度で不動の人気を誇るミスキャンパス出身の仁和まなみ。アイドルアナからニュースキャスターへと鮮やかな転身をとげたい彼女は、権力欲や保身に走る男たちや、敵意むき出しの女たちに晒されやがてスキャンダルの渦に引き摺り込まれる。描かれることのなかった“女子アナ”たちの強烈な嫉妬と執着と野心に、ページをめくる手が止まらない。一気読み必至の極上エンタメ小説。

THENEXTGENERATIONパトレイバーTOKYOWAR2灰色の幽霊THE NEXT GENERATION パトレイバー TOKYO WAR 2 灰色の幽霊(角川書店単行本)
押井 守

価格: 1,500円 120円(7%)お得

→ブクログでレビューを見る

光学迷彩を搭載する陸上自衛隊の試製戦闘ヘリ”グレイゴースト”が演習直後に失踪した。ヘリの行方が掴めぬまま、レインボーブリッジに謎の爆発が発生。特車二課関係者たちにあの幻のクーデターが甦る──。

リライブリライブ(ハヤカワ文庫JA)
法条 遥

価格: 680円 76円(10%)お得

→ブクログでレビューを見る

未来へ跳んだ夏、過去を変えた秋、時に挑んだ冬。すべては君の、完璧な春のためにーー。2013年春、転生し続ける女、国枝小霧(くにえださぎり)の結婚式に届いた一通の祝辞が、物語の真実を語り出す。シリーズ完結篇。

ザップ・ガンザップ・ガン(ハヤカワ文庫SF)
フィリップ K ディック

価格: 896円 97円(9%)お得

→ブクログでレビューを見る

東西両陣営の兵器ファッション・デザイナー二人。日々、独創的で戦慄すべき殺戮兵器を開発しているというのは大嘘で、兵器に殺傷能力はなかった。だが、エイリアン襲来という地球の危機に、二人は協力して究極兵器の開発に着手する……!?

項羽と劉邦(上)(新潮文庫)項羽と劉邦(上)(新潮文庫)(新潮文庫)
司馬遼太郎

価格: 790円

→ブクログでレビューを見る

紀元前3世紀末、秦の始皇帝は中国史上初の統一帝国を創出し戦国時代に終止符をうった。しかし彼の死後、秦の統制力は弱まり、陳勝・呉広の一揆がおこると、天下は再び大乱の時代に入る。ーーこれは、沛のごろつき上がりの劉邦が、楚の猛将・項羽と天下を争って、百敗しつつもついに楚を破り漢帝国を樹立するまでをとおし、天下を制する“人望”とは何かをきわめつくした物語である。

ABC!曙第二中学校放送部ABC! 曙第二中学校放送部
市川朔久子

価格: 1,296円 324円(20%)お得

→ブクログでレビューを見る

主人公・みさとはアナウンス経験ゼロの、放送部員。しかも2人しかいない零細クラブだ。能天気な顧問と厳しい担任のせいで、毎週火曜日の昼の放送を行うこと、しかも部員を増やさなければならなくなって…。超美少女転校生・葉月の出現で、放送部が大きく変わる。気になる同級生との関係も、目が離せない。温かな描写と、キャラクターたちが美しく輝く、心優しい青春小説!

天才ハッカー安部響子と五分間の相棒天才ハッカー安部響子と五分間の相棒(集英社文庫)
一田和樹

価格: 724円 53円(6%)お得

→ブクログでレビューを見る

ネット上でのなりすましとカードの不正利用の被害に遭った肇。犯人探しの末に辿り着いたのは隣人の美女・安部響子だった。彼女に誘われ、ハッカー集団ラスクの一員として活動を始める肇。トラブルを放置する悪質企業を攻撃して謝罪と賠償を行わせる、世直しともいえる活動は世間の支持を集めるが、警察の捜査の手も迫り……。引きこもり美女と変わり者の青年が大金を狙う、スリリングな快作!

桜の首飾り桜の首飾り(実業之日本社文庫)
千早茜

価格: 474円 166円(25%)お得

→ブクログでレビューを見る

烈しくも切ない、桜と人生をめぐる7つの物語。あたたかい桜、冷たく微笑む桜、烈しく乱れ散る桜……桜の季節に、人と人の心が繋がる一瞬を鮮やかに切り取った、感動の短編集。ステージママを嫌う子役の女の子(「初花」)、謎多き愛人をめぐる二人の男(「花荒れ」)、見知らぬ女性から「青い桜の刺青の標本を探して」と頼まれる大学資料館のアルバイト(「背中」)……現代に生きる男女の幻想、羨望、嫉妬、自己回復、そして成長を、気鋭の作家が描き出す。

色彩の息子色彩の息子(集英社文庫)
山田詠美

価格: 464円 32円(6%)お得

→ブクログでレビューを見る

一人きりで目覚めてしまう明け方。私は人の声に触れたくて、知らない誰かに電話をかける。冷たいシーツの上、澄み切った夜明けの青い空気の隙間で溺れてしまわないようにーー(「顔色の悪い魚」)。色彩が、もし息子たちを生むのなら、五感は、常に心を親にしている。金、赤、青、紫、白、緑、橙、黄、灰、茶、黒、銀。心の中のパレットから選びだした言葉で描きだされた、12色の短編集。

熱帯安楽椅子熱帯安楽椅子(集英社文庫)
山田詠美

価格: 421円 32円(7%)お得

→ブクログでレビューを見る

恋をしてから、小説が書けなくなった「私」。自分を甘やかしたい。横になる寝台が欲しいのだ。そう言った私に、男友達はバリ島行きの航空券を手配してくれた。暑い国で休んでおいで。行っておいで、あの熱帯の安楽椅子に。そこで出会った男たちと愛しあううち、私の中にバリ島の熱が染み込んでゆく。豊潤で濃密な愛の物語。

ミツハの一族ミツハの一族
乾ルカ

価格: 1,481円 355円(19%)お得

→ブクログでレビューを見る

「約束しよう。君の苦しみは、僕がいつか必ず取り除く」大正時代の北海道を舞台にした著者渾身のミステリ。未練を残して死んだ者は鬼となり、井戸の水を赤く濁す。そのままでは水源は涸れ、村は滅んでしまう。鬼となった者の未練を解消し、常世に送れるのは、“ミツハの一族”と呼ばれる不思議な一族の「烏目役」と「水守」のみ。大正12年、黒々とした烏目を持つ、北海道帝国大学医学部に通う八尾清次郎に報せが届く。烏目役の従兄が死んだと。墓参りのため村に赴き、初めて水守の屋敷を訪ねた清次郎は、そこで美しい少女と出会う──。過酷な運命を背負わされた二人と一族の姿を抒情豊かに描いた、清艶な連作ミステリ。

誰でもない彼の秘密誰でもない彼の秘密
マイケラ・マッコール

価格: 1,481円 247円(14%)お得

→ブクログでレビューを見る

初恋の終わり、それは謎解きの始まり。15歳のエミリー・ディキンソンが探偵役をつとめる清新な物語。1845年、アメリカの小さな町。ディキンソン家の娘、15歳のエミリーは洒落た身なりの美青年と出会う。身内の問題を解決するため、この町に来たらしい。名のるほどの者ではないと言った、謎めいた彼に惹かれたエミリーは町を案内する約束を交わす。ところが数日後、家の敷地内で男性の死体が発見される。それは先日出会ったばかりの彼だった。彼ーーミスター・ノーバディが何者なのか、いったいなにが起こったのかを突きとめたい。その一心でエミリーは慣れない調査をはじめる。瑞々しい感性と抜群の観察眼を持つ、偉大な詩人エミリー・ディキンソンの少女時代を描いた鮮やかな力作!

いつかぼくが帰る場所いつかぼくが帰る場所(早川書房)
ピーター ヘラー

価格: 2,333円 259円(9%)お得

→ブクログでレビューを見る

謎の疫病により人類がほぼ壊滅した世界、妻や友人知人のすべてを失った男ヒッグは、数年前に無線から聞こえてきた声が忘れられない。どこかに元の世界が残っているのではないか? ある日、彼は外の世界に飛び立つ……。

火星の話火星の話(角川書店単行本)
小嶋 陽太郎

価格: 1,400円 112円(7%)お得

→ブクログでレビューを見る

18歳の誕生日には火星に帰らなきゃーー佐伯さんは、まわりから頭のおかしな人と思われていた。でも、僕はそんな彼女のぽつんとした背中が気になってしかたがない。ラスト10ページで号泣!最高の青春小説。

あやしい探検隊北へあやしい探検隊 北へ(角川文庫)
椎名 誠

価格: 520円

→ブクログでレビューを見る

あやしい男が十一人。めざすは北のウニ、ホヤ、演歌。椎名隊長の厳しい隊規にのっとって、離れ島に通い、釜たき、水くみ、たき火、宴会に命をかける「あやしい探検隊」の全記録。

絶海戦線1滾るミッドウェー絶海戦線1 滾るミッドウェー(朝日新聞出版)
横山信義

価格: 720円 252円(25%)お得

→ブクログでレビューを見る

日米主力艦隊、太平洋で激突す! 緒戦に勝利した日本だったが、本国に予想外の攻撃を受け、戦略の転換を余儀なくされる。海軍は持てる艦隊戦力の大半を、中部太平洋の要衝ミッドウェーに投入するが……。戦記新シリーズ、始動!

小説屋sariーsari2015年5月号小説屋sariーsari 2015年5月号(小説屋sariーsari)
小説屋sari-sari編集部 編

価格: 250円

→ブクログでレビューを見る

ついに最終回、感動のフィナーレ「ののはな通信」三浦しをん。初登場! 青春SF『告授の日』橋本長道 【今号の執筆陣:五十音順】青木俊直/小橋めぐみ/北山猛邦/橋本長道/藤木稟/円居挽/三浦しをん/三沢陽一

月刊群雛(GunSu)2015年05月号~インディーズ作家を応援するマガジン~月刊群雛 (GunSu) 2015年 05月号 ~ インディーズ作家を応援するマガジン ~
芦火屋与太郎

価格: 450円

→ブクログでレビューを見る

2015年05月号のゲストは電子雑誌『トルタル』編集長の古田靖さん。表紙画像は米田淳一さん。新作枠は芦火屋与太郎さんの連載小説(後編)、晴海まどかさんの連載小説(第2回)と合川幸希さんの扉絵コラボ、ハル吉さんの連載小説(最終回)、神楽坂らせんさん・初瀬明生さん・平乃ひらさんの読み切り小説、青海玻洞瑠鯉さんの読み切り詩集。ほか、既刊再録1点と、参加者へのインタビューを収録。

こちらもチェックしました?