Kobo【今週の小説・エッセイまとめ】夜の国のクーパー/笹の舟で海をわたる/探偵の探偵III/体育館の殺人/ウィンダリア/ロコ!思うままに/他

150316 weekly novel

この1週間(3月9日〜3月15日)の間にKoboで発売された「小説・エッセイ」の新刊の中から、売れ筋の本をご紹介します!

この1週間に発売された小説・エッセイから

夜の国のクーパー[単行本版]夜の国のクーパー [単行本版]
伊坂幸太郎

価格: 1,300円 428円(24%)お得

→ブクログでレビューを見る

これは猫と戦争と、そして何より、世界の秘密のおはなし。どこか不思議になつかしいような/誰も一度も読んだことのない、破格の小説をお届けします。伊坂幸太郎が放つ、渾身の傑作。

笹の舟で海をわたる笹の舟で海をわたる
角田光代

価格: 1,600円 128円(7%)お得

→ブクログでレビューを見る

『本の雑誌』が選ぶ 2014年ベスト10(ノンジャンル)の第1位 獲得! ! 終戦から10年、主人公・左織(さおり)は22歳の時、銀座で女に声をかけられる。風美子(ふみこ)と名乗る女は、左織と疎開先が一緒だったという。風美子は、あの時皆でいじめた女の子?「仕返し」のために現れたのか…。激動の戦後を生き抜いた女たちの〈人生の真実〉に迫る角田文学の最新長編。あの時代を生きたすべての日本人に贈る感動大作!

探偵の探偵III探偵の探偵III(講談社文庫)
松岡圭祐

価格: 626円 11円(1%)お得

→ブクログでレビューを見る

正視できるか、これほどの悪を。乗り越えられるか、これほどの憎悪を! 「探偵の探偵」第3巻。悪徳探偵を「駆除」するためにまったく手段を選ばない玲奈は、警察から24時間マークされることになる。玲奈は監視をかわしながら、自分と家族の人生を破壊した「死神」を追い続ける。ついに姿を現した「死神」の驚くべき正体とは。あまりに過酷な闘いに、玲奈の心は持ちこたえられるのか?

舟を編む舟を編む
三浦しをん

価格: 648円

→ブクログでレビューを見る

出版社の営業部員・馬締光也(まじめみつや)は、言葉への鋭いセンスを買われ、辞書編集部に引き抜かれた。新しい辞書「大渡海(だいとかい)」の完成に向け、彼と編集部の面々の長い長い旅が始まる。定年間近のベテラン編集者。日本語研究に人生を捧げる老学者。辞書作りに情熱を持ち始める同僚たち。そして馬締がついに出会った運命の女性。不器用な人々の思いが胸を打つ本屋大賞受賞作! 馬締の恋文全文(?)収録!

体育館の殺人体育館の殺人(創元推理文庫)
青崎有吾

価格: 667円 175円(20%)お得

→ブクログでレビューを見る

“平成のエラリー・クイーン”衝撃のデビュー作。第22回鮎川哲也賞受賞作。風ヶ丘高校の旧体育館で、放送部部長の少年が何者かに刺殺された。放課直後で激しい雨が降り、現場は密室状態だった!? 早めに授業が終わり現場体育館にいた唯一の人物、女子卓球部の部長の犯行だと、警察は決めてかかるが……。死体発見現場にいあわせた卓球部員・柚乃は、嫌疑をかけられた部長のために、学内随一の天才と呼ばれている裏染天馬に真相の解明を頼んだ。内緒で校内に暮らしているという、アニメオタクの駄目人間にーー。しかしなぜ彼は校内に住んでいるのだろう? “平成のエラリー・クイーン”が単行本版より大幅改稿で読者に挑戦!

希望の地図3.11から始まる物語希望の地図 3.11から始まる物語(幻冬舎文庫)
重松清

価格: 570円 78円(12%)お得

→ブクログでレビューを見る

中学受験失敗から不登校になってしまった光司は、ライターの田村章に連れられ、被災地を回る旅に出た。宮古、陸前高田、釜石、大船渡、仙台、石巻、気仙沼、南三陸、いわき、南相馬、飯舘……。破壊された風景を目にし、絶望せずに前を向く人と出会った光司の心に徐々に変化が起こるーー。被災地への徹底取材により紡がれた渾身のドキュメントノベル。

もう、忘れたの?もう、忘れたの?(講談社文庫)
酒井順子

価格: 572円

→ブクログでレビューを見る

東電社長の土下座。震災と「絆」キャンペーン。高まった結婚欲求……。3.11以降、「忘れる能力」が恵みとなったのも事実。それでも忘れられなかったのはどんなこと? 婚活殺人のキジカナ。褒め言葉となった「バブルって感じ~」。記憶力の塩梅に悩まされつつ綴った「週刊現代」人気連載第7弾。清水ミチコさんとの特別対談収録!

電気作家電気作家
荻野アンナ

価格: 1,080円

→ブクログでレビューを見る

日本人の意識を否応なく変えた東日本大震災。誰も描けなかった3.11後の世界に芥川賞作家、荻野アンナが挑む。鋭い観察眼とウィットに富んだ筆致が冴えわたる、軽快な電気(=伝記)小説ここにあり!

ロコ!思うままにロコ! 思うままに(角川文庫)
大槻 ケンヂ

価格: 580円 57円(8%)お得

→ブクログでレビューを見る

絶対的に君臨する父親によってお化け屋敷に閉じこめられている少年・ロコ。独りぼっちの彼が美しい一人の少女と出会う……ほろ苦い衝動が初めてロコを突き動かす! 泣ける表題作他を収めた充実の短編集。

シリウスの道(上)シリウスの道(上)(文春文庫)
藤原伊織

価格: 550円 5円お得

→ブクログでレビューを見る

脅迫状には25年前の秘密が書かれていた!広告代理店に勤める辰村には、25年前から隠し続ける、友との秘密があった。それが今……。広告業界を舞台に展開する長篇ミステリー

高速の罠アナザーフェイス6高速の罠 アナザーフェイス6(文春文庫)
堂場瞬一

価格: 730円 4円お得

→ブクログでレビューを見る

大友鉄の一人息子・優斗が行方不明にーー父を訪ねて高速バスに乗った優斗は移動中に忽然と姿を消してしまう。誘拐か事故か!? 張り巡らされた罠はあまりに大胆不敵だった。100万部突破の大人気シリーズ、大友鉄が新たなステージに!

六秒間の永遠六秒間の永遠(幻冬舎単行本)
杉井光

価格: 1,040円 364円(25%)お得

→ブクログでレビューを見る

生まれつき「念じると物に火をつけられる」特殊能力を持つ紅藤は、そのせいで、自分の父親を殺してしまう。以来、心を閉ざし誰ともかかわることなく、警察官として日々を過ごしていたが、突然、刑事課への異動を命じられる。待っていたのは、氷室という、警視長まで上り詰めたにもかかわらずヒラ署員として勤務する刑事。彼は紅藤と同じく特殊能力保持者であった。コンビを組んで仕事をすることになった紅藤は、ある日、雀荘で一人の美少女に出会う。その後、殺人事件の現場にも居合わせた彼女を見た氷室は、特殊能力保持者だと紅藤に告げる。彼女はいったいどういう能力を持っているのか? そして、彼女が巻き込まれた殺人事件の行方は? 『神様のメモ帳』『楽聖少女』で大注目の著者による、切ない恋愛ミステリー。

家族の絆家族の絆(角川文庫)
鈴木 光司

価格: 380円 31円(7%)お得

→ブクログでレビューを見る

「キレる」子供が増えて生徒が教師を刺してももはや誰も驚かない現代日本。その原因は、母性一色に染まった日本人のキャラクターにあるのではないか。結婚後、作家修行のために子育て、主夫業に挑まざるをえなくなった著者が必死に築いた“家族の絆”、そして体感した父性の確かな手応え。家父長制とは正反対の鈴木流“父性”こそが、家族を、日本の社会を希望ある未来に導くのでは? すべて子育てパパ、ママに贈る勇気のでるエッセイ集。

月のうさぎ月のうさぎ(角川ホラー文庫)
吉村 達也

価格: 660円 60円(8%)お得

→ブクログでレビューを見る

国会答弁でUFOの実在を説いた防衛大臣の藤田は袋叩きに遭う。だが、エイリアンは実在していた。九州各地で異常事態が発生し、宮崎県の男女高校生に人類の滅亡が告げられる。「うさぎ」の正体とは? 書き下ろし!

ウィンダリア童話めいた戦史ウィンダリア 童話めいた戦史(角川文庫)
藤川 桂介

価格: 520円

→ブクログでレビューを見る

世界樹のごとく空高くウィンダリアの巨木そびえるサキの村を中心に、イサとパロの都市国家があった。一方は海に面し、もう一方は険しい山にあった。そして、この二つの国が、とうとう戦火を交えるときがきてしまった! はたしてサキの村に住む夫婦、イズーとマリーンの運命は? そしてパロの王子ジルと、イサの王女アーナスの恋の行方は? 二組の男女の織りなす愛を中心に描かれる華麗なるファンタジーの世界!

鋼鉄の黙示録鋼鉄の黙示録(創元SF文庫)
チャーリー・ヒューマン

価格: 1,204円 178円(12%)お得

→ブクログでレビューを見る

ゾンビにロボットが大暴れ、英国SF界期待の新人登場!

ケープタウンに住む高校生バクスターは失踪した恋人を捜すうちに、超常世界専門の賞金稼ぎローニンと出会う。どうやら、最近話題のハードコア裏動画に出演するゴブリンや寄生蜘蛛といった異形のクリーチャーはこの街に実在し、恋人も彼らにさらわれたらしい。しかも、事件の陰にはバクスターの血筋に連なる異能者や、政府の秘密諜報機関までが関わっていた。バクスターたちは手がかりを求め、モンスターが饗宴を繰り広げる〈肉欲の城〉に乗り込む。銃弾と呪術が乱れ飛びゾンビやロボットが大暴れする、英国SF界騒然の過激な新鋭デビュー作!
解説=橋本輝幸

秘帖托鉢剣三桜花爛漫仕舞い舟秘帖 托鉢剣 三 桜花爛漫仕舞い舟(新時代小説文庫)
岳 真也

価格: 571円 185円(24%)お得

→ブクログでレビューを見る

虚無僧・胡空は、元越後村石藩藩士で剣の達人。廻船問屋・葭屋徳兵衛らの誘いで『仕置き業』の世界に足を踏み入れた。越後村石藩国家老・玉井主膳の悪事を暴くため、胡空は故郷・越後へと向かうが……。

文芸カドカワ2015年4月号文芸カドカワ 2015年4月号(文芸カドカワ)
角川書店

価格: 450円

→ブクログでレビューを見る

姉弟にして奴隷と主人…この世にただひとつの結びつきは、やがて、周囲の人間を巻き込み、さらに純度を上げてゆく「私はただセックスをしてきただけ」。ギャグ界の異才がおくるうつ病脱出ルポーーある日、能力以上の役割を背負った女性編集者は?「うつヌケ ~うつトンネルを抜けた人たち~」。日本漫画界の巨峰・萩尾望都に、話題作『オトコのカラダはキモチいい』の著者二人が挑む「二村ヒトシの少女まんが夜話」。恐怖と硬骨の誌上特別アンソロジー「怪獣文藝」ーー執筆陣:赤川次郎/有栖川有栖/石持浅海/大倉崇裕/サタミシュウ/園子温/田中圭一/津原泰水/桃月庵白酒/一肇/二村ヒトシ/山本弘/夢枕獏ーーBOOK in BOOK 「小説 野性時代」特集“大感染時代”「本の旅人」新刊記事『レオナルドの扉』ほか。

こちらもチェックしました?