Kobo【3月2日オトク情報】『王妃の館』『黒書院の六兵衛』など、浅田次郎100冊以上ポイント5倍還元!/『とことん学ぶ通貨と為替』が99円!他

150302 otoku

3月2日に楽天Kobo電子書籍ストアで見つけたセール本や無料本をご紹介いたします!

3月2日の日替わりセール!

とことん学ぶ通貨と為替とことん学ぶ通貨と為替
高島 修

価格: 99円

→ブクログでレビューを見る

通貨と為替は経済を動かす大テーマ。この先の世界経済を見通すうちで役に立つ通貨や為替についての基礎知識や最新情報、歴史の教訓を1冊に詰め込みました。本書は、週刊エコノミスト2014年6月17日号で掲載した特集「とことん学ぶ通貨と為替」を電子書籍としてまとめたものです。

浅田次郎作品、ポイント5倍!

「王妃の館」映画公開記念で、浅田次郎作品がポイント5倍還元中です!3月13日9:59まで。

【合本版】王妃の館上・下【合本版】王妃の館 上・下(集英社文庫)
浅田次郎

価格: 1,188円→ 今だけポイント5倍!

→ブクログでレビューを見る

パリはヴォージュ広場の片隅にたたずむ、ルイ14世が寵姫のために建てたという「王妃の館」。今は、一見の客は決して泊めない、パリ随一の敷居の高さを誇る超高級ホテルとなっているこのシャトーに、なぜか二組のワケあり日本人ツアーが同宿することになった。しかも、倒産寸前の旅行代理店の策略で、客室を昼と夜とでダブル・ブッキングされて……。ぶっちぎりの笑いと涙満載の傑作人情巨編。

黒書院の六兵衛(上)黒書院の六兵衛 (上)
浅田次郎

価格: 1,200円 420円(25%)お得今だけポイント5倍!

→ブクログでレビューを見る

不戦開城決した江戸城に、てこでも動かぬ旗本がひとり。居てはならぬ旧幕臣の正体があきらかになるにつれ、城中の誰もが遠ざけ、おそれ、追い出せない……幕末の武士の屈託まで描き出す、時代ミステリー傑作。

【合本版】終わらざる夏全3巻【合本版】終わらざる夏 全3巻(集英社文庫)
浅田次郎

価格: 1,636円→ 今だけポイント5倍!

→ブクログでレビューを見る

【第64回毎日出版文化賞受賞作】1945年、夏。すでに沖縄は陥落し、本土決戦用の大規模な動員計画に、国民は疲弊していた。東京の出版社に勤める翻訳書編集者・片岡直哉は、45歳の兵役年限直前に赤紙を受け取る。何も分からぬまま、同じく召集された医師の菊池、歴戦の軍曹・鬼熊と、片岡は北の地へと向かったーー。美しい北の孤島で、再び始まった「戦争」の真実とは。終戦直後の“知られざる戦い”を舞台に「戦争」の理不尽を描く戦争文学の新たなる金字塔。巻末に「浅田次郎刊行記念インタビュー」を特別収録。

\よかったらシェアしてください/

こちらもチェックしました?