Kobo【今週の小説・エッセイまとめ】火星に住むつもりかい? 伊坂幸太郎/幕が上がる 平田オリザ/南鳥島特別航路 池澤夏樹/猫弁と少女探偵/猫とアリス/他(〜2月22日)

150223-week-novel.jpg

この1週間(2月16日〜22日)の間にKoboで発売された「小説・エッセイ」の新刊の中から、売れ筋の本をご紹介します!

この1週間に発売された小説・エッセイから

火星に住むつもりかい?火星に住むつもりかい?
伊坂幸太郎

価格: 1,296円

→ブクログでレビューを見る

住人が相互に監視し、密告する。危険人物とされた人間はギロチンにかけられるーー身に覚えがなくとも。交代制の安全地区と、そこに配置される平和警察。この制度が出来て犯罪件数が減っているというが……。今年安全地区に選ばれた仙台でも、危険人物とされた人間が、刑に処された。こんな暴挙が許されるのか? そのとき! 全身黒ずくめで、謎の武器を操る正義の味方が、平和警察に立ちはだかる! らしさ満載、破格の娯楽小説!!

猫弁と少女探偵猫弁と少女探偵(講談社文庫)
大山淳子

価格: 659円

→ブクログでレビューを見る

ひとりぼっちの少女とコンビを組み、失踪した三毛猫を探すことになった天才弁護士・百瀬太郎。忙しさのあまり婚約者の誕生日に気づかず、彼女はイケメン幼なじみと急接近! さらに次郎と名乗る弟までが現れて……。やっかいでかけがえのない人たちのために悩み、奔走する百瀬。絶好調、癒されるミステリ!

アフリカン・ゲーム・カートリッジズアフリカン・ゲーム・カートリッジズ(角川文庫)
深見 真

価格: 700円 61円(8%)お得

→ブクログでレビューを見る

自在に銃器を生み出せる「銃使い」の能力に目覚めた高校生リュウザ。GEA(国家特別銃取締局)の追撃をかわし、そして出会った、銃使いによるレジスタンス組織、アフリカン・ゲーム・カートリッジズにーー。

猫とアリス猫とアリス(創元推理文庫)
芦原すなお

価格: 648円 172円(20%)お得

→ブクログでレビューを見る

直木賞作家が描く、躊躇しない最強の女探偵! シリーズ第2弾。ジムでのスパーリングでひと汗かいたわたしが事務所に帰ると、新たな依頼人が待っていた。元教え子が亡くなった事件を調べてほしいというーー。調べていくと、鮮やかな青い蛇のタトゥーを彫った男の影がちらつきはじめる。なぜか心惹かれる男、「青蛇」と関わった最初の事件だった。亡き夫の遺した探偵事務所を舞台に、一筋縄ではいかない依頼の数々をクールに片付けていく、芦原すなお渾身の女性私立探偵譚。『月夜の晩に火事がいて』の山浦歩との最初の出会い「猫とアリス」ほか、青蛇を巡る哀しい事件の顛末を全5編で贈る。

青い鳥文庫幕が上がる青い鳥文庫 幕が上がる(講談社青い鳥文庫)
平田オリザ

価格: 540円 129円(19%)お得

→ブクログでレビューを見る

富士ケ丘高校演劇部は、毎年地区大会止まり。そんな弱小演劇部に、かつて学生演劇の女王だった新任の先生がやってきた。「行こうよ、全国!」。高い目標をもった部員たちは、部長に就任したさおりのもと、演劇ひとすじの日々を過ごす。芝居に対する葛藤、将来への不安や悩みを抱えながらも、熱い友情で結ばれた彼女たちの最終幕が、しずかに上がるーー。映画のストーリーを、小・中学生向けにノベライズした青い鳥文庫版!

南鳥島特別航路南鳥島特別航路(impala e-books)
池澤夏樹

価格: 400円 73円(15%)お得

→ブクログでレビューを見る

自然は容易な相手ではないし、地球はわれわれだけのための星ではない。サハリンの雄大な白樺から八重山諸島の豊穣なマングローブへ、さらには日本最東端に位置する絶海の孤島、南鳥島へ。東西3000キロ、南北2500キロにおよぶ探査の旅は、日本列島の多様な自然を明らかにし、旅人はその先にこの星の姿を見る。その眼差しは、荘厳な大自然とそこに暮らす人々への深い畏敬に満ちている。人類誕生の遥か昔より恒久に続く、大自然の厳かな営みを、鋭利な科学の眼と真摯な感受の視線で綴る12編の大紀行。

忍者物語忍者物語
東郷隆

価格: 1,280円 448円(25%)お得

→ブクログでレビューを見る

剣豪に転職? 黒船にスパイ? 服部半蔵ご乱心? これが本物の「忍(しのび)」だ! 史実だから面白い!練達の筆致で描く傑作歴史小説集!

マル暴甘糟マル暴甘糟
今野敏

価格: 1,280円 448円(25%)お得

→ブクログでレビューを見る

甘糟達夫は、35歳の巡査部長。北綾瀬署刑事組織犯罪対策課に所属しているマル暴刑事だ。ある日多嘉原連合の構成員、東山源一が撲殺されたという知らせが入る。現場の防犯カメラに映っていた不審な車の持ち主とされる男は、行方がわからない。署内には20数名からなる捜査本部が立ち上がり、甘糟と、コワモテの先輩・郡原虎蔵も加わることになった。捜査本部には、警視庁本部から派遣された捜査一課の捜査員も加わるが、捜査は思いがけない方向に……。

横浜市警第3分署ブラッドショット横浜市警第3分署 ブラッドショット(徳間文庫)
北國浩二

価格: 640円 51円(7%)お得

→ブクログでレビューを見る

天国区(ヘブンズスラム)のデイサービス施設で、宿直員の若者一名と利用者の老人二名の死体が発見された。三人とも、刃物でメッタ刺しという惨状。横浜市警第3分署の杉山と鳴海が捜査にあたることとなった。やがて被害者たちがそれぞれ抱える問題や家庭の事情が浮き彫りになる。彼らに共通する接点は? 攪乱のための猟奇殺人と指摘する署員もあらわれ……。注目の警察小説、血に染まった第二弾![解説/杉江松恋]

\よかったらシェアしてください/

こちらもチェックしました?