Kobo【今週の小説・エッセイまとめ】功名が辻/インパラは転ばない/64(ロクヨン)文庫版/第38回すばる文学賞受賞作/死神うどんカフェ1号店/他(2月3日〜9日)

150210-weekly-novel.jpg

この1週間(2月3日〜9日)の間にKoboで発売された「小説・エッセイ」の新刊の中から、売れ筋の本をご紹介します!

功名が辻』をはじめ、司馬遼太郎作品がいくつも配信されました!

この1週間に発売された小説・エッセイから

64(ロクヨン)(上)64(ロクヨン)(上)(文春文庫)
横山秀夫

価格: 690円 1円お得

→ブクログでレビューを見る

警察職員二十六万人、それぞれに持ち場がある。刑事など一握り。大半は光の当たらない縁の下の仕事。神の手は持っていない。それでも誇りは持っている。一人ひとりが日々矜持をもって職務を果たさねば、こんなにも巨大な組織が回っていくはずがない。D県警は最大の危機に瀕する。警察小説の真髄が、人生の本質が、ここにある。

浮雲心霊奇譚赤眼の理浮雲心霊奇譚 赤眼の理(集英社文芸単行本)
神永学

価格: 1,037円 259円(19%)お得

→ブクログでレビューを見る

絵師を目指す八十八(やそはち)の姉が奇妙な行動をとるようになった。幽霊の類の仕業らしく、話も通じない。困った八十八は憑きもの落としの名人に会いに行った。その男は肌が異様に白く、両眼に赤い布を巻いていた。死者の魂が見えるという破天荒な男に惹かれ、八十八は共に数々の事件に関わっていくーー。「霊を祓(はら)えば、もう戻れなくなる」最強憑きもの落とし見参! すべてのエンタメファンに捧ぐ、幕末ミステリー開幕! 神永学10周記念作品。『心霊探偵八雲』のルーツがここに!

みずうみのほうへみずうみのほうへ(集英社文芸単行本)
上村亮平

価格: 1,296円

→ブクログでレビューを見る

【第38回すばる文学賞受賞作】父と二人で出かけた七歳の誕生日旅行。「サイモン」という人物を想像するゲームで一緒に遊んだあと、父が船上から姿を消し、ぼくはたったひとり、夜の海に取り残された。湖のある小さな町で暮らす伯父のもとに引き取られたぼくは、大学卒業後に港町に出て、水産物加工場で働きはじめる。楽しみは週に一度のアイスホッケー観戦だった。二十代最後の年にぼくは偶然、サイモンそっくりの人物と遭遇。やがて、中古車販売を営む「サイモン」のもとへ週末ごとに通い、ガレージで過ごすようになっていく。だがある夜、突然「サイモン」が、ぼくと父しか知らないはずの言葉を口にしてーー。時間と空間を自在に交差させながら、喪失の果ての光を繊細に描き出す、新しい才能の誕生。

島と人類島と人類(集英社文芸単行本)
足立陽

価格: 1,404円

→ブクログでレビューを見る

【第38回すばる文学賞受賞作】行こう! 行こうよ島へ! 人類学者の河鍋未來夫らヌーディスト一行は、「あの島」を目指し、大海原へ挑む。そこでは人類史に新たなる一ページを刻むべく、禁断の計画が行われていた。ヒトとボノボ、種属を超えた愛の先にあるものは……。驚愕か、感動か、はたまた爆笑か?! 小説界を震撼させる、衝撃のデビュー作。「罪も恥もクソ喰らえ! だよなみんな! の一念で、すっぽんぽんで書きました。」ーー作者

インパラは転ばないインパラは転ばない(impala e-books)
池澤夏樹

価格: 400円 32円(7%)お得

→ブクログでレビューを見る

大事なのは好奇心であると思う。山には可愛いキツネ、地下鉄のホームではとびきりの美女。コロンボ空港には愉快なペテン師、イスラエルの街角では巨大なパフェーー。研ぎ澄まされた視力と聴力、どこまでもスタスタ行ってしまう体力と方向感覚。そんな旅の達人が、日常から非日常へ、過去から未来へ、地球のあちこちへと連れて行ってくれる。軽やかなエッセイ集。

功名が辻(一)功名が辻(一)(文春文庫)
司馬遼太郎

価格: 580円 6円(1%)お得

→ブクログでレビューを見る

天下にむかってはなばなしく起ち上った織田信長の家中に、ぼろぼろ伊右衛門とよばれる、うだつの上らない武士がいた。その彼に、賢くて美しい嫁がくるという……伊右衛門は妻千代の励ましを受けて、功名をめざして駈けてゆく。戦国時代、夫婦が手をとりあってついには土佐一国の大名の地位をえた山内一豊の痛快物語。全四冊。

義経(上)義経(上)(文春文庫)
司馬遼太郎

価格: 730円 4円お得

→ブクログでレビューを見る

みなもとのよしつねーーその名はつねに悲劇的な響きで語られる。源氏の棟梁の子に生まれながら、鞍馬山に預けられ、その後、関東奥羽を転々とした暗い少年時代……幾多の輝かしい武功をたて、突如英雄の座に駆け昇りはしたものの兄の頼朝に逐われて非業の最期を迎えてしまう。数奇なその生涯を生々と描き出した傑作長篇小説。

関ヶ原(上)(新潮文庫)関ヶ原(上)(新潮文庫)(新潮文庫)
司馬遼太郎

価格: 830円

→ブクログでレビューを見る

東西両軍の兵力じつに十数万、日本国内における古今最大の戦闘となったこの天下分け目の決戦の起因から終結までを克明に描きながら、己れとその一族の生き方を求めて苦闘した著名な戦国諸雄の人間像を浮彫りにする壮大な歴史絵巻。秀吉の死によって傾きはじめた豊臣政権を簒奪するために家康はいかなる謀略をめぐらし、豊家安泰を守ろうとする石田三成はいかに戦ったのか?

故郷忘じがたく候故郷忘じがたく候(文春文庫)
司馬遼太郎

価格: 510円 8円(1%)お得

→ブクログでレビューを見る

十六世紀末、朝鮮の役で薩摩軍により日本へ拉致された数十人の朝鮮の民があった。以来四百年、やみがたい望郷の念を抱きながら異国薩摩の地に生き続けた子孫たちの痛哭の詩「故郷忘じがたく候」。他、明治初年に少数で奥州に遠征した官軍の悲惨な結末を描く「斬殺」、細川ガラシャの薄幸の生涯「胡桃に酒」を収録。

死神うどんカフェ1号店三杯目死神うどんカフェ1号店 三杯目(YA! ENTERTAINMENT)
石川宏千花

価格: 864円 162円(15%)お得

→ブクログでレビューを見る

あの、栄くんが? 三田くんと自分が、命を危険にさらしてまで助けたあの男の子ーー北村栄くんが、何度となく自殺未遂をくり返しているーー? 自分の目で確かめてみたいという亜吉良とともに、希子は北村栄の住む町へ向かう。

野蛮な読書野蛮な読書(集英社文庫)
平松洋子

価格: 605円 43円(6%)お得

→ブクログでレビューを見る

【第28回講談社エッセイ賞受賞作】“本の海”めがけてざぶんと飛び込み、泳ぎだす。手にした一冊に始まり、次から次へと思いがけず繋がっていく本の世界。時間や場所を問わず、興味の趣くままに読み進めた全103冊、読書の真髄と快楽を余すことなく綴った一冊。食や暮らしの分野で人気の著者初の読書エッセイ。時を忘れて読む楽しさや幼い頃の記憶を呼び起こし、「読みたい」欲をかきたてる。

拝啓彼方からあなたへ拝啓 彼方からあなたへ(集英社文芸単行本)
谷瑞恵

価格: 1,404円

→ブクログでレビューを見る

託された手紙と親友をめぐる謎ーー。心に響くハートフル・ミステリー! 「わたし、思うんです。手紙に望みがあるとしたら、ひたすら届けられたいと願ってるんだろうなって。」手紙にまつわる雑貨店『おたより庵』を経営する詩穂が出会ったさまざまな想いをこめた手紙たち。その中で詩穂は、親友の死をめぐる事件に巻き込まれてゆくーー。

悪い恋人悪い恋人
井上 荒野

価格: 1,200円 528円(30%)お得

→ブクログでレビューを見る

中学時代の同級生が開発業者として現れ、抗うこともないままに肉体関係をもってしまった沙知。 自宅裏の森を伐採する宅地造成工事の告知を機に、彼女の家族は一変する。 反対運動にのめり込む義父母。いつしか夫も見知らぬ顔を覗かせるなか、その男は沙知への要求をエスカレートさせていく。 日常にひそむ正常と異常の空隙。 そこから現れる異様な光景を端正な筆致でとらえたアモラルな傑作長篇小説

いのちの姿いのちの姿(集英社文芸単行本)
宮本輝

価格: 1,037円 259円(19%)お得

→ブクログでレビューを見る

「なにがどうなろうと、たいしたことはありゃあせん」その父の言葉に、いつも励まされて生きてきた。今まで語られることの無かった異父兄との邂逅を描く「兄」。シルクロードへの旅の回想「星雲」。小説『優駿』執筆当時の馬主経験を生かした「殺し馬券」。ある老人の死に黙考する「消滅せず」など、人間への変わらぬ信頼を込めた随筆集。80年代に出版された『二十歳の火影』、『命の器』などの名随筆の系譜を継ぎ、満を持して書かれた大人のための滋味あふれる一冊です。

ラーメンカレーミュージックラーメン カレー ミュージック(別冊カドカワの本)
奥田 民生

価格: 1,500円 120円(7%)お得

→ブクログでレビューを見る

「ラーメンとカレーは昔から僕にとってはデカい存在だった。ラーメンとカレーとミュージック、それぞれが並ぶくらいの力がある! 」。そう語るOTこと、奥田民生のソロ・デビュー20周年記念本。ソロでデビューした当時のこと、大好きなギターのこと、ユニコーンのこと、そしてプロデュースワークまで。数々のOTの名曲とともに、そのソロワークス20年の“音楽人生”を語り起こした単行本。

新三河物語(上)(新潮文庫)新三河物語(上)(新潮文庫)(新潮文庫)
宮城谷昌光

価格: 700円

→ブクログでレビューを見る

永禄3年(1560年)、織田信長の急襲に遭って、今川義元は桶狭間に斃れた。義元に頤使されていた松平元康(家康)は父祖の地、西三河は岡崎城に戻り、悲願の独立を果たす。だが息継ぐ間もなく、一向一揆が勃発。血縁者が敵味方に分かれ、相争う国力消耗の未曾有の事態から家康を救ったのは大久保忠俊(常源)だった。忠俊率いる大久保一党の決死の進退が深く胸を打つ戦国歴史小説の巨編。

\よかったらシェアしてください/

こちらもチェックしました?