Kobo【今週の小説・エッセイまとめ】幕が上がる 平田オリザ/鳥たち よしもとばなな/新選組 幕末の青嵐/地の底のヤマ/など(12月30日〜1月12日)

150113-weekly-novel.jpg

年末年始は小説・エッセイがほとんど発売されていなかったので、先週はお休みさせていただいておりましたー。

というわけで、この2週間(12月30日〜1月12日)の間にKoboで発売された「小説・エッセイ」の新刊の中から、売れ筋の本をご紹介します!

この2週間に発売された小説・エッセイから

幕が上がる幕が上がる(講談社文庫)
平田オリザ

価格: 745円

→ブクログでレビューを見る

ある地方の高校演劇部を指導することになった女性教師が部員らに全国大会の出場を意識させる。高い目標を得た部員たちは恋や勉強よりも演劇ひとすじの日々に。演劇強豪校からの転入生に戸惑い、切磋琢磨して一つの台詞に葛藤する役者と演出家。彼女たちが到達した最終幕はどんな色模様になるのか。2015年2月に映画化する、爽快感を呼ぶ青春小説の決定版!

鳥たち鳥たち(集英社文芸単行本)
よしもとばなな

価格: 1,123円 281円(20%)お得

→ブクログでレビューを見る

それぞれの母親を自殺によって相次いで失った「まこ」と「嵯峨」。二家族が共同生活をしていたアリゾナから日本に帰国して、まこは学校へ通い、嵯峨はパンを作りながら、お互いの存在だけを支えに暮らしはじめる。ヒッピーだった母親たちと、失われた美しい暮らし。まこは、住んでいた土地のイメージや死をめぐる悪夢に夜ごとさいなまれる。しかし、日常生活やさまざまな人との対話を通じて、ふたりはゆっくりゆっくり、死と孤独の淵から抜け出す光を見つけていくーー。

地の底のヤマ(上)地の底のヤマ(上)(講談社文庫)
西村健

価格: 1,058円

→ブクログでレビューを見る

昭和三十八年。福岡県の三池炭鉱で大規模な爆発事故が起きた夜に、一人の警察官が殺された。その息子・猿渡鉄男は、やがて父と同じく地元の警察官となり、事件の行方を追い始める。労働争議や炭塵爆発事故の下、懸命に生きる三池の人々と、「戦後の昭和」ならではの事件を描いた、社会派大河ミステリー。

リオー警視庁強行犯係・樋口顕ー(新潮文庫)リオー警視庁強行犯係・樋口顕ー(新潮文庫)(新潮文庫)
今野敏

価格: 700円

→ブクログでレビューを見る

「彼女が容疑者だとは、思えない」警視庁捜査一課強行犯第三係を率いる樋口警部補は、荻窪で起きた殺人事件を追っていた。デートクラブオーナーが殺害され、現場から逃げ去る美少女が目撃される。第二、第三の殺人が都内で起こり、そこにも彼女の姿が。捜査本部は、少女=リオが犯人であろうという説に傾く。しかし、樋口の刑事の直感は、“否”と告げた。名手が描く本格警察小説。

ア・ソング・フォー・ユーア・ソング・フォー・ユー(講談社文庫)
柴田よしき

価格: 896円

→ブクログでレビューを見る

新宿にある無認可保育園の園長・ハナちゃんこと花咲慎一郎の副業は探偵である。十五年前に二回会ったきりの男性を探したり、逃げたインコを見つけて欲しいなど、一筋縄ではいかない依頼を受ける花咲の目の前に、箱に入れられた赤ん坊がーー。弱き者をほうっておけない優しき探偵を描く人気シリーズ第4弾。

デッド・リミットデッド・リミット(集英社文庫)
遠藤武文

価格: 648円 54円(7%)お得

→ブクログでレビューを見る

宅配便で届いたのは、誘拐された息子の指だった。母親は身代金の受け渡しに奔走するが、卑猥な写真を盗撮された女性教師、両親を監禁されたサラリーマン、小悪党の刑事らを巻き込み、事件は錯綜を極めていく。誘拐犯に踊らされる者たちの暴走は止まらないーー。子供の命は、そして、全てを裏で操るコンダクターとは何者なのか。疾走感あふれる展開で衝撃の結末まで駆け抜ける、社会派サスペンス。

遺臣百万石の留守居役(四)遺臣 百万石の留守居役(四)(講談社文庫)
上田秀人

価格: 713円

→ブクログでレビューを見る

四代将軍家綱の死去。宮家擁立に失敗した家綱の寵臣大老酒井忠清は権力の座から滑り落ちる。代わって台頭したのが、館林公綱吉を擁立した堀田正俊。加賀前田家には頭の痛い問題があった。不祥事で放逐した留守居役の小沢が事もあろうに堀田家に抱えられている。繋ぎのできるのは、新米留守居役の数馬だけ。藩の命運を懸けた高度な交渉に数馬が挑む。そして、失意の大老酒井は再逆転を狙い伊賀者に秘策を命ずる。百万石、危うし。

新選組幕末の青嵐新選組 幕末の青嵐(集英社文庫)
木内昇

価格: 810円 75円(8%)お得

→ブクログでレビューを見る

身分をのりこえたい、剣を極めたい、世間から認められたいーー京都警護という名目のもとに結成された新選組だが、思いはそれぞれ異なっていた。土方歳三、近藤勇、沖田総司、永倉新八、斎藤一……。ひとりひとりの人物にスポットをあてることによって、隊の全体像を鮮やかに描き出す。迷ったり、悩んだり、特別ではないふつうの若者たちがそこにいる。切なくもさわやかな新選組小説の最高傑作。

ドリームダスト・モンスターズ白い河、夜の船ドリームダスト・モンスターズ 白い河、夜の船(幻冬舎文庫)
櫛木理宇

価格: 570円 78円(12%)お得

→ブクログでレビューを見る

他人の夢に潜る「夢見」能力をもつ高校生の壱。事故で母親を失い、悪夢に悩まされていた同級生の晶水も彼に助けられた一人。壱の祖母・千代が営む“ゆめみ屋”を、今日も夢に悩むお客が訪れる。夢の中で見知らぬ女性に恋する大学生、人を殺すよう命じられる高校生、犯罪現場を目撃する少女……。壱と晶水は、厄介な夢を解けるのか。青春ミステリー。

竜の柩全6冊合本版竜の柩 全6冊合本版(講談社文庫)
高橋克彦

価格: 3,780円

→ブクログでレビューを見る

龍神伝説を追うために津軽、信濃、出雲と列島縦断して調査を進める九鬼虹人(くきこうじん)たちアクト・ナインのメンバー。『古事記』『日本書紀』や風土記に残る寓話や神話を読み解く九鬼は、独自の論理的考察で、仮説を実証し真実に辿り着く。龍=ロケット、神=エイリアン。高橋克彦の大作『竜の柩』全6冊を、ひとつにまとめてお届けします。

\よかったらシェアしてください/

こちらもチェックしました?