Kobo【今週のビジネス書まとめ】『ぼくらの時代の本』『いい仕事をしたいなら、家族を巻き込みなさい!』など(12月29日〜1月4日)

150105-weekly-business.jpg

この1週間(12月29日〜1月4日)にKoboで買えるようになった「ビジネス・ノンフィクション」の新刊の中から注目の本をご紹介します!

年末年始をまたいでいるので新刊自体が少なかったのですが、年末ぎりぎりに発売されたモスバーガー代表取締役社長 櫻田厚による『いい仕事をしたいなら、家族を巻き込みなさい!』など、気になる本もいくつか出てますね。

ぼくらの時代の本』は12月26日配信だったのですがすっかり見逃しておりまして、今回一緒にご紹介いたします(すみません!)。

この1週間に発売されたビジネス・ノンフィクションから

ぼくらの時代の本ぼくらの時代の本
クレイグ・モド

価格: 900円 (58%OFF!)

→ブクログでレビューを見る

本と本作りの「今」はこんなことになっているーー。ある時はFlipboardやSmartNewsのデザインを手がけ、ある時はクロス箔押しの豪華本をプロデュースし、ある時は出版スタートアップにアドバイス。メディアの垣根を越え、国の垣根を越えて活躍する著者が、その活動から得たものとは。本と出版に向き合おうとするすべての出版者、デザイナー、開発者に贈る7つのエッセイ。

いい仕事をしたいなら、家族を巻き込みなさい!いい仕事をしたいなら、家族を巻き込みなさい!(中経出版)
櫻田 厚

価格: 1,111円 (26%OFF!)

→ブクログでレビューを見る

「アフターオーダー方式」「高い原価率」「高価格戦略」「シニア人材の活用」「素材志向」など、独自の路線を貫くモスバーガーの強さはどこにあるのか? 日本企業が戦い続けるううえでのヒントを提供する一冊。

一瞬で伝え、感情を揺さぶるプレゼンテーション一瞬で伝え、感情を揺さぶる プレゼンテーション(中経出版)
清水 久三子

価格: 1,111円 (26%OFF!)

→ブクログでレビューを見る

外資系コンサル会社で5000人以上のコンサルタントたちを指導した著者が教える「プレゼン技術」の決定版。プレゼンス(誰が)×コンテンツ(何を)×デリバリー(どうやって)が1冊で全部学べる!

「顔」を見せることが価値を生む時代へ(インタビュー)ポスト産業資本主義における差異を生み出すもの「顔」を見せることが価値を生む時代へ(インタビュー) ポスト産業資本主義における差異を生み出すもの
岩井克人

価格: 500円

→ブクログでレビューを見る

貨幣が生まれる以前の贈与交換が行われていた時代、交換は「顔」が見える行為であり、人間関係と密接に結びついていた。しかし貨幣の登場で、交換の効率性や自由が高まるにつれて、交換はモノやサービスを単に受け取るだけの無機的で他人とのつながりを意識しない行為へと変化した。ポスト産業資本主義の現代、企業が小さな差異を見つけて利潤マージンを確保することが求められている。贈与交換の時代にあった「顔」を見せることが、差異を生み出す戦略の一つとして再び注目されている。顔を見せることによって得られる、信用や信頼が企業のプライシングにどのように影響を与えているのか、経済学者の岩井克人氏に伺う。

カインー自分の「弱さ」に悩むきみへー(新潮文庫)カインー自分の「弱さ」に悩むきみへー(新潮文庫)(新潮文庫)
中島義道

価格: 480円

→ブクログでレビューを見る

ぼくはすごく不幸な少年・青年時代を送ってきた。親や先生の「いい子」だったぼくは「自殺してはならない」と自分に言い聞かせ、強く生きようと決意し、長い間、修行してきた。そして、30年間「なぜ生きるのか?」と悩んで見出したのは、「そのことを知るために生きるのだ」という回答だった。自らの苦い経験を振りかえりながら、いま不器用に生きるすべての読者に捧ぐ、「生き方」の訓練。

\よかったらシェアしてください/

こちらもチェックしました?