[終了] 【Xmasセール】新潮社・ハヤカワなど40%OFF多数!/沢木耕太郎/養老孟司/伊藤計劃/ハヤカワ文庫/ダニエル・カーネマン/など

141220 sale xmas40

金曜日から〈Xmasセール〉(という名の冬得セールの延長)がはじまってます!

定番の『深夜特急』から発売したばかりの養老孟司『「自分」の壁』、予約販売中の『ウロボロス』小説版など、新潮社の本が目立ちますね。40%OFF以上の本も多数あります。期間は12月23日9:59まで 12月24日9:59まで

しかも最初から割引価格になっているので、100円クーポンや20%OFFクーポンなど、お手持ちのクーポンを使ってさらに割引できますよ!

セール対象作品はこちら
ニルヤの島ニルヤの島(単行本)
著者: 柴田勝家 
価格: 1,089円


【第2回ハヤカワSFコンテスト受賞作】「死後の世界がない」ことが証明された時代。ミクロネシアを訪れた学者ノヴァクは、死出の舟を造り続ける日系の老人と出会う……驚嘆の文化人類学SF。

「自分」の壁(新潮新書)「自分」の壁(新潮新書)(新潮新書)
著者: 養老孟司
価格: 420円


「自分探し」なんてムダなこと。「本当の自分」を探すよりも、「本物の自信」を育てたほうがいい。脳、人生、医療、死、情報、仕事など、あらゆるテーマについて、頭の中にある「壁」を超えたときに、新たな思考の次元が見えてくる。「自分とは地図の中の矢印である」「自分以外の存在を意識せよ」「仕事とは厄介な状況ごと背負うこと」ーー『バカの壁』から十一年、最初から最後まで目からウロコの指摘が詰まった一冊。

ファスト&スロー(上)ファスト&スロー (上)(単行本)
著者: ダニエル・カーネマン
価格: 575円


我々の直感は間違ってばかり? 意識はさほど我々の意思決定に影響をおよぼしていない? 心理学者ながらノーベル経済学賞受賞の離れ業を成し遂げ、行動経済学を世界にしらしめた、伝統的人間観を覆す、カーネマンの代表的著作。2012年度最高のノンフィクション。待望の邦訳。

深夜特急1ー香港・マカオー深夜特急1ー香港・マカオー
著者: 沢木耕太郎
価格: 280円


インドのデリーからイギリスのロンドンまで、乗合いバスで行くーー。ある日そう思い立った26歳の〈私〉は、仕事をすべて投げ出して旅に出た。途中立ち寄った香港では、街の熱気に酔い痴れて、思わぬ長居をしてしまう。マカオでは「大小(タイスウ)」というサイコロ賭博に魅せられ、あわや……。一年以上にわたるユーラシア放浪が、いま始まった。いざ、遠路2万キロ彼方のロンドンへ!

探偵はバーにいる探偵はバーにいる(ハヤカワ文庫JA)
著者: 東直己
価格: 400円


札幌の歓楽街ススキノで便利屋をなりわいにする〈俺〉は、いつものようにバーの扉をあけた。そこにいたのは大学の後輩。同棲している彼女が戻ってこないという。どうせ大したことあるまいと引き受けた相談事は、いつのまにか怪しげな殺人事件に発展して……。面白さがクセになる、新感覚のハードボイルド登場!※アンドロイドをご利用の場合は、端末のスペックやインターネット環境によって、ページの読み込みに時間がかかる場合があります。可能であれば、専用端末またはAppleのアプリでのご利用をお勧め致します。

地球が寂しいその理由地球が寂しいその理由(ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)
著者: 六冬 和生
価格: 1,225円


地球と月を統括する量子コンピュータのAI人格は、双子の姉妹だった。姉のアリシアは、崩壊寸前の地球環境と社会の維持につくす優等生タイプ。妹のエムは、ゴシップ話に夢中な月の脳天気ガール。人間を常に教導し畏怖されている姉妹だが、秘密の専用回線では毎日喧嘩ばかり。月のヘリウム3採掘権をめぐる姉の申し入れに対して、妹が出した条件はなんと地球のロックスターの月面公演依頼だった。万事がこの調子の妹にアリシアは激怒するが、エムには姉に告げられないある“秘密”があった──星間を行き交う罵詈雑言を余所に、地球圏全てを巻き込む壮大な危機が迫る……。ハヤカワSFコンテスト大賞受賞第1作。

星界の戦旗1ー絆のかたちー星界の戦旗1 ー絆のかたちー(ハヤカワ文庫JA)
著者: 森岡浩之 
価格: 340円


アーヴ星間帝国では、三年前に〈人類統合体〉に制圧された星々を奪いかえすため、今まさに大規模な作戦行動が始まろうとしていた。戦争を前に、編成される大艦隊。その中に一隻の小さな突撃艦があった。艦の名は〈バースロイル〉。帝国の王女ラフィールが指揮する最初の船だった!ーー『星界の紋章』の続篇開幕!

ファウンデーション対帝国ファウンデーション対帝国(ハヤカワ文庫SF)
著者: アイザック アシモフ
価格: 491円


〔銀河帝国興亡史2〕天才科学者セルダンによって辺境の惑星ターミナスにファウンデーションが設置されてから二百年が経過した。はじめは百科辞典編纂者の小さな共同社会として発足したファウンデーションも、やがて諸惑星を併合し、着々とその版図を拡大していった。だが、ついにかれらの前に怖るべき敵が……

虐殺器官虐殺器官(ハヤカワ文庫JA)
著者: 伊藤計劃
価格: 400円


9・11を経て、テロとの戦いは転機を迎えていた。先進諸国は徹底的な管理体制に移行してテロを一掃したが、後進諸国では内戦や大規模虐殺が急激に増加していた。 米軍大尉クラヴィス・シェパードは、その混乱の陰に常に存在が囁かれる謎の男、ジョン・ポールを追ってチェコへと向かう……彼の目的とはいったいなにか? 大量殺戮を引き起こす虐殺の器官とは? ゼロ年代最高のフィクションが電子書籍版で登場。

ノエルーastoryofstoriesーノエルーa story of storiesー
著者: 道尾秀介
価格: 840円


理不尽な暴力を躱すために、絵本作りを始めた中学生の男女。妹の誕生と祖母の病で不安に陥り、絵本に救いをもとめる少女。最愛の妻を亡くし、生き甲斐を見失った老境の元教師。それぞれの切ない人生を「物語」が変えていく……どうしようもない現実に舞い降りた、奇跡のようなチェーン・ストーリー。最も美しく劇的な道尾マジック!

ドルロイの嵐ドルロイの嵐(ハヤカワ文庫JA)
著者: 高千穂 遙
価格: 491円


〈クラッシャージョウ・シリーズ別巻2〉クラッシャーとダーティペアが遭遇した! 果たして宇宙の平和は守られるのだろうか? 海洋惑星ドルロイの二代目総督カネークは、クラッシャーダンのチームに、海洋に大陸をつくる惑星再改造を依頼した。主力製品〈アクメロイド〉の生産力強化のための方策だが、その真の狙いは、地道に海洋開発を進めようとするクラーケン一派の一掃にあった。カネークの意図を知り、あくどいやり口に怒りを覚えながらも契約を破棄できずにいるダンの前に現われたのは、現地調査のために派遣されてきたダーティペアだった! /掲出の書影は底本のものです

さいふをなくした02ほねがおれたさいふをなくした02 ほねがおれた(PHP電子)
著者: ドアラ
価格: 162円


ドアラ(愛知県在住)出現から20年を記念した、連載エッセイの第2話。ドアラの笑顔の裏にある、悲喜こもごもの日常が見えてきますーー。第2話、「ほねがおれた」では、世間を騒然とさせた「ドアラ骨折事件」の裏側が見えてきます。何も気が付かず、酒を飲むドアラ。医師からの非情な宣告。東京から届いた謎の栄養ドリンク。刻々と迫る最終戦。そして、絶対にバク転を失敗できない状況に追い込まれたドアラはその時ーー。緊迫感あふれる第2話!【第2話 目次】・ブロークンボーンズ・そして、病院へ・海外への配慮・治りませんでした・折れてもオフ・マジですマジ・おまけ ドアラ謎写真コーナー

セール対象作品はこちら
\よかったらシェアしてください/

こちらもチェックしました?